回復術士のやり直し(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

回復術士のやり直しは月夜涙による日本の青年向けライトノベル及び漫画、アニメである。ライトノベルのイラストはしおこんぶ、漫画のイラストは羽賀ソウケンが担当している。小説投稿サイト「小説家になろう」にて2016年より連載開始。小説のサブタイトルは「〜即死魔法とスキルコピーの超越ヒール〜」でコンセプトは楽しんで復讐する主人公である。「新作ラノベ総選挙2018」で1位を獲得。漫画は「ヤングエースUP」で連載中。2021年にBPO(放送倫理・番組向上機構)にて青少年委員会の議題に取り上げられた。

『回復術士のやり直し』の概要

『回復術士のやり直し』は月夜涙による日本の青年向けライトノベル及び漫画、アニメである。ライトノベルのイラストはしおこんぶ、漫画のイラストは羽賀ソウケンが担当している。小説投稿サイト「小説家になろう」にて2016年より連載開始。小説のサブタイトルは「〜即死魔法とスキルコピーの超越ヒール〜」でコンセプトは楽しんで復讐する主人公である。復讐ものとは本来、悲壮な決意や苦しみを押し殺しながら破滅の道を突き進んでいくというものが多い中、主人公であるケヤルは娯楽として復讐を楽しんでいる。「新作ラノベ総選挙2018」で1位を獲得。漫画は「ヤングエースUP」で2017年より連載中。アニメは2021年に全12話で放送されたが残酷な描写や性的な描写が多く視聴者からは賛否両論の意見があり作者自らも謝罪文を掲載したほどである。2021年にBPO(放送倫理・番組向上機構)にて青少年委員会の議題に取り上げられた。

最果ての地、漆黒の世界で勇者達は魔王と戦っていた。
魔王の圧倒的強さに苦戦を余儀なくされる勇者達は傷を【癒】の勇者であるケヤルに回復するように命令する。だがケヤルは仲間の勇者達から酷い扱いを受けており薬漬けにされていたのだ。回復もまともにできないケヤルを「早く【回復(ヒール)】しろ!使えないやつだな」罵倒する仲間達。
【癒】の勇者は回復術士であり回復術士は1人では戦えないと思われていた。だがケヤルは仲間からの虐待を受けた際に自身を回復することにより、【回復】を強化していき戦闘に使えるようになっていた。そして【薬物耐性】のスキルも獲得してチャンスを伺っていたのだ。ケヤルは他の勇者達が弱った隙に対峙していた魔王を倒し魔王の心臓である賢者の石を手に入れた。他の勇者達の中で意識を保っていたフレアに「この石の力で【回復】を使いこの世界そのものを【回復】する。そして四年前、あんたに出会う前からやり直すよ」と言い残して時を遡ったケヤルは以前の知識と能力を引き継ぎ最強の勇者となり他の勇者やジオラル王国へ復讐を誓った。
四年前に戻ったケヤルは知識と力はそのまま引き継ぎ自分を奴隷として扱った他の勇者とジオラル王国に復讐すべくケヤルガと名前を変え、仲間を集めて次々と復讐をしていく物語である。

