江戸川コナン/工藤新一(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

江戸川コナン(えどがわ こなん)/工藤新一(くどう しんいち)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作の主人公。高校生探偵として活躍していた新一だったが、あるとき全身黒ずくめの男たちの怪しげな取引現場を目撃。口封じのため男たちに飲まされた薬の副作用で幼児化してしまった。それからは江戸川コナンと名乗り、工藤新一であることを隠して日々事件を解決しながら男たちの行方を追っている。

江戸川コナン/工藤新一のプロフィール・人物像

氏名:江戸川コナン/工藤新一
身長:不明/174cm
体重:18kg/不明
誕生日:5月4日
年齢:7歳/17歳
家族構成:父、母
CV:高山みなみ/山口勝平

もともとは目立ちたがり屋でシャーロック・ホームズが大好きな高校生だった新一。
幼いころから思い描いていた「ホームズのような探偵」になるために日々観察力と洞察力を磨いていた。
あるとき、実際に起きた殺人事件の捜査に協力して解決に導いて以来、世間からは「高校生探偵」ともてはやされるようになった。

そんなある日、幼なじみの毛利蘭と遊びに行った遊園地で全身黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃してしまう。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきた男の仲間に気付かずに殴られ、薬を飲まされて目が覚めたら身体が縮んでしまっていた。

新一は隣人で発明家の阿笠博士に助けを求め、彼の助言で正体を隠すことにした。
新一を心配して様子を見に来た蘭に名前を聞かれた新一は、咄嗟に「江戸川コナン」と名乗り、黒ずくめの男たちの情報を得るために父親が探偵をやっている蘭の家に居候することになった。
それからは阿笠博士の発明品を使い小五郎を隠れ蓑にしながら、小学生の江戸川コナンとして日々事件を解決しつつ黒ずくめの男たちを追っている。

蘭は保育園のころからの初恋の相手で、ずっと思いを寄せていた。
コナンになってからは「言ったらもっと会いたくなる」「でも簡単には会えない」ため、長らく気持ちを伝えられずにいたが、ロンドンのビッグベンの前でついに告白をした。
その後新一として会う機会がなかなかなかったため待たされることになったが、蘭からの返事は修学旅行のとき清水寺で無事もらえた。

蘭が危険に晒されそうになれば命がけで彼女を守るため、特に劇場版では何度となく死にかけている。
蘭だけでなく、少年探偵団や小五郎など、近しい人物に何かあった場合は後先考えずに行動するタイプである。

名前の由来

「江戸川コナン」は日本の推理作家・江戸川乱歩氏とイギリスの作家で『シャーロック・ホームズ』シリーズの作者・アーサー・コナン・ドイル氏から。
「工藤新一」はテレビドラマ『探偵物語』の登場人物・工藤俊作と日本の作家・星新一氏から。

江戸川コナン/工藤新一の来歴・活躍

初登場

新一の初登場

幼児化の直後

アニメ:File1「ジェットコースター殺人事件」
漫画(原作):第1巻 File1「平成のホームズ」

事件を推理して犯人を言い当てるという、主人公の探偵らしい初登場を果たした。
物語の本筋が始まる前は高校生らしく恋に悩めるお年頃で、幼なじみの毛利蘭と遊園地に行く約束の確認をしていた。

そして、蘭と遊びに行った遊園地で全身黒ずくめの男の怪しげな取引現場を目撃してしまう。
取引を見るのに夢中になっていた新一は、背後から近づいてきた男の仲間に気付かずに殴られて、口封じのために薬を飲まされてしまった。男たち曰く「遺体から毒が検出されない暗殺可能な代物」らしい。
薬が効いてきたのか苦しさと痛みが激しく身体を襲い、死を覚悟して意識を手放した新一。

しばらくして目を覚ました新一は、「奴らの薬はオレには効かなかったのか」と生きていることに安堵したが、ぶかぶかの衣服や靴に違和感を覚えた。
そして鏡に写る小さな自分を見て身体が縮んだことを知り、愕然とする。
なんとか家の前まで帰ってきたものの、小さな身体では門にすら手が届かず中に入れない。
そのとき隣に住んでいる阿笠博士が、実験に失敗したのか吹き飛ばされてきた。

