HITMAN 2(ヒットマン2)のネタバレ解説・考察まとめ

『HITMAN 2』とは、「暗殺」をテーマにしたステルスアクションゲームである。発売元はワーナー・ブラザース・エンターテインメントであり、本作は『HITMAN』シリーズの第7作目となる。本作の主人公は伝説の暗殺者「エージェント47」だ。「エージェント47」の目的は「暗殺」ただ一つ。プレイヤーは太陽光が焦げ付く街中、危険な熱帯雨林などのサンドボックス型のステージを舞台に暗躍する。「エージェント47」だからこそできる変装、潜入、工作、攪乱を駆使した多種多様な暗殺方法でターゲットを仕留めることが可能。

『HITMAN 2』の概要

出典: warnerbros.co.jp

『HITMAN 2』は、「暗殺」をテーマにしたステルスアクションゲームである。本作は2000年から発売され続けている『HITMAN』シリーズの第7作目であり、シリーズ初のオンラインマルチプレイ対応作品となっている。発売元はワーナー・ブラザース・エンターテイメントであり、日本では2018年11月15日に発売、欧米では2018年11月13日に発売となっている。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、Windowsである。

本作において、プレイヤーは伝説の暗殺者である「エージェント47」としてターゲットの暗殺ミッションに挑むことになる。多くのNPCが徘徊するサンドボックス型ステージを探索し、ターゲットを暗殺することが本作の目的である。主人公である「エージェント47」は高度な訓練を受けた暗殺者であり、常に世界で最も危険な殺し屋と目され続けている。彼は暗殺するための技術をすべて兼ね揃えており、その用心深さや殺しの技術は他の追随を許さない。本作では、そんな彼の技術を堪能することができるようになっている。中でも変装能力はターゲットを暗殺するための大きなカギとなる。ステージ上にはバリエーション豊かな衣装や変装できる対象人物が多数存在しているので、別人になりすましてターゲットにこっそりと近づくことができるのである。しかし、ステージ上には変装を見破るNPCも存在しているため、プレイヤーはその場の状況に合わせて適切な行動を取らなければならない。また、変装技術以外にも「エージェント47」は様々な技術を持ち合わせているため、1人のターゲットを暗殺するにしてもその方法は無限ともいえるほどに存在する。その無限ともいえる暗殺方法を楽しめるのが本作の醍醐味である。

本作は前作『HITMAN』(2016年発売)直接の続編という位置づけであるため、前作から引き続いてのストーリー展開となっている。前作ではエージェント47がICAという巨大組織に所属する時期に焦点を当て、闇深い暗雲が立ち込める暗殺ミッションを遂行していくというものであった。そして今作では「影のクライアント」という謎に包まれた男、「プロヴィデンス」という世界各国の権力者が集う組織がカギとなって物語が進んでいく。また、エージェント47自身の過去に関係する陰謀を解き明かす内容にもなっている。

『HITMAN 2』のあらすじ・ストーリー

これまでのあらすじ

エージェント47とオペレーターのダイアナはICA に所属する暗殺者である。彼らは世界で最も危険な暗殺者として恐れられている。そんな彼らは過去から現在にかけて数多くの任務を達成してきたが、ここ最近の任務全てが「影のクライアント」という謎の存在からの依頼であることが判明した。 そして、「影のクライアント」からの依頼の暗殺ターゲットが全て「プロヴィデンス」に所属する工作員であることも分かった。「プロヴィデンス」は世界各国で高い影響力を持つ権力者が集う組織であり、世界を影で操っている存在だ。そのような組織に対して「影のクライアント」は粛々と攻撃を加え、静かに戦争を仕掛けていたのである。

そして、この「影のクライアント」の動きに対抗するかのように「プロヴィデンス」の管理者、コンスタントがダイアナに接触してきた。コンスタントはダイアナに対して「影のクライアント」の排除を要求した。この依頼を達成した際の報酬はエージェント47の出生に関する真実である、とのことであった。

ナイトコール

出典: store.steampowered.com

本作の主人公である「エージェント47」。アルマ・レイナードの自宅付近でのワンシーン。

ボートに乗ったエージェント47はアルマ・レイナードの自宅付近のビーチへ到着する。アルマ・レイナードは「影のクライアント」の主席補佐官の1人である。しかし、今回の目的はレイナードの暗殺ではなく、「影のクライアント」の情報を入手することであった。エージェント47は洗練された潜入技術でレイナードの自宅に侵入する。そしてレイナードのガレージから男女2人の遺体を発見する。レイナードに殺されたのは間違いない。ダイアナの情報によるとレイナードは潜入のスペシャリストであり、エージェント47と同じように変装技術に長けているとのことだ。

エージェント47はさらに捜査を進める。そして隠し部屋を発見し、レイナードのPCの暗号解除キーを手に入れる。解除キーを手に入れたエージェント47はレイナードのPCに侵入しデータのアップロードを開始した。ダイアナがデータの解析を始めたが「影のクライアント」自身に関する情報は得られなかった。しかし、データの中から1つの手がかりを見つける。それはクローンシュタット・インダストリーのロバート・ノックスからのメッセージである。メッセージの内容からロバート・ノックスは「プロヴィデンス」の工作員であることが判明したが、「プロヴィデンス」の離反者であることも分かった。

そしてここでレイナードが複数の部下を引き連れて自宅へと帰ってきた。ダイアナはエージェント47にレイナードの暗殺を指示する。その後、エージェント47はレイナードの暗殺を成功させ、颯爽とボートに乗りその場から離れるのであった。

フィニッシュライン

出典: warnerbros.co.jp

暗殺ターゲットがいるレース会場へと姿を現すエージェント47。

レイナードのPCから入手したデータをダイアナが分析した結果、「プロヴィデンス」の離反者はロバート・ノックスとシエラ・ノックスであることが分かった。ロバートはロボット開発者クローンシュタット・インダストリーの責任者である。先進的な発明家で技術革新者であるロバートは、技術開発の最先端へとクローンシュタット・インダストリーを導いた。ロバートの娘であるシエラもまた優秀な人物であり、レースカーの凄腕ドライバーである。クローンシュタット社は世界の消費者から絶大な人気を得ている。しかし、同社が次世代軍事技術の世界有数サプライヤーの1つであることはあまり認識されていない。ダイアナによると、ロバートが個人的に契約を仲介し戦争犯罪に一役買っているのは間違いないとのこと。ロバートがなぜ「プロヴィデンス」を裏切っているかは不明であるが、「影のクライアント」の暗殺者リストに自分の名前が載ることへの恐怖心が関係していると考えられる。

エージェント47が赴く次なる舞台は、フロリダ州マイアミで毎年開催されるグローバルイノベーションモーターレースの会場である。ミッションはロバートとシエラを暗殺し、「プロヴィデンス」に与える損害を最小限に留めることである。暗殺当日はイノベーションレースの最終日。大勢のファンたちが会場に足を運んでおり、そのレースの中でシエラはクローンシュタット社製のレースカーを見事に乗りこなしている。ロバートはレース会場の一画にある展示場でプロトタイプの車を展示している。エージェント47は巧みな変装技術で会場に潜入し、見事ロバートとシエラを暗殺し会場を後にした。

三首の蛇

出典: warnerbros.co.jp

武装した傭兵を襲うエージェント47。

ロバートとシエラを暗殺後、「プロヴィデンス」のコンタクトが「影のクライアント」の正体を明かした。「影のクライアント」は、元傭兵兼ボディーガードのルーカス・グレーという人物である。グレーの過去は謎に包まれているが、現在ダイアナがアナリスト達に調査をさせている。そして調査している間に突破口となる情報を得ることができた。その情報とはグレーと民兵組織が誰にも察知されずに世界中を移動できる理由である。彼らはコロンビア最大の麻薬製造組織であるデルガド・カルテルの流通ネットワークを利用している。グレーは明らかにデルガドと協定を結び活動を行っているのであった。ということはデルガドを活動不能にできれば民兵の活動領域を大幅に制限できる。そしてそのためには三首の蛇と呼ばれる3人を暗殺する必要があるのであった。