『回復術士のやり直し』のあらすじ・ストーリー

最果ての地、漆黒の世界

勇者一行は魔王との最終決戦を繰り広げていた

最果ての地、漆黒の世界で勇者達は魔王と戦っていた。
魔王の圧倒的強さに苦戦を余儀なくされる勇者達は傷を【癒】の勇者であるケヤルに回復するように命令する。だがケヤルは仲間の勇者達から酷い扱いを受けており薬漬けにされていたのだ。回復もまともにできないケヤルを「早く【回復】しろ!使えないやつだな」罵倒する仲間達。
【癒】の勇者は回復術士であり回復術士は1人では戦えないと思われていた。だがケヤルは仲間からの虐待を受けた際に自身を回復することにより、【回復】を強化していき戦闘に使えるようになっていた。そして【薬物耐性】のスキルも獲得してチャンスを伺っていたのだ。ケヤルは他の勇者達が弱った隙に密かに強化していた能力を使い、対峙していた魔王と戦い、勝利する。すると巨大な魔王の体から銀髪の美少女が姿を表し、その魔王は死ぬ直前に悲しそうに笑い「悔しいな、守れなかった」という謎の言葉を残し死んだのだった。そしてケヤルは魔王の心臓である賢者の石を手に入れた。他の勇者達の中で意識を保っていたフレアに「この石の力で【回復】を使う。どうしても治したいものがあるんだ。この世界そのものを【回復】する。そして四年前、あんたに出会う前からやり直すよ」と言い残して時を遡ったケヤルは以前の知識と能力を引き継ぎ最強の勇者となり自分を虐待した他の勇者やその虐待を知りながら黙認していたジオラル王国へ復讐を誓った。

【癒】の勇者ケヤル

ケヤルは一周目の世界で見送ってれた村人達の事を思い出し涙を流す

四年前に時を遡り目を覚ましたケヤルはまず森羅万象を見通す眼である精霊の目を手に入れるため森の中へ向かう。精霊界との繋がりが強くなる星の巡りの日に森の中で精霊との契約の祝詞(のりと)を唱える。すると湖の中から星の精霊が現れ「すべてを砕く腕、風のように翔ける脚、千里先まで聞こえる耳、すべてを見通す眼、どれを望む?」とケヤルに問いかける。ケヤルは「すべてを見通す眼をください」と返すと、星の精霊はケヤルの左目にすべてを見通す眼、翡翠眼(ひすいがん)を精霊との契約の証として記したのだ。
翡翠眼を手に入れたケヤルは次に毒物耐性を手に入れるため森にある毒キノコを食べ尽くした。意識が朦朧としながらも村へ戻ったケヤルを迎えたのは村人とジオラル王国第一王女かつ【術】の勇者であるフレアだった。フレアは「この村に誕生した新たな勇者を迎えに来ました」と告げた。フレアはその勇者にケヤルを指名すると村人達は「凄い!俺たちの村から勇者が誕生するなんて!」と喜びの声を上げた。
フレアはケヤルを連れて馬車で王都ジオラルに戻る間に能力を確認するために鑑定紙を使う。そこにはケヤルが【癒】の勇者であることが記されていた。ケヤルは一周目の世界での経験からその鑑定結果をみてフレアがケヤルに失望するすることがわかっていた。案の定失望したフレアだったがすぐに貼り付けたような笑顔を見せた。
ケヤルは王都が煌びやかな街並みのその裏にはこの土地が亜人から奪った土地であること、その亜人を奴隷にして労働力として使い成り立っていることを一周目の世界で知っていた。そんな王都の姿とフレアの聖女のような表の顔とケヤルを虐待して楽しんでいる裏の顔を頭の中で比べ、馬車の中で王都の様子を横目に見ながらケヤルは「この街はまるでフレアさんそのものだね」と言った。そのケヤルの言葉を褒めの言葉と受け取ったフレアは嬉しそうに笑った。

片腕を失った剣士

【剣聖】と呼ばれたクレハは魔族との戦いで片腕を失った

王都ジオラルに到着して1週間が経過したある日ケヤルはメイドから地上最強の【剣聖】という称号を持つクレハ・クライレットという人物に会うために王城の中央に位置する広場、ライナラの間へ案内される。到着するとそこには片腕を失った銀髪の美少女が立っていた。その美少女はクレハ・クライレットと名乗り、クレハはケヤルに「あなた様の力で私に再び剣をお与えください」と片膝を着き願った。
ケヤルは【回復】を使うとその者の経験を追体験することになる。その為、その者が受けた痛みも追体験することになる。ケヤルが覚悟を決めてクレハに【回復】を使った瞬間クレハが経験した壮絶な痛みがケヤルに襲いかかった。そして失ったはずのクレハの片腕が怪我などなかったかのように復活したのだ。復活した自分の腕を見て涙を流しながらケヤルへ感謝を述べたクレハだったが、一周目の世界の経験からある程度覚悟をしていたもののあまりの痛みに言葉にならない声を上げて気を失ってしまったケヤルにはその声は届かなかった。
クレハが「絶対にこの恩は忘れない。必ずお返しする」と残しその場を去った後、気を失っているケヤルをフレアは「唯一の取り柄の【回復】すらろくに使えないなんて、これはダメね」と失望の眼差しで見下し、控えていた老魔術師にケヤルが今後【回復】を拒絶しないように調教するよう指示した。
ケヤルが目を覚ますとフレアと老魔術師が部屋に入ってきた。ティーセットを用意したフレアはケヤルに「私のお気に入りの紅茶ですの。心が落ち着きますわ。どうぞお召になって」と優しげに声を掛けるが一周目の世界で経験済みのケヤルはその紅茶が毒入りであることを知っていた。

復讐の始まり

フレアに復讐するケヤル

フレアの毒入り紅茶を飲んだケヤルは意識を失っていた。ケヤルは目覚めると牢獄の中で、自分の体が椅子に縛り付けられていることに気付く。するとジオラル王国軍近衛騎士隊長が目の前に現れ、ニヤリと笑うとケヤルを殴りつけ椅子ごと倒れてしまった。そしてケヤルが顔を上げた瞬間、近衛騎士隊長と一緒に入ってきたであろう老魔術師の使用した毒ガスが襲う。この状況は一周目の世界で経験しており理性を失う毒ガスであることを知っていたため冷静に「今しばらく理性とはおさらばだ」と心の中でケヤルはつぶやき、その後意識を失った。

ケヤルは感情が戻るまで薬物漬けにされ、他の勇者やジオラル王国兵士に殴る蹴るの暴力や性的に犯されるなど屈辱的な事を数々させられていた。そんなある日、ケヤルは一周目の世界同様、薬物漬けをされている中で突然【薬物耐性】のスキルを取得し、感情を取り戻したのだ。感情を取り戻したケヤルは「楽しませてやるよ、フレア」と心の中で呟き、憎悪が入り混じった笑みを浮かべた。

ケヤルはまず牢獄からの脱出を試みる。逃走中、兵士に見つかったケヤルは【改悪(ヒール)】という能力で兵士の心臓の血流を止めて殺した。殺した兵士の武装を身にまとい、脱出に成功したケヤルは最初の復讐をするべく、ジオラル城内にある近衛騎士の宿舎に向かう。近衛騎士隊長はケヤルの姿を見て最初は驚きこそしたものの「回復術士のお前がオレに1対1で勝てるとでも?」と嘲笑った。
30分後、王城の一室にてフレアがまだケヤルが見つからないということに苛立っていた。すると近衛騎士隊長がボコボコに殴られたケヤルを連れ、フレアの元へ現れた。近衛騎士隊長は捕らえたケヤルに視線を移し「こやつを捕らえなぜ逃げたのか問い詰めた所、聞き捨てならないことを言いまして、フレア様に関係あることのため人払いをしていただきたいのです」とフレアに言った。フレアが防音設備のある自室に近衛騎士隊長を招き入れた瞬間、近衛騎士隊長は近くに控えていたフレアの護衛のメイドの首を刎ねて殺した。そしてフレアに馬乗りになり首を掴み、相手のMPや能力、記憶を奪う事ができる能力【略奪(ヒール)】を唱えフレアの体内にあるMPを奪った。首を鷲掴みされているフレアは苦しそうな表情を浮かべながら「なんのつもりで?」と呟くと近衛騎士隊長は「なんだまだ気付いていなかったのか」と言い【改良(ヒール)】を唱えると近衛騎士隊長の顔がケヤルの顔に変わった。近衛騎士隊長だと思っていた人間がケヤルだったことに驚きを隠せないフレアにケヤルはニヤリと笑みを浮かべる。ケヤルは表情を恐怖の色で染めるフレアの指を掴み1本ずつ折っては【回復】を繰り返す。あまりの激痛に許しを乞うフレアに容赦なく復讐していくケヤルは最後にフレアを犯し、満足そうな悦楽の表情を浮かべた。そして激痛と屈辱のショックから気を失ったフレアを【回復】で折れた指を治療する。その後対象の肉体や記憶、精神を望んだ形に変える事ができる【改良】の能力で顔、性格、記憶を改竄した。今回の騒動を近衛騎士隊長がフレア王女を襲い、侍女もろとも殺し部屋に火を放ったというシナリオにする為、ケヤルは先ほど殺したフレアの護衛のメイドの首を手に取り、顔を【改良】でフレアの顔に変えてフレアが死んだと偽装し、気を失っているフレアを連れてジオラル城を後にするのであった。