新一は阿笠に事情を説明。最初は信じなかった阿笠だが、「新一しか知らない阿笠の秘密」を突き付けられて話を信じることに。
新一は阿笠に解毒剤を作ってほしいとお願いするが、飲まされた薬の成分が分からないことには作りようがない。薬の成分を知るためには、薬を飲ませた男たちの情報が必要になる。

そして、もし工藤新一が生きていることが男たちに知られたらまた命が狙われ、周りの人にも危害が及ぶかもしれない。阿笠からの助言で正体を隠すことに決めたとき、新一を心配した蘭が訪ねてきた。
阿笠の他に小さな子供がいることに気付いた蘭は名前を尋ね、新一はとっさに目に付いた小説から取って「江戸川コナン」と名乗る。
そして、父親の小五郎が探偵をやっている蘭の家にいれば男たちの情報がつかめるかもしれないからと、蘭の家に居候することになった。

迷探偵を名探偵に

蘭の家に居候するようになって数日がたったが、男たちの情報がつかめないどころかそもそもの依頼が来ない。それもそのはず、小五郎は探偵としての知名度が低いうえに、推理力も低かった。
さずがにこのままではまずいとコナンが阿笠に相談すると、阿笠は「蝶ネクタイ型変声機」を作ってくれた。
変声機を使いコナンが小五郎の声で事件を解決すれば、知名度が上がって依頼も増えるだろう。

阿笠は他にも「腕時計型麻酔銃(ライト付き)」「犯人追跡眼鏡(盗聴器・サーモセンサー付き)」「キック力増強シューズ」「ターボエンジン付きスケートボード」「伸縮サスペンダー」「どこでもボール射出ベルト」「イヤリング型携帯電話」「弁当箱型ファックス(おかずは本物)」を作ってくれた。
コナンは阿笠の発明品を使って、迷探偵の小五郎を名探偵にするべく奮闘する。

黒ずくめの男たちとの再会:「新幹線大爆破事件」

友人の結婚式に参列する小五郎とともに新幹線に乗ったコナン。
その車内で偶然、自分の身体を小さくした男たちと再会した。コナンは男たち何者なのか、また薬につながる情報が得られればと、男たちが席を立った隙にガムにくるんでカムフラージュした盗聴器を仕掛けた。

その盗聴器から聞こえる会話で男たちが「ジン」「ウォッカ」という酒の名前を冠したコードネームで呼び合っていること知ったコナン。
さらに、車内である人物と取引をしたこと、その人物に渡したケースに爆弾が仕掛けられており、彼らが取引相手を殺害しようとしていることを聞いてしまう。

その後彼らは爆発に巻き込まれないために途中の駅で新幹線を下車。コナンは彼らの後を追おうとするものの、蘭に「チョロチョロしないの」と止められてしまった。

ジンとウォッカを追うのを諦めたコナンは、彼らの会話から取引は食堂車で行われたこと、取引相手は二階席にいることを推理し、二階席の乗客から食堂車に行った人物を絞っていく。
彼らの取引相手がキャリアウーマン風の女性だと見抜いたコナンは、彼女が持っていた爆弾入りのケースを間一髪のところで車外に蹴りだした。

なお、アニメ放送開始当初は長期化を見据えていなかったため、組織関連のエピソードをそのまま放送すると本筋が解決しないままアニメの最終回を迎えかねないとして、改変が加えられていた。
また、犯罪者が捕まらないのは教育上よろしくないということもあってこのエピソードも改変が加えられ、ジンとウォッカは上田と下田というよく似た別人に置き換えられ、ラストシーンで2人は逮捕されている。

たったひとりだけ:「ピアノソナタ『月光』殺人事件」

小五郎に依頼状が届き、指定された「月影島(つきかげじま)」に向かったコナンたち。
ところが送り主の麻生圭二(あそう けいじ)は12年前に亡くなっていた。
では、誰が何のために依頼状を送ってきたのか。圭二の死を不審に思った人物が真相を暴いてほしいと思ったのか。
圭二と親しくしていたという村長の黒岩なら何か分かるかもしれない、と会ってみることにした。