三首の蛇とはカルテル・リーダーのリコ・デルカド、それと彼に最も近い2人の補佐官である広報のエキスパートのアンドレア・マルチネス、科学者のホルヘ・フランコである。知恵と狡猾さを併せ持つリコ・デルガドは、10億ドル規模ともいわれる犯罪王国を運営している。リコ・デルガドは激情型の人物であり、世界一の麻薬密売組織のボスになるつもりである。デルガドの幼馴染であるマルチネスは、デルガドの流通ネットワークの拡張に向けて国の指導者や政策決定者とうまく話をつけている実力者だ。また、優秀だが不愛想で非社交的なフランコはスーパーコカインの開発に没頭している。「プロヴィデンス」にとってコロンビア最大の犯罪組織のボス3人は完全なる敵対組織である。このボス3人が今回のエージェント47の暗殺ターゲットである。

エージェント47は暗殺ターゲットのいるサンタ・フォルチューナの村へと到着する。この村一帯は冷酷なデルガド・カルテルに支配されている。サンタ・フォルチューナ周辺と立ち入り禁止のカルテルの屋敷の警備は極めて厳重である。武装したシカリオが村を巡回しており、命令に従わない者には厳しい処分を与えている。また、噂によれば秘密の洞窟輸送網があり、村とカルテルの屋敷とコカイン畑 を繋いでいる。この村にカルテルのリーダーが同時に3人揃っているのは稀なことであり、彼らを同時に葬り去る絶好の機会である。ターゲットがどれだけ厳重な警備を整えていてもエージェント47には関係ない。エージェント47は暗殺ターゲットであるボス3人を暗殺し次の目的地へと足を運ぶのであった。

雲を掴むような話

出典: store.steampowered.com

ムンバイのスラム街にて、スナイパーライフルを覗き込むエージェント47。

グレーと民兵に動きがあった。民兵が人質のビデオメッセージを公開したのである。このビデオメッセージをきっかけに全世界に「プロヴィデンス」の存在が暴露された。一方、ダイアナはアナリストたちの調査によりルーカス・グレーの上位の副官の手がかりをつかんだ。デルガド・カルテルの偽造部門が民兵のために偽の身分証明書を作成していたという。そしてその中からダイアナは工作員でひとり際立つ人物を発見する。その人物の名前はワジール・カレ。カレは南シナ海の悪名高い海賊であり、偽名のメイルストロムという名の方が有名な人物である。そんなメイルストロムと彼が率いる武装強盗団は不況後の海運業にとって悩みの種であった。しかし2014年、スーパータンカー「フランシスキング」のハッキングによって、中国の精鋭部隊にメイルストロムの船は襲撃された。その結果、多数の船員とメイルストロムの仲間のほとんどが殺されたのである。しかしメイルストロム自身はその場から姿を消した。

現在、メイルストロムとグレーの繋がりは不明であるが上海で「プロヴィデンス」のCEOを大胆に殺害したのはメイルストロムの仕業であるとダイアナは予想していた。この事件には昔の海賊団のメンバー2人も関与していると考えられる。その中の1人は、ムンバイ暗黒街の闇の人物であるヴァーニャ・シャー。もう1人は海賊団元会計係、今は怪しい映画製作者のダウッド・ランガンである。シャーとランガンとメイルストロムはルーカス・グレーの「東部支部」を形成していた。このような状況が判明したことにより、一流の襲撃チームである彼らを止めることがエージェント47の最優先課題となる。

しかし残念ながら、神出鬼没のメイルストロムは自身の悪行伝説の始まりの地、ムンバイに姿を隠している。そのため、メイルストロムの居場所どころか現在の容貌を知っている者は誰もいない。ムンバイは世界で最も人口が過密している都市の一つであり、メイルストロムにとって隠れるには最適な都市である。この都市のスラム街には秘密の抜け道がいくつもある。神出鬼没のメイルストロムはこの街を熟知しているため、彼を見つけるのは至難の業である。最新の情報によるとメイルストロムが所属していたギャング組織「CROWS」が復活したという。この組織にかかわることが出来れば何か手がかりをつかむことが出来るかもしれない。

