かもめ食堂(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品。かもめ食堂がヘルシンキの人々に受け入れられ、身近な食堂としてみんなの居心地の良い居場所になっていく物語である。

『かもめ食堂』の概要

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品だ。「ハラゴシラエして歩くのだ」をキャッチコピーに、2006年3月に日本で公開された。最初は、東京と横浜の2館だけの上映であったが、口コミで人気が広がって全国公開となり、興行収入5億8000万円のヒットとなった。2007年の第28回ヨコハマ映画祭では、第5位を獲得。2006年には、『かもめ食堂』が評価され、新人映画監督に贈られる日本の映画賞・新藤兼人賞において、萩上直子監督が銀賞を獲得した。
『かもめ食堂』は、フィンランドのヘルシンキにサチエがオープンした食堂の名前である。最初は、異国の小さな人がやっている店として、近所のフィンランド人にはいぶかしがられていたかもめ食堂に、お客さん第一号としてトンミ・ヒルトネンがやって来てから物語は動き始める。トンミが日本オタクであったことから、「ガッチャマンの歌を教えてほしい」と頼まれたサチエ。なかなか歌詞を思い出せずにいたときに出会ったのが、たまたま世界地図で指をさした場所がフィンランドだったという不思議な理由でヘルシンキに来ていたミドリだった。サチエは、ミドリを自分の家に居候させ、ミドリはかもめ食堂もお手伝いするようになる。サチエとミドリが運営するかもめ食堂には、次々に個性的な面々が現れ、お店も段々とお客さんが入るようになっていく。かもめ食堂と同じ場所で店をやっていたフィンランド人男性のマッティや、20年間の親の介護から解放されてふらりとフィンランドへやって来たマサコ、夫に出て行かれて酒に溺れていたリーサなどを中心に、言語を超えた人々の交流を描いたヒューマンドラマである。

『かもめ食堂』のあらすじ・ストーリー

かもめ食堂お客さん第一号

客のいないかもめ食堂でコップを拭くサチエ

フィンランドのヘルシンキに一軒の小さな食堂があった。名前はかもめ食堂。客のいないその食堂の中では、店主の日本人女性のサチエがやることもなく、コップを拭いていた。店の目の前をフィンランド人の3人のおばあさんが通りかかる。3人のおばあさんは、小柄なサチエといつも客のいない店内を見て「子どもなのかしら?」「いつも客がいないわね」と言い合い、いぶかしがりながら覗いていた。サチエは3人に気づき、会釈をするが、3人はそのまま店の前から離れてしまう。客がいなくて暇なサチエは、店仕舞いをし、日課である仕事後のプールへと向かった。
ある日、サチエは、いつものように、誰も客がいない食堂の中でうたた寝をしていた。そこへフィンランド人の1人の青年トンミ・ヒルトネンが店へ入ってくる。日本のアニメのキャラクターが描かれたTシャツを着ており、日本語も話せるトンミは、どうやら日本オタクのようだった。トンミは、日本語でコーヒーを注文する。サチエは、コーヒーをトンミの席へ運び、「日本語、上手ですね。」と話しかける。すると、トンミは、サチエに「ガッチャマンが好きですか」と尋ね、「ガッチャマンの主題歌の歌詞を全部教えてほしい」と言いながら、ノートを取り出す。サチエは歌詞を思い出すために、しばらく考えていたが、なかなか思い出せない。結局、トンミが店にいる間には、ガッチャマンの歌詞を思い出すことが出来なかった。トンミが帰ろうとすると、サチエは、「かもめ食堂第一号のお客さんだからコーヒー代は無料で良いです」と言い、トンミは笑顔で帰って行った。

ミドリとの出会い

本屋に隣接するカフェで、ガッチャマンの歌を教えてほしいと頼むサチエ(左)とガッチャマンの歌詞をノートに書くミドリ(右)

トンミが帰った後、店を閉めて、サチエも帰路に就いた。しかしサチエは、歩いていても、立ち寄った本屋でも、ガッチャマンの歌が思い出せずに気になってしまう。サチエは、本屋に隣接するカフェで、「ムーミン谷の夏祭り」というタイトルの日本語の本を読む女性・ミドリを見かける。サチエは、「ガッチャマンの歌をご存知ですか」とミドリに唐突に話し掛け、教えてほしいとミドリに頼む。ミドリは、ノートを取り出し、歌いながらノートに歌詞を書き、そのノートを千切って、サチエに手渡した。ガッチャマンの歌詞が気になって仕方なかったサチエは、とても喜んでお礼を言った。そこからサチエとミドリは、お互いの他愛のない話をし始める。ミドリは、たまたま世界地図で指を指した場所がフィンランドだったため、今こうしてフィンランドに来ていることを話した。「いつまでフィンランドに滞在するか決めていない」と言うミドリに、サチエは「ガッチャマンの歌を教えてもらったお礼に自分の家に泊まらないか」と誘う。
サチエとミドリは、一緒にサチエの家に帰ってきた。サチエはミドリに「せっかくフィンランドに来たのに和食じゃつまらないですね」と言いながら、肉じゃがなどの和食をふるまう。ミドリは一口お米を口にすると、日本の味を食べて安心したのか涙を流す。サチエは何も聞かずに、ミドリにティッシュを差し出した。ミドリは「食堂でも和食を出すんですか」と尋ね、フィンランドで食堂をやることにした理由をサチエに聞いた。サチエは「サーモンが有名なフィンランドなら、日本の朝ごはんである米と鮭のような、素朴な美味しさを分かってもらえるのではないかと思った」と冗談を言いながら、「本当はここならやっていけると思った」と曖昧に答えた。そして「かもめ食堂のメインメニューはおにぎりなんです」と言った。
翌日、サチエとミドリは市場で買い出しをした後、一緒にかもめ食堂へと向かう。2人がかもめ食堂に着いた直後、昨日ガッチャマンの歌を尋ねてきたトンミが再びやって来る。サチエは、トンミとミドリをそれぞれ紹介した後、トンミに「ミドリさんがガッチャマンの歌を教えてくれましたよ」と話す。その後、ミドリはかもめ食堂を出て、1人町中の観光へ出かけて行った。
「主な観光スポットは回ってきた」と言って、かもめ食堂へ戻ってきたミドリに、サチエはコーヒーを淹れた。ミドリは、「今日、歩きながら考えたんですが、かもめ食堂、手伝わせてもらう訳にはいかないでしょうか」とサチエにお願いする。お給料はいらないというミドリの提案をサチエは受け入れることにし、ミドリはかもめ食堂で一緒に働くことになった。

サチエのかもめ食堂への思い

サチエの家で、かもめ食堂を日本人向けガイドブックに掲載することを提案するミドリ(左)と膝行をするサチエ(右)

ある日、かもめ食堂の中でサチエとミドリは一緒に店の中で作業をしていた。ミドリは「初対面の私にどうして家に泊まれと言ってくれたんですか」とサチエに尋ねた。するとサチエは、「ガッチャマンの歌を完璧に覚えている人に悪い人はいないですからね」と冗談交じりに答える。そんな会話をしながら、ミドリは得意の絵を描きながら、店のメニュー表を作成し始めた。そこへ、トンミがやって来る。ミドリは、出来たばかりのメニュー表と水をトンミの座った机へと運ぶ。すると、トンミはミドリに、「自分の名前を漢字で書いてほしい」と頼む。ミドリは、「豚身昼斗念(トンミ・ヒルトネン)」とノートに書き、トンミに手渡した。それを受け取ったトンミは、とても嬉しそうな反応をする。そんなミドリとトンミの様子を、サチエはコーヒーを淹れながら微笑んで見ていた。
その夜、毎日の習慣となっている合気道の膝行を行っているサチエに、かもめ食堂の今後を心配したミドリは、「日本のガイドブックに和食の食堂として掲載してもらってはどうか」と提案する。かもめ食堂には相変わらずお客さんは来ず、唯一毎日来るトンミは、かもめ食堂のお客さん第1号という理由で無料のコーヒーを飲みに来るだけだった。しかし、サチエはガイドブックを見て来てくれるような人は「かもめ食堂の『匂い』とは違う」と言う。「食堂と言うからには、もっと身近な存在として見掛けた人がふらっと入ってくるような場所にしたい」と語る。心配するミドリをよそに、サチエは「真面目にやっていれば、そのうちお客さんが来るようになる」と言い切る。そして、サチエはミドリに「明日世界が終わるとしたら」と問いかける。するとミドリは「美味しいものが食べたい」と言い、サチエは「大好きな人だけ呼んで美味しいものを食べたい」と賛同する。「私はそこに呼んでもらえるのでしょうか」というミドリに、サチエは「ガッチャマンの歌を全部覚えている人に悪い人はいませんからね」とまた同じセリフで答えるのだった。

美味しいコーヒーを淹れるおまじない

かもめ食堂にて、美味しいコーヒーの淹れ方を教えるマッティ(右)と教えてもらっているサチエ(左)