コナンたちは道中知り合った医師の浅井成実(あさい なるみ)から、黒岩は前村長の法事に出ているはずと聞き、公民館へ。
黒岩の秘書を通してアポイントを取り、法事が終わるまで待っていたとき、突如ピアノソナタ「月光」の第一楽章が流れ出した。
音の聞こえる部屋に向かうと、ピアニストだった圭二が生前村に寄贈したピアノにもたれるようにして亡くなっている、川島という村の資産家を発見。

翌日、警察が法事に参列していた人たちへの事情聴取を行っている最中に「月光」の第二楽章が流れ出し、音源の放送室に行くと今度は黒岩が亡くなっていた。
さらに黒岩の遺体を見て怯えていた西本という男も、その日の夜に遺体で発見され、傍らには「月光」の第三楽章が録音されたテープが残されていた。

左・中央が浅井成実

駐在の警官から見せてもらった圭二の楽譜が暗号になっていることに気付いたコナンは、その書き出しが「我が息子せいじへ」となっていたことから圭二には「せいじ」という息子がいたことを知る。

さらに、黒岩の遺体が発見されたときの現場写真を見たコナンは、カセットテープの「オートリバース」をオンにしたときのランプが、遺体を動かす前には点いていたのに、遺体を動かした後には消えていたことから、警察以外でスイッチを操作できるのは検死のために近づいた成実だけだということに気付いた。

コナンはいつも通り小五郎を眠らせて、成実が本当は圭二の息子のせいじ(医師免許には読み方は書いていないため本名のまま成実と書いてありながら「なるみ」と偽れた)であること、圭二の家に火を放って殺害した黒岩、川島、西本に復讐したことを推理した。
ところが、推理の途中で成実が姿を消してしまう。

成実は父・圭二が寄贈したピアノがある公民館に火をつけ、自殺を図ったのだ。
一度は中に入って自殺を止めようとしたコナンだが、成実は「もう遅い」「俺の手は血みどろなんだ」と言ってコナンを建物の外へ投げ飛ばしてしまう。
結局自殺を止めることはできず、この事件はコナンの心に深く刻まれることになった。

これ以降コナンの意識は「罪を犯すことは許さない」に「犯人の自殺も許さない」が加わったため、コナンの推理によって罪が明らかになった後に自殺した犯人はいない。
なお、このエピソードはアニメ放送1000回を記念しての企画でも、「神回」としてリブート(新たな制作陣による再制作)された。

薬を作った張本人

コナンのクラスに転校生がやってきた。名前を灰原哀という。
少年探偵団の歩美らに質問されて灰原が答えた「米花町2丁目23番地」という住所に聞き覚えがあったコナン。

帰り道、灰原はコナンの正体が新一であることを知っているような口ぶりで話し出した。
さらに、「新一が飲まされた薬を作ったのは自分であること」「動物実験の段階で1匹だけ死なずに幼児化したマウスがいたから新一が幼児化したという仮説は容易に立てられたこと」を聞いたコナンは、灰原が言っていた住所が阿笠の家であることを思い出し、彼の身に何かあったのではと慌てて阿笠のもとへ。

しかし、別段阿笠に変わったことはなく、阿笠によれば工藤邸の前で倒れていた灰原を保護したそう。
灰原の本名は宮野志保。ジンやウォッカの仲間で、シェリーというコードネームを与えられ研究者として薬品の開発を行っていたという。その中のひとつが新一が飲まされた薬で、薬の名前は「APTX4869」。

だが、まだ研究途中だったAPTX4869を勝手に使われ、さらに姉の宮野明美(みやの あけみ)をジンに殺害されてしまう。姉の殺害理由をどれだけ聞いても教えてもらえず、対抗手段として薬の研究を中断。
組織に対する反乱とみなされ、処分を待つことになった志保は、死ぬつもりでAPTX4869を飲んだが幼児化し、ダストシュートから脱出した。
逃げ出したはいいものの誰も頼れる相手はおらず、「同じ境遇の工藤新一ならわかってくれるかも」と工藤邸の前まで来たところで力尽き、通りがかった阿笠に保護された。
「灰原哀」という偽名は阿笠とともに考えた。

