The Black Keys(ザ・ブラック・キーズ)の徹底解説まとめ

The Black Keysは、Vo,Gダン・オーバック、Drパトリック・カーニーからなるアメリカ・オハイオ州アクロン出身の2人組ロックバンド。ガレージロック、ブルースロックに影響を受けたLo-Fiなサウンドが特徴。2002年、アルバム『The Big Come Up』でデビュー。6thアルバム『Brothers』がUSアルバムチャートで3位を獲得。有名ロックバンドの仲間入りを果たした。その後、2枚のアルバムを発表し、バンドは活動休止。2019年にアルバム『Let's Rock』で復活を遂げた。

The Black Keysのディスコグラフィー

シングル

The Moan

2004年1月20日発売
1. The Moan
2. Heavy Soul
3. No Fun
4. Have Love, Will Travel

「The Moan」は60年代の古い黒人ブルースマンが歌っているかのようなボーカルが魅力。ガレージロックバンドThe Stoogesのカバー曲「No Fun」、アメリカのブルースマンRichard Berryのカバー「Have Love, Will Travel」収録。

Leavin' Trunk

2003年発売

1. Leavin' Trunk
2. She Said, She Said

シンプルなオリジナルのブルース曲「Leavin' Trunk」、Beatlesのカバー「She Said, She Said」収録

Set You Free

2003年1月1日発売
1. Set You Free

映画「School Of Rock」の劇中歌で使用されたノリの良いロックチューンだ。

Hard Row

2003年5月26日発売

1. Hard Row
2. Evil

ミディアムテンポの「Hard Row」、悪い女を悪魔に例えた「Evil」は2ndアルバム『Thickfreakness』からの先行シングル。

10 A.M. Automatic

1. 10 A.M. Automatic
2. Stack Shot Billy
3. Summertime Blues

「10 A.M. Automatic」は3rdアルバム『Rubber Factory』に収録のナンバー。「Summertime Blues」はロカビリーのスタンダードナンバーであるロカビリー歌手Eddie Cochranのカバー。

Till I Get My Way

2004年11月22日発売

1. Till I Get My Way
2. Girl Is on My Mind
3. Flash of Silver

ノイジーなギターリフが炸裂する「Till I Get My Way」と、ブルージーな「Girl Is on My Mind」は3rdアルバム『Rubber Factory』からの収録曲。「Flash of Silver」はアルバム未収録のレア曲だ。

Your Touch

2008年7月16日発売
1. Your Touch
2. The Breaks

4thアルバム『Magic Potion』からのシングルカット「Your Touch」はシンプルなギターロック。「The Breaks」はオーストラリアでのライブ音源だ。

You're the One

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents