中島美嘉(Mika Nakashima)の徹底解説まとめ

中島美嘉とは、モデル、俳優としても知られている鹿児島出身の日本の歌手。独特な魅力を持つ容姿、力強い声量の中に垣間見える繊細で透明感のある歌声は、世代を超えて多くの人たちを魅了している。2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』でヒロイン役としてデビュー、さらに、同番組の「STARS」という主題歌で歌手としてもデビューする。それ以降、彼女が歌う楽曲はどれも、ビッグ・セールスの記録を打ち立てている。

1. 明日世界が終わるなら
2. SUPER WOMAN
3. Dear -DJ AMIGA REMIX-
4. 明日世界が終わるなら(Instrumental)

映画『バイオハザードV リトリビューション』の日本版主題歌として知られ人気を博した。中島は同映画にも出演し、主演のミラ・ジョヴォヴィッチとのアクションシーンが話題を呼び、歌手だけではなく俳優としても世界中にその名を知らしめる。

初恋

1. 初恋
2. 記憶
3. 明日世界が終わるなら World's End Ver.
4. 初恋 (Instrumental)

「今日、恋をはじめます」のテーマソング。好きな人と聴きたい冬の楽曲として人気を呼んだ。

愛詞(あいことば)

1. 愛詞 (あいことば)
2. MISSING YOU
3. 初恋(acoustic ver.)
4. 愛詞 (あいことば)(Instrumental)

『宇宙戦艦ヤマト2199』のエンディングテーマとして知られている。人々の琴線に触れる奥深いメッセージが歌詞のところどころに散りばめられ、世代を超えて広く共感されている曲である。

僕が死のうと思ったのは

1. 僕が死のうと思ったのは
2. Today
3. 桜色舞うころ(natural edition)
4. 僕が死のうと思ったのは(Instrumental)

「何気ない日常から見え隠れする“やるせなさ”や“哀しみ”、そんな中でもこの世界に期待が持てるのは、愛する人と供に生きていけるという希望があるから」というメッセージを力強く歌い上げている。

Fighter / Gift

1. Fighter
2. Fighter (Tachytelic World Cup Brazil 2014 Remix)
3. Gift
4. Fighter(Mika LESS)
5. Fighter (Instrumental)

加藤ミリヤとのコラボレーション曲。m-floのTakuが手掛けた痛快パワーロックナンバーの楽曲は、加藤ミリヤ、中島ファンを魅了する。

花束

1. 花束
2. 愛の歌
3. 花束(instrumental)
4. 愛の歌(instrumental)
5. 花束(ドラマversion)

デビュー15周年の幕開けとなる同曲は、大型ドラマの主題歌としての挿入歌を収録したもの。新たな中島の魅力と伝説が花開いた仕上がりになっている。

Forget Me Not

1. Forget Me Not ※映画「ボクの妻と結婚してください。」主題歌
2. ビルカゼスイミングスクールfeat. SALU ※アクションRPG「追憶の青」イメージソング
3. 僕が死のうと思ったのは (Live at NHK Hall 2016.07.22)
4. Forget Me Not (Instrumental)

映画「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌。映画のストーリーを元につくりあげられた楽曲を、心に響く壮大なバラードとして中島が歌い上げている。

恋をする

1. 恋をする
2. Foolish
3. 恋をする(Instrumental)

化粧品メーカー「DHC F1スキンケア」CMタイアップ曲。今作は、「恋する女の子」の“キュン”とする気持ちを描いた楽曲になっている。

A or B

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

目次 - Contents