「工藤新一は幼児化した」という仮説について仲間に伝えたのかと問うコナンに、灰原は誰にも伝えておらず、工藤新一の情報を「死亡確認」に書き換えたと答えた。
また、開発者なら薬の成分が分かるから解毒剤も簡単に作れるのではと思われたが、膨大な研究資料のすべてを覚えているわけもなく、研究に使っていた施設も組織に先手を打たれて焼失していた。
コナンは、灰原との出会いにより敵が強大な組織であることを知った。

FBIとの共闘

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

宮本由美(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

宮本由美(みやもとゆみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警視庁交通部交通執行課所属の婦警。同じく警視庁の刑事部捜査第一課に所属している佐藤美和子とは親友で、将棋棋士の羽田秀𠮷の彼女でもある。後輩の三池苗子とともに、交通違反者がいないか日々巡回している。度々ミニパトを他県まで飛ばすなど少々職権を乱用しているが、そのおかげで事件が解決することもしばしば。犬を2匹飼っている。

Read Article

安室透/降谷零(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

安室透(あむろ とおる)/降谷零(ふるや れい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌の漫画作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「眠りの小五郎」こと私立探偵の毛利小五郎の弟子。 小五郎の傍について探偵のいろはを学ぶため、探偵事務所の階下の喫茶ポアロでアルバイトをしている。自分自身も探偵として様々な依頼を受けているため、突然ポアロのアルバイトを休むこともしばしば」。しかしそれは表の顔で、正体は公安警察から組織に潜入している捜査官降谷零である。愛車は白のMazda RX-7。

Read Article

目暮十三(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

目暮十三(めぐれ じゅうぞう)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部。白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補・高木渉巡査部長の直属の上司として働いている。私立探偵で主人公江戸川コナンの保護者的な人物でもある毛利小五郎の元上司。上司は松本清長警視正。アニメ、原作の両方で最初期から登場している警察関係者では代表的人物である。また、愛妻家としても有名である。

Read Article

松田陣平(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

松田陣平(まつだ じんぺい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、かつて警視庁警部機動隊爆発物処理班に所属していた警察官。3年前に起きた爆発事件で殉職してしまった。原作では一度きりの登場。しかもすでに故人であったため、近しかった人物たちの回想のみという形での登場であった。それでも、ファンからは根強い人気がある。手先が器用で、メールを打つのが早かった。ヘビースモーカー。

Read Article

鈴木園子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

鈴木園子(すずき そのこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、鈴木財閥のお嬢様。主人公の工藤新一(江戸川コナン)のクラスメイトで、ヒロインの毛利蘭とは親友。鈴木財閥主催のイベントに招待してくれたり、鈴木財閥の資本が入った施設をわざわざ貸し切りにしてくれたりと、少々権力を乱用ぎみ。月下の奇術師こと怪盗キッドの大ファンで、その熱の上げようから彼氏の京極真にヤキモチを焼かせることもしばしば。

Read Article

高木渉(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

高木渉(たかぎ わたる)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する巡査部長。目暮十三警部・白鳥任三郎警部・佐藤美和子警部補の直属の部下として働いている。同じ課の佐藤美和子警部補とは恋仲の関係。主人公の江戸川コナンには、よく推理の実験台にされたり、事件の捜査を手伝わされたりと、信頼をおかれている。また、少年探偵団の保護者的存在であり、事件があると真っ先に呼ばれることが多い。

Read Article

毛利蘭(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利蘭(もうり らん)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン。帝丹高校空手部の女主将で、関東大会優勝の実力者。一緒に遊園地に遊びに行って以来消息を絶っている幼なじみの工藤新一には恋心を寄せており、彼の帰りをずっと待っている。コナンにとっては面倒見のいいお姉さん的存在。鈴木財閥の次女・園子とは親友。私立探偵の毛利小五郎と弁護士の妃英理のひとり娘。

Read Article

名探偵コナン ゼロの執行人(アニメ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン ゼロの執行人』とは、東宝配給、トムス・エンタテインメント製作、立川譲監督によるアニメ映画。東京で開催予定のサミット会場で大規模爆破事件が発生。事件の容疑者として逮捕された毛利小五郎の無実を証明しようとする江戸川コナンの前に、公安警察の古谷零が立ちはだかる。2018年製作・日本作品。

