アデライン、100年目の恋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『アデライン、100年目の恋』とは、2015年にアメリカ合衆国で製作された恋愛ファンタジー映画である。ある日、突然起きた事故により老化が止まったヒロイン「アデライン・ボウマン」は、100年の長い年月を若い容姿のまま過ごすことになる。以後、その年齢に伴わない美貌に疑問を抱いたFBIから目をつけられてしまう。その事をきっかけにアデラインは、一切の素性を隠し、長い逃亡人生を送ることになる。しかし、大晦日のパーティーで出会う男エリスと交際することになり、アデラインの人生に光が見えてくるのであった。

『アデライン、100年目の恋』の概要

『アデライン、100年目の恋』とは、2015年にアメリカ合衆国で製作された恋愛ファンタジー映画である。監督は、リー・トランド・クリーガー、主演は、映画ゴシップガールで一躍有名になった女優「ブレイク・ライブラリー」、恋人役はオランダ出身の若手俳優「ミキール・ハースマン」、映画スターウォーズのハンソロ役で有名な「ハリソン・フォード」をヒロインのかつての恋人役として迎えている。本作の衣装を担当したのは、パリ「ムーラン・ルージュ」でアカデミー賞衣装デザイン賞を受賞した「アンガス・ストラティー」、作中にはグッチが提供した衣装が数多く登場する。本作中では、様々な年代のファッションに身を包むアデラインの美しい姿も見所だ。
2015年4月24日、北米の2991館で公開された本作は北米で1340万ドルを売り上げ、週末興行収入ランキングでは初登場ながら3位を収めるなど、話題を集めた映画である。世界興行収入は6570万ドル。

ある日、突然起きた事故により老化が止まったアデライン・ボウマンは、100年の長い年月を若い姿のまま過ごすことになる。年齢に伴わない美しい容姿をしたアデラインを不思議に思った警官はアデラインの素性を探り始めた。警察から自分と娘の生活を守るため、周囲の人物に一切の素性を隠しながらアデラインは長い逃亡人生を送ることになる。
大晦日の夜、親友レーガンに誘われたカウントダウンパーティーで出会った男性エリスと交際することになり、アデラインの人生は大きく変化していく。

『アデライン、100年目の恋』のあらすじ・ストーリー

パスポートの偽造

トニーへ依頼して作成された偽造パスポート

2014年12月31日、サンフランシスコのチャイナタウンに住むアデラインはとある理由で、同市内北部マリン郡にある1件の家を訪ねにタクシーで向かう。チャイムを鳴らすと1人の青年が出迎える。この青年の名はトニー。アデラインに頼まれて偽造パスポートの作成を行っている。出来上がったパスポートは、偽物だと見破られないように全体的に使い古された印象に仕上げられている。年季が入ったように見せるため、パスポート全体を変色させる技術が盛り込まれているが、この手法をトニーは得意としているようだ。

チャイナタウンの自宅へ戻る

リースに話をするアデライン

トニーから出来上がったパスポートを受け取ると、チャイナタウンの自宅へ戻る。
アデラインの帰りを待つのは愛犬リース。部屋のカーテンを開けると、段ボールにまとめられた荷物からアルバムを取り出すアデライン。懐かしそうに写真を見ながら「次は、田舎町へ引っ越すのよ」と、リースに話す。

職場の市立資料館

アデライン出生時のニュースフィルムを見つけた場面

アデラインは自宅からタクシーで職場へ向かうと、同僚から過去のニュース映像のフィルムをデジタル版にする保存書き換えを頼まれ、作業に取り掛かる。ある1本のフィルムには、アデラインが生まれた年のニュースが残っていた。
アデラインは、1908年1月1日0時1分にこの世に誕生した。当時ニューイヤーベイビーとして話題になり、テレビニュースに取り上げられた。当時のこのフィルムを流しながら、今日までアデラインが歩んできた人生の回想シーンが始まる。

今日までのアデライン・ボウマン

1929年6月16日、アデラインが21歳の時に母とゴールデンゲートブリッジの建設現場を見物に訪れていた。その時に「クラレンス・J・プレスコット」という男性と出会い、その後結婚をした。子宝にも恵まれ、夫と娘の家族3人で幸せな結婚生活を送っていた。
結婚から8年が経つ1937年に事件は起きた。夫が携わるゴールデンゲートブリッジの建設現場の足場が崩落する大事故が発生し、現場に出ていた夫は事故に巻き込まれ帰らぬ人になった。そして事故から10ヶ月が経つその年の暮れには、思いもよらずアデラインも交通事故を起こしてしまうのだ。
両親の海辺の別荘で母の帰りを待つ5歳の娘「フレミング」を迎えに行く道中、アデラインの運転している車のフロントガラス越しにちらちらと雪が降り始めた。アデラインがいるのは、温暖な環境のソノマ群で、冬でも雪が降ることの珍しい場所だ。暗い山中、空を見上げ雪に見惚れていたアデラインは、降り続ける雪で道が悪くなった山中で運転を誤り、車が横転してしまう。車はそのままガードレールを乗り越え、車ごと水の中に沈んでしまった。アデラインの体温は瞬く間に急降下、心肺は停止、死を目前としたその時だった。5億ボルトの雷がアデラインを直撃し、その衝撃で息を吹き返したのだ。この事故を境にアデラインは、事故当時29歳の姿のまま年齢を重ねることなく長い月日を過ごしていくことになる。

アデライン失踪

自宅の荷物をまとめ失踪するアデライン

1953年、アデラインが45歳のある時、交通違反をしたアデラインは警官に止められ、免許証を提示する。すると記載されている年齢とは裏腹に遥かに若い容姿をしたアデラインを警官は怪しんだ。そこで、警官はアデラインの免許証を没収し、翌日警察署に取りに来るよう命じる。このままでは身柄を拘束され、娘に迷惑がかかるとアデラインは考えた。この出来事をきっかけにアデラインは、10年毎に住む場所を変え改名を繰り返し、自分の正体がバレないよう失踪するのである。

アデラインに迫るFBI

アデラインの背後に迫るFBI

失踪後のアデラインは医科大学の事務職に就いた。職場環境を利用しながら、自分がなぜ歳老いていくことができないのかを調べた。歳月でいうと1年間、懸命に調べ続けた。しかし、アデラインに突き付けられたのは、現在の科学ではアデラインの身体の状況は説明がつかないという事実だった。自分の身体に起きた異変の原因が分からず、途方に暮れているアデラインの元に居場所を突き止めたFBIが突如訪れる。居住記録がないことを理由にアデラインは車で連行される。政府に身柄を拘束され、自分の身体が人体実験にかけられるのではないかと恐怖心を抱いたアデラインは、FBIの隙をつきシートからトランクを開けて逃げ出した。
ここでアデラインの回想シーンが終わり、フィルムのデジタル化作業のシーンへ戻る。そして、改めて「自分の身体が老いる事ができないこと、自分が誰なのかを誰にも話さないこと」を自信に誓うのである。

大晦日のパーティーへ

エリスと目が合い、エリスのことを見つめるアデライン。

仕事から自宅へ戻ると、1本の電話が鳴る。電話の相手は親友のレーガンからであった。レーガンから大晦日のパーティーへ誘われたアデラインはドレスコードに身を包み、会場へと向かう。会場では親友がピアノ演奏をしている。親友のレーガンは盲目のピアニストである。2人は席に着くと懐かしそうに話し始める。会場を見渡すと、1人の若い男性と目が合うアデライン。するとしばらくして、男性の横に1人の女性が近寄り男性の頬にキスをする。男性の彼女だと思い込んだアデラインは、少しでも恋を予感した自分に肩を落とすのである。
会場を後にしようとエレベーターに乗ると、ドアが閉まる直前で誰かが乗り込んでくる。会場で目があった男性だ。この男性の名はエリス・ジョーンズ。エリスを前にしたアデラインは驚きと、嬉しさが入り混じった表情をしている。ここでエリスは何度もデートの誘いをするが、もう恋をすることはないと決めているアデラインは首を縦には振らずに去るのであった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(SW5)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(SW4)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(SW6)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(SW8)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(SW7)のネタバレ解説・考察まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(インディ・ジョーンズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』とは1981年にアメリカ合衆国で公開されたアクション・アドベンチャー映画。主演はハリソン・フォード、監督にはスティーブン・スピルバーグ、原案と制作総指揮にジョージ・ルーカスが務めた。超常的パワーを秘めた聖櫃(アーク)を巡り、冒険家インディ・ジョーンズはナチス・ドイツを相手に争奪戦を繰り広げる。

Read Article

目次 - Contents