スーパードンキーコング3 謎のクレミス島(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』とはレア社が開発、任天堂から発売されたスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』の続編にあたり、「スーパーファミコン史上最高画質」と謳われた今作は、NINTENDO64が既に世に出ていたにもかかわらずそれらのソフトに劣らない販売数を記録した。舞台は謎のクレミス島。仲間のドンキーコングとディディーコングが出かけたまま戻らないことを心配したディクシーコングの、2人を探す冒険を描く。

顔がパンパンに膨らんだ赤色の魚。あまり移動せず、水中をただ漂っている。倒すと何らかのアイテムを落とす。

バッザー(Bazza)

凶悪な面構えの魚。巣穴から巣穴へと列をなして泳いでいる。バッザーの間を抜ける際は、上下のキーで泳ぐ速度を調整すると通り抜けやすい。

グレーミンブリーム(Gleamin‘ Bream)

黄色いバウンティバス。倒すことはできないが、エンガードで突くと一定の時間だけ淡く光る。暗い水中のステージではグレーミンブリームの灯りを頼りに進んでいくことになる。

巻貝ミサイル

画像左上、黄色い巻貝が巻貝ミサイル。

正式名称不明。ボス・バーボスが放出する巻貝型のミサイル。一定時間経過すると点滅し、その場に止まって狙いを定めてから突進してくる。上手く誘導してバーボスを守る紫色のリラーチにぶつけると、リラーチを排除することができる。

ボス

エンディングでは「いちりゅうのワルたち」と紹介されている。

ベルチャ(Belcha)

「オランガタンガ湖」のボス。巨大なタルの怪物で、口からクリッククラックが入ったタルを吐く。踏んづけてひっくり返ったクリッククラックを口の中に放り込むと、不味さのためか、ゲップをして後退する。ステージの端まで後退させて穴に落とせば勝利。

アーリック(Arich)

「クレムウッドの森」のボスの大きな毒グモ。硬い背中には乗ることができるが、鋭い脚にぶつかるとダメージを受ける。弱点は顎。ディンキーよりもディクシーの方が、顎にタルをぶつけやすい。アーリックが吐く球状の毒は、地面や壁に当たると反射する。

スクワーター(Squirt)

「コットントップの入り江」のボス。滝の中から目や口を出す怪物。対決はエリーに変身して行うことになる。弱点は目。スクワーターは水を吐き、エリーを足場から落とそうとする。

カオス(Kaos)

「メカノス工場の島」のボス。クレムリン軍団の表向きのボスだが、正体はクルールが鍋や窯などの身近な物で作り出したロボット。片言ではあるが喋ることができ、コングに対する強い敵意を口にする。カオス本体やパンチグローブに当たってもダメージは受けず、気をつけた方が良いのは足元から出るジェット噴射程度。回転する刃を足場にして頭部を踏みつければダメージを与えられる。数回踏みつけるとヘルメットが外れ、サングラスをかけた素顔が明らかになる。

「メカノス工場の島」の後は「カオスの隠れ家」で再戦する。今度はタルを頭にぶつけてダメージを与える。倒すとクルールが現れ、カオスはクレーンで吊られて退場する。クルール撃破後は、機体の中からドンキーとディディーが出てくる。ドンキーとディディーがカオスの機体に収容されていたのは「カオスを動かすのに脳が必要で、ドンキーとディディーの脳髄と接続していたから」という裏設定があるという。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』はレア社が開発、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。同社の『スーパードンキーコング』の続編にあたり、好評だったCGや音楽をさらに進化させつつチームアップなどの新たな要素を取り入れ、よりアクション性を向上させた今作はシリーズの中でも人気が高い。チンパンジーのディディーコングが、海賊キャプテンクルールに捕らえられた親友のドンキーコングを助けるため、ディクシーコングと共にクレムリン島へ乗り込む様子を描く。

Read Article

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドンキーコング64』はレア社が開発したNINTENDO64専用の3Dアクションゲームである。『ドンキーコングシリーズ』初の3Dアクションであり、同社の『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムが基となっている。シリーズ伝統の高度なグラフィックと『バンジョーとカズーイの大冒険』を手掛けた作曲家が作る音楽は評価が高い一方、ゲーム内のゲームが難しくクリアまで至らなかった人も多い。シリーズの顔であるドンキーコングを含む個性豊かな5人のコングを駆使し、仇敵キングクルールから住処のDKアイランドを守る。

Read Article

スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。当時としてはリアルなCGで実現されたグラフィックや美しい音楽、よく練られたゲームバランスで人気を博した。その後シリーズ化し、『2』と『3』も発売。今作で舞台となるのはドンキーコングカントリー。ゴリラのドンキーコングが盗まれた大切なバナナを取り戻すため、キングクルール率いるクレムリン軍団を追う冒険を描く。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険2』とは、レア社が開発したアクションアドベンチャーゲームである。NINTENDO64のゲームソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 本作は前作『バンジョーとカズーイの大冒険』の2年後を描いた続編である。オープニングで悪い魔女グランチルダが復活し、仲間のボトルズが殺害されたところから始まり、怒りに燃える主人公バンジョーがグランチルダを再び懲らしめるために魔女の本拠地がある「マジョあいらんど」に挑んでいく。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険(Banjo-Kazooie)』とは、レア社が開発した3Dアクションゲームである。NINTENDO64専用ソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 ある日、美しさを求めた悪い魔女グランチルダによって主人公バンジョーの妹が誘拐されてしまう。バンジョーは妹のチューティを取り戻すべく、口うるさい相棒のカズーイと共に強大な敵や難解な仕掛けが待ち構える「グランチルダのとりで」に挑む。

Read Article

目次 - Contents