Read Article

名探偵コナン(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『名探偵コナン』とは週刊少年サンデー1994年5月号から連載されている青山剛昌原作の推理漫画である。漫画だけでなく、テレビアニメ・小説・ゲーム・実写ドラマなど多数のメディアに展開されている人気作品。 主人公である高校生探偵の工藤新一が、ある事件に巻き込まれ幼児化してしまう薬を飲まされ、小学生の姿に戻ってしまう。その後江戸川コナンと名乗り、薬を飲ませた黒づくめの男たちの手がかかりを探すストーリーとなっている。 2017年8月にコミックの総発行部数が2億部を突破した。

Read Article

京極真(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

京極真(きょうごく まこと)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物で、杯戸高校3年生で空手部主将。通称「蹴撃の貴公子」。空手の達人で日本国内の高校生選手権大会を含む、全世界公式戦で400戦連勝無敗を誇る猛者。。帝丹高校2年B組で鈴木財閥の娘、鈴木園子(すずき そのこ)の恋人である。彼女が熱を上げている怪盗キッドに嫉妬心を抱き、自ら志願して警備に加わり度々対決が実現している。

Read Article

工藤有希子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤有希子(くどう ゆきこ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の母親である。変装術が得意で、たびたび日本に帰国しては江戸川コナンのピンチを救っている。美貌と演技力をもって19歳で数々の賞を受賞する天才女優として伝説を残した。世界的に有名な推理小説家の工藤優作との大恋愛の末に結婚して20歳であっさり芸能界を引退した。

Read Article

毛利小五郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

毛利小五郎(もうりこごろう)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、本作のヒロイン・毛利蘭の父親である。妻の英理とは別居中。探偵事務所を開き、私立探偵をしている。以前は見当外れな推理ばかりだったが、コナンが眠った小五郎の声を借りて推理を披露し、様々な難事件を解決するようになってからは「眠りの小五郎」として有名になった。好きなものは酒とタバコとギャンブルときれいな女性。

Read Article

佐藤美和子(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

佐藤美和子(さとう みわこ)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部補。目暮十三警部・白鳥任三郎警部の直属の部下として働いている。 美人で男勝りな性格から、警視庁の男性陣からは絶大な人気を誇るが、現在は同じ課の高木渉巡査部長と恋仲の関係。主人公の江戸川コナンのことを「よく気が付く子」と認めている。勘が鋭く、眠りの小五郎の正体や、黒ずくめの組織の存在を探ろうとする。

Read Article

世良真純(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

世良真純(せら ますみ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、女子高生探偵。主人公の工藤新一や、ヒロインの毛利蘭が通う帝丹高校にやってきた転校生。武術にも長けていてジークンドーを得意とし、ボーイッシュな見た目で、一人称は「ボク」。赤井務武・メアリー世良夫妻の長女で、赤井秀一や羽田秀𠮷の年の離れた妹。バイクの免許を取得しており、愛車はヤマハの「XT400Eアルテシア」。

Read Article

阿笠博士(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

阿笠博士(あがさ ひろし)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、自称天才発明家。主人公・工藤新一の家の隣に住んでおり、新一が「江戸川コナン」になってからは良き理解者として様々なサポートをしてくれている。ご近所から好評なアイテムを作ることもあり、中には商品化されておもちゃ会社から発売されたものもあるが、新一曰く発明品のほとんどはガラクタのようなものばかりである。親父ギャグを交えた彼のクイズは劇場版の恒例行事になっている。

Read Article

黒羽快斗/怪盗キッド(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒羽快斗(くろば かいと)/怪盗キッド(かいとうきっど)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』および『まじっく快斗』に登場する人物で、ビッグジュエルと呼ばれる宝石ばかりを狙う怪盗。毎回犯行前に予告状を出すなど古風なところもあるが、月をバックにマジックとハンググライダーを使って華麗に獲物を盗み出している。怪盗でありながら多数のファンがいる。素顔はマジックが好きでちょっとスケベな普通の高校生。