フレイアとケヤルガ

記憶を失ったフレアにフレイアとしての偽りの記憶を教え込む

ケヤルは眠っているフレアを横目に今後の目的を考えていた。1つ目は【剣】の勇者と【砲(ほう)】の勇者に復讐をすること。2つ目は一周目の世界で自身が倒した魔王と再会して何を守ろうとしていたのかを聞くこと。3つ目は今後ジオラル王国から追手がくることも考えて極限まで強くなることだった。同時に、今後の目的を果たすにはひとりでは難しいと考えたケヤルは自身の盾となる仲間を探すことに決めた。
すると眠っていたフレアが目を覚ましたのだ。【改良】によって記憶や性格を変えられたフレアは自身のことも含めなにも思い出せないでいた。そんなフレアに「俺のことを思い出せないのか!?お前の名はフレイアで俺の従者だ。あんなに愛し合ったのに忘れてしまったのか?」と偽りの記憶をケヤルは教え込んだ。そのまま2人は体を重ねると、フレイアが「あなたが大切な人だということはわかります」と顔を赤らめながら偽りの記憶をケヤルに伝えたのだ。その後フレイアはケヤルに対し名前を聞き、ケヤルは「ケヤルガだ。もう忘れるなよ」と言った。

氷狼族の少女セツナ

奴隷商で売り物として拘束されている亜人達

ジオラル王国を出たケヤルガとフレイアは冒険者が集まる楽園と言われている混沌の街ラナリッタに立ち寄った。
ラナリッタの街の住民の中に体調が優れなさそうな人々が多く見受けられた。ケヤルガがその原因を宿泊する宿屋の店主に確認すると原因不明の疫病が街に蔓延していることがわかった。ケヤルガは案内された部屋に置いてあった水を飲んだ瞬間、その疫病の原因が水であることに気づいた。そしてふとラナリッタの住民を救いつつ、金も稼げるという一石二鳥の案を思いついたケヤルガは、ニヤリと不吉な笑みを浮かべると毒入りの水を飲んだ。「何をやっているんですかケヤルガ様!?」と驚いて止めようとするフレイアにケヤルガは「大丈夫だ。俺は毒に耐性を持っている。それにこの疫病を治すポーションの材料に俺の血が必要だからな」と説明する。要するに毒を飲んだケヤルガが体内で耐性を作りその抗体をベースにポーションを作るのだ。ケヤルガはすぐにポーションを完成させてそれを売るために商人の元へ向かった。
この疫病には薬がなかったため、ケヤルガが作ったポーションにはとてつもなく高額な値で取引された。住民が数十年分かけて稼ぐことのできる大金を手に入れたケヤルガはフレイアを連れてその足で奴隷商へ向かう。
奴隷商には亜人が数多く捕らえられておりケヤルガ達はその中でも疫病に伏している亜人の牢屋へ入る。ケヤルガはそこにいたひとりの亜人の少女を買うことにした。亜人の少女はかなり弱っていたがケヤルガの【回復】によって病が治り目を覚ます。その少女はセツナといい、氷狼族という種族の少女で住んでいた村が人間達に襲われ多くの氷狼族の少女が捕らえられたり殺されたことをケヤルガに話した。セツナはその人間達に復讐したいと望むとケヤルガは力を貸すと約束するのであった。
数日後、ケヤルガ達はセツナが住んでいた氷狼族の村へ向かう。するとそこではジオラル王国の兵士と氷狼族が戦闘していた。その光景を見たセツナは氷狼族に加担するために飛び出そうとするがケヤルガはそれを制止する。ケヤルガの言う通り助けに行きたいという気持ちを押し殺し我慢しているセツナを横目に見ながらケヤルガは懐から仮面を取り出し装着すると「我は【剣】の勇者!無垢なる亜人の村を襲う残虐なものどもを正義の名のもと切り捨てる」と大声で叫んだ。そして氷狼族に加担し、ジオラル王国の兵士を次々と倒していく。兵士の数が減っていく中ケヤルガはセツナに「セツナ!よく我慢した。ここから先はお前が主役だ!俺が背中を守ってやる!」と叫んだ。その瞬間セツナはいままでジオラル王国の兵士達が行った氷狼族に対する仕打ちを思い出し涙を流しながら兵士を次々と殺していく。すべての兵士を殺し尽くしセツナの復讐は成し遂げられたのであった。

