スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』はレア社が開発、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。同社の『スーパードンキーコング』の続編にあたり、好評だったCGや音楽をさらに進化させつつチームアップなどの新たな要素を取り入れ、よりアクション性を向上させた今作はシリーズの中でも人気が高い。チンパンジーのディディーコングが、海賊キャプテンクルールに捕らえられた親友のドンキーコングを助けるため、ディクシーコングと共にクレムリン島へ乗り込む様子を描く。

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』の概要

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。

同社の『スーパードンキーコングシリーズ』の第2作目にあたり、2004年に『スーパードンキーコング2』としてゲームボーイアドバンスに移植された他、2007年にWii、2014年にWii U、2016年にNewニンテンドー3DSにてバーチャルコンソール対応ソフトとして配信された。2020年にはNintendo Switchのスーパーファミコン Nintendo Switch Onlineにて配信された。

『スーパードンキーコング』の続編として発売された今作はシンプルな操作性とやりごたえのある難易度はそのままに、相方を担ぐチームアップやアニマルフレンドに変身できるアニマルバレルといった新アクションや新要素を取り入れており、シリーズの中でも屈指の人気を誇る。前作でも好評だったCGはさらに進化し、マグマの噴き出る火山や鉱物でキラキラと輝く鉱山、ハチミツの滴るハチの巣などの背景は多くのプレイヤーを魅了した。

SE のこだわりも強く、船の板の軋む音やマグマの泡立つ音、雨風の音なども細やかに表現されており、臨場感を高めている。BGMも茨ステージの曲「Stickerbrush Symphony」や鉱山ステージの曲「Mining Melancholy」などは人気が高く、難しいステージでも「曲が素晴らしいから投げずに頑張れる」といった声も聞こえるほど。

やり込み要素もパワーアップしており、DKコインという収集アイテムや「ロストワールド」といういわゆる裏ステージが追加され、大変充実した内容となっている。

物語はある月の綺麗な夜、お気に入りの浜辺へと散歩へ出かけたゴリラのドンキーコングが消えてしまったことから始まる。心配したドンキーの相棒のディディーコングがガールフレンドのディクシーコングと捜しに行ったところ、ワニの集団「クレムリン軍団」を率いるキャプテンクルールからの脅迫状を発見する。そこには「ドンキーを捕まえた。返して欲しけりゃバナナをよこせ」と書かれていた。怒ったディディーはディクシーと共に、クレムリン軍団の拠点「クレムリン島」へと乗り込んだ。

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』のあらすじ・ストーリー

クルールの脅迫状は「パイレーツ パニック」の船室で見ることができる。

ある月の綺麗な夜のこと。お気に入りの浜辺へ散歩に出かけたドンキーコングがなかなか帰って来ないことを心配したディディーコングは、ガールフレンドのディクシーコングと一緒に捜しに出かけた。しかし浜辺にドンキーの姿はなかった。不安に思って波打ち際まで歩いていくと、壊れたビーチチェアと無数の足跡を発見した。

ディディーはそれがクレムリン軍団のものだと瞬時に看破した。ビーチチェアの上にはメモが置かれており、そこには「臆病者のコングファミリーへ。わっはっは!ドンキーを捕まえた。返して欲しけりゃバナナをよこせ。キャプテンクルールより」と書かれていた。

ディディーはすぐさま助けに行こうとしたが、コングたちの長老クランキーコングが「お前にはまだ無理だ」と反対する。そこにディクシーが「ディディーにチャンスを与えてあげて!私も彼と一緒に行くつもりよ!」と声を上げると皆が驚き、クランキーは渋々許可を出した。クランキーの妻リンクリーコングやドンキーの親友ファンキーコングに見送られ、2人はクレムリン軍団の本拠地クレムリン島へ向かった。

2人はクレムリン島の近くで座礁する海賊船を経由してクレムリン島へと乗り込んだ。灼熱のマグマが流れる洞窟や難破船が沈む沼地といった過酷な環境を抜け、クレムリン軍団の危険な遊園地を突破し、さらに静寂に満ちた不気味な森を進むと、ようやくクルールの砦に辿り着いた。

クルールに痛めつけられるドンキー。

クルールの砦の天辺でディディーたちはドンキーと再会を果たすも、ドンキーはクルールによって空飛ぶ戦艦へ連れ去られてしまう。追いかけるディディーとディクシーは戦艦の中でクルールと戦い、激闘の末にクルールを撃破。最後は解放されたドンキーの一撃によって海まで落下し、クルールはサメの餌食となった。

