キューブ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キューブ』とは1997年にカナダのSFホラーサスペンス映画である。生まれも育ちもバラバラの男女6人が、突然謎の立方体キューブに閉じ込められてしまう物語。同じ脱出系の作品である『SAW-ソウ-』や『リミット』など、現在のソリッドシチュエーションスリラーの原点ともいえる映画となっている。ホラーサスペンスの鬼才ヴィンチェンゾ・ナタリが放つ珠玉の作品。ナタリ監督公認の日本版『キューブ』も誕生した。

『キューブ』の概要

『キューブ』とは、1997年にカナダで公開されたSFホラーサスペンス映画である。日本では1998年に公開。配給は、クロックワークス、ポニーキャニオン。5000万円という低予算で作られた映画である。1つの場所でホラーサスペンス物語が繰り広げられる系統をソリッドシチュエーションスリラーという。『キューブ』が公開されるまではこのジャンルはなかった。だが、『キューブ』が公開されたことで、このジャンルの映画が増えてきたのだ。ひとつのジャンルの原点となる『キューブ』は、またたく間に人気になった。続編である2作目の『キューブ2』では3次元でなく4次元になったハイパーキューブから脱出する物語。3作目の『キューブZERO』は、1作目の『キューブ』より前の話になる。1作目の物語『キューブ』をリメイクされた日本版キューブが公開される。
謎の建物・キューブからの脱出に必死になっていたスキンヘッドの男・オルダーソン。しかし、各部屋には罠が仕掛けられている可能性があった。罠が仕掛けられている事を知らないオルダーソンは、移動した先の部屋で細いワイヤーの罠により、身体中をバラバラにされてしまう。残酷なシーンで映画・キューブは幕を開ける。警官の黒人男性・クエンティン。無気力な男性・ワース。中年女性で医者のハロウェイ。女子大生のレブン。7つの刑務所から脱獄したレン。5人は、立方体の部屋が敷き詰められた建物キューブに閉じ込められてしまう。"どうやってここに来たのか"、"なぜ自分達がキューブに閉じ込められたのか"、わからないまま5人は脱出を試みる。しかし、各部屋には罠が仕掛けられている可能性が。レンは自分が履いている靴を使い、罠の有無を確認する。ある部屋に靴を投げたところ、ガスバーナーが吹き出し靴は丸焦げ状態に。移動できる部屋を探す為に、靴を使い罠の有無を確認するみんな。しかし、靴を投げても罠が反応しない部屋がある事を知る。慎重に移動する中、レブンは部屋と部屋の間に謎の数字が書かれている事を発見する。ただ、その数字が何を意味するか、わからないまま部屋の移動は続く。慎重な移動も虚しく、ここで最初の犠牲者が出る自体に。なんと、最初の犠牲者は脱獄のプロのレンだった。部屋に入った瞬間激薬を顔に浴びたレンは、クエンティンに助けられたが、顔のほとんどを溶かされてしまい絶命してしまう。この状況にクエンティンは、自分達がなぜキューブに閉じ込められてしまったのかを、再度考えるようみんなに促す。しかし、なぜキューブに閉じ込めらる理由もわからないまま時間だけが過ぎていく。その内、クエンティンはみんな指輪など身につけていたものを没収されているのに、レブンのメガネだけ取られていない事に気づく。これは何かのヒントなのかもしれない。そう思ったクエンティンは、レブンに大学で専攻していた学科を尋ねる。数学を専攻していたレブンは、各扉と扉の境目に書かれている3つの数字を見てある法則を思いつく。それは、"素数"が関係しているというのだ。罠が仕掛けられている部屋には3つの数字の内、どれかに素数があるというものだった。しかし、偶然の可能性があるのではと疑うみんな。レブンは、ガスバーナーが吹き出した部屋や、レンが罠にかかった部屋の扉の数字も素数だった事を伝える。この素数を頼りに部屋の移動を進める4人。しかし、移動しても移動してもキューブから脱出する事はできない。部屋の移動を進めるメンバーだが、ある部屋で4人は行き詰まってしまう。なんと4面も罠の部屋があるのだ。一度戻るしかないのか。そんな考えが浮かぶ中、クエンティンは、「まだ上がある」と言い、天井の扉を開けた。その瞬間、男が降ってきた。男性の名前は、カザン。カザンは、メンバーとの意思疎通が十分にできない障害を持っていた。カザンを含めた5人は部屋の移動を進めていく。が、なぜか素数ではない部屋にクエンティンが入ると、ワイヤーナイフの罠が待ち構えていたのだ。間一髪、クエンティンはその部屋から抜け出す事に。素数と部屋の罠は関係ないのかと頭を悩ませるレブン。みんなが必死になっている中、いつまでも無気力なワースに対し、クエンティンは「実は、罠があった事を知っていたんじゃないのか」と疑念の意を抱いていく。そして、クエンティンはワースに対し、ケンカをふっかける。すると、ワースはキューブの外壁を設計したのが自分だと暴露してしまうのだ。しかし、キューブの仕組みや出口への法則や道順に関しては、全く関与していないと言うのだ。みんなが疑心暗鬼になる中、レブンは部屋の数字に新たな法則を発見する。それは"デカルト座標"が関係しているというのだ。この"デカルト座標"を頼りに部屋の位置を把握し、移動をしていく5人。そして、ついにキューブの端の部屋に到着する事に。安心したのも束の間、クエンティンとハロウェイがここでケンカをしてしまう。張り詰めた空気の中、レブンはキューブの外を見たくないのかみんなに問いかける。外の景色が見たいメンバー達は、外に繋がる扉を開ける事に。そこに待ち望んでいたのは、出口なのか。そして、メンバーは無事に謎の建物キューブから抜け出す事ができるのか?息つく暇もないノンストップホラーSFサスペンス映画となっている。

