初代熱血硬派くにおくん(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『初代熱血硬派くにおくん』とは、テクノスジャパンより1992年8月7日に発売されたくにおくんシリーズ初のスーパーファミコンソフトである。それまでのファミコンシリーズと比べて画質も良くキャラクターも2等身から等身大のサイズになり、マップも広くなっており大阪の街並みと世界観がとても良く描かれている。ゲームジャンルは大阪を舞台に喧嘩バトルを展開するアクションロールプレイングゲームとなっており、1Pはくにお2Pはりきを操作して敵を倒す爽快なゲームになっている。

くにお達が通う高校で、ひろし、よしひろ、こうじ、まさ、げんえいなどが主要人物として登場する。

花園高校

りきの通う高校で偶然にも熱血高校と修学旅行先が同じである。

野田工業高校

同盟のリーダー格である主要メンバーのおうみが通う高校。

千里女子高校

同盟の主要メンバーのさおりが通う女子高。

戎高校

同盟の主要メンバーでおうみの後輩であるいざわが通う高校。

桜宮高校

同盟のメンバーで本作のヒロインのみほが通う学校。

『初代熱血硬派くにおくん』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

協力プレイを利用したチート技

このゲームでは、2人協力プレイが可能なのだが、シナリオの進行状況は常に1P側に依存するので、この協力プレイ中に2P側がセーブすると、2P側の進行状況も1P側と同じ状況になるのだ。

この現象を利用する事により、イベント等のアイテムを以外の全ての状態を維持したまま、ゲームを自分の好きな場所からやり直せる、ある意味チートすぎるバグ技である。

協力プレイで喧嘩にならない

2P時、どちらか一方がドアなどに入って画面上に存在しない状況だと、NPCがケンカを売ってこなくなる。

これを利用することで、安全に通行人を倒して経験値を稼いだり、絡まれることなく電車に乗ったりすることが出来る。

街中で襲い掛かる透明な電車

ゲーム中、稀に音は聞こえるが姿の見えない、透明の電車にいきなり轢かれる事がある。この電車はMAPやキャラクターとは違うデータで管理されている様で、突然轢き殺されるので注意が必要だ。

自販機バグ

自販機で買い物をするとき、いいえを選んでもプリペイドカードが減ってしまう。その為購入を選んだほうが良い。

noriri_1900
noriri_1900
@noriri_1900

目次 - Contents