℃-ute(ハロプロ)の徹底解説まとめ

℃-uteは、ハロー!プロジェクトに所属していたアイドルグループ。2005年6月11日に結成。初期メンバーは、矢島舞美、村上愛、梅田えりか、鈴木愛理、中島早貴、岡井千聖、萩原舞の7名。
2007年にメジャーデビュー、同年末には日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した。プロデューサーのつんくからは「ハロプロ一のパフォーマンス集団と」評されている。
2010年からは矢島舞美、鈴木愛理、中島早貴、岡井千聖、萩原舞の5名で活動。2017年6月12日に解散した。

2006年4月9日発売。

℃-ute名義で初めてリリースした作品である。2004年に同じくハロー!プロジェクトキッズのメンバーで結成されたBerryz工房は、インディーズの期間がなく、いきなりメジャーデビューを果たした。これに対して、℃-uteはこのインディーズシングルのリリースからメジャーデビューまでに9ヶ月程度を要した。

メインボーカルは村上愛、矢島舞美、鈴木愛理である。冒頭の「まっさらブルージーンズ」の掛け声は有原栞菜が担当しているが、有原栞菜の卒業後はメンバー全員で言っており、ファンも一緒にこの掛け声を発するのが恒例となっている。

<収録曲>
1. まっさらブルージーンズ
2. まっさらブルージーンズ(Instrumental)

2ndインディーズシングル『即 抱きしめて』

2006年6月3日発売。

MVではバスケットボールのユニフォーム風の衣装を着用しており、CDジャッケットで着用した衣装は一度も登場しない。

<収録曲>
1. 即 抱きしめて
2. 即 抱きしめて(Instrumental)

3rdインディーズシングル『大きな愛でもてなして』

2006年7月9日発売。

テレビ東京系アニメ『きらりん☆レボリューション』の第2期エンディングテーマ。インディーズシングルが全国ネットのテレビ番組のタイアップが付くのは、ハロー!プロジェクトにおいては初めてのことである。
このシングルから、次のシングル『わっきゃない(Z)』まで、萩原舞はサングラスを着用している。

<収録曲>
1. 大きな愛でもてなして
2. 大きな愛でもてなして(Instrumental)

4thインディーズシングル『わっきゃない(Z)』

2006年7月29日発売。
℃-uteに初めて提供されたオリジナル楽曲。インディーズデビューする前からコンサートやイベントで披露されていた。
「札幌商工会議所創立100周年記念事業 こども未来博2006」のテーマソングに起用されたことで、急遽リリースが決定した。

タイトルの意味については、「※ わっきゃないぜ(Z) = 訳ないぜ(It' easy)の意」という注釈が歌詞カードに記載されている。

インディーズとしては最後のシングルとなる。インディーズシングルの中ではこの曲のみMVが撮影されていない。℃-uteの公式YouTubeチャンネルでは、2006年5月6日・7日にさいたまスーパーアリーナで行われた「モーニング娘。コンサートツアー2006春 〜レインボー7〜」で披露した際の映像が公開されている。

メンバー4人がもつ「ませガキ」や「悪ガキ」のイメージを寄せてつんくが製作した楽曲。つんく自身は「オトナになるって金かかる」という歌詞が気に入っている。

<収録曲>
1. わっきゃない(Z)
2. わっきゃない(Z)(Instrumental)

1stシングル『桜チラリ』

℃-uteのメジャーデビューシングル。2007年2月21日発売。
オリコン週間ランキング初登場5位。
村上愛脱退後、7人体制で初の作品となる。

楽曲のテーマは「KAWAII」であり、爽やかなメロディと親しみやすいJ-POPのリズムを基本としている。「激しく躍らない」をテーマにしたサウンド作りになっている。
歌詞のテーマは「春の決心」である。

<収録曲>
1. 桜チラリ
2. JUMP
3. 桜チラリ(Instrumental)

2ndシングル『めぐる恋の季節』

2007年7月11日発売。オリコン週間ランキング初登場5位。
「めぐる恋の季節」はテレビ東京系アニメ「ロビーとケロビー」のオープニングテーマ。

ビートの強いロックサウンドに、夏が好きな若者が、「前向き」をテーマに青春を生きていく様子を描いた作品。
MVでは春夏秋冬それぞれの季節の衣装をメンバーが身につけている。

<収録曲>
1. めぐる恋の季節
2. 美少女心理
3. めぐる恋の季節(Instrumental)