【剣聖】クレハ・クライレット

ケヤルガを斬るために現れた【剣聖】クレハ

ケヤルガ達が滞在しているラナリッタの街にジオラル王国からの追手が迫っていた。
ケヤルガがジオラル城で近衛騎士隊長に変身してボコボコにしたケヤルの正体は近衛騎士隊長だった。変身の魔法を見破るために使われる鑑定紙を使い、そのケヤルが偽物だと気付いたジオラル王国軍はフレアが殺されたと思っている為、ケヤルガへの恨みからか迅速な部隊編成が行われたのだ。
まだジオラル王国軍と戦うには戦力不足と判断したケヤルガはラナリッタの街から離れることを決めた。
ケヤルガ達が宿屋に戻る途中、突然謎の剣士に襲われる。謎の剣士は以前ケヤルが【回復】を使った剣士、【剣聖】クレハだった。フレアを連れてジオラル王国を出た際に顔を変えていたケヤルガをクレハはケヤルだと気づくことはなかった。ジオラル王国最強の剣士と言われているクレハの猛攻に苦戦するケヤルガにクレハは「私の剣を3度も防ぐなんて師範クラスでも不可能よ。あなた一体、何者かしら」と問いかける。その問いにケヤルガは「いきなりだな。斬りかかられる覚えはないが」と茶化した。ケヤルガの剣術の経験値はクレハを【回復】した時に手に入れた副産物のため本物であるクレハの剣術に敵うはずがない。
ケヤルガは一瞬の隙をみてクレハに触れると【回復】を使い、亜人の傷を癒した際に見た記憶をクレハの頭の中に流しこんだ。亜人の記憶は人間に切り付けられ、奴隷にされた記憶だった。突然のことに戸惑ったクレハはその流し込まれた記憶を自分の記憶と認識してしまいショックのあまりに気を失ってしまった。

目を覚ましたクレハはベッドの上にいた。ケヤルガがクレハを宿に連れ帰り【回復】を施したのだ。ケヤルガはクレハに自分の正体が【癒】の勇者ケヤルであることを明かし反逆者になった経緯を話し始めた。
ケヤルはジオラル王国の兵士に対して【回復】を繰り返し使ううちにジオラル王国は平和の裏側に亜人の村を襲って奴隷にしているという闇があること知ってしまった。そのことをフレアに相談したことが原因でジオラル王からフレアは殺されかけたてめ、ケヤルがフレアの死を装い救ったという嘘の話を聞かせた。クレハは「笑わせないで!そんな嘘信じるわけないでしょ!」と怒鳴りつけた瞬間、フレアの格好をしたフレイアが部屋に入ってきた。フレアだった頃の記憶を失っているフレイアにケヤルガはクレハの前でフレアのふりをするよう命令していたのだ。そしてフレアが生きていたことに歓喜するクレハにフレイアは「ケヤルガが話したことはすべて真実」と伝えた。
ケヤルガとフレイアの話を信じたクレハは「私は全力であなたの力になるわ」と協力の意をケヤルガに示したのだった。

mappi46
mappi46
@mappi46

目次 - Contents