あの人たちのギターを集めてみた。

ギタリストの象徴的存在。ギタリスト達のオリジナリティ溢れるギターです。

PR -TRIPLE NECK

ライヴでは、SUGIZOがトリプルネックギター(PR -TRIPLE NECK-(ESP))を、INORANが12弦のエレアコを用いて演奏する[3]。

GENESIS OF MIND ~夢の彼方へ~
SUGIZO原曲。この世を去った者への鎮魂歌として作られた(この時期、RYUICHIの前バンドSLAUGHTERのドラム担当だったJUN(当時DEEP)の急逝や、その他メンバーの身内の死去が重なっていた)。演奏時間が8分を超える作品である。ライヴでは「LOVELESS」同様、SUGIZOはトリプルネックギターを使用[3]。

出典: ja.wikipedia.org

当時はこのギターでLOVELESSを聴かないとLUNA SEAのライブは始まりませんでした。

LUNASEA INORAN

縁の下の力持ち。
LUNA SEAのクリーントーンは彼のものです。

ESP ILP-Ⅰ

INORANモデルとしてESPで市販化された1号機。レスポールのボディにシングルPUを3基搭載するというINORANの斬新なアイディアにより誕生した。ボディは通常のレスポールの97%サイズとやや小振りな大きさ。ボディ厚はサイド部分で約38mm。重量は約3.4kg。アッシュボディにメイプルネック、ローズウッド指板。インレイはシャークティースといわれる鮫の歯をイメージしたデザイン。

出典: homepage2.nifty.com

初期のINORANのイメージですね。
髪が長くあまりお顔が見えない時です。

FENDER INORAN JAZZMASTER #2 LTD

Fenderは、世界を代表するトップブランドである。
誰も、この事実を否定することはできない。
そしてFenderには、何百回、何千回とボディやネックを削り、熟練した手作業で丁寧にコイルを巻き、アーティストの感性に技術で応えられるように、日々その腕を磨き続けている”Master Builder”と呼ばれる巨匠をはじめとする熟練工達が支え、アーティストの表現力を最大限に発揮できる匠の芸術品ともいえる”Fender Custom Shop”ブランド。
1989年に現メンバーで結成し、2000年に終幕を宣言し活動を休止したが、2010年に活動を再開した日本を代表するロックバンド”LUNA SEA”のギタリスト”INORAN氏”。
日本人アーティスト初のシグネイチャー・ジャズマスターの発表から約2年の歳月を経て、第2弾シグネイチャーモデル”INORAN JAZZMASTER #2 LTD”

出典: www.shimokura-webshop.com

オシャレなギタリストにはオシャレなジャズマスターがよく似合います。
今なら少し価格の下がったものも買えますよ。

まさにアーティスト達の色を表している楽器たち。
個性的な楽器たちは見ているだけでも飽きさせません。

LK168
LK168
@LK168

目次 - Contents