トモダチゲーム(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トモダチゲーム』は、『別冊少年マガジン』(講談社)で連載された原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生の頭脳ゲーム漫画およびそれを原作としたドラマ、映画である。幼い頃から「金より友達」と教えられてきた高校生の片桐友一は、借金返済のために仲の良い友人4人と「トモダチゲーム」に挑戦する。「友達を疑わないこと」で簡単にクリアできるはずだったが、悪質なルールや仲間の裏切りに翻弄され、あっけなく友一達の友情は崩れ去るのだった。究極の心理戦の果てに友一達はゲームをクリアできるだろうのか。

『トモダチゲーム』の概要

『トモダチゲーム』とは、『別冊少年マガジン』(講談社)で2014年1月から連載されている原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生の頭脳ゲーム漫画およびそれを原作としたドラマ、映画である。2017年にテレビドラマ化(全4回)と映画化されている。なお映画は『トモダチゲーム 劇場版』『トモダチゲーム 劇場版 FINAL』の2本立てになっている。
ドラマ・映画ともに、脚本は永江二朗・佐上佳嗣、監督は永江二朗、音楽は諸橋邦行であり、制作プロダクションはキャンター。
幼い頃から「金より友達を大切にすること」を母親に教えられてきた片切友一。母の教えの通りに友情を何よりも大切にする高校生になった。
ある日、クラスで集めていた修学旅行費が盗まれるという事件が起こる。犯人が見つからないまま、クラス中が疑心暗鬼で過ごしている中、友一は突然何者かに誘拐されてしまう。
友一が目を覚ますと、仲の良いクラスの友人である美笠天智、沢良宜志法、四部誠、心木ゆとりも共に拉致されており、謎のゲーム「トモダチゲーム」の会場に連れてこられたのだった。
ゲームの案内人を名乗るマナブくんによると「5人の中の誰かが2000万円の借金をしており、ゲームの参加費として200万を受け取っている。」とのことであったが、その200万とは盗まれたはずの修学旅行費とぴったり一致する額だったのだ。
5人はこの中の誰かの2000万円の借金を返済するために1人400万円の借金を背負い、「トモダチゲーム」に参加することになってしまうのであった。
「トモダチゲーム」は、友達を疑わないことで簡単に借金を減らしていけるはずだった。しかし、悪質なルールや仲間の裏切りに翻弄され、あっけなく友一達の友情は崩れ去る。
裏切者は誰か?友情をとるのか金をとるのか?人の心を揺さぶる様々な「トモダチゲーム」に挑戦する中で、騙し騙されていく展開にハラハラ・ドキドキする作品になっている。

『トモダチゲーム』のあらすじ・ストーリー

「トモダチゲーム」への参加

母親から友達の大切さを教わる幼い友一

幼い頃、母親に「お金より大切なものがある。友達よ。」と教えられてきた片切友一。その教えを守り続け、貧しいながらも友達を何より大切にする高校生になった。
高校2年生になった友一には4人の友人ができた。学年トップの天才・美笠天智、クラスの副委員長で刑事の父親を持つ沢良宜志法、学級委員で家が金持ちのムードメーカー・四部誠、口数は少ないが優しい心木ゆとりである。

ある日、友一のクラスで集めていた修学旅行費が盗まれるという事件が起きる。犯人は見つからず、誰が盗んだのかとクラスメートが互いに疑い合う日々が続く。
そんなある晩、友一の元に志法から手紙が届く。手紙には「23時に校門で待っている。」という内容が記されており、友一は急いで向かうのだった。
校門に到着すると、志法だけでなく天智、四部、ゆとりも待っており「友一に呼び出された。」と言われる。もちろん友一は呼び出した覚えがないので困惑する。
その瞬間、背後から何者かに襲われた友一達5人はそのまま拉致されてしまった。

何者かに拉致され、目を覚ます友一達

友一が目を覚ますと、そこには子どもの顔の着ぐるみをかぶったマナブくんと名乗る人物が立っていた。マナブくんは、5人のうちのだれかが2000万の借金をしていること、その借金を返すために1人400万円ずつ借金を負担してトモダチゲームに参加すること、参加費として200万円受け取っていることを告げる。200万円は、盗まれた修学旅行費の額と一致することから、5人の中の誰かが多額の借金をして、修学旅行費を盗んだということになる。
皆、すぐさま「トモダチゲーム」に参加することを決めたが、友一だけは戸惑ってしまう。なぜなら、友達が大切だということは理解していたが、それ以上に「お金が恐い」ということを知っていたからである。
友一は、誰が仕組んだことなのか戸惑いながらも「友達は金より大切だ」という信念を曲げずに、「トモダチゲーム」に参加することを決めた。

第1ゲーム 「コックリさんゲーム」

早速、第1ゲームの会場である教室に移動する5人とマナブくん。そこで、マナブくんからゲームのルールが説明される。ゲームの名前は「コックリさんゲーム」。ルールは非常に簡単なものであった。
まずは、5人のうちのマナブくんに指定された1人が決められた簡単な問題文を読む。机の上に「はい」「いいえ」が書かれた紙が置いてあるので、10円玉に指を置いて答えになる方向に力を入れて押す。5人全員の答えが一致すれば「はい」の方に10円玉が進むが、1人でも「いいえ」の方に押した場合は「いいえ」の方に10円玉が進んでしまう。5問終えたときに1回でも「はい」に10円玉を動かすことができたらゲームクリアとなり、賞金200万を5人で受け取ることができるというものだった。つまり、全員が一度でも「はい」に意見をそろえることができればゲームはクリアできるのである。
このゲームには3つのペナルティがある。1つ目は、裏面に自分の借金額が表示されているネームプレートを他の人に見せないこと。もし、見せてしまったらその人の借金は2倍になる。2つ目は、このゲーム中は問題を読み上げる以外は声を出さないこと。この決まりも破った場合は借金が2倍になる。3つ目は、最下位ペナルティ。ゲームオーバーしたときに借金が一番多かった人が、全員の借金を全額背負うというものである。
「友達を疑わないこと」がコツだとマナブくんに告げられ、5人はゲームを始めることになる。

コックリさんゲームで「いいえ」に進んでしまう

そして、コックリさんゲームが始まった。一問目は四部が問題文を読み上げる。「日本で一番高い山は富士山である。」という誰でもわかるような問題に安堵の表情を見せる5人だったが、10円玉はなぜか「いいえ」の方に進んでしまった。何かの間違いだと思いたい友一であったが、続く天智、志法の出題した簡単な問題もことごとく「いいえ」に進んでしまう。裏切者がいるのかと疑心暗鬼になる5人。
次は、友一が出題者に指名される。問題用紙を見ると「問題は出題者が考えろ。全員がはいを選べばクリア。いいえになれば出題者は借金半減」と記されていた。このことから、友一はゆとり以外の3人の紙にも同じ内容が書いてあり、自分の借金を減らすためにわざと「いいえ」を選んだのではないか疑う。友一自身も、5人のわずかな勝利よりも自分だけ借金半減の方がよいに決まっていると心揺さぶられるも、最後の出題者であるゆとりのことを考えて、「はい」で答えをそろえることを決意して、問題を出した。
これでゲームをクリアできると思った友一だが、なぜか10円玉は「いいえ」の方向に進んでしまった。友一は、誰かがゆとりにすべての借金を押し付けようとしているのではないかと困惑してしまう。
そして、最後の5問目はゆとりが出題する。紙には今までの4人の内容とは異なり、「私たちはこれからもずっと友達である」という問題が書いてあった。このまま「いいえ」に進めばゲームオーバーになり、ゆとりが最下位ペナルティとしてすべての借金を背負うことになる。そして、友一は4問目の出来事からこの中の誰かがゆとりを陥れようとしていることを確信していた。そこで、友一は表情を一変させて裏切者もあぶりだす行動に出る。

ゆとりを陥れようとする裏切者に語りかける友一

5問目の回答前に「今日の志法の下着の色を知っているか?知りたいなら教えて下さいと言え。言えないよな?言ったら、せっかく減った借金が増えちゃうもんな。でも、俺の問題用紙にはルール変更。最下位ペナルティは一番借金が少ない人にかかるって書いてあったんだぜ。まぁ冗談だけどな。」と3人に告げた。もちろんルール変更などはなく、友一の言ったことはただのはったりであったが、裏切者が惑わされてなんとかゲームクリアできるようにと機転を利かせたのである。
友一の行動のおかげで、全員が「はい」という答えを一致させてゲームをクリアすることができた。しかし、ゲームクリアできたのにも関わらずお互いが保身に走っていたかもしれないことが明らかになり、5人は素直に喜べないでいた。
一方、ゲームの様子をモニターから眺める「トモダチゲーム」運営の2人の女がいた。黒髪のショートカットの女性・月野とツインテールの水瀬マリア。2人は、友一の高校生らしからぬ機転と度胸に驚きつつ、これからのゲームが楽しみだとわくわくするのであった。

