中島美嘉(Mika Nakashima)の徹底解説まとめ

中島美嘉とは、モデル、俳優としても知られている鹿児島出身の日本の歌手。独特な魅力を持つ容姿、力強い声量の中に垣間見える繊細で透明感のある歌声は、世代を超えて多くの人たちを魅了している。2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』でヒロイン役としてデビュー、さらに、同番組の「STARS」という主題歌で歌手としてもデビューする。それ以降、彼女が歌う楽曲はどれも、ビッグ・セールスの記録を打ち立てている。

1. ALWAYS
2. 一番綺麗な私を
3. BABY BABY BABY
4. Over Load
5. GAME
6. SMILEY
7. CANDY GIRL
8. LONELY STAR
9. No Answer
10. SPIRAL
11. Memory (feat.DAISHI DANCE)
12. 16
13. 流れ星
14. SONG FOR A WISH

ヒット曲満載の充実の一枚に仕上がっている曲。デビュー10年目に突入する中島がトップを走り続けてきた軌跡を振り返り、「あなたも、わたしも、輝ける」というメッセージを込めて作ったアルバム。中山美穂の主演映画『サヨナライツカ』の主題歌「ALWAYS」をはじめ、数々の話題曲を収録している。

REAL

1. 初恋
2. Dear
3. 明日世界が終わるなら
4. PASSION
5. You Knocked Me Out
6. LOVE IS ECSTASY
7. BE REAL
8. SUPER WOMAN
9. SUPREME
10. ピアス
11. 記憶
12. エピローグ
13. LETTER

日本アカデミー賞最優秀賞作品『八日目の蝉』の主題歌「Dear」、映画『バイオハザードⅤ:リトリビューション』日本版主題歌「明日世界が終わるなら」、原作900万部の少女漫画のバイブルを映画化した『今日、恋をはじめます』のテーマソングの「初恋」など、また、自身出演で話題の「SHEEN」のCMソング「記憶」と、数々のヒット曲、有名曲が満載のアルバムになっている。

ずっと好きだった~ALL MY COVERS~

1. やさしいキスをして
2. I LOVE YOU(Album Ver.)
3. THE ROSE
4. 接吻
5. Missing
6. AMAZING GRACE (album version)
7. YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO
8. FEVER
9. 朧月夜~祈り
10. 恋しくて
11. MY WAY
12. WHAT A WONDERFUL WORLD

洋楽、邦楽問わず音楽史に残っている名曲を情感たっぷりにカヴァーした全12曲のカヴァーアルバム。彼女自身のカヴァーヒストリーをひも解く重要なアルバムにもなっている。中島がずっと憧れていたドイツ出身の女優で歌手のマレーネ・ディートリヒをオマージュして撮り下ろしたフォトブックレットはすばらしく、中島、そして、ファンも楽しめる1枚となっている。

TEARS

1. 雪の華
2. ORION
3. Dear
4. 桜色舞うころ
5. 一番綺麗な私を
6. 見えない星
7. ALWAYS
8. 接吻
9. 愛してる
10. 素直なまま

「STARS」から加藤ミリヤとのコラボで話題となった最新シングル「Fighter/Gift」までを含めた楽曲が収録されている。

DEARS

1. STARS
2. WILL
3. GLAMOROUS SKY
4. LIFE
5. 初恋
6. 流れ星
7. ONE SURVIVE
8. LOVE IS ECSTASY
9. I DON'T KNOW
10. CANDY GIRL

「涙」をテーマに「DEARS」盤と「TEARS」盤に分け、“明日のために流す涙”盤としての楽曲が収録され、提供されている。

RELAXIN'

1. relaxin' with MIKA # 1
2. 桜色舞うころ feat.溝口肇
3. relaxin' with MIKA # 2
4. 初恋-acoustic ver.-
5. relaxin' with MIKA # 3
6. 雪の華 (silent version)
7. relaxin' with MIKA # 4
8. Over Load (Kenmochi Hidefumi Remix)
9. relaxin' with MIKA # 5
10. AMAZING GRACE ('05)
11. relaxin' with MIKA # 6
12. 一番綺麗な私を (Reggae Disco Rockers Remix)
13. relaxin' with MIKA # 7
14. Memory (feat.DAISHI DANCE)
15. relaxin' with MIKA # 8
16. 接吻 (Dennis Bovell Lovers Dub #2)
17. relaxin' with MIKA # 9
18. A MIRACLE FOR YOU(2011)
19. relaxin' with MIKA # 10
20. aroma (live)

本アルバムで特徴的なのは、「ポエム」を中島自身が書き下ろし、ポエトリーリーディングで紡いでいるところ。春の訪れを感じさせるアルバムになっている。

OFFICIAL BOOTLEG LIVE at SHINJUKU LOFT

1. PASSION
2. SHUT UP
3. BLACK & BLUE
4. DANCE WITH THE DEVIL
5. Dear
6. 僕が死のうと思ったのは
7. LIFE
8. conFusiOn
9. LOVE IS ECSTASY
10. I DON'T KNOW

デビュー15周年を迎える中島が新プロジェクト「MIKA RANMARU」を結成、新宿LOFTでワンマンライブを開催する。そのときの様子を収録したファン必聴のアルバムになっている。

MIKA NAKASHIMA TRIBUTE

1. GLAMOROUS SKY / HYDE
2. WILL / JUJU
3. 雪の華 / 藤井フミヤ
4. ORION / Aimer
5. 僕が死のうと思ったのは / amazarashi
6. 一番綺麗な私を / グループ魂
7. Fighter / 鬼束ちひろ
8. STARS / TRUSTRICK(神田沙也加×Billy)
9. 桜色舞うころ / 中 孝介
10. LIFE / 宮本笑里
11. FIND THE WAY / 持田香織 とCINEMA dub MONKS
12. 声 / 柴田 淳
13. 愛詞(あいことば) / 中島みゆき

中島のヒット曲を藤井フミヤなど有名アーティストがカバーした初のトリビュートアルバムになっている。

MTV Unplugged

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

目次 - Contents