Read Article

赤井秀一/沖矢昴(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

赤井秀一(あかいしゅういち)/沖矢昴(おきやすばる)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、FBIの捜査官。狙撃の名手で有効射程距離は1300ヤード。赤井務武・メアリー世良夫妻の長男で、羽田秀𠮷と世良真純の兄。ジークンドーの達人で、得意技はフィンガージャブ。いつも黒いニット帽を被っていて、口癖は「50:50(フィフティ・フィフティ)」。ブラックコーヒーとバーボンウイスキーを愛飲している。ヘビースモーカーで左利き。

Read Article

工藤優作(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

工藤優作(くどう ゆうさく)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒ずくめの組織」の毒薬によって幼児化し江戸川コナンになった工藤新一(くどう しんいち)の父親である。世界的に有名な推理小説家で、代表作『闇の男爵(ナイトバロン)』シリーズなどで世界的ヒット作を数多く生み出している。江戸川コナン以上の優れた推理力と知識の持ち主であり、今まで江戸川コナンは推理で一度も工藤優作に勝った事は無い。

Read Article

灰原哀・宮野志保(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

灰原哀(はいばら あい)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、「黒の組織」と通称される犯罪組織の元幹部。組織内では科学者として活動していたが、自身の開発した薬品「APTX4869」を服用して体が幼児化してしまう。本名は宮野志保(みやの しほ)。 姉の死の謎を探る中で組織に狙われ、同じく幼児化した工藤新一への接触を図る。阿笠博士によって「灰原哀」と命名され、江戸川コナンと同じ帝丹小学校に転入し、小学生として暮らしている。

Read Article

羽田秀𠮷(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

羽田秀𠮷(はねだしゅうきち)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、史上2人目となる7冠を達成した天才的なプロの将棋棋士である。整った容姿も相まってファンも多く、名前が戦国武将の羽柴秀吉に似ていることから「太閤名人」の愛称で親しまれている。赤井務武・メアリー世良夫妻の次男で、警視庁交通部の宮本由美の彼氏。優れた記憶力を持ち、コナンの推理の手助けをすることもある。

Read Article

黒田兵衛(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

黒田兵衛(くろだ ひょうえ)とは、『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』に登場する人物で、警察庁所属。現在は警視庁捜査第一課の管理官。階級は「警視」。大柄で白髪にヒゲをたくわえており、隻眼。何かの事故に巻き込まれたらしく、10年ほど意識不明の状態で入院していた。主人公であるコナンのことは、「眠りの小五郎の知恵袋」と評している。コナンが追う組織のNo.2である”ラム”候補のひとり。紅茶党。

Read Article

山村ミサオ(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

山村ミサオ(やまむら みさお)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、群馬県警刑事部捜査一課の警部。初登場の時は刑事だったが、異例のスピードで警部にまでのし上がった。普段はとんちんかんな推理を披露するが、警察関係者の中で唯一、江戸川コナンに時計型麻酔銃を撃たれ、探偵役を務めている。「黒ずくめの組織」と関係があるかは不明だが、山村警部が時折見せる言動から、江戸川コナンは組織のヒントを得ている。

Read Article

白鳥任三郎(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

白鳥任三郎(しらとり にんざぶろう)とは『週刊少年サンデー』で連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の登場人物で、警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係に所属する警部。 かつては目暮警部の部下で刑事だったが、キャリア組のため早々に警部にまで昇進。現在では、自分の班を持って捜査することもある。 以前は同じ係の佐藤刑事に好意を寄せ、佐藤美和子絶対防衛線(さとうみわこぜったいぼうえいらいん)の最高責任者だったが、現在は帝丹小学校の小林先生と恋仲の関係である。

Read Article

ジン(名探偵コナン)の徹底解説・考察まとめ

ジンとは『週刊少年サンデー』にて連載されている青山剛昌原作の漫画・テレビアニメ作品『名探偵コナン』の作品に登場する人物。 裏取引現場を目撃したコナン(工藤新一)に開発中の薬を飲ませた本人。頭が切れ、用心深い。 黒の組織内の幹部クラスかつ、実行部隊のリーダー的存在である。 作戦の成功が一番大事であり、作戦成功のためならヘリからの機銃掃射を行う程。 様々な分野の専門知識を持つ博識者であり、特に狙撃の腕は一流。 「疑わしきは罰する」がモットー、確証がなくとも対象の人物を殺害する冷酷さがある。

