検察側の罪人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『検察側の罪人』とは、雫井脩介によって書かれた日本の小説が基になっている日本のサスペンス映画である。木村拓哉と嵐のメンバーである二宮和也がダブル主演で魅せるサスペンスストーリー。老夫婦殺人事件と時効を迎えた事件がきっかけとなり自分の正義に固執する最上と事件の真相に対する正義を追い求める沖野の対立が描かれた本作。脇には吉高由里子、大倉孝二、八嶋智人などが固める。映画のキャッチコピーは「一線を超える」。

学生寮「北豊寮」の先輩。週刊誌の記者。週刊誌『週刊ジャパン』の記者として、老夫婦刺殺事件に関する記事を執筆。

船木 賢介(ふなき けんすけ/演: 三浦誠己)

船木は、沖野の事務次官である橘に近づく男として描かれている。橘に検察のことを教えてくれるように頼むも橘から拒否される。週刊誌の記者。

丹野 尚子(たんの しょうこ/演: 東風万智子 )

丹野和樹の妻。

『検察側の罪人』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

最上「罪を洗い流す雨はない」

映画冒頭では、沖野と最上の出会いのシーンが描かれている。そのシーンは、ある検事が犯罪者になる様子を辿ったものをVTRにまとめたものである。
最上は、研修の新人に対して色々と質問をする。そして、雨が降る外を見て
最上「罪を洗い流す雨…なんてないからな」と。

このシーンは、劇中のクライマックスのシーンにかかわってくる場面として、この映画の名シーン、名セリフとして刻まれている。

沖野の取り調べ

松倉(右)に対して強引に取り調べをする沖野(左)

映画の中盤、沖野は最上の頼みで松倉を取り調べることになる。その際、最上は遠隔でその取り調べの内容を聴けるようにしていた。沖野は、これまで最上の期待に応えていないことから松倉へのあたりが強くなる。
沖野は、取り調べの休憩のあとおもむろに松倉が殺害した被害者の写真を松倉の前に投げるようにして置いていった。
松倉はその写真から目をそらす。沖野は、松倉に対し「思い出せよ!」「泣いてる暇があるんだったら、思い出せ!」などと感情的になる。

沖野が感情を露わにする激しいシーンであり、二宮和也の熱演によってこの映画の中でもとりわけ印象的なシーンとなっている。

沖野と最上の決別

劇中のラスト。沖野は最上の山奥にある別荘を訪れる。そこで、久しぶりの再会を果たした最上は、沖野にもう一度戻ってこないかという交渉をする。しかし、沖野の意思は固くその話を承諾することはなかった。また、沖野がこの決断を下した最大の理由は最上の言動であった。沖野が最上に出会った最初の研修時のことである。
最上は新人の検察官に向けて言った。「自分の正義に固執するやつは、やがて犯罪者になる」。
その言葉を沖野は胸に刻みこれまで最上についてきた。しかし、今回の松倉を前に暴走する最上の姿を目にしてしまったことである。

そして、沖野は最上の別荘を出た後、空に向かって叫んだ。
それを沖野はただ見つめるだけだった。

『検察側の罪人』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

木村拓哉と二宮和也の初共演作

本作で木村と二宮は初共演となる。また、SMAPメンバーと嵐メンバーが共演するのも初めてである。現場では、二人とも穏やかに過ごしていた様子がメイキングなどから窺うことができる。
バラエティ番組などでは、二宮は木村と食事に行った際には木村に奢ってもらっていると話していた。
過去にはジャニーズ事務所内の派閥が違うという理由で、SMAPと嵐が共演できないなどという噂があったぐらいだが、本人たちの中では小さい問題のように思える。
SNS上やファンの間では再度の共演を期待する声も多く聞かれている。

木村を「拓ちゃん」呼びしていた吉高由里子

木村と吉高も映画では初共演のペアである。吉高自身、木村に対し、積極的にコミュニケーションをとっていたようだ。二宮は、ジャニーズの先輩ということもあり「木村君」と現場では読んでいた。
しかし、吉高はほぼいきなり「拓にい」から「拓ちゃん」に呼び名が変わりこの様子を見て、二宮はハラハラしていた。

『検察側の罪人』の主題歌・挿入歌

『検察側の罪人』オリジナルサウンドトラック

映画『検察側の罪人』の劇中で使用された曲を収録したサウンドトラックCD。発売は2018年8月8日。本作品では、出演者のひとりである土屋玲子が音楽制作に携わっている。また、土屋玲子は、二胡奏者として活動して支持を得ている。

<収録曲>
01.Punishing Sheet of Rain
02.検察側の罪人~オープニング~
03.言葉の魔術師たち
04.若き検事たち
05.TABOO
06.罪の雨~疑惑~
07.罪の雨~事件~
08.秘密の朝食
09.罪の雨~怒り~
10.Relation
11.AQUELLOS OJOS VERDES
12.一線を越える
13.堕ちた偶像
14.司法の定め
15.Message
16.容疑者
17.二人の検察官
18.PREFIDIA
19.審判
20.罪の雨~逃走~
21.罪の雨~最上の緊張~
22.白骨街道
23.操作
24.秘密の朝食~回想~
25.黒の舞
26.罪の雨~本音~
27.みんなの怒アホ
28.小田島事務所
29.バラバラ家族
30.陽気な犯罪者
31.ゴインサウス
32.罪の雨~決断へのプロローグ~
33.鈍色の森
34.検察側の罪人

『検察側の罪人』の予告編

ナポレオン
ナポレオン
@go-108725490184394054785

Related Articles関連記事

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

アンナチュラル(Unnatural)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンナチュラル(Unnatural)』は女優の石原さとみ主演の、野木亜紀子の脚本によるオリジナルドラマである。主人公の三澄ミコトはUDIラボで働く法医解剖医。UDIラボメンバーの中堂、東海林、六郎たちと一緒に、日本全国から送られてくる不自然死した遺体を解剖する仕事をしている。1話ごとに事件解決する法医学ミステリーで、ドラマのキャッチコピーは「不自然な死は許さない」。スピード感や爽快感のある明るくスリリングな物語で、UDIラボメンバーの人間ドラマをメインに「死」の謎や事件を解明していく。

Read Article

銀魂2 掟は破るためにこそある(実写映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「銀魂2 掟は破るためにこそある」とは、2018年8月に公開された、空知英秋原作の漫画「銀魂」を実写化した日本映画です。2017年公開「銀魂」の続編で、前作に続き監督は福田雄一、主演は小栗旬が務めています。前作とほぼ同じメインキャストで臨んだ本作は、原作で人気の長編「真選組動乱編」と、ギャグ色の強い「将軍接待編」をドッキングさせた内容。「真選組動乱篇」は真選組の参謀伊東鴨太郎の謀反を中心にした物語、「将軍接待編」は、万事屋がバイトするキャバクラに徳川茂茂がやってきて起きる騒動を描いたものです。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

孤独のグルメ(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

『孤独のグルメ』とは、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画(扶桑社刊)、およびそれを原案としたテレビドラマ作品である。自営業の中年男性、“井之頭五郎(いのがしら ごろう)”が営業中に立ち寄った飲食店でただひたすら淡々と食事し続けるだけで、予測不能な展開やドラマティックな展開も皆無という内容でありながら、『飯テロ』『夜食テロ』という流行語を生み出し、一躍テレ東の看板作品の一つになった人気作品。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

映画刀剣乱舞(継承)のネタバレ解説・考察まとめ

『映画刀剣乱舞(継承)』とは日本刀ブームを巻き起こした大人気刀剣育成ゲーム『刀剣乱舞ONLINE』を原作に、監督に耶雲哉治、脚本に小林靖子を迎えた作品。歴代名刀を擬人化させた「刀剣男士」と歴史改変を目論む「時間遡行軍」との熱い殺陣が楽しめる。舞台は本能寺、織田信長を守り歴史を変えようとする敵を無事撃破。歴史通りと思われた矢先、信長の生存を知る。果たして彼らは正しい歴史を守れるのか、敵の真の狙いとは。キャストは若手舞台俳優を、主題歌には西川貴教と布袋寅泰がタッグを組んだ豪華な布陣となっている。

Read Article

SMAP(スマップ)の徹底解説まとめ

SMAPとは、1988年に結成され、2016年まで活躍してきた国民的アイドルグループ。中居、木村、香取、稲垣、草彅、森の六人で当初は結成され、スマスマなどのバラエティなどで人気を獲得してきた。シングルは56作、オリジナルアルバムは21作品にまで及ぶ。また、ユニバーサルスタジオジャパンの大使や東日本大震災による災害復興などの慈善活動も積極的に行ったことでも知られている。そして、ラジオやテレビなどのすべてのメディアを含めると現メンバーが全員レギュラーを務めているというのも特徴的なグループである。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

50回目のファースト・キス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『50回目のファースト・キス(映画)』とは、本国アメリカのみならず世界中で大ヒットとなったロマンチック・ラブコメディである。記憶障害という難病をテーマに切なく涙かせるシーンもありながら、集結したコメディ俳優たちがハワイを舞台にナンセンスながらクセのあるギャグで始終笑わせてくれる。 二人が揃ってメディアに登場すると今だに大きな話題となるアダム・サンドラー×ドリュー・バリモアの最強コンビの抜群の信頼関係が、最高の映画製作に影響を与えヒット作へと導いている、今もなお根強いファンが多い傑作である。

Read Article

NEW

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

NEW

LOST JUDGMENT 裁かれざる記憶(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は、2021年にセガから発売されたリーガルサスペンスアクションゲーム。『龍が如く』シリーズの派生作品で、2018年に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』の続編となっており、主演は引き続き木村拓哉が務める。 前作から3年。「神室町」の探偵である八神隆之は、「横浜・伊勢崎異人町」に潜む「闇」に直面する。「法とは何か」「正義とは何か」時代を問わず、どこにでもあり得る「イジメ問題」をテーマにサスペンスフルなストーリが繰り広げられていく。

Read Article

90年代の恋愛バイブル!伝説のドラマ「ロングバケーション」

木村拓哉と山口智子主演の本作は、1990年代の恋愛ドラマとしては最高峰のものだと思います。 胸がときめいて、そして切なくなるようなシチュエーションの数々と、それとぴったりマッチした音楽達。 「恋する気持ちを忘れたら『ロンバケ』を見よう」というフレーズがこのドラマの素晴らしさをずばり表現しています。

Read Article

実写版『銀魂2 掟は破るためにこそある』のキャスト、キャラ絵との比較画像、公式最新動画まとめ

福田雄一監督による実写版「銀魂」の続編が、2018年8月17日に公開されます。メインキャストは、万事屋の3人(小栗旬、菅田将暉、橋本環奈)真選組の3人(中村勘九郎、柳楽優弥、吉沢亮)を初めとし、ほとんどが前作と同じ顔ぶれ。これに新たなキャストも加わった今作は、原作の人気長編である「真選組動乱篇」と、征夷大将軍徳川茂茂が登場する「将軍接待篇」を土台としたストーリー展開となることが発表されています。

Read Article

目次 - Contents