スーパードンキーコング(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング』とはレア社が開発し、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。当時としてはリアルなCGで実現されたグラフィックや美しい音楽、よく練られたゲームバランスで人気を博した。その後シリーズ化し、『2』と『3』も発売。今作で舞台となるのはドンキーコングカントリー。ゴリラのドンキーコングが盗まれた大切なバナナを取り戻すため、キングクルール率いるクレムリン軍団を追う冒険を描く。

『スーパードンキーコング』の概要

『スーパードンキーコング』とは、1994年にレア社で開発され、任天堂から発売されたスーパーファミコン専用の横スクロール型アクションゲームである。日本国内では1997年にゲームソフトの書き換え販売サービスである任天堂パワー対応ソフトとしても発売された他、2000年にはリメイクされてゲームボーイカラー用ソフト『ドンキーコング2001』として発売、2003年にはゲームボーイアドバンスに移植された。さらに2006年にはWiiで、2014年にはWii Uで、2016年にはNewニンテンドー3DSで、それぞれバーチャルコンソールとして配信された。

『スーパードンキーコング』は任天堂のアーケードゲーム『ドンキーコング』をもとにレア社が独自に開発したゲームで、『ドンキーコング』では敵役であった初代ドンキーコングの孫が2代目ドンキーコングとして主人公となっている。

スーパーファミコン屈指の美麗なグラフィックと良質な音楽が魅力であり、国内で300万本、全世界規模で800万本もの売り上げを記録した。

ある朝、家で寝ていたゴリラのドンキーコングは祖父のクランキーコングの声で起こされる。木の上にある家から降りてクランキーの言葉に従ってバナナ倉庫に行ってみると、そこにあったはずの大量のバナナと倉庫番をしていたチンパンジーのディディーコングの姿がなかった。ドンキーはそれがキングクルール率いるクレムリン軍団の仕業であることを見抜き、バナナとディディーを取り戻すため、ジャングルへ飛び出していった。

『スーパードンキーコング』のあらすじ・ストーリー

空になったバナナ倉庫を見て落ち込むドンキー。

恐ろしいほど風の強い嵐の夜のこと、ディディーコングはドンキーコングの頼みで大量のバナナが保管されたバナナ倉庫の倉庫番を務めていた。そこに忍び寄るのはクレムリン軍団の大群。以前からドンキーのバナナを狙っていたクレムリン軍団は、この嵐の夜にバナナ泥棒を実行に移したのだ。現れたクレムリン軍団にディディーは必死に抵抗するも、ついには捕まってタルに閉じ込められ、ジャングルの茂みに放り込まれてしまった。

翌朝、ドンキーが祖父のクランキーコングの声を聞いてバナナ倉庫に駆けつけると、黄金色に輝くバナナの山とディディーが忽然と姿を消していた。地面に残る足跡を見てクレムリン軍団の仕業に違いないと思ったドンキーはジャングルに飛び出した。

キングクルールの船に乗り込むドンキーとディディー。奥に見える島は今作の舞台であるドンキーコングカントリー。

ジャングルのただ中、地面に転がるタルから声が聞こえた。ドンキーがタルを破壊すると中から捕まっていたディディーが飛び出した。ドンキーはディディーと共に力を合わせ、数々の難関ステージを突破し、クルール配下の強力なボスたちを打ち倒していく。やがて2人はドンキーコングカントリーの傍に停泊する船を発見する。乗り込むとそこにはクルールが待ち構えていた。クルールの種類に富んだ攻撃を凌いで何度も踏みつけるとついにクルールがダウン。一度は起き上がって戦いが続くも、ドンキーたちがさらに攻撃を加えるとようやくクルールを倒すことに成功、無事にバナナを取り戻すことができたのであった。

『スーパードンキーコング』のゲームシステム

基本は横スクロール型のアクションゲームで、敵を倒したり避けたりしつつ、ステージの最後にあるゴールを目指す。ステージ内にはタルやタイヤ、トロッコといったギミックもあり、一筋縄ではいかないような作りになっている。一度クリアしたステージには、初回クリア時の操作キャラクターの顔のマークがつく。再度訪れることもでき、その際はステージを途中で抜け出すことができる。