Read Article

【テレビアニメ】名探偵コナンの歴代OP・ED主題歌まとめ【劇場版アニメ】

20年以上続く大人気探偵漫画『名探偵コナン』のテレビアニメ・劇場版アニメで使用されたオープニング・エンディング主題歌を一挙紹介。ZARDやGARNET CROWなどおなじみのアーティストや、B’zや福山雅治などのビッグアーティストまで、コナンの主題歌を担当したアーティストを網羅して掲載する。

Read Article

名探偵コナンの赤井家・世良家まとめ

赤井家とは、『名探偵コナン』に登場する家族である。『領域外の妹』と自称するメアリー・世良、FBI捜査官である赤井秀一、蘭達と行動を共にする世良真純など、その家族全員が『名探偵コナン』における重要人物となっている。 2020年にこの赤井家がメインとなった映画『名探偵コナン 緋色の弾丸』の公開が決まり、注目が集まっている。

Read Article

名探偵コナン「黒の組織」に関する伏線・考察まとめ

「名探偵コナン」の主人公・高校生探偵の工藤新一を子供の体にした元凶であり、多くの謎に包まれている「黒の組織」。その謎は、作品が進むにつれ徐々に明らかになってきた。 作品を読み返すと、一見「黒の組織」とは関係なさそうな新一の日常が描かれた話のさりげないシーンの中にも、「黒の組織」に関するヒントが隠されていたことに気づかされる。 この記事では、日常の話の中にさりげなく張られた「黒の組織」の巧みな伏線を紹介していく。

Read Article

新作映画出演!強すぎる園子の彼氏・京極真【名探偵コナン】

京極真とは、蘭や園子が通う杯戸高校の空手部主将であり、園子の彼氏である。その強さは、作者である青山剛昌も「素手なら人類最強」というほどである。その強さは人間業ではなく、逆にシュールで笑える事もある。 更に2019年公開の『名探偵コナン 紺青の拳』のキーパーソンである事が明かされた。 そんな京極真の強さ、園子と付き合うようになった経緯、他のキャラクターとの関係など、徹底解説します。

Read Article

【名探偵コナン】安室透 / 降谷零の素性・特技を徹底解説

「安室透 / 降谷零」とは『名探偵コナン』に登場する人気キャラクターである。特に女性ファンから人気であり、社会現象を起こすほどである。 私立探偵・黒の組織・公安警察という3つの顔を持ち、トリプルフェイスと呼ばれている。赤井秀一や、灰原の家族である宮野家などとも関わりを持ち、作中での重要キャラクターとなっている。 そんな安室透 / 降谷零の経歴・素性・特技をまとめて紹介する。

Read Article

名探偵コナンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『名探偵コナン』は週刊少年サンデーで絶賛連載中の青山剛昌が描く推理漫画。高校生探偵の工藤新一が「黒の組織」の人間に体が小さくなる薬を飲まされる。その後、新一は江戸川コナンと姿を変え、数々の難事件を解きながら、黒の組織を追う物語である。主人公である江戸川コナンは勿論、彼をとりまく仲間や事件の犯人達と様々な人たちが人生の指針ともいえるセリフを残している。

Read Article

【厳選】ファンが選ぶ「劇場版名探偵コナン」5選!!

毎年春に公開されている劇場版名探偵コナンも今年で第20作目を迎えます!劇場版では車の運転だけでなく、クルーザー・ヘリ・飛行機の操縦ならびに銃を使いこなすバーローの姿が話題となっていますが、今回はストーリーに焦点を当てた「筆者おすすめのコナン映画」を5つに絞ってご紹介していきます。2016年公開の「純黒の悪夢」情報もちょっぴり覗いてみましょう。

Read Article

通なら知ってる&理解できる「名探偵コナン」

1994年に連載が始まった「名探偵コナン」は、今現在でもアニメ・漫画・映画などが大人気です。気軽に見ていられるキャラクターの個性、シンプルかつ複雑な謎の数々、そして黒の組織やFBIの熾烈な対決など、様々なポイントに魅力がありますね。そんな中今回は、そんな長寿作品となった「名探偵コナン」の通となる情報をまとめてみました。皆さんはどれだけ既知or理解してますか?

Read Article

【名探偵コナン】モブを担当した豪華声優陣のまとめ・一覧

主人公を始めとする主要キャラクターの記憶に「背景」として残る悲しき存在「モブキャラクター」。名前さえ与えられていなかったり、1回限りの登場だったりする彼らだが、名探偵コナンに限っては『なんだこの無駄に良い声のモブは!!』という事が定期的にある。という事で今回は主役級もこなす豪華声優が担当したモブについて迫っていきたい。

Read Article

【名探偵コナン】これまでの伏線まとめ・考察 [領域外の妹・メアリー世良編]

領域外の妹・メアリー世良のこれまでの伏線や、これまでに残した意味深な会話、そしてファンからされている有力とされている考察をまとめました。 明らかになった『領域外の妹』の正体、そして未だ残る謎。作中の重要人物の一人であることは間違いなく、これからも目が離せない存在です。 ネタバレ注意です。

Read Article

「名探偵コナン」ゲーム!ニンテンドーDSからスマホアプリまで面白ポイントまとめ!

アニメや漫画、そして映画もずーっと大人気の「名探偵コナン」!ところでみなさんは、そんなコナンのゲームはプレイしたことがありますか?事実、コナン通なのにゲームは全くプレイしたことがない、という方々は実は意外と多いのです。今回はそんなコナンのオススメゲームをいろいろまとめてみました。完全オリジナルストーリーばかりで、また操作性もリアルに操作・謎解きをしている感じがいいですよ!

Read Article

現代では考えられない!?いろいろ衝撃的な「名探偵コナン」の第1話

「名探偵コナン」といえば、日本を代表する大人気アニメで、映画なども年々興行収入を増やし続けており、まさに絶好調ですね。灰原やジョディ先生などをはじめ、最近では赤井秀一や黒の組織の幹部クラスが登場するなど、長い歴史の中で多くが変わってきました。そんな中、今回注目したのがその第1話。新一が子どもになって…という事実は周知の事実かと思いますが、実はよく見ると今では考えられない表現が満載です。

Read Article

名曲揃い「名探偵コナン」の主題歌特集

ZARD、B'z、GARNET CROW、倉木麻衣など、名だたるアーティストが主題歌をヒットさせたアニメ「名探偵コナン」の楽曲を個人的な嗜好を交えながらまとめます。 「名探偵コナン」は謎の組織に体を小さくされた江戸川コナンが謎の組織を追いながら探偵業もこなすという推理漫画です。2014年には単行本部数が1億5000万部突破という日本を代表する作品です。

Read Article

【人間超えたww】劇場版名探偵コナンのアクションシーンがブッ飛んでる件

「時計じかけの摩天楼」から「業火の向日葵」まで。歴代19作品のアクションシーンをコンプリートできる動画集です。バーローはどんだけ人間から離れているのか?その取り巻きはどんだけ超人なのか?2016年4月に公開予定の「純黒の悪夢(ナイトメア)」予告と共に、振り返っていきたいと思います。

Read Article

【名探偵コナン】緊迫の神回!! [黒の組織との再会(灰原編・コナン編・解決編)] あらすじ

現在800話を超えているアニメ「名探偵コナン」の中から、おすすめの神回(傑作シリーズ)を取り上げていく。今回ご紹介するのは第176話~第178話にかけて放送された「黒の組織との再会」シリーズ。全てはジンの愛車を発見したことから始まった…。コナンと灰原に、組織の魔の手が迫り来る。

Read Article

YAIBA(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『YAIBA』とは、青山剛昌によるサムライ冒険漫画である。1988年から1993年まで『週刊少年サンデー』で連載されていた。現代の日本を舞台に、天下一のサムライを目指す少年・刃と剣の魔力で鬼になった鬼丸との戦いを描いている。戦いを通して刃や仲間たちが成長していく様もこの漫画のおもしろさのひとつである。第38回小学館漫画賞児童部門受賞。また、1993年には『剣勇伝説YAIBA』としてテレビアニメ化された。同タイトルでゲーム化もされている。単行本は全24巻のほかワイド版、文庫版、新装版が発売された。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

目次 - Contents