『キューブ』のあらすじ・ストーリー

キューブの罠

ワイヤーナイフの罠にかかったオルダーソン

謎の男、オルダーソンは謎の立方体の建物キューブの部屋の中にいた。なぜ自分がここにいるのか?ここはどこなのか?何もわからないまま、脱出をするべく隣の部屋に移動する。しかしその部屋には、網状のワイヤーナイフによる罠が仕掛けられていた。何も知らないオルダーソンはその部屋に足を踏み入れる。その瞬間、ワイヤーナイフが作動し、オルダーソンの体をバラバラにしてしまう。オルダーソンの悲惨な死に方でキューブは幕を開ける。

出会った5人

右からレン、クエンティン、ハロウェイ、レブン

黒人警官のクエンティンは、息も絶え絶えになりながら、謎の建物キューブからの脱出を試みていた。クエンティンが辿り着いた部屋には、一人の男が横たわっている。男に声をかけるも、無反応。クエンティンは、男を無視して、別の部屋に移動しようとするも、その部屋には罠が仕掛けられていそうな雰囲気が漂っており、移動を諦める。扉を締め、振り向くと、なんと先ほど横たわっていた男、ワースが目を覚ましていた。ワースは無気力な表情をクエンティンに向けた後、目線を自分が座っているすぐ上の扉に移動させた。その瞬間、扉のハッチが回りドアが開く。そして、中から中年女性、ハロウェイが現れる。クエンティンは、警戒をするあまりハロウェイを扉から引きずり降ろし、殴りかかろうとした。ハロウェイは、クエンティンのいきなりの行動に怯え、悲鳴を上げる。クエンティンは、ハロウェイに謝るが、ハロウェイの恐怖心がすぐに収まる事はない。ハロウェイが恐怖に顔を歪めている時、別の部屋から助けを呼ぶ女性の声が聞こえてきた。クエンティンは、叫び声がする扉を開けると、そこには、若い女性、レブンがいた。クエンティンに気づいたレブンは急いで、クエンティンがいる部屋に移動をするも、罠が仕掛けられている可能性を知っているクエンティンは、レブンに「動くな」と命令する。その声に、立ちすくむレブン。クエンティンは、レブンのいる部屋に入り、罠が仕掛けられていない事を確認した後、レブンを救出する。レブンが部屋に移動する際に、体から床に落ちてしまいレブンが身につけていたメガネが割れてしまう。辺りを警戒する様子を見せるクエンティンにハロウェイは部屋で何が起きるのかを尋ねる。クエンティン自体も全ての状況を把握していない為、詳しい事はまだわからない事を告げる。クエンティンとハロウェイが話をしている中、天井にある扉が開く。そこには、初老の男、レンがいた。「一体何人いるんだ」。増えていく人数に戸惑いの声を隠せないクエンティン。そして、ここで初めてみんなに部屋に罠が仕掛けられている可能性がある事と別の部屋で首を切られそうになった事を告げた。それを聞いて怯えるレブンとハロウェイ。ワースはクエンティンの話を聞いても、表情を一切変えないままだった。ワースの無気力振りに心配をしたハロウェイ。着ている服に名前が書かれている事を知り、無気力な男の名前がワースだという事を知る。ワースは頭を打っており、血が滲んでいた。ハロウェイは、自分が医者だと告げ、ワースの状態を診る。

罠の確かめ方

靴を使って罠を確かめるレン

初老の男、レンはみんなの会話を無視するかのように、一人履いていた靴を脱ぎだした。その様子を見たクエンティンは、レンに「どうするつもりだ」と問いかける。クエンティンの問いに無視するレン。レンは、部屋に罠が仕掛けられていないか靴を投げて確認したのだ。レンが投げた靴が部屋に入った途端、ガスバーナーが出現し、靴は丸焦げ状態に。その状態を見たレブン、クエンティン、ハロウェイの3人は、呆然としてしまう。

