スーパードンキーコング3 謎のクレミス島(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』とはレア社が開発、任天堂から発売されたスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』の続編にあたり、「スーパーファミコン史上最高画質」と謳われた今作は、NINTENDO64が既に世に出ていたにもかかわらずそれらのソフトに劣らない販売数を記録した。舞台は謎のクレミス島。仲間のドンキーコングとディディーコングが出かけたまま戻らないことを心配したディクシーコングの、2人を探す冒険を描く。

各ステージのゴールにおいてあるフラッグ。これを引くことでフラッグが上がり、ステージクリアとなる。初めは白っぽいフラッグだが、ディクシーが引くとピンクに、ディンキーが引くと水色に変わる。

そり

コースターのステージにある乗り物。雪の上だけでなくダクトの中も走れる。一度乗るとジャンプ以外の操作を受け付けなくなる。ジャンプはそりごと行い、バズなどの敵を踏みつけることができる。

ポンコツロケット

「ポンコツロケットでゴー」に登場するロケット。ステージ前半では落下することしかできず、一定の速度で地面と衝突するとロケットが壊れてしまう。点火バレルを取った後のステージの後半では、一気に上昇していく。天井にぶつかっても壊れはしないが、途中で燃料が切れると落下してしまう。スーパーファミコン版では左右のキーの押した方向にブースターが噴射され、ロケット自体は入力した方向とは逆の方に動く。ゲームボーイアドバンス版では入力した方向にロケットが動くよう変更されている。

燃料タンク

画像右下、「FUEL」の文字が書かれたドラム缶が燃料タンク。

ポンコツロケットの動力。画面の端に燃料のメーターがあり、ロケットの左右についたブースターの噴射やロケットの上昇時に消費される。

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』の用語

クレムリン軍団

二足歩行のワニを中心に構成されたワニの集団。今作ではカオスがクレムリン軍団のボスとされていたが、それは表向きの話で、実際のところはカオスを操るバロンクルールが真のボスだった。

今作では今までのシリーズにいたクレムリン軍団の構成員は一切登場しない。『スーパードンキーコング』と『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』でも共通のクレムリン軍団はいなかったが、クリッターとクロンプのような、似たような目つき・体格のキャラクターが存在した。しかし『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』ではがらりと様相が変わり、シリーズに登場したクレムリン軍団の構成員とは共通点がほとんどなく、異質な雰囲気を感じさせる。

クレミス島

今作の舞台となる島。DKアイランドよりも北に位置しており、ファンキーやリンクリーといったお馴染みのコングファミリーが移り住んでいる。水を豊富に湛える自然豊かな島で、移動にはボートの類が必須である。またクレミス島に生息する生き物には、腹に回転のこぎりが付いたバズやピエロのメイクをしたようなココなど、自然界で生まれたとは考えにくいものも存在する。

数十年前まではクレミアン戦争という大きな戦争が起こっていて、バズーカ将軍はこの戦いに参加していたらしい。現在は戦争の痕跡は見られないが、クルールの陰謀によってバナナバードが島の至る所にある隠された洞穴に封印されたり、メカノス工場から流される汚水などによって環境破壊が進んだりと、平和となったはずの島に暗い影が差している。

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

リンクの噂話を聞ける

バザーの雑貨店では同じ任天堂のゲームの『ゼルダの伝説』に登場するリンクが訪れたことを窺わせるセリフが聞ける。バザー曰く、リンクは500ルピーでお城の情報を買ったという。なお雑貨店で売っている貝殻は、「変な形」と言ってあまり興味を示さなかったらしい。

リンクリーがマリオのゲームをプレイする

洞穴の中でエアロビクスをしたりゲームをしたりしているリンクリー。そんな悠々自適な生活を送っているリンクリーだが、稀に同じレア社が開発した『スーパーマリオ64』をプレイしている場合があり、その時は洞穴のBGMが『スーパーマリオ64』のものに変化する。

達成率を104%や105%にする方法

今作はバナナバードやDKコイン、ボーナスコインなどを集めてすべての要素をコンプリートすると103%まで達成率が上昇する。しかし新規にデータを始める際にあるコマンドを入力すると、達成率が105%まで上昇するのだ。

その方法は、まずゲームセレクト画面で「L、R、R、L、R、R、L、R、L、R」と入力して、チートを入力するチートモードに移行する。ここで「HARDR(ゲームボーイアドバンス版だと『HARDER』)」と入力すると、すべてのステージ内のDKバレルの数が通常よりも減った状態になる。この状態ですべての要素をコンプリートすると最後の評価が「すばらしい バナナ ヒーロー」に変化し、達成率が104%になるのだ。

同様に新規データのチートモードで「TUFST(ゲームボーイアドバンス版だと『TUFFER』)」と入力すると、ステージ内のコンティニューバレルすべてとDKバレルのほとんどが消えた状態になる。この状態ですべての要素をコンプリートすると最後の評価が「とてつもない バナナ キング」に変わり、達成率が105%になるのである。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』はレア社が開発、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。同社の『スーパードンキーコング』の続編にあたり、好評だったCGや音楽をさらに進化させつつチームアップなどの新たな要素を取り入れ、よりアクション性を向上させた今作はシリーズの中でも人気が高い。チンパンジーのディディーコングが、海賊キャプテンクルールに捕らえられた親友のドンキーコングを助けるため、ディクシーコングと共にクレムリン島へ乗り込む様子を描く。

Read Article

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドンキーコング64』はレア社が開発したNINTENDO64専用の3Dアクションゲームである。『ドンキーコングシリーズ』初の3Dアクションであり、同社の『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムが基となっている。シリーズ伝統の高度なグラフィックと『バンジョーとカズーイの大冒険』を手掛けた作曲家が作る音楽は評価が高い一方、ゲーム内のゲームが難しくクリアまで至らなかった人も多い。シリーズの顔であるドンキーコングを含む個性豊かな5人のコングを駆使し、仇敵キングクルールから住処のDKアイランドを守る。

Read Article

スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。当時としてはリアルなCGで実現されたグラフィックや美しい音楽、よく練られたゲームバランスで人気を博した。その後シリーズ化し、『2』と『3』も発売。今作で舞台となるのはドンキーコングカントリー。ゴリラのドンキーコングが盗まれた大切なバナナを取り戻すため、キングクルール率いるクレムリン軍団を追う冒険を描く。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険2』とは、レア社が開発したアクションアドベンチャーゲームである。NINTENDO64のゲームソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 本作は前作『バンジョーとカズーイの大冒険』の2年後を描いた続編である。オープニングで悪い魔女グランチルダが復活し、仲間のボトルズが殺害されたところから始まり、怒りに燃える主人公バンジョーがグランチルダを再び懲らしめるために魔女の本拠地がある「マジョあいらんど」に挑んでいく。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険(Banjo-Kazooie)』とは、レア社が開発した3Dアクションゲームである。NINTENDO64専用ソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 ある日、美しさを求めた悪い魔女グランチルダによって主人公バンジョーの妹が誘拐されてしまう。バンジョーは妹のチューティを取り戻すべく、口うるさい相棒のカズーイと共に強大な敵や難解な仕掛けが待ち構える「グランチルダのとりで」に挑む。

Read Article

目次 - Contents