デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 3』(デビル メイ クライ スリー、Devil may cry3)とは、カプコンが制作し2005年に発売されたPlayStation 2用のアクションゲームソフト。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズの第3作目であり、1作目「デビル メイ クライ」よりも過去の物語を描いている。
後に追加要素を含んだアップグレードバージョンの「デビル メイ クライ3 スペシャルエディション」も発表されている。

ボス ジェスター戦を追加

全3箇所で戦える。最初の1戦目のみ強制だが、後の2戦は戦闘を回避する事も可能。

デュラハンに新バージョン追加

行動パターンが一新された敵悪魔デュラハンが追加された。これに伴い一部箇所の敵配置変更が修正された。

『デビル メイ クライ 3』の登場人物・キャラクター

ダンテ(DANTE)

CV:ルーベン・ラングダン
本作の主人公であり、便利屋「Devil May Cry」を経営する若き悪魔狩人。悪魔と人間の間に生まれた。本作では10代後半〜20代前半の設定である為過去作に比べやんちゃな口調や性格である。しかし大悪魔相手にも引けを取らない戦闘センスや度胸もあり、信念を貫く強さもこの頃から持ち合わせていた。初期装備は大剣の「リベリオン」と二丁拳銃である「エボニー&アイボリー」を使用するが、多数の魔具や銃火器の扱いと用途を見抜く事に長けている。物語序盤では兄バージルを「気に食わない」と言う理由のみで対立していたが、レディと出会いバージルを止める理由を探し出す。

バージル(VERGIL)

CV:ダン・サウスワース
ダンテの双子の兄であり悪魔の血と人間の血を継いでいるが、幼き頃母を悪魔によって殺害された頃から自分の無力さを憎み力を求め悪魔として生きる道を選んだ。冷徹な性格であり、弟のダンテと比べ口数も少ないがダンテの皮肉やジョークには皮肉で返したりと多少冗談の通じる一面もある。青いコートと逆立てた髪型が外見の特徴であり、戦闘では「閻魔刀」と呼ばれる日本刀を扱う。ダンテとは違い銃火器を使わない事を美学としているが、ダンテ同様かそれ以上に武器を扱うセンスは長けており初めて装備する魔具なども容易く扱う。物語の終盤まで力を追い求めており、最後までダンテと対立する事を望んだ。アーカムとは出会った当初からそりが合わず食い違っており、自身の目的の為なら彼を利用する事も躊躇が無い冷徹非情な面を見せている。しかし次回作「4」の主役であるネロの父親であり、人間に対して完全に憎悪を抱いているわけでも無い。

レディ(LADY)

CV: カリ・ウォールグレン

人間であるがデビルハンターとして生きる女性であり、本作品のヒロインである。本名はメアリ=アン・アーカムであり右目が青と左目が赤のオッドアイを持つ。父親はアーカムであり悪魔の力と引き換えに母親を殺したアーカムを強く憎み彼を追って本作品に登場した。当初は悪魔を憎悪する余り思い込みも激しくアーカムに利用されダンテ達と対立するが後に和解することとなる。母親はカリーナであり、所有しているロケットランチャー「カリーナ=アン」は母の形見である。本作品の後はダンテの悪魔狩りの仲介屋で生計を立てており、報酬の大半はレディが持っていく事も多々ある。

アーカム(ARKHAM)/ジェスター(JESTER)

左がアーカム、右がジェスターである。

CV :アダム・クラーク
レディの父親であり、悪魔の力に魅了され実の妻を殺害した張本人。スパーダを復活させる目的でバージルに近づき、協力すると共に行動を共にしていた。しかし道中で彼を追ってきたレディと接触したにも関わらず殺さなかった事をバージルにより指摘され「親子の情に負けた、不完全な存在」として腹部を貫かれ一時は死の淵へと立たされる。 しかし実はテメンニグルを復活させるための演技であり、罠であった。アーカムのもう一つの姿「ジェスター」に道化師として化け、封印の鍵を持つスパーダの血族であるダンテとバージル、彼らのアミュレットと母と同じく巫女の血を引いているレディの血を合わせる事により、塔の力を復活させようと画策しており、道中でレディを殺さなかったのも全てはその計画によるものだった。

最終的には封印が解けたテメンニグルが開放した魔界でスパーダの魔力を得るも、強力な魔力を扱いきれずスライム状の姿になってしまう。ダンテ単体とは善戦するも、後に駆けつけたバージルとの共闘により敗北、そのまま魔力を失い人間界に墜とされ人間の姿に戻るもののレディによって銃殺される。

『デビル メイ クライ 3』の悪魔

通常悪魔

ヘル=プライド

傲慢の罪を処した悪魔。砂を媒体として人間界に現れ、人々を襲う。雑魚敵として多く登場する。

ヘル=エンヴィ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 2』(デビルメイクライツー、DEVIL MAY CRY 2)は、カプコンが制作したPlayStation 2用のアクションゲームソフトであり2003年発売。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズデビル メイ クライの続編である。キャッチコピーは、「悪魔と踊ろう」。 第6回のCESA GAME AWARDSでは「CESA GAME AWARDS FUTURE 優秀賞」を受賞している。

Read Article

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』とはカプコンより1996年に発売されたサバイバルホラーゲーム。 タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味となりそれを筋としストーリーが展開される。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「内に潜む悪(害悪)」という意味を持ち、後のサバイバルホラーとしてのジャンルを生み出した先駆品としても高く評価された作品である。

Read Article

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ』とは、カプコンが制作したPlayStation 2専用のアクションゲームである。2001年8月23日に発売された。ゲーム続編は第4弾まで出ており、全世界シリーズ累計販売本数は1500万本に達している。ゲームや漫画など、様々なメディアミックスが成された。 ある満月の夜、トリッシュという美女が一人の男のもとを訪れる。その男はダンテといい、悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテはトリッシュに導かれ、悪魔の救う島へと向かう。

Read Article

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード ヴィレッジ』(Biohazard Village)は、カプコンより発売されたサバイバルホラー作品である。シリーズ本編としては8作目で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されている。『バイオハザード7』主人公イーサン・ウィンターズが引き続き主人公であり、前作では失踪した妻のミーアを探す物語だったが、今作は攫われた娘のローズマリーを取り戻すための物語になっている。そのため作品のテーマは"家族の絆"になっている。イーサンの物語の完結編。

Read Article

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:3』とは、2020年4月にCAPCOMから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイクとなっている。そして2019年に発売された『バイオハザードRE:2』に続く「RE」シリーズ2作目となっている。ラクーンシティで起きた生物災害(バイオハザード)の真相を明らかにすべく、原作ゲーム1作目の主人公ジル・バレンタインが追跡者から逃げながらラクーンシティを脱出するというストーリーだ。

Read Article

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロックマンエグゼ6』とは、2006年11月23日にカプコンから発売された、ゲームボーイアドバンス用のデータアクションRPGゲームである。グレイガ・ファルザーと2バージョンリリースされていている。バージョンごとに獣化システムやクロスシステムなど使用できるシステムも異なってくる。本作の発売時はゲームボーイアドバンスからニンテンドーDSの移行期であったが、「ゲームボーイアドバンスで発売したソフトであるから、こちらで有終の美を飾りたい」といった発言があり、ゲームボーイアドバンスでリリースされた。

Read Article

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)』は株式会社カプコンから発売されたスタイリッシュアクションゲームである。対応ハードはPlayStation 3、Xbox 360。後にPC版も発売した。前作まで主人公を務めたダンテから新キャラクターであるネロに主人公が変わった。物語は悪魔が存在し人間に危害を加える世界。城塞都市フォルトゥナにて、魔剣教団に所属する若き騎士ネロが魔剣祭の最中に起きた教皇殺しの犯人を追っていくうちに、犯人の正体と教団の真の目的を知っていくというものである。

Read Article

レオン・S・ケネディ(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

レオン・S・ケネディとはCAPCOM制作のサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』において登場する主人公の一人。21歳の時ラクーンシティの新人警察官として配属されるはずが、バイオハザードに巻き込まれて以降、長きに渡る過酷な戦いに身を置くようになる。弱い人々を守るため警察官になったという正義感に溢れる性格だが、シリーズが進むにつれクールな性格と任務中に大胆不敵な発言をする余裕さがでてきた。すば抜けた体術と銃火器の取扱の上手さを見せる。だが女運のなさはシリーズを通してないといわれている。

Read Article

クレア・レッドフィールド(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

クレア・レッドフィールドとはCAPCOM制作のサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』において登場する主人公の一人。19歳の時連絡のとれなくなった兄を探しにバイオハザード中のラクーンシティにやってきてしまった女子大生。容姿端麗で弱者に寄り添い助けることの出来る女性だが、兄から小さい頃に様々な銃火器の使い方や身を守る術を教えられているためゾンビやクリーチャーが蔓延るラクーンシティでも生き残ることが出来た。その後バイオテロ被害者を助けるためNGO団体で人を助ける仕事をしている。

Read Article

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:2』とは、2019年1月にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版である。話の大筋に大きな変更はないが、主人公関係者の物語は大幅に変更された箇所もあった。ゾンビが溢れかえる街から脱出することを目的に、新米警察官のレオン・S・ケネディ目線と、失踪した兄を探しにやってきた女子大生のクレア・レッドフィールド目線、2人の主人公の物語が描かれる。よりリアルなゾンビやサバイバルホラーを体験出来るようになった。

Read Article

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』とは、2018年に発売され、2020年には1610万本を達成した大人気タイトル『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツである。 ワールドのエンディング後から展開される本作のシナリオでは、フィールド・拠点ともに一新。新たなクエストランク「マスターランク」を設け、ハンターは渡りの凍て地と呼ばれる極寒の地で、新たな強敵たちと出会う。

Read Article

【あつ森】バイオハザードの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気ホラーアクションゲーム『バイオハザード』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

目次 - Contents