初代熱血硬派くにおくん(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『初代熱血硬派くにおくん』とは、テクノスジャパンより1992年8月7日に発売されたくにおくんシリーズ初のスーパーファミコンソフトである。それまでのファミコンシリーズと比べて画質も良くキャラクターも2等身から等身大のサイズになり、マップも広くなっており大阪の街並みと世界観がとても良く描かれている。ゲームジャンルは大阪を舞台に喧嘩バトルを展開するアクションロールプレイングゲームとなっており、1Pはくにお2Pはりきを操作して敵を倒す爽快なゲームになっている。

『初代熱血硬派くにおくん』の概要

出典: www.famitsu.com

『初代熱血硬派くにおくん』とは、テクノスジャパンより1992年8月7日に発売されたスーパーファミコンゲームである。修学旅行に来たくにおとりきが今回は大阪を舞台に巨大な組織大阪連合を相手に喧嘩して行くストーリーになっている。スーパーファミコン初のくにおくんのゲームの特徴は今までのアクションゲームからエンカウント式の戦いになった事だ。町中を歩いていると敵から喧嘩を売られて戦いが始まり、時間帯や町などでも多彩な敵が現れて時には助太刀してくれるキャラもいる。

本作は今までのシリーズと比べても自由度の高い内容となっていて勿論ストーリーに沿って進めて行くのだが、その途中で色々な街に寄ったりその場に留まってレベル上げなどRPG要素が詰まっている作品である。レベルを上げる事によって技を覚えて行き気力(RPGで言う魔法の様な物)も覚えていく。また武器や防具も装備でき決まったエリアの敵しかドロップしないアイテムなどもあり、やり込み度の高い作品となっている。

舞台が大阪になっても「なめんなよ!」と、くにお節が炸裂する痛快な内容と言えるゲームである。

このゲームは今までのくにおくんシリーズとは違いレベルを上げる事により新しい技を覚える他に昼と夜によって出てくるキャラも変わり、学生以外の町中の人々との会話も出来る等、操作しているプレイヤーが自ら街を散策しているかの様なゲームスタイルがとても斬新な内容となっている。

『初代熱血硬派くにおくん』のあらすじ・ストーリー

スタートからホテル大阪に着くまでのイベント戦闘

東京から大阪に修学旅行に来ていたくにおと熱血高校のメンバー達が大阪連合の敵対組織の大阪同盟の桜宮高校と間違えられて喧嘩を売られる所から、大阪連合を相手に事件に巻き込まれていくという内容になっている。偶然居合わせたりきも加わり大阪中を巻き込みながら連合との喧嘩を繰り広げる事になる。大阪同盟との友情や強敵連合四天王との激しい喧嘩バトルもあり、他にも選択を迫られる場面や特定のキャラを探すなどRPG的な要素も含まれており奥深い内容となっている。

前作までコミカルな2等身だったキャラが今作ではリアルな等身になっている。また、戦闘中の攻撃が当たった時の音がいかにも喧嘩をしているような、迫力のある打撃音である。

同盟の桜宮高校と間違われて連合梅田部隊、のぼる(右)達に襲われるくにお(右から2番目)。

熱血高校の生徒たちは修学旅行で大阪を訪れる。くにおは仲間と別れてホテル大阪に向かう途中、いきなり桜宮高校の生徒と間違えられて喧嘩を売られる。大阪では大阪同盟と大阪連合という2つのチームが抗争をしており、連合のメンバーが敵対する同盟の桜宮高校の生徒と間違えてくにおを襲ったのだ。

ホテル大阪~連合四天王多聞天のほくと攻略まで

連合梅田部隊に立ち向かうも返り討ちにあい大怪我をしてしまうひろし(左から2番目)。大阪連合梅田部隊リーダー四天王ほくと(右上)、大阪連合梅田部隊幹部なかざきに(右下)くにお(右下から2番目)が羽交い締めにされてしまう。

熱血高校の生徒でくにおの親友であるひろしの文通相手の桜宮高校のみほに頼まれて、同盟に協力して連合を倒す約束をしたくにお。大阪では同盟と連合というチームの抗争が起きている状況で、ホテル大阪の前で敵対チームの連合に待ち伏せされてしまう。同盟に協力するくにお達を狙って来たなかざきに羽交い絞めにされてしまうくにお。ひろしがみほの力になる為に同盟を助けに来たと言って立ち向かうが、連合のメンバーに病院送りにされてしまう。

ひろしの仇を取る為、連合梅田部隊を撃破する

連合梅田部隊に大怪我をさせられたひろしの仇を取るために同盟の味方をする事に決めたくにおは改めてみほから連合は暴力で支配するチームだと聞かされる。みほから梅田の部隊を倒さないと同盟の集会に参加できないと言われる。

先ずは心斎橋の同盟の集会に参加する為に、梅田駅に集合している梅田部隊と連合幹部のなかざきを撃破する。なかざきを撃破した後は心斎橋に向かうのでホテル大阪に戻り2Fでみほを仲間にして心斎橋に向かう。みほとの話を終えて部屋を出ると熱血高校のよしひろがいる。ひろしの仇を取りたいと言うよしひろにも集会が心斎橋で行われることを伝える。

心斎橋の集会で先に来ていたよしひろと同盟の主要メンバー野田工業高校のおうみ、千里女子高校のさおり、戎高校のいざわと顔合わをしてそれぞれの担当の地区を決めてくにおとみほは梅田の集会所に行く事になる。しかし中に入るには鍵が必要だとおうみが言う。よしひろが梅田を探していて偶然見つけた鍵が集会所の鍵であり、ここでカードロックを受け取る。

作戦会議が終わったら心斎橋に集まる約束をして仲間と別れる。くにおは女の子に喧嘩をさせたくないと言ってみほにホテルで待っている様に伝える。ここでみほの兄が連合四天王・持国天のまさきだと聞かされる、驚きを隠せないくにおにみほは兄の間違いを認めたくないと言ってホテルに戻る。

連合梅田部隊リーダー四天王多聞天ほくとを撃破する

出典: www.famitsu.com

くにお(左)が来たことに驚くほくと(中央)。彼女を倒して梅田を連合から解放する。

よしひろから貰ったカードロックで梅田と心斎橋の間にある集会所に入れる様になる。入った瞬間から連合の部隊に襲われる。奥まで進むとえいこ達との戦闘になる、彼女たちを倒すと一番奥の部屋からほくとが現れる。「この間のホテルの襲撃で懲りてなかったのか」とほくとが言った後に戦闘が始まる。

連合唯一の女性幹部で最初に戦う事になる四天王である。梅田部隊のボスであり素早い攻撃を得意とする。彼女を倒すことにより連合梅田部隊は壊滅する。ほくとは素早い攻撃を繰り出してくる強敵なので、うまく立ち回りながら気力やアイテムを使い倒す。

ほくとを倒すと奥の部屋から同盟の戎高校のうらべが現れる。彼は「同盟のいざわに頼まれて難波の下水道を調べていて捕らえられた」とくにおに話し、その場を去る。その後はホテルに戻りみほと合流して心斎橋に向かう。

心斎橋~連合四天王増長天のわだ攻略まで

心斎橋で集会をしていた同盟のメンバーとくにお達(左からくにお、うらべ、みほ)の前にポリさん(右から2番目)が現れる。おうみ(右)とさおり(中央)はくにお達を逃がす為にポリさん相手に時間を稼ぐ。

心斎橋に着いたくにおとみほは、梅田の地下に捕らえられたうらべに会う。うらべと会話をしているとおうみとさおりが現れ、同盟の作戦がバレていて難波で待ち伏せされたと聞かされる。更にいざわとよしひろは捕まってしまったという。

これからどうするのかを考えていると、うらべが地下から行けばいいと提案してくる。おうみは地下の途中で鍵がかかって進めないと言うが、うらべがその鍵を持っていると言うのだ。

一度体制を立て直すために解散する事になった同盟のメンバーの前に、大阪警察の警官であるポリさんが「通報を受けた」と言って駆けつける。おうみとさおりがポリさんの足止めをしてくれている間にその場から逃げるくにお達。うらべが町全体を調べてくれるが警察に包囲されているので、地下駐車場から下水道に向かう。

心斎橋から難波に脱出する

地下駐車場に入り奥まで進むとドアの向こう側で連合のメンバーが話をしており四天王のわだがポリさんを利用して同盟を攻撃したと言う会話を聞くことが出来る。思わず大声を上げたうらべのせいで敵に気が付かれてしまい、連合のたかぐち、まもる、さとしとの戦闘になる。

戦闘終了がした後は入口にポリさんが来たとうらべが話しみほとうらべと協力しながら下水道に進んで難波を目指す事になる。

うらべの裏切り

うらべ(右上)は「ドアの鍵が開かないから手伝って欲しい」とみほ(右から2番目)を呼び、次の瞬間みほを羽交い絞めにする。

下水道をある程度進んで行くとイベントが起きて、うらべの正体が連合難波部隊のナンバー2だと判明し、うらべは同盟を裏切る。みほがうらべにさらわれてしまうので、くにお一人で難波に向かう事になる。

先ずはうらべの部下を倒して下水道から難波までを目指す。途中で連合に入る為にくにおを倒したいえびぬま、おおすみ、しらいが喧嘩を売って来るイベントがあり、彼等を倒して難波に出たら直ぐに連合幹部のうらべとの戦闘になるので彼を倒してさらわれたみほの居場所を聞き出す。

noriri_1900
noriri_1900
@noriri_1900

目次 - Contents