操作するのはドンキーコングとディディーコング。操作中ではないキャラクターは、控えとして操作キャラクターに影のように追随する。非操作キャラクターがアイテムに触れてもアイテムは獲得できない。能動的に操作するキャラクターを変更できる他、操作キャラクターが敵にやられると自動的に控えが操作キャラクターに切り替わる。穴などに落下したり、1人の時に敵にぶつかったりするとミスとなって残機が1つ減る。残機がすべてなくなるとゲームオーバー。

ステージをクリアしたり、ボーナスステージに入ったりするとセーブ画面などで見られる達成率を示すパーセンテージが上昇する。このパーセンテージが101%になれば、すべての要素をコンプリートしたということになる。

ゲームモード

1人用(One player)

1人プレイのモード。ドンキーとディディーを1人で操り、クリアを目指す。

2人対戦(Two player contest)

2人プレイのモード。画面に赤いネクタイのドンキーと黄色いネクタイのドンキーが現れて、赤チーム、黄チームとしてそれぞれゴールを目指す。交互にプレイしていき、どちらが先にクリアするかを競う。セーブも別々に行われる。

2人協力(Two player team)

2人プレイのモード。プレイヤー1がドンキーを、プレイヤー2がディディーを操作し、協力してゴールを目指す。

アクション

ジャンプ

今作では敵を踏みつけて攻撃することが基本となる。そのためジャンプは基本アクションでありながら重要なアクションでもある。ディディーの方がドンキーよりも身軽でジャンプもやや高く跳べるが、クランプやクラッシャといったディディーの踏みつけでは倒せない敵も存在する。

ローリングアタック

ドンキーは前転、ディディーは側転で横方向へ攻撃する。踏みつけでは倒せない敵をローリングアタックで倒せることもあれば、逆にローリングアタックでは倒せないこともある。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパードンキーコング3 謎のクレミス島(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング3 謎のクレミス島』とはレア社が開発、任天堂から発売されたスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』の続編にあたり、「スーパーファミコン史上最高画質」と謳われた今作は、NINTENDO64が既に世に出ていたにもかかわらずそれらのソフトに劣らない販売数を記録した。舞台は謎のクレミス島。仲間のドンキーコングとディディーコングが出かけたまま戻らないことを心配したディクシーコングの、2人を探す冒険を描く。

Read Article

スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパードンキーコング2 ディクシー&ディディー』はレア社が開発、任天堂が発売したスーパーファミコン用の横スクロール型アクションゲームである。同社の『スーパードンキーコング』の続編にあたり、好評だったCGや音楽をさらに進化させつつチームアップなどの新たな要素を取り入れ、よりアクション性を向上させた今作はシリーズの中でも人気が高い。チンパンジーのディディーコングが、海賊キャプテンクルールに捕らえられた親友のドンキーコングを助けるため、ディクシーコングと共にクレムリン島へ乗り込む様子を描く。

Read Article

ドンキーコング64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドンキーコング64』はレア社が開発したNINTENDO64専用の3Dアクションゲームである。『ドンキーコングシリーズ』初の3Dアクションであり、同社の『バンジョーとカズーイの大冒険』のシステムが基となっている。シリーズ伝統の高度なグラフィックと『バンジョーとカズーイの大冒険』を手掛けた作曲家が作る音楽は評価が高い一方、ゲーム内のゲームが難しくクリアまで至らなかった人も多い。シリーズの顔であるドンキーコングを含む個性豊かな5人のコングを駆使し、仇敵キングクルールから住処のDKアイランドを守る。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険2(バンカズ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険2』とは、レア社が開発したアクションアドベンチャーゲームである。NINTENDO64のゲームソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 本作は前作『バンジョーとカズーイの大冒険』の2年後を描いた続編である。オープニングで悪い魔女グランチルダが復活し、仲間のボトルズが殺害されたところから始まり、怒りに燃える主人公バンジョーがグランチルダを再び懲らしめるために魔女の本拠地がある「マジョあいらんど」に挑んでいく。

Read Article

バンジョーとカズーイの大冒険(バンカズ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『バンジョーとカズーイの大冒険(Banjo-Kazooie)』とは、レア社が開発した3Dアクションゲームである。NINTENDO64専用ソフトとして発売され、その後Xbox LIVE アーケードでもダウンロード配信された。 ある日、美しさを求めた悪い魔女グランチルダによって主人公バンジョーの妹が誘拐されてしまう。バンジョーは妹のチューティを取り戻すべく、口うるさい相棒のカズーイと共に強大な敵や難解な仕掛けが待ち構える「グランチルダのとりで」に挑む。

Read Article

目次 - Contents