スーパードンキーコング3 謎のクレミス島(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』とはレア社が開発、任天堂から発売されたスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』の続編にあたり、「スーパーファミコン史上最高画質」と謳われた今作は、NINTENDO64が既に世に出ていたにもかかわらずそれらのソフトに劣らない販売数を記録した。舞台は謎のクレミス島。仲間のドンキーコングとディディーコングが出かけたまま戻らないことを心配したディクシーコングの、2人を探す冒険を描く。

バズ(Buzz)

腹に回転のこぎりが取り付けられたハチ。踏みつけやローリングアタックでは倒せず、逆にこちらが返り討ちに遭う厄介な敵である。赤色のバズは緑色のバズよりも頑丈で、緑色のバズに有効な普通のタルや鋼鉄製タンクが効かず、倒す手段はTNTバレルや無敵バレルなどに限られる。

スイーピー(Swoopy)

キツツキ。集団で列をなして飛んでいるタイプと、群れずにディクシーたちが接近すると突撃してくるタイプがいる。スイーピーが木にぶつかるとそのまま突き刺さり、足場として利用できるようになる。

ブーティーバード(Booty Bird)

丸々と太ったウグイス。アニマルフレンドのパリーの体当たりでも倒すことができるほど弱い。倒すと何らかのアイテムを落とす。

カービン(Karbine)

フクロウの形をしたメカ。画面の奥からファイヤーボールを飛ばしてくる。左右に動くことはないが、ディクシーたちの動きに合わせて上下に動くことはある。

水中のワルたち

ココ(Koco)

ピエロのような顔をした魚。緑色と赤色がおり、色によって微妙に行動が異なる。避けることはそう難しくないが、通常とは左右の操作が逆になるステージ「さかさまパイプライン」では動きも速く、非常に厄介な存在となる。

リラーチ(Lurchin)

ウニと貝が合体したような敵。殻を閉じたり開いたりしながら上下に移動する。殻を閉じている間はエンガードの攻撃でも倒すことができない。

ニブラ(Nibbla)

常に腹を空かせた赤い魚。地上を移動するディクシーたちを水中から執拗につけ狙っており、ディクシーたちが水に落ちるとすぐさま襲い掛かってくる。倒すことはできない。

「はらペコニブラ」というステージでは通常のニブラとは異なる個体が登場。こちらは常にディクシーたちの背後を陣取っており、初めは青色だが腹を空かせると段々と赤く染まってくる。完全に赤色になるとディクシーたちに襲い掛かってくるため、定期的にココを食べさせて腹を満たしてやらなければならない。

バウンティバス(Bounty Bass)

3iacgbentendo
3iacgbentendo
@3iacgbentendo

Related Articles関連記事

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険2』とは、レア社が開発したアクションアドベンチャーゲームである。NINTENDO64のゲームソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 本作は前作『バンジョーとカズーイの大冒険』の2年後を描いた続編である。オープニングで悪い魔女グランチルダが復活し、仲間のボトルズが殺害されたところから始まり、怒りに燃える主人公バンジョーがグランチルダを再び懲らしめるために魔女の本拠地がある「マジョあいらんど」に挑んでいく。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険(Banjo-Kazooie)』とは、レア社が開発した3Dアクションゲームである。NINTENDO64専用ソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 ある日、美しさを求めた悪い魔女グランチルダによって主人公バンジョーの妹が誘拐されてしまう。バンジョーは妹のチューティを取り戻すべく、口うるさい相棒のカズーイと共に強大な敵や難解な仕掛けが待ち構える「グランチルダのとりで」に挑む。

Read Article

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』はレア社が開発、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。同社の『スーパードンキーコング』の続編にあたり、好評だったCGや音楽をさらに進化させつつチームアップなどの新たな要素を取り入れ、よりアクション性を向上させた今作はシリーズの中でも人気が高い。チンパンジーのディディーコングが、海賊キャプテンクルールに捕らえられた親友のドンキーコングを助けるため、ディクシーコングと共にクレムリン島へ乗り込む様子を描く。

Read Article

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドンキーコング64』はレア社が開発したNINTENDO64専用の3Dアクションゲームである。『ドンキーコングシリーズ』初の3Dアクションであり、同社の『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムが基となっている。シリーズ伝統の高度なグラフィックと『バンジョーとカズーイの大冒険』を手掛けた作曲家が作る音楽は評価が高い一方、ゲーム内のゲームが難しくクリアまで至らなかった人も多い。シリーズの顔であるドンキーコングを含む個性豊かな5人のコングを駆使し、仇敵キングクルールから住処のDKアイランドを守る。

Read Article

スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。当時としてはリアルなCGで実現されたグラフィックや美しい音楽、よく練られたゲームバランスで人気を博した。その後シリーズ化し、『2』と『3』も発売。今作で舞台となるのはドンキーコングカントリー。ゴリラのドンキーコングが盗まれた大切なバナナを取り戻すため、キングクルール率いるクレムリン軍団を追う冒険を描く。

Read Article

目次 - Contents