ある日、サチエが一人でかもめ食堂の店番をしていると、一人のフィンランド人男性・マッティが店へ入ってきた。マッティは、注文したコーヒーを飲むと「うまい」と言うが、「もっと美味しいコーヒーの淹れ方を教えてやる」と言う。サチエは不思議がりながらも、コーヒーの淹れ方を教えてもらうことにする。マッティは、コーヒーフィルターに粉を入れ、コーヒーの粉におまじないとして「コピ・ルアック」と言いながら指を当て、それから湯を注いだ。おまじない以外は、サチエの淹れ方と変わらなかった。そして、淹れたコーヒーをサチエに手渡し、一口飲むのを見届けたマッティは「うまいだろ。コーヒーは自分で淹れるより人に淹れてもらうほうがうまいんだ」と言って、コーヒー代を置いて帰ってしまった。
マッティが去った後、サチエは教えてもらった通り、「コピ・ルアック」のおまじないをしながらコーヒーを淹れていた。そこへ買い出しに行っていたミドリがかもめ食堂へ戻ってきた。ミドリにそのコーヒーを渡すと、ミドリは「豆を変えました?美味しい」とびっくりする。同じく後からやって来たトンミも同じようにコーヒーを飲んで満足そうな顔をする。そんなミドリとトンミの様子にサチエは満足そうに微笑んだ。

お客さんを呼びよせたシナモンロール

かもめ食堂にて一緒にシナモンロールを作るサチエ(左)とミドリ(右)

コーヒーの後片付けをするサチエのもとに、ミドリは買ってきた買い物袋を手にしながら近づき、かもめ食堂のメインメニューであるおにぎりについて、「日本の若い人ですら、梅や鮭に興味を持たないのだから、なおさらフィンランドの人は興味を持たないのではないか」と言う。そして、フィンランドでよく使用される食材である、ザリガニやニシンなどを買い物袋から取り出し、「もっとお客さんに来てほしいから、おにぎりの具材を変えてみてはどうか」と提案する。ミドリに押されて、サチエはしぶしぶながら、おにぎりの試作を作ってみることにする。まずはトナカイ肉、ニシン、ザリガニでおにぎりを作って、居合わせたトンミも一緒に試食をしたが、どうも米との相性が良くない。サチエは、「やっぱりおにぎりは梅、鮭、おかかだと思うんですよね。日本にいても、どこにいても。」と言い、試作は失敗に終わってしまった。
その夜、毎日の習慣の膝行を行っているサチエに、ミドリは「今日は余計なことをしてすみません」と謝る。サチエは「やってみたから分かったこともある」と言いながら笑う。そして、「膝行を教えてほしい」と言うミドリと共に膝行をしながら、サチエは、突然「明日はシナモンロールを作ってみましょうか」と思いつく。
翌日、サチエとミドリはかもめ食堂でシナモンロールを作る。すると、その美味しそうな匂いにつられて、以前、誰もお客さんがいないかもめ食堂を覗き込んでいたフィンランド人のおばあさん3人組がお店の中に入ってきた。3人は、シナモンロールとコーヒーを注文した。ミドリは、お客さんが来てとても嬉しそうだった。サチエも、店終い後に行ったプールで、ご機嫌に歌を歌いながら泳いでいた。やはりサチエも、お客さんが来たことが嬉しかったのだ。
ある日のかもめ食堂には、シナモンロールを食べた日から常連になっていた3人の女性たちと、トンミが訪れており、いつもより賑わっていた。そんなかもめ食堂の中を覗く、一人のフィンランド人女性・リーサの姿があった。サチエがその視線に気づき、会釈をすると、リーサは何も言わずに立ち去ってしまった。

マサコとの出会い

かもめ食堂の中を覗くリーサ(左)とマサコ(右)

また別の日、かもめ食堂を覗くリーサの姿があった。かもめ食堂の中では、一組の夫婦が食事をしており、徐々にお客さんが来るようになっていた。すっかりリーサを見慣れてしまったサチエとミドリは、その視線をやり過ごすが、もう一人、かもめ食堂の中を覗いている日本人女性・マサコを発見した。マサコはかもめ食堂の中に入ってきて、コーヒーを注文する。コーヒーを運んできたサチエに、フィンランドに着いた空港で荷物が届かなかったことを話す。「いつまでフィンランドにいるのか」と尋ねるサチエに、マサコは「滞在する期間も目的もまだ決めていない」と答えた。
翌日、マサコは、海辺のほとりで1人「私の荷物まだ届かないかしら」と航空会社に電話をかけていた。その後、マサコは昨日と同じ服装でかもめ食堂を訪れる。「荷物がまだ届かない」と言うマサコに、「大事なものも入ってるだろうから困りましたね」とサチエが答えると、マサコは「大事なもの、入っていたかしら」とつぶやいた。マサコがサチエとミドリにフィンランドに来た理由を尋ねると、ミドリは「私はただお手伝いしているだけ」と答え、サチエは「私はかっこいい男性と知り合いたくて」と冗談を言う。そんな2人に「やりたいことをやっていらしていいわね」とマサコは言う。サチエは「やりたくないことはやらないだけなんです」と答えた。そして、マサコは「いつまでも同じ服を着ているわけにはいかないわね」と言い、買い物に出かけた。

