中島美嘉(Mika Nakashima)の徹底解説まとめ

中島美嘉とは、モデル、俳優としても知られている鹿児島出身の日本の歌手。独特な魅力を持つ容姿、力強い声量の中に垣間見える繊細で透明感のある歌声は、世代を超えて多くの人たちを魅了している。2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』でヒロイン役としてデビュー、さらに、同番組の「STARS」という主題歌で歌手としてもデビューする。それ以降、彼女が歌う楽曲はどれも、ビッグ・セールスの記録を打ち立てている。

1. SEVEN
2. SEVEN(COLDFEET Remix)
3. Venus in The Dark(COLDFEET Remix)
4. SEVEN(Instrumental)

大ヒットした2ndアルバム発売後待望の第1弾シングル、kanebo[KATE]のCMタイアップ曲としてオンエアされる。

火の鳥

1. 火の鳥
2. Missing
3. 火の鳥 (Instrumental)

手塚治虫の『火の鳥』アニメーション・シリーズのエンディング曲として依頼され制作した曲。 作詞に湯川れい子、作曲に内池秀和、編曲に冨田恵一といった豪華な制作陣を迎え完成した同曲は、『火の鳥』を思わせる壮大なスケールのバックトラック曲になっている。

LEGEND

1. LEGEND(Main)
2. LEGEND(Original)
3. FAKE
4. Carrot & Whip
5. LEGEND(Instrumental)

SONY「MD Walkman」のCMソングとして知れ渡った楽曲。「着うた(R)」先行配信では、配信開始後6時間で5000超の記録的ダウンロード数をたたき出し、サーバーが一時パンクするなど、話題を呼んだ。

桜色舞うころ

1. 桜色舞うころ
2. 桜色舞うころ (acoustic)
3. 桜色舞うころ (instrumental)

別れと旅立ちの桜が舞う季節に贈る中島からのメッセージ性の高い曲。 中島がデビュー4年目を迎えグリーティングソングとして提供した。柔らかなピアノとハープが心地好い春のひと時を感じさせる。

ひとり

1. ひとり(single version)
2. ひとり(album version)
3. ひとり(endroll version)
4. ひとり(Instrumental)

大ヒット曲「雪の華」で描かれた恋人達の“その後”を丁寧に綴った楽曲。 “続編”と呼ぶに似つかわしい叙情的バラードの楽曲である。日本JAZZ界の重鎮、島健が弾く柔らかなピアノは必聴の価値あり。

GLAMOROUS SKY

1. GLAMOROUS SKY
2. MY MEDICINE
3. BLOOD
4. ISOLATION
5. GLAMOROUS SKY(instrumental)
6. MY MEDICINE(instrumental)

「GLAMOROUS SKY」は楽曲提供が初となるL'Arc~en~CielのHYDEが作曲し、歌詞を矢沢あいが書きおろしている。パンクテイストに仕上がっている同曲は、中島自身が主演した映画『NANA』の挿入歌としても知られている。

CRY NO MORE

1. CRY NO MORE
2. BLACK & BLUE
3. CRY NO MORE (instrumental)
4. BLACK & BLUE (instrumental)

ゴスペルフィーリング溢れるブルース・ナンバーを、中島が懇親を込めて歌い上げている。世代を超えて愛されるバラード曲。

ALL HANDS TOGETHER

1. ALL HANDS TOGETHER
2. WHAT A WONDERFUL WORLD
3. ALL HANDS TOGETHER (COLDFEET Remix)
4. ALL HANDS TOGETHER (Instrumental)

ハリケーン被災により甚大な被害を受けた「ニューオーリンズ」に捧げる目的でつくられた楽曲。ニューオーリンズ発祥のビートスタイル「セカンドライン」のリズムに乗せて歌われる楽曲の中に熱いメッセージが込められている。

MY SUGAR CAT

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

目次 - Contents