エージェント47はムンバイへと足を運んだ。エージェント47の今回の暗殺ターゲットはシャーとランガンとメイルストロムである。ターゲット3人はこのムンバイを熟知しているため、エージェント47は慎重に行動しなければならない。しかし、このような難易度の高い任務であってもエージェント47は怯むことはない。エージェント47は的確に情報を入手し、ターゲットの素性、居場所を丸裸にしていく。そしてターゲットは自分がいつの間にか追い詰められていることも知らずに命を落とすのであった。

帰郷

影のクライアントと対峙するエージェント47。

エージェント47はルーマニア、ブラジョブの山岳地帯にある施設を訪れていた。この施設は1962年まで少年矯正施設だったらしいが、その後ソビエトの怪しげな研究組織「人類工場施設」に変わった。しかし、1989年に発生した火災が原因となり現在は使われていないのだという。ダイアナが入手した情報によると数週間前、匿名の投資家が この施設を購入したという。ダイアナは、この施設を購入した匿名の投資家はルーカス・グレーであり、彼はこの施設に住んでいると予想していた。また、あまりにも簡単にこの情報を入手できたためグレーの罠である可能性が高いことをエージェント47に伝える。このダイアナの発言に対してエージェント47は、罠ではなく「招待」だ、と返答する。

エージェント47は扉を開け、施設の中へと入る。武器を構えながら慎重に歩みを進めるエージェント47。そしてエージェント47はある部屋にたどり着く。その部屋の壁は一部が崩れており、外の景色が見えるようになっている。その壊れた壁の前でエージェント47に背を向けて立っている1人の男がいた。ルーカス・グレーである。グレーはエージェント47の方向に振り返り、淡々と語り始めた。自分とエージェント47は父親の訓練を受け、「プロヴィデンス」の殺し屋に作り上げられたということ。父親はエージェント47から記憶を奪い、自分は記憶を奪われなかったため自分はすべてを知っている ということをエージェント47に伝える。相手がテロリストであることからエージェント47はグレーの発言を信じていない。エージェント47は拳銃をグレーの頭に突きつける。

しかしグレーは語り続ける。「事故で‘ある少年’は死んだはずだったが、お前の手によって生き延びた。お前は‘ある少年’のことを知っている」とグレーは言った。そしてグレーはエージェント47に対して問う。「‘ある少年’の名前はなんだ」、と。エージェント47はその問いに対して、思い出したかのように、深い記憶を呼び覚ましたかのように「サブジェクト6」と静かに答えた。‘ある少年(サブジェクト6)’とはルーカス・グレーのことで、かつてエージェント47と協力関係を築いていたことが判明したのだった。グレー、サブジェクト6はさらに問う。「俺たちの目的はなんだ」、と。それ対してエージェント47は、「奴ら全員を倒すことだ」と答えるのであった。

アナザーライフ

出典: store.steampowered.com

暗殺ターゲットのヤヌスが住む住宅街へと足を踏み入れるエージェント47。

エージェント47とグレーはドイツのベルリンで会合していた。その場に居合わせているのはエージェント47のアシスタントであるダイアナ、そしてグレーのアシスタントであるオリヴィアだ。グレーは語った。「俺たちはすべてを壊すつもりだった。あの施設、プロヴィデンス、俺たちに害をなしてきた全ての存在を。だが失敗に終わった。そしてオルトマイヤーによって作られたクローンたちは、2度と奴らに逆らえないようにさせられた。その状況を何も変えることはできず逃げ延びたのは俺だけだった。俺は当時のことを覚えている唯一の生き残りだ。」。ダイアナとエージェント47はそれを聞き、オルトマイヤーは「プロヴィデンス」の一員であることを知る。オルトマイヤーとは少年矯正施設の所長としてエージェント47を生み出し、そして苦しめた人物である。過去、エージェント47は自らの手でオルトマイヤーを暗殺している。

さらに、ダイアナに目的を聞かれたグレーは「パートナーズ(「プロヴィデンス」を構成する御三家)は匿名性という名の影に隠れている。奴らの正体を知っているのはただ一人、お前たちのクライアントであるコンスタントだ。すべては奴が知っている。そして彼を見つけるためには「プロヴィデンス」の紋章を着けた男、初代のコンスタントを見つける必要がある。そしてその初代のコンスタントを知っているのはエージェント47なのだ」と答えた。と同時に、グレーはオリヴィアに対しケースの中身を見せるように指示をした。ケースの中には記憶修復剤が入っていた。オルトマイヤーの死後、彼の財産をエーテル・コーポレーションが引き取り、この記憶修復剤を完成させたという。この記憶修復剤を使うことでエージェント47の記憶を蘇らせ初代コンスタントを突き止めることがグレーの目的であった。

