初代熱血硬派くにおくん(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『初代熱血硬派くにおくん』とは、テクノスジャパンより1992年8月7日に発売されたくにおくんシリーズ初のスーパーファミコンソフトである。それまでのファミコンシリーズと比べて画質も良くキャラクターも2等身から等身大のサイズになり、マップも広くなっており大阪の街並みと世界観がとても良く描かれている。ゲームジャンルは大阪を舞台に喧嘩バトルを展開するアクションロールプレイングゲームとなっており、1Pはくにお2Pはりきを操作して敵を倒す爽快なゲームになっている。

2代目連合総長よしひろを撃破する

倉庫の奥でよしひろ(中央)との最後の戦いになる。お互いの全てを掛けた最後の喧嘩である。くにお(左)みほ(右上)

ほんだを倒して倉庫の奥へ行くとよしひろとみほがの姿がある。大阪を支配した後は東京を支配するという野望を聞いたくにおは「くだらねぇな」と言い、よしひろがそのために熱血高校に入り仲間を騙した事へのケリを着けるという会話の後に戦闘が始まる。最後の戦いになるので持てるアイテムや気力を使い彼を倒す。ここでの会話は連合ルートでも変化はない。彼を倒した所でパトカーのサイレンが鳴り、大阪連合は壊滅する。後はみほと倉庫を出るとエンディングが始まる。

連合ルートでクリアしたエンディング。くにお(左)みほ(中央)まさき(右)

連合ルートでクリアした場合は同盟は壊滅しているので、おうみ、さおり、いざわが登場しないという違いが出る。まさきとみほと会話した後、熱血高校のメンバーと合流する。最後にみほと会話した後にエンディングが始まる。

『初代熱血硬派くにおくん』のゲームシステム

基本操作

基本はアクションゲームとして楽しめる内容になっており、爽快に敵を倒して進んで行き、レベルを上げると新しい気力や技を覚えるRPG要素もありくにおくんシリーズの新しいスタイルを作った作品になっている。

気力とはRPG で言う魔法で、回復できる物から自分の能力を上げる物まであり、レベルが上がるたびに覚えて行く。
技はくにおくんシリーズではお馴染みのコマンド入力式の必殺技で、くにおのレベルが上がるたびに強力な技を覚えて行く。

気力と技を組み合わせて喧嘩を進めて行く内容のゲームシステムはとても斬新で、それまでの横スクロールアクションとはひと味違う戦い方が楽しめる。

爽快なアクションを楽しめる

大阪を舞台に主人公のくにおとりきを操作しながら喧嘩をして行くという非常にシンプルな内容となっている。

ゲームジャンルはアクションロールプレイングゲームで、敵を倒して経験値を稼ぎキャラがレベルアップをして行くのでRPG感覚の要素もあり、アクションゲームとRPGの要素を取り入れた新しい試みである。マップも広く自由度が高いのも特徴で、やり込み要素が詰まっている。

自由度の高いマップ

ストーリーの間に色々な場所や街に寄り道できるのも楽しみの一つだ。ゲームセンターや甲子園、通天閣など実際の建物の作り込みはとても良く出来ており、町中の背景やBGMなども合わせて大阪の街の再現度は高いと言える。色々な場所に行き修学旅行気分を味わうのも息抜きになって楽しめる。

『初代熱血硬派くにおくん』の登場人物・キャラクター

主要なキャラクター

くにお

今作の主人公 私立熱血高校2年生。
お馴染み熱血硬派シリーズの主人公であり数々のライバルを倒してきた喧嘩の強さを持つ。今回は大阪を舞台に正義の拳をふるう。弱い物いじめが嫌いで、悪を許さない正義の不良。

りき

出典: twitter.com

もう一人の主人公で 都立花園高校2年生(一留)。
初代熱血シリーズからくにおの永遠のライバルとして登場している。“マッハパンチのりき”の異名を取り、近隣の学生達に恐れられた存在である。くにおとは永遠のライバルであり頼りになる友である。

熱血高校

ひろし

くにおの同級生で、親友でもある。喧嘩は弱いが正義感は強く、大阪同盟に味方するが大怪我を負ってしまう。とても優しい性格のいい奴である。

noriri_1900
noriri_1900
@noriri_1900

目次 - Contents