それでもしぶとく生き残っていたクルールはロストワールドという異世界で再起を図るが、追ってきたディディーとディクシーと戦い、再び敗北を喫する。ロストワールドの王宮は沈み、クルールは船で去っていった。

沈むロストワールドの王宮を見つめるドンキーとディディー、そしてディクシー。

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』のゲームシステム

前作『スーパードンキーコング』と同様に、基本は横スクロール型のアクションゲームであり、敵を倒したり避けたりしながらゴールを目指す。今作ではゴールに「ゴールターゲット」という的が設置されており、このゴールターゲットを踏めばクリアとなる。そして初めてゴールした時の操作キャラクターの顔マークがステージにつく。

またゴールターゲットを勢いよく踏めば表示されたアイテムを獲得でき、ディディーやディクシーが音楽に乗ってパフォーマンスする。一度クリアしたステージは何度も訪れることができ、クリア後であればステージを途中で抜け出すことも可能となる。

操作するキャラクターはディディーコングとディクシーコングの2人。操作中ではないキャラクターは色が少し暗くなり、控えとして操作キャラクターを追随する。非操作キャラクターはアイテムを獲得することができず、敵とぶつかることもないが、チームアップで投げている時は例外として判定がある。操作キャラクターが敵にやられると自動的に控えが操作キャラクターに切り替わる。穴や溶岩などに落下したり、控えがいない時に敵とぶつかったりすると、ミスになって残機が1つ減る。残機がすべてなくなるとゲームオーバー。

ステージをクリアしたりボスを倒したりすると、セーブ画面などで見られる達成率を示すパーセンテージが上昇する。すべての要素をコンプリートした時は、このパーセンテージが102%となる。

ゲームモード

1人用(ONE Player)

プレイヤー数は1人。1人でディディーとディクシーの操作を行い、クリアを目指す。

2人協力(TWO Player Team)

プレイヤー数は2人。プレイヤー1がディディーを、プレイヤー2がディクシーを操作して、2人で協力してクリアを目指す。

2人対戦(TWO Player Contest)

プレイヤー数は2人。画面に赤い服のディディー、青い服のディディーが現れて、赤チーム、青チームとしてそれぞれがクリアを目指し、どちらが先にクリアできるかを競う。セーブも別々に行われる。

アクション

ジャンプ

基本的な操作。ハチのジンガーや背中にトゲがあるスパイニーなどを除き、多くの敵を踏みつけで倒せる。しかし前作と違いボスに対しては、踏みつけが有効ではなくなっている。

ローリングアタック / ポニーテールスピン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドンキーコング64』はレア社が開発したNINTENDO64専用の3Dアクションゲームである。『ドンキーコングシリーズ』初の3Dアクションであり、同社の『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムが基となっている。シリーズ伝統の高度なグラフィックと『バンジョーとカズーイの大冒険』を手掛けた作曲家が作る音楽は評価が高い一方、ゲーム内のゲームが難しくクリアまで至らなかった人も多い。シリーズの顔であるドンキーコングを含む個性豊かな5人のコングを駆使し、仇敵キングクルールから住処のDKアイランドを守る。

Read Article

スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。当時としてはリアルなCGで実現されたグラフィックや美しい音楽、よく練られたゲームバランスで人気を博した。その後シリーズ化し、『2』と『3』も発売。今作で舞台となるのはドンキーコングカントリー。ゴリラのドンキーコングが盗まれた大切なバナナを取り戻すため、キングクルール率いるクレムリン軍団を追う冒険を描く。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険2』とは、レア社が開発したアクションアドベンチャーゲームである。NINTENDO64のゲームソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 本作は前作『バンジョーとカズーイの大冒険』の2年後を描いた続編である。オープニングで悪い魔女グランチルダが復活し、仲間のボトルズが殺害されたところから始まり、怒りに燃える主人公バンジョーがグランチルダを再び懲らしめるために魔女の本拠地がある「マジョあいらんど」に挑んでいく。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険(Banjo-Kazooie)』とは、レア社が開発した3Dアクションゲームである。NINTENDO64専用ソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 ある日、美しさを求めた悪い魔女グランチルダによって主人公バンジョーの妹が誘拐されてしまう。バンジョーは妹のチューティを取り戻すべく、口うるさい相棒のカズーイと共に強大な敵や難解な仕掛けが待ち構える「グランチルダのとりで」に挑む。

Read Article

目次 - Contents