3rdシングル『都会っ子 純情』

2007年10月17日発売。オリコン週間ランキング初登場3位。

純情を信じて一途な恋に生きる女の子の気持ちを歌った曲。冒頭のセリフ部分は矢島舞美が担当している。つんくは「彼女の真っ直ぐな性格がこの曲の主人公ととてもオーバーラップした」と買ったている。
シンセベースの低音が響くアッパーサウンドに仕上がっている。サビに入る際に転調をしている。
MVは神奈川県横浜市の山下埠頭で撮影された。
第49回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞した際には、「都会っ子 純情」を披露した。

<収録曲>
1. 都会っ子 純情
2. 私立共学
3. 都会っ子 純情(Instrumental)

4thシングル『LALALA 幸せの歌』

2008年2月27日発売。オリコン週間ランキング初登場6位。

「LALALA 幸せの歌」はもともと、モーニング娘。、Berryz工房、℃-uteがハロプロワンダフルオールスターズ名義でリリースしていた楽曲である。2007年12月31日の「第58回NHK紅白歌合戦」にハロー!プロジェクト10周年記念紅白スペシャル隊として出場した際に初披露し、翌年のコンサートでも披露された。楽曲がファンから好評を得たことで、℃-uteのニューシングルとしてリリースすることが急遽決まった。

サウンドは、「4つ打ちのレゲエのリズムの中でいかに楽しさを出すか」をテーマに作られている。
歌詞には、「一人一人の思いが世界を幸せに近づけていくはずだ!」という思いが込められている。

<収録曲>
1. LALALA 幸せの歌
2. 最高級のエンジョイGIRLS
3. LALALA 幸せの歌(Instrumental)

5thシングル『涙の色』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

鈴木愛理の徹底解説まとめ

鈴木愛理とは、千葉県出身の歌手、女優。2002年、小学2年生の頃にハロー!プロジェクトキッズに加入し、アイドルとして芸能活動を開始。2005年には℃-uteを結成し、2017年の解散まで約12年間活動した。アイドル時代から歌唱力の高さには定評があり、℃-uteでは多くの楽曲でセンターを務めた。℃-ute解散後はソロシンガーとして活動している。女性ファッション誌『Ray』のモデルとしても活動しており、かわいらしく大人っぽいファッションやメイクが同年代の女子からも注目されている。

Read Article

アンジュルム(スマイレージ)の徹底解説まとめ

アンジュルムは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2009年4月4日、ハロー!プロジェクトの研修生に当たるハロプロエッグからの選抜グループとして、スマイレージを結成。2010年5月26日にメジャーデビュー。 その後、メンバーの卒業・加入を繰り返し、2014年12月17日に現在のグループ名・アンジュルムに改名した。ハロー!プロジェクトの中でも2番目に長いキャリアを持つ。 ハロー!プロジェクトきっての個性派集団である。

Read Article

つばきファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

つばきファクトリーは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2015年4月29日に結成された。 メンバーは、山岸理子、小片リサ、新沼希空、岸本ゆめの、浅倉樹々、谷本安美、小野瑞歩、小野田紗栞、秋山眞緒の9名。2017年2月22日にメジャーデビュー。 ハロー!プロジェクトの中でも特に、清楚でおしとやかなイメージのあるグループ。切ない乙女心を歌った曲や、女性にも共感されるような曲が多いという点で、他のハロー!プロジェクトのグループとは一線を画している。

Read Article

こぶしファクトリー(ハロプロ)の徹底解説まとめ

こぶしファクトリーは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 2015年1月2日に結成された。 初期メンバーは、広瀬彩海、藤井梨央、野村みな美、小川麗奈、浜浦彩乃、田口夏実、和田桜子、井上玲音の8名。2015年9月2日にメジャーデビュー。 こぶしを聞かせた力強い歌声と常に全力の熱いパフォーマンスでファンを魅了した。5人体制になってからは、井上玲音のボイスパーカッションを中心として、アカペラにも挑戦するなど、パフォーマンスの幅を広げた。 2020年3月30日をもって解散。

Read Article

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)の徹底解説まとめ

BEYOOOOONDS(ビヨーンズ)とは、ハロー!プロジェクトに所属するアイドルグループ。 一岡伶奈をリーダーとするCHIKA#TETSU、高瀬くるみをリーダーとする雨ノ森 川海、平井美葉をリーダーとするSeasningSの3つのユニットによって構成される。 デビュー以来、寸劇を取り入れた楽曲や、メンバーのキャラクターを活かした個性的な楽曲で話題を集めている。2019年にレコード大賞最優秀新人賞を獲得し、2020年には第34回日本ゴールドディスク大賞ベスト5ニュー・アーティストに選出された。

Read Article

目次 - Contents