目的を聞いたダイアナであったが記憶修復剤を使うことに否定的であった。ICAは中立の組織、どこかの組織に加担することは許されないというのが彼女の意見であった。しかしエージェント47は違った。自分が始めたことにケリをつける、そう言って記憶修復剤の使用を決心するのであった。グレーはエージェント47に記憶修復材を注入した。そしてエージェント47は初代のコンスタントの存在を思い出した。

エージェント47の記憶が蘇った。そして初代コンスタントはヤヌスという男であることが判明する。ヤヌスは冷戦時代の伝説のスパイマスターである。KGBの上級役員にして、ルビャンカの「6番目の柱」特別支部長。自他ともに認める天才であり対敵諜報活動の専門家であった。

ヤヌスがいつコンスタントを辞任したのかは不明であるが、現在はバーモンド郊外の静かなコミュニティに住んでいることが判明した。居場所が分かったのであれば、ヤヌスに近づき彼自身から情報を聞き出したいところである。しかし、ヤヌスは尋問と拷問に耐えられるように訓練された人物であり、力づくで彼から情報を引き出すことはできないだろう。そのため別の手段を考える必要がある。そして、ヤヌスの自宅に侵入し手掛かりを探すという作戦を実行することに決まった。しかしこの作戦にも大きなリスクが伴う。「プロヴィデンス」に気づかれてしまえば努力は水の泡になってしまうからだ。

ダイアナは「プロヴィデンス」を騙すためにもう一つの作戦を練った。ヤヌスが影のクライアントだと「プロヴィデンス」に思い込ませることである。そのためにまずダイアナが偽のICA報告書を提出する。この報告書によって、グレーはただの操り人形でありグレーを裏で操っていた諜報人はヤヌスである。ヤヌスを排除することによって民兵を完全に無力化することができる、という噓の事実を報告するのである。しかしこの作戦を成功させるためにはヤヌスの自宅の警護部隊の一人、「プロヴィデンス」の伝令官であるノーラン・キャシディという男を抹殺する必要があった。彼は勉強熱心で頭がキレるため作戦の矛盾を見破ってしまう可能性がある。このような背景から、今回のエージェント47のミッションは、「ヤヌスとノーラン・キャシディの暗殺」と「コンスタントの居場所を特定できる手掛かりの入手」となった。いつもと同じく難易度の高いミッションではあるが、ヤヌスは「プロヴィデンス」を倒すためのカギだ。失敗することは許されない。

ヤヌスの自宅にエージェント47が到着しヤヌスの自宅に侵入する。そして、ある手紙を見つける。ヤヌスからゾーイという人物に宛てられた手紙だ。この手紙には、ゾーイとその姉妹が「アーク・ソサエティ」の会長に任命されることがいかに不服かということがびっしり書かれていた。この手紙は大きな手掛かりになりそうだ。エージェント47はさらなる手掛かりを見つけるために探索を続ける。そしてヤヌスの自宅の庭からメモの入った葉巻入れを見つける。メモには、この葉巻入れをコンスタントがヤヌスに「伝統に従って」与えた、と書いてある。これはコンスタントとヤヌスが定期的に会っているということを意味している、とダイアナは分析した。

さらにエージェント47は手掛かりを見つける。ヤヌスのメモが添えられた何かの礼服だ。このメモの内容も興味深いものであった。このメモによると、ヤヌスはヘレンに毎年恒例の旅行に出発する前に礼服を修繕するように頼んでいたようだ。ここまでである程度の手がかりがそろい、ダイアナが分析を行う。そして、ヤヌスはアーク・ソサエティ関連のイベントでコンスタントに会うことが判明した。また、おおよその日程も把握できた。必要な情報が揃ったので、エージェント47は暗殺ターゲットであるヤヌスとキャシディを暗殺しその場を離れた。すべての準備が整った。エージェント47達は次の作戦に目を向けるのであった。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents