トモダチゲーム(漫画・ドラマ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トモダチゲーム』は、『別冊少年マガジン』(講談社)で連載された原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生の頭脳ゲーム漫画およびそれを原作としたドラマ、映画である。幼い頃から「金より友達」と教えられてきた高校生の片桐友一は、借金返済のために仲の良い友人4人と「トモダチゲーム」に挑戦する。「友達を疑わないこと」で簡単にクリアできるはずだったが、悪質なルールや仲間の裏切りに翻弄され、あっけなく友一達の友情は崩れ去るのだった。究極の心理戦の果てに友一達はゲームをクリアできるだろうのか。

『トモダチゲーム』の概要

『トモダチゲーム』とは、『別冊少年マガジン』(講談社)で2014年1月から連載されている原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生の頭脳ゲーム漫画およびそれを原作としたドラマ、映画である。2017年にテレビドラマ化(全4回)と映画化されている。なお映画は『トモダチゲーム 劇場版』『トモダチゲーム 劇場版 FINAL』の2本立てになっている。
ドラマ・映画ともに、脚本は永江二朗・佐上佳嗣、監督は永江二朗、音楽は諸橋邦行であり、制作プロダクションはキャンター。
幼い頃から「金より友達を大切にすること」を母親に教えられてきた片切友一。母の教えの通りに友情を何よりも大切にする高校生になった。
ある日、クラスで集めていた修学旅行費が盗まれるという事件が起こる。犯人が見つからないまま、クラス中が疑心暗鬼で過ごしている中、友一は突然何者かに誘拐されてしまう。
友一が目を覚ますと、仲の良いクラスの友人である美笠天智、沢良宜志法、四部誠、心木ゆとりも共に拉致されており、謎のゲーム「トモダチゲーム」の会場に連れてこられたのだった。
ゲームの案内人を名乗るマナブくんによると「5人の中の誰かが2000万円の借金をしており、ゲームの参加費として200万を受け取っている。」とのことであったが、その200万とは盗まれたはずの修学旅行費とぴったり一致する額だったのだ。
5人はこの中の誰かの2000万円の借金を返済するために1人400万円の借金を背負い、「トモダチゲーム」に参加することになってしまうのであった。
「トモダチゲーム」は、友達を疑わないことで簡単に借金を減らしていけるはずだった。しかし、悪質なルールや仲間の裏切りに翻弄され、あっけなく友一達の友情は崩れ去る。
裏切者は誰か?友情をとるのか金をとるのか?人の心を揺さぶる様々な「トモダチゲーム」に挑戦する中で、騙し騙されていく展開にハラハラ・ドキドキする作品になっている。

『トモダチゲーム』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

母親から友達の大切さを教わる幼い友一

物語の主人公、片切友一(かたぎりゆういち)は内職や新配達をしながら生活をしている貧乏学生だ。友一は幼い頃母に「お金より大切なものがある。友達よ」と教えられてきた。そんな中、友一のクラスで修学旅行の為集められたお金、二百万円が何者かに盗まれる事件が起きた。しかし犯人見つからず、クラスメイト同士で疑う日々は続く。

そんなある日、友人の一人である沢良宜志法(さわらぎしほ)から手紙が届く。そこには「23時に校門で待っている」と記されていた。
友一が校門へ到着すると、そこにいたのは美笠天智(みかさてんじ)、四部誠(しべまこと)、心木ゆとり(こころぎゆとり)、そして志法だった。志法達四人は友一に呼び出されたと言う。見に覚えのない手紙に困惑する友一。その瞬間、背後から何者かの襲撃を受け五人は拉致されてしまったのだった。

友一が目を覚ますと、そこには子供の姿をした着ぐるみのマナブ(まなぶ)くんがいた。そして友一達はマナブ君から衝撃の事実を聞かされる。それは五人の内誰がが二千万円もの借金をしており、その借金を返す為に一人四百万円ずつ借金を負担してトモダチゲームに参加するということだった。そしてトモダチゲームに参加する為には参加費用として二百万円必要であり、無くなった修学旅行代の二百万円はトモダチゲームの参加費用として使われたのだった。

友一達は借金を抱えている友人を救うため、トモダチゲームに参加するのだった。

第一のゲーム

場所を第一のゲーム会場である教室に移す友一達。そこで、友一達はマナブくんから第一のゲームであるコックリさんゲームについて説明を受けた。

まずは、五人の内の指定された人が問題文を読む。机の上に「はい」と「いいえ」が書かれた紙が置いてあり、紙の上にある十円玉に指を置いて答えになる方向に力を入れて押す。五人全員の答えが一致すれば十円玉は「はい」の方に進み、一人でも「いいえ」の方に押した場合は「いいえ」の方に進んでしまう。五問終えた時、一回でも「はい」に十円玉を動かすことができたらゲームクリアとなり、賞金二百万円を五人で受け取ることができる。

ただし、このゲームにはペナルティが三つある。一つ目は、裏面に自分の借金額が表示されているネームプレートを他人に見せないこと。もし、見せてしまったらその人の借金は二倍になる。二つ目は、問題を読み上げる時以外は声を出さないこと。この決まりを破った者は借金が2倍になる。三つ目は、ゲームオーバーしたときに借金額が一番多かった者が、全員の借金を全額背負うというものである。

問題は誰にでも分かる様な簡単なものであったが、立て続けにいいえになってしまう。裏切者がいたのだった。ついに最後の出題者であるゆとりの番になってしまったが、ゆとりが出題する前に友一が参加者に揺さぶりをかける。友一は四問目の問題用紙に最下位ペナルティーは一番借金額が少ない人にかかると書いてあったと告げる。もちろんルール変更は無く友一のハッタリであったが、この揺さぶりでついに一同はゲームをクリアするのであった。

第二のゲーム

第二ゲームの会場である部屋は学校の屋上を模していた。第二ゲームは、陰口スゴロクだ。マナブくんがゲームの説明を始める。

まず、陰口ペーパーに友達の隠し事を書く。陰口は一度に誰のでも書いて良く、数の制限もない。そして、このゲームには視聴者が存在し、陰口の内容を視聴者に発表して誰が一番許せないかを投票で決める。投票数が多い人から順に多くマスを進むことができるのだ。そして誰か一人でもゴールしたらゲームは終了となり、トータルで二百万円の賞金が手に入る。加えて、ゴールせずにクリアした人は追加で百万円貰え、第三ゲームに参加しなくて良くなる。
また、全員の陰口ペーパーが白紙だった場合、全員で一マスづつ進むことができる。そして、陰口ペーパーは個室に入って書かなくてはならず、三分間はその個室から出ることができない。もし嘘の秘密を書いた場合、バレなければ問題はないが嘘だとばれた時は神罰として強制的にスゴロクのトップにさせられてしまう。

はじめは全員白紙で紙を出す五人であったが、徐々に陰口が書かれるようになる。陰口や運営による暴露情報により、ゆとりが過去援助交際していたというものや市議会議員をしている誠の父親が汚職をしているというものが、明るみになったのである。

ゲームは進み、あと一マスで志法がゴールしてしまう状況になる。最後のターン直前、友一はある提案をする。それは自分の名前が書かれた陰口ペーパーに自分が裏切者だと書くことだった。それによって本当の裏切者だけが罰を受けずにゲームをクリアし、残りのメンバーだけで第三ゲームに進むというものだった。

結果、陰口カードは天智の書いた一枚しか入っていなかった。これは友一が考えた裏切者を炙り出す作戦だった。
友一はゲーム序盤から陰口ペーパーで志法に指示を出したり、個別に接触したり、各々のネームプレーをを預かったりしており、天智以外は裏切者ではないことに気づいていたのだ。
しかし友一は嘘の陰口を書いていたのだ。さらに天智も嘘をついていたと告白した。そのことによって友一と天智の二人が第三ゲームへ進むことになったのである。

第三ゲーム

自分の過去を話す天智

第三ゲームの会場に向かう友一と天智は洞窟に辿り着いた。洞窟は鉄格子で囲まれており、外に出ることはできない。そしてマナブくんから第三ゲームを始めるための準備として、三日間洞窟の中で過ごすことを告げられた。そこで天智は過去にトモダチゲームに参加しており、志法がトモダチゲームについて何か関係しているのではないかということが明らかになった。

洞窟から出るとそこには森が広がっていた。第三ゲームはグループ対抗戦だった。友一達はCグループで2人、対するKグループは同じ高校のバスケットボール部の五人だった。リーダーの三年門倉十蔵(かどくらじゅうぞう)、三年の丹羽万里(にわばんり)、二年の鬼瓦百太郎(おにがわらひゃくたろう)、二年の柱谷千聖(はしらたにちさと)、一年の紫宮京(しのみやけい)だ。

第三ゲームは友情かくれんぼだ。友情かくれんぼは、グループの中で隠れる役を一人決め、それ以外の人は探す役になる。そして相手チームの隠れる役を先に見つけたグループが勝ちというものであった。
また禁止行為があり、相手グループへの暴力と隠れる役による移動だ。違反した場合はチーム全員の借金が2倍になり、その場で負けになる。
また敵味方関係なく連絡を取ることは可能であり、携帯電話が全員に支給される。食事は森の中央に置いてあり、自由に持ち運ぶことができる。さらに隠れ役はギブアップすることが出来、探す役はスイッチすることが出来る。スイッチとはいわゆる寝返り行為の事だ。相手グループに寝返ることで、ゲーム終了時の個人の借金をすべて元仲間にかぶせることができる。スイッチは相手グループの人と一緒にマナブくんのもとに行き、宣言をして一人でもOKを出せば成立する。また、万が一寝返ったグループが負けた場合、そのグループの借金の平均額を上積みして元のグループに戻ることになる。

ゲームを始める前、マナブくんからの提案で運営という素性を隠した水瀬マリア(みずせまりあ)が友一達のもとに加わることになった。
Cグループは天智が、Kグループは門倉が隠れる役になったのである。

食料ポイントに見張りがいる為、天智のもとへ中々食料を運べない友一達。四日目、友一達はついに行動を起こす。見張り役の鬼瓦と柱谷をまいて食料をつかんで走り出す友一とマリア。そして追いつかれそうになった時、友一はわざとマリアを崖から突き落とした。そのまま走り去る友一。鬼瓦はマリアを助けるためにその場に残り、柱谷にもマリアを助けるように促すのであった。友一は三日間の観察と分析で鬼瓦と紫宮ならマリアを助ける為、その場に残ると予測したのだった。

そしてついに天智のもとに食料が届けられた。友一はさらに罠を仕掛けており、鬼瓦がCグループにスイッチしてきたのである。友一の作戦はスイッチしてきた鬼瓦に、門倉の居場所を聞き出そうというものであった。
ところが鬼瓦は門倉の居場所を知らなかったのである。さらに紫宮こそKグループの真のリーダーだということが発覚した。そして紫宮がマリアを味方に引き入れる為、マリアに接触してきたのである。マリアの裏切りにより天智の居場所が見つかってしまうが、友一の作戦により先に門倉がギブアップをしていたのである。

インターバル

第三ゲームを終えた友一と天智は志法に会う為学校の教室へと向かうのであった。しかしそこには志法と誠の姿は無かった。
誠はいじめにあい不登校となり、後を追う様に志法も学校に来なくなったようだ。友一達はひとまず誠の家へ訪ねることにしたのだった。

誠の家に行くと、警察官につかまっている誠がいた。汚職により逮捕されてしまった誠の父親が保釈中に自宅で死亡しており、誠がその容疑者となった為だ。
そして誠の側にいた警察官である志法の父の態度から、志法の父が何かを隠していると察するのであった。

トモダチゲーム特別編

志法の父を警戒する中、何者からかトモダチゲーム特別編をやるという電話が友一のもとにかかってきた。さらにゆとりが捕まっている写真が送られてきたのである。
指定場所に行った友一の前に一団のリーダークロキが姿を現す。そこでクロキと友一はあるゲームをする。クロキはトモダチゲームの運営を語った偽物であり、天智が連絡を取ったことにより、本物の運営がそこに現れる。
その時ゲームによって肉体的な苦痛を受けていた友一は、出血によりその場で倒れてしまう。病院についていこうとする天智とゆとりであったが、そのとき運営から第四ゲームに参加するように伝えられるのであった。

第四ゲーム

ついに第四ゲーム、友罪裁判が始まった。第四ゲームの会場は裁判所である。父親殺しの被告人として逮捕された誠が全身を拘束された状態で入廷した。そして、裁判官の姿をしたマナブくんからゲームの説明がされた。

友罪裁判では友一達のクラスメイトが陪審員となり、一週間以内に陪審員全員から無罪表を得ることでゲームクリアとなる。ここでいう無罪表とはお金のことを指すのであった。またこの有罪裁判の結果は実際の裁判と同じ効力を持つというものであった。

裁判では証人として、宮部沙央莉(みやべさおり)、池市亮介(いけいちりょうすけ)、奥園実(おくぞのみのる)が出廷した。そして、誠が志法も襲ったことや池市の妹を妊娠させたこと、そして奥園が四部家に五億円を貸していることが発覚したのである。唖然とする天智とゆとり。そんな中、友一から天智のもとに電話が入った。そして友一は、一日目から三日目の証言をした者の中に嘘の証言をした人物がいると告げるのだった。

友罪裁判六日目。二日ぶりに出廷した天智。天智が炙り出した嘘の証言者は池市だった。第二ゲームの陰口スゴロクでの誠の発言から池市の話は嘘だと気づいたのだった。そして友一が法廷に現れる。そして友一は偽証罪は懲役刑になることを確認し、再度池市に証言をさせようとする。結果、マナブくんは池市の証言を不採用にすることを決めるのであった。

その後友一は、無罪表を得る為の作戦を話すのであった。それはクラスの中心人物である花宮満(はなみやみつる)に説得させ、修学旅行代と偽りお金を振り込ませるというものであった。翌朝、天智は作戦を実行に移す。しかし騙すことに罪悪感を持ってしまった天智は花宮を帰してしまったのである。

友罪裁判最終日。クラスメイトからお金を集めることができなかった為、誠はマナブくんから有罪が言い渡される。そして誠は五億という多額の借金を返す為、大人のトモダチゲームに参加することになると告げられるのだった。
そこに友一がお金を持って入廷したのである。お金はクラスメイトから集められたものであり、判決前に持ち込まれたものであった為、誠は無罪であると認められたのだった。しかし友一は大人のトモダチゲームに参加するというのである。

大人のトモダチゲーム

ゲーム会場に向かう途中、友一、天智、誠、ゆとりの借金額は一人一億二千五百万円になると運営から説明を受けた。
パーティー会場に案内される四人。友一と誠、天智とゆとりの二手に分かれた。そこで誠は種田流星(たねだりゅうせい)に出会い、友一は田上源三(たがみげんぞう)と不動みなみ(ふどうみなみ)に出会う。

翌日、目を覚ますと四人は囚人服を着ており、手には手錠をはめられていたのである。そして他の参加者も現れた。そこには紫宮やクロキ、宮部がいたのだ。
友情の檻ゲームは、十二人の囚人が刑期20年を全うすればクリアできるというものだった。また刑務作業としてドミノを12万個完成させると刑期が短くなる。そしてこのゲームには脱獄と密告という制度があった。裏門の鍵を手にした者は見張りがいない時、脱獄がすることができる。また毎晩無記名投票を行い、全体の過半数が集まればゲームから追放することができるというものだ。

ゲームを無事クリア出来れば一人一億円手に入り、ゲームから追放されてしまった場合は一億の借金が加算される。そして脱獄した者は二億円を手にすることができる。ただし、脱獄の際残されたものは四億の借金が加算される。脱獄する為には鍵が必要であり、一つの鍵で一人しか脱獄出来ない。そして寝泊まりする場所は二か所に分かれる。

ルール確認が終了し、ついに友情の檻ゲームが始まったのである。

友情の檻ゲーム

ゲーム初日、参加者は刑務作業として互いに協力して順調にドミノを並べて行った。初日の作業が終わり、六人一組に分かれ牢屋に戻っていった。友一達がいるグループは、友一、誠、種田、不動、田上、後田渡(うしろだわたる)の6人。もう一方のグループは、紫宮京、クロキ、宮部、山下ケンジ(やましたけんじ)、水谷恵子(みずたにけいこ)、川上実(かわかみみのる)の6人である。

2日目。友一達のグループが先に作業場にやって来ると、昨日並べたドミノがすべて倒されていた。後からやって来た紫宮のグループと揉めるなど、険悪なムードになりながらもそれぞれ作業を進める。
徐々に密告により追放される参加者達。そして友一の提案により誰が鍵を持っているか身体検査が行われることになった。水谷以外の検査を終え鍵を持っているものはいなかった。そして水谷は種田のみが水谷のチェックをすることを許可したのである。水谷と種田の関係を不審に思うも、鍵は見つからなかったのである。

そして10日目。友一はある手紙を発見する。その手紙は鍵を手に入れた者によって書かれたものだ。そこには報酬の九割を譲渡する旨の念書を運営に提出しなければ脱獄するといったことが書かれていた。そして念書作成肯定派と否定派に分かれてしまうのであった。

十一日目の夜、種田と夜を過ごす水谷。その水谷にの手の中には鍵が握られていたのである。しかし種田の真のパートナーは水谷ではなく宮部だったのである。その後宮部、水谷、種田の間に一悶着あり、その際手を出した誠、宮部、水谷、川上は暴力行為により失格となってしまった。

そして密告により種田が追放されるのであった。その時点で残った参加者は友一、紫宮、クロキ、みなみの四人である。クロキは鍵を入手しており一人脱出を考えていた。しかしそれは偽物であり、本物は友一と紫宮が手に入れていたのだ。友一と紫宮が脱出したことによって、友情の檻ゲームは終了した。
ゲーム終了後、紫宮は協力者として友一達と行動を共にすることになり、第二ゲームのゲームマスター、東條レンと共に次の会場へと向かうのであった。

第二ゲーム前半戦

applepen123q3
applepen123q3
@applepen123q3

Related Articles関連記事

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーフォーゼ(Fourze)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーフォーゼ(Fourze)』とは、石ノ森章太郎原作の特撮テレビドラマ作品で2011年9月4日から2012年8月26日まで全48話放送された。平成仮面ライダーシリーズ第13作目にして、仮面ライダー生誕40周年記念作品である。天ノ川学園高校に転校してきた如月弦太朗(きさらぎげんたろう)は、学校を荒らす怪人「ゾディアーツ」から生徒を守るために「仮面ライダーフォーゼ」に変身し、宇宙のパワーで戦う、近未来を舞台に繰り広げられる青春学園物語である。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

目次 - Contents