友一と志法の密談

第2ゲームに移動する前、友一は全員の借金額を確認する。なぜなら、ゲームクリア以外にも「友達を裏切ること」で借金を減らせることが第1ゲームで分かったからだ。
ネームプレートを見せることはペナルティになるので、口頭で教え合うことになったが、全員が「360万円」だと言った。
第2ゲームの会場に移動することになった一同。友一は靴紐がほどけたと嘘をつき、第1ゲームの会場に1人残る。第1ゲームで使われた問題用紙を確認することで、全員の本当の借金額を把握しようとしたのだ。しかし、問題用紙からは「出題者は借金減額」の文言が消えており、誰が嘘をついていたのか知ることはできなかった。

実際は「コックリさんゲーム」で借金が増えていた志法

その時、志法が第1ゲームの会場に戻ってきた。志法は友一に相談をするためにこっそり戻ってきたのだ。そこで志法は、修学旅行費を盗んだのは友一だと思っていたこと、友一のことが好きだからかばおうと思ったこと、借金360万円は嘘で本当はゲーム中に声を出したことで760万円であることを告げるのだった。
そして、志法は友一に「絶対に裏切らないから協力しよう。」と持ち掛けた。友一は、協力関係を結ぶことを承諾する。友一は志法に次のゲームで仕掛けようと思っていること、不審な行動をとっても黙っていてほしいことを伝える。
その様子を、天智が教室の外でこっそりと聞いているのだった。

第2ゲーム 「陰口スゴロク」

「陰口スゴロク」のルール

「陰口スゴロク」の説明をするマナブくん

第2ゲームの会場は学校の屋上だった。本当に屋外というわけではなく、実際は室内を屋上に見せているだけである。そこに教師の格好をしたマナブくんがやってきて、ゲームの説明を始める。
第2ゲームは「陰口スゴロク」。「友達の隠しごとをいっぱい暴露した人」が良いサイコロの目を出すことができる特殊なスゴロクだ。
まず、陰口ペーパーに友達の隠し事を書く。陰口は一度に誰のでも何個でも書いてよいことになっている。そして、その内容をゲームを見ている視聴者に発表し、「誰が一番許せないか」を投票で決める。投票数が多い人から順に多く進むことができるのだ。ゲームは、誰か一人でもゴールしたら終了となる。そして、トータルで200万の賞金が手に入るが、ゴールせずにクリアした人は追加で100万円もらえる。さらに、第3ゲームに参加しなくてもよくなる。つまり、自分が損をしないためには友達の秘密をどんどんばらして、自分以外の誰かをゴールさせる必要があるということだった。

このゲームにはさらに3つの細かなルールがある。1つ目は、全員の陰口ペーパーが白紙だった場合は全員で1マスづつ進むことができる。2つ目は、陰口ペーパーは個室に入って書かなくてはならない。さらに、3分間はその個室から出ることができない。3つ目は、もし嘘の秘密を書いた場合は、バレなければ問題はないが、嘘だとばれてしまった場合は、神罰として強制的にスゴロクのトップにさせられてしまう。
5人は「全員一緒にゴールしよう」と気持ちを1つにゲームを開始するのであった。

ゲーム開始から2ターン目までは全部白紙で5人はそろってマスを進める。しかし、スゴロクの内容は借金が増えていくものばかりで5人は次第に焦るようになる。
そして3ターン目。一枚だけ秘密が書かれた紙が入れられてしまう。内容は「志法は片切友一が好き。そして、昔、天智と付き合っていた」というものであった。
このターンから5人の友情は崩れ去っていく。「誰が陰口を書いたのか?」「書いてあることは事実なのか?」志法のことが好きな四部、天智、志法に好かれている友一を中心にもめてしまう展開となった。
そして、次のターンも3つの陰口が入っており、それぞれがマスを進める。

援助交際していた過去が暴露されるゆとり

5ターン目。陰口は一つしか入っていなかったが、その内容は「ゆとりは中学生の時、援助交際していた。」というものだった。
このことを知っているのは志法だけだとゆとりは取り乱してしまう。友一が寄り添うことでなんとか落ち着きを取り戻したゆとりであったが、5人の友情は早くも崩れ去ってしまっていた。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents