The Black Keys(ザ・ブラック・キーズ)の徹底解説まとめ

The Black Keysは、Vo,Gダン・オーバック、Drパトリック・カーニーからなるアメリカ・オハイオ州アクロン出身の2人組ロックバンド。ガレージロック、ブルースロックに影響を受けたLo-Fiなサウンドが特徴。2002年、アルバム『The Big Come Up』でデビュー。6thアルバム『Brothers』がUSアルバムチャートで3位を獲得。有名ロックバンドの仲間入りを果たした。その後、2枚のアルバムを発表し、バンドは活動休止。2019年にアルバム『Let's Rock』で復活を遂げた。

Magic Potion

2006年9月12日発売

1. Just Got to Be
2. Your Touch
3. You’re the One
4. Just a Little Heat
5. Give Your Heart Away
6. Strange Desire
7. Modern Times
8. The Flame
9. Goodbye Babylon
10. Black Door
11. Elevator

通算4作目のアルバムはバンドの地元であるオハイオ州アクロンでレコーディングされ、全ての作業が2人だけで行われた。70年代に活躍したイギリスのロックバンド「Led Zeppelin」を彷彿とさせるギターリフが印象定期な「Just Got to Be」、「Modern Times」など飾り気のないブルース・ロックが聴ける。

Attack & Release

2008年4月1日発売

1. All You Ever Wanted
2. I Got Mine
3. Strange Times
4. Psychotic Girl
5. Lies
6. Remember When (Side A)
7. Remember When (Side B)
8. Same Old Thing
9. So He Won’t Break
10. Oceans And Streams
11. Things Ain't Like They Used to Be

アップテンポの曲が多い4thアルバムは前作までのようなブルース・ロックというより、王道のアメリカン・ロックンロールが堪能できる作品だ。「I Got Mine」「Strange Times」のようなギターリフが耳に残る中毒性の高い曲が満載。全米チャート14位、全英チャート34位を記録した。

Brothers

2010年05月26日発売

1. Everlasting Light
2. Next Girl
3. Tighten Up
4. Howlin’ for You
5. She’s Long Gone
6. Black Mud
7. The Only One
8. Too Afraid to Love You
9. Ten Cent Pistol
10. Sinister Kid
11. The Go Getter
12. I’m Not the One
13. Unknown Brother
14. Never Gonna Give You Up
15. These Days

多くの評論家の称賛を得た6枚目のアルバムは、ザ・ローリング・ストーンズなどのロックアーティストがレコーディングしたことで有名なアラバマ州のマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオでレコーディングされた。結果的に『Brothers』は全米売上100万枚に達する大ヒットにつながり、3つのグラミー賞とMTV Video Music Awardを受賞したバンド代表する作品になった。ギターリフが耳に残る名曲「TightenUp」、ソウルミュージック歌手ジェリー・バトラーの名曲「Never Gonna Give You Up」のカバーなど全が収録。

El Camino

2011年12月6日発売

1. Lonely Boy
2. Dead and Gone
3. Gold on the Ceiling
4. Little Black Submarines
5. Money Maker
6. Run Right Back
7. Sister
8. Hell of a Season
9. Stop Stop
10. Nova Baby
11. Mind Eraser

通算7枚目となるアルバム『El Camino』はGt.Voダンオーバックが所有するイージーアイサウンドスタジオで録音された。前作までのブルース路線は少し抑えられたストレートなロックンロールだがそれだけではない。60、70年代ロックのエッセンスが楽曲に散りばめらた彼ら独特の渋いガレージロックで、全米最高2位を記録した。決して派手ではないが耳に残るシンプルなギターリフが印象的なシングル曲「Lonely Boy」、アコースティックな楽曲「Little Black Submarines」など全11曲。

Turn Blue

2014年5月12日発売

1. Weight of Love
2. In Time
3. Turn Blue
4. Fever
5. Year in Review
6. Bullet in the Brain
7. It’s Up to You Now
8. Waiting on Words
9. 10 Lovers
10. In Our Prime
11. Gotta Get Away

前作『El Camino』、前々作『Brothers』共にグラミー賞3において3部門を受賞した後に発売されたのがこの『Turn Blue』。美しいアコースティックギターの音色から始まり、ラストは1分20秒超えのギターソロという壮大なバラード「Weight of Love」、グルーヴ感溢れる「Fever」が収録。
アルバム・タイトル『Turn Blue』は、1960年代に放送されていたホラー番組「Ghoulardi」のキャッチフレーズを元につけられた。

Let's Rock

2019年6月28日発売。

1. Shine A Little Light
2. Eagle Birds
3. Lo/Hi
4. Walk Across The Water
5. Tell Me Lies
6. Every Little Thing
7. Get Yourself Together
8. Sit Around And Miss You
9. Go
10. Breaking Down
11. Under The Gun
12. Fire Walk With Me

ダン・オーバックとパトリック・カーニーの二人がプロデュースした本作は、重くラウドなロック・サウンドが楽しめる。2本のギターが絡み合う心地よいギターロック「Shine A Little Light」、ノイジーなギターリフと軽快なドラミングが印象的な「Go」など全12曲のロックンロールが詰め込まれている。「Lo / Hi」は、ビルボードメインストリームロックチャートで1位を獲得した。

DVD

BLACK KEYS LIVE

2016年7月29日発売

1. 10 A.M. Automatic
2. Thickfreakness
3. Girl Is on My Mind
4. Hard Row
5. Busted
6. Stack Shot Billy
7. Set You Free
8. The Breaks
9. All Hands Against His Own
10. Till I Get My Way
11. Grown So Ugly
12. No Trust
13. Have Love Will Travel
14. Everywhere I Go
15. No Fun
16. Desperate Man, The
17. Heavy Soul
18. Bonus Material

『BLACK KEYS LIVE』は2005年3月のオーストラリアツアー、シドニーでのライブの模様を収録した初の映像作品。「10 A.M. Automatic」、「Set You Free」のMV、メンバーのインタビュー、フォトギャラリーを収録した内容になっている。

The Black Keysの代表曲とミュージックビデオ(MV/PV)

Tighten Up

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents