ウィザードリィ #5(Wizardry #5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #5(Wizardry #5)』とは、1988年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『災禍の中心(Heart of the Maelstrom)』。「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第5作。
世界を滅ぼす力を持つという「災禍」。これを制御できる力を持つ魔法使いゲートキーパーは、悪しき魔女ソーンに捕らえられた。冒険者たちは世界を救うためソーンを倒し、ゲートキーパーを救わねばならない。

旧作の「爆弾」。パーティ全員にダメージを与える。

げんこつ

解除者を即死させる。

コブラの呪い

パーティ全員に麻痺を与える(全員行動不能になれば全滅)。

高圧電線

パーティ全員を死亡もしくは灰にしてしまう(全員行動不能になれば全滅)。

マジックドレイン

パーティ全員のMPを吸い取られてしまう。

クリティカルヒット

忍者の特殊攻撃。攻撃が命中すると、一定確率で「首を刎ねられた!」というメッセージが出る。クリティカルヒットが決まれば、HPがいくら残っていようが、受けたダメージが1だろうが、問答無用で首が飛ぶため死亡となる(余談ながら、首を持たないスライムのようなモンスターでも「首を刎ねられた!」とメッセージが出る)。
忍者以外でも一部のアイテムを装備したキャラクターが繰り出せる。敵側にも序盤からクリティカル能力を持つモンスターが出現するので注意。

エナジードレイン

物理攻撃が命中した際、キャラクターのレベルを下げる特殊攻撃。不死怪物(アンデッド)が繰り出してくる事が多い。ドレインの結果、レベルが0以下になったキャラクターはロストしてしまう。

ステータスドレイン

本作より追加された敵の特殊攻撃。物理攻撃が命中した際、レベルではなくキャラクターの能力値を低下させてしまう。

灰になる、ロスト

死亡したキャラクターに蘇生呪文をかけ、失敗した場合、キャラクターは灰になってしまう。
こうなるとカント寺院での蘇生費用は倍額になる上、キャラクターの呪文で蘇生させる場合には7レベル僧侶呪文「カドルト」が必要になる。
灰からの蘇生にも失敗した場合、キャラクターはロストしてしまい、本来であれば二度とゲームに復帰する事はできない。
キャラクターのロストは他にも「エナジードレインを受けて0レベル以下になる」「全滅する」「石の中に飛び込む」「宿でレベルアップし生命力が3未満になる(老衰死)」といった状況で発生する事もある。
但し本作では、地下5階西に存在する「澄み切った青い泉」を利用する事ができれば、たとえロストしたキャラクターであっても復活する。

全滅

多くのプレイヤーにとってトラウマとなる、全滅シーン

『ウィザードリィ』は一般的なRPGと異なり、戦闘に敗北したり、不慮の事故でパーティが全滅した場合、キャラクターの死体は迷宮内に置き去りとなる(セーブデータからやり直し、ではない)。彼らを救う為には、別パーティを救助隊として編成し、死体の回収を行わなければならない。
なお全滅した時点でキャラクターの安全は保障されていない。これまでのシリーズと違い、戦闘の敗北で即ロスト(ロストすると通常は復活できない)する事はなくなったが、ランダムでアイテムが奪われていたり、全滅した地点から死体が別の場所へ運ばれている事がある。最悪の場合、侵入不可能のマスに移動している事があり、こうなると実質的に救出する事はできない。
また宝箱の罠「テレポーター」や、テレポート呪文「マロール」で座標を間違える等して、石のマスに飛び込んだ場合、本作では全員ロストしてしまう。

スペシャルパワー

一部のアイテムにのみ存在する特別な力。アイテム装備画面の最後で「〇〇の特別な力を使いますか?」と可否を問われる。
使用する事で様々な恩恵を得られるが、中にはマイナスの効果(能力値の低下など)を発揮するアイテムもある。
スペシャルパワーを開放すると、一定確率で破損、あるいは別のアイテムに変化してしまう事もあり、軽はずみに使うにはリスクが伴う。

ヒーリング

「奇跡のアンク」「金色の鎧」等のアイテムに存在する、自動でHPを回復させてくれる能力。
ヒーリング+1なら、1歩歩く毎に、あるいは戦闘で1ターン経過する毎に1点のHPが回復する。
ヒーリングがプラスならステータス画面でHPの横に「+」が、毒や呪いのアイテム所持などでマイナスであれば「-」のマークがつく。
一部のモンスターの中にも、ヒーリング能力を持つ敵が存在する。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ウィザードリィ #4(Wizardry #4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #4(Wizardry #4)』とは、1987年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『ワードナの逆襲(The Return of Werdna)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第4作。第1作で倒された魔術師ワードナが主役となり、魔物を召喚し、冒険者たちを殺戮しつつ地上を目指し、奪われたアミュレット(護符)を取り戻すというストーリーである。

Read Article

ウィザードリィ #1(Wizardry #1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #1』(Wizardry #1)とは、1981年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「狂王の試練場(Proving Grounds of the Mad Overlord)」。6人パーティを組み、地下迷宮を探索し、モンスターを倒して宝箱からアイテムを得て、キャラクターを強化・育成する、いわゆる「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第一作である。

Read Article

ウィザードリィ #3(Wizardry #3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #3(Wizardry #3)』とは、1983年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『リルガミンの遺産(Legacy of Llylgamyn)』。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズ第3作。世界的な天変地異の原因を探るべく、偉大なる龍ル・ケブレスの守る宝珠を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ #2(Wizardry #2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ #2』(Wizardry #2)とは、1982年アメリカのサーテック社より発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は「ダイヤモンドの騎士」(Knight of Diamonds)。 「ハック&スラッシュ」の元祖とも言える古典RPGシリーズの第二作。「ダバルプスの呪いの穴」に消えた、リルガミンの街を守護する「ニルダの杖」を持ち帰る事が、冒険者たちに与えられた使命である。

Read Article

ウィザードリィ外伝II(古代皇帝の呪い)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝II』とは、1992年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『古代皇帝の呪い(CURSE OF THE ANCIENT EMPEROR)』。日本国産ウィザードリィの第二作である。 城塞都市アルマールで遺跡が発掘され、埋葬された古代皇帝の呪いが災厄となって街を襲う。その災いを取り除くべく、冒険者たちが遺跡に挑むというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝IV(胎魔の鼓動)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝IV』とは、1996年に発売されたスーパーファミコン専用ソフトで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『胎魔の鼓動(THROB OF THE DEMON'S HERAT)』。日本国産ウィザードリィの第四作である。本作はオーソドックスなハック&スラッシュでありながら、和風テイストな舞台やイベント、ホラー要素を盛り込み、数多くのNPCとの交流や勢力争いを楽しめる。緋蓮城の先代城主の死に端を発する地方の反乱を治めるため、冒険者に「三種の神器」を集めさせるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝III(闇の聖典)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝III』とは、1993年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『闇の聖典(SCRIPTURE OF THE DARK)』。日本国産ウィザードリィの第三作である。 城塞都市ダリアを治めるアガン王が、黄金の仮面の呪いを受け狂気に陥り引きこもった。呪いを解き、王を正気に戻すため冒険者たちが集められるというストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝I(女王の受難)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝I』とは、1991年に発売されたゲームボーイ専用カートリッジで、3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。副題は『女王の受難(SUFFERING OF THE QUEEN)』。日本国産ウィザードリィの記念すべき第一作である。 女王アイラスが即位してから災厄続きのリルガミンの街。宮廷魔術師タイロッサムまでもが裏切り「呪いの穴」に立て籠もった。彼を討伐すべく冒険者たちが召集される、というストーリー。

Read Article

ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィザードリィ外伝 五つの試練(The Five Ordeals)』とは、2006年にWindowsで発売された3Dダンジョン・ロールプレイングゲーム。日本国産の『ウィザードリィ』シリーズの1つである。 正伝シリーズへの原点回帰をうたい、初期の5種族8職業というシンプルなゲームシステムと、前作の『戦闘の監獄』のUI(ユーザーインターフェース)を採用。ストーリーが独立した公式5本のシナリオに加え、ユーザーが作成したシナリオを遊ぶ事もできるエディタが組み込まれている事が特徴。

Read Article

目次 - Contents