NieR Re[in]carnation(ニーア リィンカーネーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『NieR Re[in]carnation』とは、2021年2月に正式サービスが開始したスマートフォン向けロールプレイングゲームアプリ。
SQUARE ENIX発のアクションRPGとしてファンから人気の呼び声高い『NieR』シリーズの最新作。
辺り一帯を美しい建造物に囲まれた不思議な場所で1人の少女が目を覚ました。傍らには自らを「ママ」と名乗る謎の生物。
今作では、彼女の失ったものについて紐解かれていく様を魅力的なアクションや幻想的なBGMと共に描く。

『NieR Re[in]carnation』の概要

バトル中の画面。
顔アイコンはキャラスキル、その横の2つのアイコンは固有の武器スキルをそれぞれ発動できる。

『NieR Re[in]carnation』とは、SQUARE ENIXを販売元としたスマートフォン向けアプリゲームである。
ゲームカテゴリはロールプレイングに分類され、2021年2月の配信が決定すると同時に今作の前身である『NieR:Automata』シリーズとのコラボも発表された。
メインストーリー1章から6章までは主人公の少女フィオを、7章以降は黒き怪物を操作して進める形となっている。
基本的な操作はフィールドの移動と戦闘中の攻撃のみだが、これはプレイヤーの任意でセミオートに切り替え可能である。

本作の特徴は幾つかある。まずは『NieR』シリーズ未経験者でも十分に楽しむことのできる読み応えのあるシナリオだ。
『NieR Re[in]carnation』のシナリオは、少女フィオが失ってしまったものを探しながら、「檻(ケージ)」の存在理由という謎について紐解いていく物語である。
マップの道中で修復するさまざまな武器の記憶を辿りながら、時に物語の核となる部分に触れるという形式で進んでいく。
また武器の記憶とは、過去にそれを所持していた持ち主のものを意味する。
彼ら同士の人生に密接な関わりがあることもあり、修復を進める程に驚きの事実を知ることが出来る。
次に思わず見入ってしまう美しいグラフィックの数々。
プレイヤーが移動を行う「檻(ケージ)」は、ストーリーの章ごとに周囲の景観が変化する仕組みとなっている。
同じフィールド内でも、滝の流れるステージから真っ白な雪に囲まれた銀世界まで、飽きずに楽しめる。
画面に表示されるバーチャルパッドは非表示にすることも出来るので、どっぷりと世界観に浸ることが出来る。
そして最後に、シンプルかつ爽快感溢れるコマンドバトルシステムである。
3人のキャラクターを編成し、上手くコンボを繋いでいくことが勝利への鍵となる。
スキルにはキャラスキルと武器スキルがあり、アイコンをタップすれば簡単に発動が可能だ。
スキルのエフェクトもとても美しく、スピード感ある派手なアクションから展開されるバトルはまさしく爽快の一言に尽きる。

『NieR Re[in]carnation』のあらすじ・ストーリー

本作のストーリーは章ごとに分かれており、1つの章につき10個のクエストと4話のストーリーが存在する。(1章のみ例外で、4個のクエストに対しストーリー4話の構成が成されている)
これを全てクリアした時点で、作中では1つの武器の修復が完了したと見做され、武器の持ち主であるキャラをクリア報酬として受け取ることが出来る。
ストーリー内には稀に選択肢が登場することもある。
しかしどちらを選んでもその後のストーリーが多少変わるのみで、ゲームそのものの進行に影響は無い。
ここでは各章の主要な出来事をまとめつつ、あらすじとストーリーを紹介していく。
カッコ内は章の主人公の名前と修復する武器の種類である。

序章:「少女の目覚め」(フィオ)

「檻(ケージ)」の中で目覚めた少女フィオが、あてもなく建造物の中をひた走っている場面

黒き装束を身にまとった少女が、とある建造物の中をヒタヒタと歩いていた。
虚空を貫く、巨大なその塔の名は「檻(ケージ)」。
なぜこのような場所で目覚めたかは分からない。
しかし、この「檻(ケージ)」に成し遂げなければならない目的があるということは本能で理解していた。
目の前に現れたのは、「ママ」と名乗る不思議な白い生物。
声を失った少女を見ても慌てふためかない彼女。
彼女なら、この世界について何かを知っているのかもしれない。
「こっちよ」と導く声に促されるまま、少女は走り出した。

