『ムルシエラゴ』第三巻まとめ

『アカメが斬る!』の原作者のタカヒロ氏も昂ぶる!
ヤングガンガンで連載中の『ムルシエラゴ』の第三巻の内容を簡潔にまとめてきました。ネタバレは極力控えています。

D・K ~ドメスティックキラー~

人の顔の皮を剥いで集める犯罪を犯していたアサギ社長。一度は罪を償って社会復帰したにも再び同じように顔の皮を剥がれた被害者が見つかります。もちろん警察は社長を疑いますが、最近の事件の内いくつかは社長にアリバイがあるとのことです。果たしてアサギ社長は再び罪を犯したのか、そしてアサギ社長にアリバイのある事件の真犯人は一体誰なのでしょうか。
このお話のカギを握るのは社長の娘の凜子ちゃんです。中々えぐい話になっているので読むときは注意しましょう。特に冒頭のカラーページは注意が必要です。

「”黒”い意志」

このお話は警察サイドの人間の内面が描かれています。警察の人間は黒湖の事をどう思っているかがわかります。また黒湖の狂気さも改めて説明されます。
個人的には一番黒湖のことで衝撃を受けましたね。ただ単に本人の言動がおかしいということよりも、このお話に出てくるように科学的に黒湖の精神がおかしいと証明される方が怖かったですね。中々にビビりました。

薔薇色の牢獄

第一巻から登場しているのにあまり話に絡まなかった柳岡千代ちゃんがようやく話に絡みます。その千代ちゃんの友達の纏衣ちゃんの妹が変な宗教にハマって困っているというお話です。黒湖がその妹を取り戻すべく、変な宗教団体に入信するところで終わります。
最後のキラキラに輝く黒湖は必見です。次巻は百合全開な展開が期待できそうです。

第三巻まとめ

ドメスティックキラーのお話が終わり、新しい話が始まりました。黒湖だけでなくひな子もかなりイカれていることがわかる巻になっています。
ちなみに今回も百合展開がほとんどないのですが、巻末におまけマンガとして百合展開があります。がっつりベッドシーンがありますので、読む時は周りに人がいないか注意しましょう。

yasuyuki
yasuyuki
@yasuyuki

Related Articles関連記事

MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ-』とは2013年よりヤングガンガンで連載しているよしむらかなの漫画作品。元大量殺人者でレズビアンの紅守黒湖が死刑執行の無期延期を言い渡された代わりに、「国選処刑人」となり相棒・屠桜ひなこや協力者達と共に、法では裁けないような凶悪犯罪者を討伐していく様子を描く。尚『マンガアップ!』にて2018年から連載中のスピンオフ作品『MURCIÉLAGO BYPRODUCT ARAÑA -アラーニァ-』では、無口で男性的な凄腕のスナイパー朽葉怜子が活躍している。

Read Article

『ムルシエラゴ』第五巻まとめ

遂にムルシエラゴがモーションコミックになりました。黒湖を担当した声優朴口美(口は王へんに路、読みはぱく ろみ)さんがコメントしてくれました。「こんなに、ぶっ飛んでて、ハチャメチャな役をやれて最高です。でも私…同性とは…」 ヤングガンガンで連載中のマンガ『ムルシエラゴ』の第五巻です。ネタバレは極力控えています。

Read Article

目次 - Contents