やりきれない気持ちとの向き合い方

森の中でキノコ狩りをするマサコ

翌日、サチエはシナモンロールを焼いていた。匂いに釣られて客席から調理場を覗きに来たトンミと、店の手伝いをしていたミドリと一緒に、出来上がったシナモンロールを食べようとしているところに、買ったばかりの新しい服を着たマサコが現れる。そんな時、またもリーサがかもめ食堂の前に立ち、じっと店の中を見ていた。そして、初めてかもめ食堂の中に入ってきて、マサコの隣のテーブルに座り、コスケンコルヴァというフィンランドの強いお酒を注文する。コスケンコルヴァを一気飲みしたリーサは、グラスをサチエに渡し、酒を勧めたが、サチエは「強いお酒は飲めない」と断る。ミドリも首を横に振るが、マサコは頷き、リーサからコップを受け取ってコスケンコルヴァを飲み干した。リーサももう一杯コスケンコルヴァを飲んだが、その後椅子から滑り落ちて倒れてしまう。居合わせたトンミがリーサを背負って、サチエ、ミドリ、マサコが付き添って、リーサを自宅まで送り届けた。マサコが中心となり、リーサを介抱する。水を飲んで落ち着いたリーサは、夫の写真を見せ泣きながらマサコに消えた夫の話をしていた。リーサの自宅のベランダで休んでいたミドリは、隣に座るサチエに、「フィンランド人はのんびりしているイメージがあったが、悲しい人は悲しいんですね」と言う。サチエは「どこにいたって悲しい人は悲しいし、寂しい人は寂しいんじゃないですか」と答えた。ミドリは「世界の終りの時には招待してくださいね」と言うと、サチエは「今から予約しておきます」と答えた。その帰り道、マサコはサチエとミドリに「リーサの夫が家を出て行ってしまい、しかもその理由が分からないと言っていた」と話す。ミドリはマサコに「フィンランド語ができるのか」と尋ねるが、マサコは「いいえ」と答える。言語は通じないが、身振りや口振りでどんなことを言っているのか分かるし、悲しい気持ちはどこにいても一緒だから通じるのだった。
翌日、トンミとマサコはまたかもめ食堂へやって来る。サチエとミドリは、昨日のお礼をトンミとマサコに伝える。コーヒーをマサコの元へ運びながら、マサコのリーサの介抱がとても手際が良かったため、サチエは「そういった仕事をしていたのか」とマサコに尋ねる。マサコは、自身の両親が体が弱かったため、20年間両親の介護をしてきたこと、そして相次いで両親を亡くしたことを話す。父親の介護中に、テレビでフィンランドのエアギター選手権を目の当たりにし、「こんなことをやる人って、ゆったりのんびりしていて、妙なしがらみもなさそうでいいなあ」と思い、「特に目的もなく来てしまった」と言う。そんなマサコにサチエは「フィンランドでしばらくぼーっとしていればいい」と言ったが、マサコは「ぼーっとするって意外と難しい」と答える。「どうしてこの国の人は、ゆったりのんびりしているように見えるのかしら」と言うマサコに、会話を隣で聞いていたトンミが「森があります」と言う。マサコはその一言を聞いて、「森に行ってきます」と店を後にする。そして、小川の音だけが響く静かな森で、キノコ狩りに没頭するのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

彼らが本気で編むときは、(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼らが本気で編むときは、』とは、家族の在り方やLGBT差別の問題について扱った、萩上直子監督のオリジナル脚本によるハートフル映画である。物語は、小学生のトモの母親が家出をしてしまうところから始まる。トモは母が帰ってくるまで面倒を見てもらおうと、叔父であるマキオの元へ向かうが、マキオは恋人であるトランスジェンダーのリンコと一緒に住んでいた。トランスジェンダーであるリンコにとまどうトモだったが、リンコの優しさやリンコを取り巻く人々との触れ合いを通して、心を開いていくストーリーとなっている。

Read Article

目次 - Contents