ウィザードリィ #5(Wizardry #5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第5作。
世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちは世界を救うためソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。

リドル(謎かけ)

『ウィザードリィ #2(Wizardry #2)ダイアモンドの騎士』より導入された迷宮内ギミックのひとつ。謎めいたメッセージが表示され、それをヒントに「答えよ!」とプレイヤーに文字入力による回答を求める。正解できなければ先に進めなかったり、アイテムを得る事ができない。また戦闘が発生してしまう事もある。

キャラクターの転送

前作で育成したキャラクターを(デュプリケイトディスクを作る、ターボファイルを使う等で)転送するシステム。SFC版はFC版のターボファイルを使用した場合のみ、FC版の過去作から転送できる。
転送されるキャラクターは職業はそのまま引き継げるが、レベルは1に戻され、性格もその職業に合ったものに変化する。所持金もゼロとなり、能力値は最大で12。
『ニューエイジオブリルガミン』の場合、『リルガミンサーガ』三部作のクリア称号をコンプリート(シナリオ1の「>」、シナリオ2の「K」もしくは「G」、シナリオ3の「*」)したキャラクターのみ、能力値オール15、所持金を最大で500ゴールド引き継ぐ事ができ、性格も自由に選択する事ができる。
なお従来通り、所持アイテムは全て没収され、元のゲームからもキャラクターのデータが削除されてしまう。

隊列と射程

最大6人までパーティを組む事ができ、前の3人が「前衛」、後ろの3人が「後衛」となる。
今までのシリーズでは前衛のみが直接攻撃を行う事ができ、後衛は直接攻撃できない、直接攻撃を受けないというシステムだったが、本作では新たに「射程」という概念ができた。
プレイヤーキャラの装備している武器によって攻撃可能なモンスターのグループ数が変化する。

近接武器(C)=前衛のみ1~2グループ目のモンスターを攻撃可能。剣や斧など。
短距離武器(S)=前衛は1~3グループ目、後衛は1~2グループ目を攻撃可能。ハンマーやフレイル、ハルバードなど。
中距離武器(M)=前衛は全グループ、後衛は1~3グループ目を攻撃可能。盗賊の弓のみ。
長距離武器(L)=前衛、後衛関係なく全グループ攻撃可能。大半の弓系がこれ。

モンスター側にも背の高い巨人族や飛行する者など、後列に届く特殊攻撃を持っている魔物がいる。

水泳と水泳レベル

迷宮内に点在するプール

本作から追加された要素。迷宮各地に点在するプールや池、沼などの水たまりを泳ぐための能力。潜水能力に近い概念で、キャラクターには水泳レベルが設定されており、作成したてだと水泳レベル1からスタート。
迷宮各地に点在するプールは深さがアルファベットで表現されている。このアルファベットと水泳レベルの数字が対応している(例えば深度Cに潜るなら、水泳レベルが3必要)。
水泳レベルは自身のレベルよりも深い場所に何度も潜る事によって上がるが、運が悪いとすぐ溺れ死ぬためリスクも大きい。
アイテム「ゴムのアヒル」を装備すれば溺れなくなるので、安全に水泳レベルを上げる事ができる。

ロックドア(鍵のかかった扉)

開錠シーン

新要素。鍵のかかった扉で、通るためには盗賊あるいは忍者がこじ開けるか、魔術師呪文「デスト」で開錠する必要がある。開錠の成功率は、盗賊のレベルに依存する。

シークレットドア(隠し扉)

新要素。隠し扉で、普段は見えないが壁を調べる事で発見する事ができる。魔術師呪文「カリフィック」を唱えると、そこにシークレットドアがあれば必ず発見する事ができる。

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)

NPCコマンドは多岐にわたる

本作では迷宮内に、会話や取引、交渉が可能なNPCが存在する。
彼らと会話したり、お金を払って情報を得たり、アイテムを取引できる。時には盗んだり、戦闘したりもできる。
NPCを戦闘で殺してしまった場合は、カント寺院に蘇生費用を支払う事で復活させることが可能。

