新暗行御史(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『新暗行御史』は、『サンデーGX』で連載されていた史実を元にしたファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ映画。
作者は原作・尹仁完、作画・梁慶一の二人の韓国人。
聚慎(ジュシン)という国の滅亡後、訳あって暗行御史となった元将軍文秀(ムンス)が放浪の旅でお供の山道(サンド)や房子(バンジャ)に出逢い、行く先々で遭遇する問題を解決していく。
道中で聚慎滅亡・親友・恋人の死全ての原因となった阿志泰(アジテ)に再会。
過去への葛藤を乗り越え、悪魔の圧倒的な力に勇敢に立ち向かう様を描く。

文秀の護衛をしている時に、死ねないのかと問われ「阿志泰を倒して、私を殺してください」と元述は願った。
快惰天に悪獣にされた元述が文秀の前に突如として現れ、殺してくださいと訴える。
自分の持っていないものを沢山持っているかつて憧れていた将軍文秀になら殺されても悔いはないと自ら火薬庫へと足を運び、文秀の号令で火薬庫を爆破し元述はようやく長い眠りについた。
阿志泰との開戦前のこの事件を機に、文秀の余裕の表情が消える。

文秀「俺の心臓は…いまだに熱く滾ってんだぜ。さあ!俺の心臓をブッ潰してみせろ!!」

両腕と片目を無くしても弱るどころか凄まじい気迫で迫りる文秀の姿に阿志泰は恐怖に叫び、あっちへ行けと懇願する。
文秀は阿志泰を睨み付け、立ったまま命を落とす。
それを確認して勝利に安堵した阿志泰だったが、文秀に服の裾を踏まれ山道の怒りと悲しみに任せた渾身の一撃を避けられず斬られてしまう。

『新暗行御史』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

春香のエピソードの元ネタは古典「春香伝」

春香伝は暗行御史が登場する韓国の有名な古典小説である。
春香伝とは、南原府使の息子・李夢龍(イ・モンニョン)と、妓生(キーセン:歌舞を職業とする女性)である月梅(ウォルメ)の娘・成春香(ソン・チュニャン)が恋に落ちるが、夢龍の父は任期を終え都に帰る事となる。
夢龍と春香は再会を誓い合い別れる。
その後新しい府使は美しい春香を我が物にしようとするが、頑なに拒否する春香を拷問して投獄してしまう。
一方都に帰った夢龍は、試験に合格し暗行御史として南原に潜入。
府使の悪事を暴き、春香を救出し二人は末永く幸せに暮らすという人気のラブストーリーである。
『カードキャプターさくら』などの漫画で知られるCLAMPも春香伝をアレンジした漫画を描いている。
韓国で一般的に知られる春香伝は、囚われた春香を暗行御史となった夢龍が助け幸せに暮らすというものだが、これは児童用バージョンで、本当のオリジナルでは夢龍はすでに他の女と結婚しており、それを知った春香は物語の最後に自殺をしてしまう。
新暗行御史では、美しいだけの古典より、原作のメッセージをより現実的にアレンジして表現してみたかったと尹仁完は語っている。

文秀のヘアバンドのモデルは韓国で人気のサッカー選手

連載が始まる時に作者二人で考えたアイデア。
ちょうど韓国のアン・ジョンファンという人気のサッカー選手がおり、顔がおっさんなのにヘアバンドが似合ってた事と、山道とのつながりを表すアイテムとして着けた。
山道が文秀から離れると、ヘアベンドを外すというところは重要なポイントとなっている。

『新暗行御史』の主題歌・挿入歌

主題歌:BoA『Song With No Name~名前のない歌』

作詞:合田毅 作曲:葛谷葉子 編曲:松原憲(avex trax) 歌:BoA

挿入歌:BoA『My Name』

作詞・作曲・編曲:KenZie

shitannu00
shitannu00
@shitannu00

目次 - Contents