一章:風砂の章 「荒野の三人」(リオン、杖)

STORY1 「杖の少年」

少年リオンと機械兵が、旅の休息を求めて街に立ち寄ろうとする場面

育ちの良さそうな所作をした少年リオンと、寡黙な男が2人荒野を歩いていた。
彼らは道中互いに言葉を発さないながらも、まるで何かに追われているかの如くしきりに周囲を気にしている。
やがて、長旅の疲れを癒そうと考えた2人の目線の先には、とある街があった。
警戒心を顕わにしつつも、食堂へと足を1歩踏み入れた途端、中の空気は水を打ったように一気に静まり返る。
周りの者全ての視線が、余所者である彼らを歓迎していないことを明白に物語っていた。
「お前は王族だな?」と1人の男が尋ねたことを皮切りに、リオンを目掛け周囲に銃声が響き渡る。
しかし彼を守るように立ちはだかる寡黙な男の気迫に圧倒されたのか、次第に銃声は止み、攻撃を仕掛けた男達も散り散りになって逃げだす。
リオンを王子と呼び、怪我をしていないか案じる男に彼はただ一言、「もう王子じゃないよ」と返しその場を後にした。

STORY2 「義肢の女」

義肢の女が、街の酒場で賞金首についての情報収集をしている場面

とある義肢の女が街の酒場に現れ、店の人間に何かを尋ねてまわっている。
女はその一帯では名の知れた賞金稼ぎだ。その日も自身の標的である賞金首についての情報を探していたらしい。
得られたものはどれも漠然とした手がかりばかりのように思えた。
しかし女は、標的の次の行き先が森であるとアタリを付け、酒場を後にする。
絶対に捕まえてみせると、標的に対する復讐心に燃える彼女の前に現れる影がひとつ。
実力を知り、女に絡んできた同業の賞金稼ぎだった。
「有り金を出せ」と襲い掛かられるも、2人の間に存在する力の差は歴然で、勝負は一瞬で片が付く。
倒れた相手に目をくれることもなく、義肢の女は森へと歩みを進めていった。

STORY3 「射手の男」

機械兵が、病で弱った少年の為に森で食料を探している場面

森の中に存在する朽ちた教会の周りで、寡黙な男は食料を探していた。
それは教会の奥で、憔悴し林檎ひとつさえ受け付けない程に弱り切ったリオンの為のものである。
元々病弱な少年ではあったものの、2人きりの過酷な旅に身を置く中で更に寿命が削られてしまったのだ。
しかし、飢えを感じるのは人だけではない。
リオンの為にと数少ない食料をかき集める男の前に、獰猛な熊が姿を現す。
医療の知識も無い男が、少年の為に出来ることは何も無い。あるとすればただひとつ、限られた時間を傍で過ごしてやることだけだった。
その想いを胸に、男は獣へと立ち向かう。

STORY4 「旅路の果て」

暴走した機械兵が、義肢の女へと銃を向ける場面

標的を追って森へ入った義肢の女は、とある古びた教会へと辿り着く。
中は壁や天井がぼろぼろに崩れ果て、最早建物と呼んでもよいのか危うい有様だった。
そのまま奥へと歩を進めると、とある光景が目に入る。古びた男の機械兵が、少年ほどの大きさはあるだろう朽ちた骸の傍に佇んでいた。
そちらへ近寄ろうとすると、とうの昔に壊れていたはずの機械兵が突然動き出す。
うなりを上げて銃を向けてくる機械兵をじっと見据え、女は彼について考えた。
今より百年も前に、戦争を止めようとして祖国を追われた元王族の少年。
機械兵であった男は、自らの主である彼を守ろうと近付く者全てを攻撃しているのだ。主が志半ばで命を落とし、自らの身が活動限界を迎えてしまった今も変わることなく。
ここが安息の地であるのだと伝えるように、女は2人を弔う墓を立てる。そして静かに森を立ち去った。

二章:砂礫の章 「失ったもの」(フレンリーゼ、小剣)

STORY1 「緑の故郷」

獣に襲われそうになっている妹を、フレンリーゼが助けようとする場面

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents