新暗行御史(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新暗行御史』は、『サンデーGX』で連載されていた史実を元にしたファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ映画。
作者は原作・尹仁完、作画・梁慶一の二人の韓国人。
聚慎(ジュシン)という国の滅亡後、訳あって暗行御史となった元将軍文秀(ムンス)が放浪の旅でお供の山道(サンド)や房子(バンジャ)に出逢い、行く先々で遭遇する問題を解決していく。
道中で聚慎滅亡・親友・恋人の死全ての原因となった阿志泰(アジテ)に再会。
過去への葛藤を乗り越え、悪魔の圧倒的な力に勇敢に立ち向かう様を描く。

文秀(ムンス)

CV:藤原啓治
この物語の主人公であり、幽幻兵士を召還できる三馬牌を持つ暗行御史。
元聚慎の伝説の将軍で悪獣・快惰天との戦争に沢山の犠牲を出すも勝利を治める。
愛する桂月香を病から救うため黒魔法で彼女の病を自分に移した為、呼吸器系の病気を患っている。
将軍時代は剣を武器に闘っているが、病気になってからは動きすぎると呼吸困難に陥ってしまうため銃を使用して敵を倒していく。
聚慎を滅ぼした阿志泰を探しながら混乱する国に世の理を取り戻すため、町から町へと馬牌を手に世直しの旅をしている。
旅の道中で山道と房子、そして聚慎時代の仲間たちや桂月香の所縁のもの達に出逢い己の過去と対峙しながら乗り越えていく。
宿敵・阿志泰と再会するも、文秀は重傷を負い死の淵を彷徨う。
曼陀羅華の鍼で一命をとりとめ、旅で出逢った仲間たちと阿志泰を倒すも命を落としてしまう。
好きなものは酒・タバコ・女。趣味はイジメ。

山道 / 春香(サンド / チュンヒャン)

CV:小林沙苗
獣医夢龍の恋人。
囚われの身を文秀に助けられ、暗行御史の山道となった天性の闘士。
砂漠を歩いていた夢籠の前に空から降ってくる。
夢龍の死後、彼の「全国を旅して貧しい民を救うんだ」という言葉を胸に文秀の護衛を買って出る。
当初は自分の考えで突っ走ってしまい、文秀と喧嘩になるが徐々に信頼関係を築いていく。
右手に鋭い爪のついた手甲を装備し、大剣を振るい敵を倒す。
活貧党との闘いで自分の弱さを痛感し、文秀の元を離れ修行するも阿志泰から文秀が死んだと聞かされ絶望、洗脳される。
山道の姿は文秀と夢龍には人に見えているが、他には獣に見える。
洗脳時に房子と文秀を斬ってしまうが、文秀の言葉により目覚め阿志泰にとどめをさす。
文秀の死後、房子と別れ貧しい民を救う旅に出る。
好きなものはいちご。趣味はかくれんぼ。

房子(バンジャ)

小柄でお節介な文秀の付き人房子。
房子とは「暗行御史の従者」という職業の名であり、人の名前ではない。
本作で喜怒哀楽が一番激しく人間味のあるキャラクター。
文秀が暗行御史と分かると本人の意思などお構いなしで房子にしてくれと付きまとう。
そのしつこさに文秀も折れ山道と三人で旅をし、文秀が重傷を負った際曼陀羅華の鍼を打ち、文秀を救う。
鍼を打った後仮死状態の文秀を目覚めさせるために白頭山(ペクトウサン)へ避乱潟花(ピランソッカ)を求める道中、洗脳された山道に斬られ死の淵を彷徨うが、同行していた英實に心臓を凍らせる薬を打たれ一命をとりとめる。
文秀の死後、『生涯一房子』を胸に旅をしながら暗行御史をみつけるとお供しますとしつこく付きまとっている。
好きなものは綿菓子。趣味は動物を使った魔法(芸)。

元述(ウォンスル)

殺形刀を使う剣士。
聚慎時代最強の花郎部隊で最高の剣士の意味を表す”郎”の称号を持つ。
快惰天の首をはね、悪獣との戦争に勝利をもたらした。
聚慎時代に築いたものを失ってしまうことを恐れ、阿志泰にしたがうことで維持しようとした。
溶路の町でかつて憧れ、憎しみを抱いた文秀に再会し、剣で馬牌を壊してしまう。
山道によって致命傷を負わされるが、阿志泰に魂を弄ばれ身体が朽ちて無くなるまで死ねない身体にされる。
阿志泰を倒せるのは文秀だけだと信じ、文秀の旅を補佐する。
首を落とされたり、全身を切り刻まれても死ねなかったが、復活した快惰天に悪獣にされ文秀の元に現れ火薬で爆破されて解放される。
好きなものは修行。趣味修行。

ミス黄(ファン)

文秀と同じ暗行御史で、弥土に改造してもらった四馬牌を操る。
ミス黄の幽幻兵士は屈強な女性の閣氏部隊。
妖艶な色気で敵を騙し、何事も上手に利用する。
西洋に憧れてウエスタン風な格好をしており、トレードマークの丸眼鏡は西洋から取り寄せた貴重品。
強さが目立つ女性だが、本当の姿は世を正す優しき情熱家。
しかし、活貧党が貧しい者の為活動していると知った時、その優しさが裏目に出てしまい、決心が鈍り捕まってしまった。
ミス黄の山道は四本足の獣で、阿志泰との戦争時は幼女の姿で快惰天の首を斬り落とす。
房子は溶路で山道が痛めつけた乙巴素。
好きなものは西洋のもの。趣味は変装。

乙巴素(ウルパソ)

聚慎の棒術部隊白虎(ペッコ)出身のずる賢く節操のない男。
丸いサングラスを常にかけているが、外すと円らな狐目をしている。
元暁が死んだ後は、ミス黄の房子として仕える。
好きなものはサングラスと人の悪口。趣味は裏切り。

弥土(ミト)

七甲山(チルガプサン)の山奥に居を構える鍛冶屋。
聚慎時代は最強の神・斉天大聖をも召還できる大魔法士で、馬牌を精製し暗行御史制度を作った人物。
ミス黄の馬牌を改造し、文秀の壊れた馬牌を修繕・パワーアップさせた。
兵士だった息子を殺した阿志泰を恨み、文秀に助力する。

英實(ヨンシル)

聚慎随一のテコンドー使い。
聚慎の崩壊後、阿志泰の恐怖に屈し、彼の右腕となった。
しかしある時、自分の間違いに気づき、阿志泰の元を離れて趣味の発明に没頭する。
時折、寒いギャグを放つが、明るい性格と素敵な笑顔が魅力の好青年である。
文秀に高性能の銃と防弾、防火、活貧党の合気を軽減する特製コートを作る。
文秀の死後、阿志泰に立ち向かうも消し飛ばされてしまう。
好きなものは日常生活品。趣味は発明。

shitannu00
shitannu00
@shitannu00

目次 - Contents