魅了呪文「カツ」

本作より追加された僧侶呪文2レベルにある呪文で、NPCと遭遇した時に「カツを唱える」コマンドが存在する。
NPCの中には不機嫌だったり、いきなり襲い掛かってくる者もいるので、交渉前にカツを唱えて魅了しておくことは重要。
但し例外的にNPC「笑うヤカン」「トランプの王たち」にはカツが通用しない。

召喚呪文「ソコルディ」「バモルディ」

本作より追加された呪文で、それぞれ5レベルに魔術師呪文「ソコルディ」、僧侶呪文「バモルディ」が存在する。
召喚できるモンスターはそれぞれの呪文で異なり、呼び出されるモンスターもランダムだが、召喚できれば追加の戦力になるし、敵の攻撃を代わりに引き受けてくれる壁役にもなってくれる。
なお本作のラスボス「ソーン」との戦闘時に唱えると、囚われたゲートキーパーを召喚する事ができる。ソーンに勝つためにはゲートキーパーの召喚が必要不可欠である。

『ウィザードリィ #5』の登場人物・キャラクター

NPC(ノンプレイヤーキャラクター)

グブリ・ゲドック

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウィザードリィ #4(Wizardry #4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第4作。第1作で倒された魔術師ワードナが主役となり、魔物を召喚し、冒険者たちを殺戮しつつ地上を目指し、奪われたアミュレット(護符)を取り戻すというストーリーである。

Read Article

ウィザードリィ #1(Wizardry #1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #1』(Wizardry #1)とは、1981年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「狂王の試練場(Proving Grounds of the Mad Overlord)」。6人パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する、いわゆる「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第一作である。

Read Article

ウィザードリィ #3(Wizardry #3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)』とは、1983年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『リルガミンの遺産(Legacy of Llylgamyn)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第3作。世界的な天変地異の原因を探るべく、偉大なる龍ル・ケブレスの守る宝珠を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ #2(Wizardry #2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第二作。「ダバルプスの呪いの穴」に消えた、リルガミンの街を守護する「ニルダの杖」を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ外伝II(古代皇帝の呪い)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝II』とは、1992年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『古代皇帝の呪い(CURSE OF THE ANCIENT EMPEROR)』。日本国産ウィザードリィの第二作である。 城塞都市アルマールで遺跡が発掘され、埋葬された古代皇帝の呪いが災厄となって街を襲う。その災いを取り除くべく、冒険者たちが遺跡に挑むというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝IV(胎魔の鼓動)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝IV』とは、1996年に発売されたスーパーファミコン専用ソフトで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『胎魔の鼓動(THROB OF THE DEMON'S HERAT)』。日本国産ウィザードリィの第四作である。本作はオーソドックスなハック&スラッシュでありながら、和風テイストな舞台やイベント、ホラー要素を盛り込み、数多くのNPCとの交流や勢力争いを楽しめる。緋蓮城の先代城主の死に端を発する地方の反乱を治めるため、冒険者に「三種の神器」を集めさせるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝III(闇の聖典)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝III』とは、1993年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『闇の聖典(SCRIPTURE OF THE DARK)』。日本国産ウィザードリィの第三作である。 城塞都市ダリアを治めるアガン王が、黄金の仮面の呪いを受け狂気に陥り引きこもった。呪いを解き、王を正気に戻すため冒険者たちが集められるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝I(女王の受難)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝I』とは、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『女王の受難(SUFFERING OF THE QUEEN)』。日本国産ウィザードリィの記念すべき第一作である。 女王アイラスが即位してから災厄続きのリルガミンの街。宮廷魔術師タイロッサムまでもが裏切り「呪いの穴」に立て籠もった。彼を討伐すべく冒険者たちが召集される、というストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)』とは、2006年にWindowsで発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。日本国産の『ウィザードリィ』シリーズの1つである。 正伝シリーズへの原点回帰をうたい、初期の5種族8職業というシンプルなゲームシステムと、前作の『戦闘の監獄』のUI(ユーザーインターフェース)を採用。ストーリーが独立した公式5本のシナリオに加え、ユーザーが作成したシナリオを遊ぶ事もできるエディタが組み込まれている事が特徴。

Read Article

目次 - Contents