どうしてキューブに

キューブにいる状況を聞かれるレブンとハロウェイ

罠を目の前にして、パニックになるレブンとハロウェイ。クエンティンは、落ち着くように促す。そして、自分達がどうやってキューブまで来たのかそれぞれに確認をする。クエンティンの問いに最初に答えたのは、ハロウェイだった。遅い夕食を取っただけというハロウェイ。レブンは、ベッドに入ったまま。ワースは、ここで目が覚めた。ハロウェイが3人の共通点は真夜中と伝える。政府の陰謀か、はたまた宇宙人が自分達を連れ去ったのかと、ハロウェイは色々な可能性を上げる。ここでクエンティンが明るい言葉をみんなに投げかける。キューブに入ったという事は出られる可能性があるという事だ。みんなが色々な考察や提案を出している中、レンは動き出さないと何も始まらないと伝える。部屋を移動する事に怯えるレブン。そして、この部屋にいたいという事を告げるが、却下される。そうして、5人は脱出の為、部屋の移動を始めた。部屋を移動していると定期的に機械音がする事に気づく。しかし、この機械音の正体が何だか想像も付かない5人。部屋の移動を進める途中、レブンは部屋と部屋の境目に3つの数字が彫られている事に気づく。他のみんなもその数字に注目するが、ただの部屋番号だと思い、その時は特に気にも止めなかった。しかし、この数字と機械音が後々、大きな役割を果たす事になる。

最初の犠牲者

溶解度の強い液体を顔に浴びせられたレン

いつ脱出できるかわからない状況と水も食料もない環境に、ハロウェイはイライラしていた。そして、このままだとみんな飢え死にだと告げる。レンは、余計な事を言うハロウェイを黙らせ、服に付いているボタンを舐めるように伝える。ボタンを舐めればツバが湧いてくると言うのだ。そして、扉を開けたレンは、部屋の空気が乾いている事に気づく。その状況に、部屋に分子感知器が設置されており、罠がある可能性が高い事をみんなに伝える。クエンティンは、感知器に詳しい年もいったレンという男性の特徴にピンと来るものがあった。なんと、レンは7つの刑務所から脱獄をした囚人だったのだ。脱獄のプロという事を知った一同はキューブからの脱出ができると思い安堵の表情を浮かべる。みんなの様子を見たレンは、「余計な事は考えず目の前の事だけに集中しろ」と一喝する。その言葉に静まり返る一同。そして、別の部屋に罠がないか確認をしたレンは1人移動をしたのだ。しかし、レンが移動した部屋には、罠が仕掛けられていた。顔に溶解度の高い液体を浴びせられてしまうレン。レンの叫び声にみんなの表情が固まる。¥自力でみんながいる部屋に戻ったレンだが、その顔面はドロドロに溶けてしまっていた。レンの顔を見て、叫び声を上げる女性達。ワースはその状況を無表情で見ていた。そして、レンは悶え苦しんだ後に絶命する。

数字の正体

数字の謎を解くレブン

脱獄のプロ、レンの死に無気力になる3人。この状況でも、ワースの表情は変わらない。クエンティンは、なぜこのような事になったのか、自分達に今何が起きているのか、もう一度考えるようみんなに尋ねる。しかし、ハロウェイもレブンもなぜ自分がここにいるのかさっぱりわからなかった。そして、クエンティンは、レンが脱獄のプロで自分は警官、これには何か訳があると告げる。しかし、医者のハロウェイは自分以外にも医者はごまんと居る中、なぜ私がキューブに入れさせられたのかわからないと悩む。レブンもハロウェイと同じく、ピンと来るものはなかった。ワースも、なぜ自分がここにいるのかもわからないと言うのだ。この状況にますますイライラが募るハロウェイ。しかも、お気に入りの指輪も取られていると言うのだ。それを聞いたクエンティンは、身につけていたものが没収された中、レブンのメガネだけ取られていない事に気づく。それには、何か意味があるのではないかと思い、レブンに大学で先行している学科を聞く。「数学」と答えたレブンはメガネをかけ、さっき気に止めなかった部屋と部屋の間に彫られていた3つの数字に注目する。そして、この数字が"素数"に関係するものだと気づく。つまり、素数がある部屋には、罠があり、素数がない部屋には罠がないというのだ。クエンティンは、レブンの意見にたまたまではないかと反論する。しかし、レブンは今まで移動してきた部屋に書かれてあった数字を全て覚えており、罠があった部屋は素数があった事を伝える。レブンの記憶力と計算力を頼りに、4人はキューブからの脱出を試みる。

新たな人物

天井にある部屋から降ってきたカザン

parurin
parurin
@parurin

目次 - Contents