アメリカン・ファクトリー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アメリカン・ファクトリー』とは、アメリカ合衆国のドキュメンタリー映画。ゼネラルモーターズ工場跡を買収した中国企業フーヤオが経営する米オハイオ州デイトン市の車用ガラス製造工場を題材としている。バラク・オバマとミシェル夫人の製作会社であるハイヤー・グラウンド・プロダクションズの第1作であり、Netflixにより配信された。閉鎖された工場跡に中国企業が進出し工場を再開させるが、現地採用のアメリカ人と中国から来た本社従業員との文化の違いや価値観の違いから様々な問題が浮き彫りとなる。

アメリカ人副社長が退いたのちにフーヤオの副社長となった。

アメリカ側

初期 社長 ジョン

手前

フーヤオ ガラス アメリカ設立当初の社長。

初期副社長 デイヴ・バローズ

フーヤオ・アメリカ工場設立当初の副社長。

アメリカ従業員 ボビー

アメリカ従業員で鋳造過程を担当している。1年半無職の状態が続き、その後フーヤオに採用された。

アメリカ人従業員 ショニー

GM時代からこの工場で働いているガラスの品質管理者。

アメリカ人従業員 ジル

GM時代からの従業員。GMが閉鎖されたとき家も失い姉の家に居候している。

中国人従業員 ウォン

中国から派遣されてきた鋳造エンジニアの中国人。二人の子供と奥さんを中国に残し単身でアメリカに来ている。

アメリカ人従業員 ロブ

鋳造場責任者。中国人同僚と打ち解けいい関係を築いている。

『アメリカン・ファクトリー』の用語

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents