おはようとかおやすみとか(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『おはようとかおやすみとか』とは、2014年よりまちたが『月刊コミックゼノン』で連載していた、主人公と異母兄弟との共同生活をテーマにしたハートフル漫画作品である。デビュー作でありコミックゼノンマンガオーディションにて準グランプリを受賞。他人との共同生活を嫌い、1人で自由に暮らす事を望んでいたサラリーマン・日向和平(ひなたわへい)。新築マンションを購入した矢先に突然現れた腹違いの3姉妹との共同生活を通して、家族とは何か、自分の居場所はどこにあるのかという家族に対する価値観が変わっていく様を描く。

『おはようとかおやすみとか』の概要

『おはようとかおやすみとか』とは、2014年よりまちたが『月刊コミックゼノン』で連載していた、主人公と異母兄弟との共同生活をテーマにしたハートフル漫画作品である。2014年『月刊コミックゼノン』6月号の新人連載枠「ゴールドゼノン」にて初連載した。
同作は11月号にて一旦終了したが、好評を得て、2015年4月号から本格連載となった。まちたのデビュー作であり、2013年のコミックゼノンマンガオーディションにて準グランプリを受賞した作品である。
他人と暮らすことを好まず、自分の理想とする生活を夢見ていたハウスアドバイザーの日向和平は、念願の新築マンションを購入する。
しかし、その矢先に異母兄弟である3姉妹、国前穂高(くにまえほたか)・千世(ちせ)・千苗(ちな)が現れ、行き場のない妹達との共同生活を余儀なくされてしまう。
はじめは、自分のペースで生活できなくなったことに腹立たしさを感じる和平であったが、3姉妹との暮らしを通して、家族とは何か、自分の居場所とはどこにあるのかという家族に対する価値観が徐々に変わっていく姿を描くヒューマンドラマである。不器用に互いを思いやる和平と三姉妹、そしてそれを見守る他の登場人物の姿が描かれており、家族の大切さや温かさを思い出させてくれるハートウォーミングストーリーになっている。

『おはようとかおやすみとか』のあらすじ・ストーリー

和平と3姉妹の出会い

ハウスアドバイザーとして働く28歳の日向和平の理想は「古い家は壊し、新しい機能的な家を建てる」。
幼い頃に両親の離婚を経験し、絵本作家の父親に育てられた和平。その父が放浪の旅に出ることになり、古くて不便な実家をコインパーキングにし、新築マンションで一人暮らしをすることになった。

出典: honcierge.jp

探していた兄である和平を見つけて喜ぶ3姉妹

仕事を終えて念願の新築マンションに帰宅する途中、女子高生と小学生の双子の3姉妹に出会う。姉妹は人探しをしていると言い、「不動産会社勤務」「最近新築マンションに引っ越した人」「名前は日向和平」という情報から、和平は3姉妹が探している人物が自分であることに気付くのであった。
身に覚えのない3姉妹が自分を訪ねてきたことに困惑する和平に、3姉妹の長女穂高が一枚の手紙を差し出す。手紙の差出人は父親で、3姉妹は和平の腹違いの妹であること、3人の面倒を見てほしいということが書かれていた。

初めて会ったばかりの異母兄弟を受け入れることができず、同居を拒否した和平であったが、幼い双子の姉妹を震えながら抱きしめ「私たちをお兄さんの家に置いてください。」と懇願する穂高の姿を見て、3人には帰る家も他に頼る人もいないことに気付く。そして、「行くところを見つけるまで」という条件で3姉妹を家に置くことにするのであった。こうして和平と女子高生の穂高、双子の小学生千世・千苗の4人による共同生活が始まった。

共同生活のはじまり

出典: honcierge.jp

共同生活をはじめ、ぎこちない和平と3姉妹

一つ屋根の下で一緒に暮らし始めた和平と3姉妹。双子の千世・千苗は、広くて綺麗な新築マンションに大喜びし、のびのびと過ごしていたが、穂高は常に「また捨てられるのではないか」と心配している様子であった。一方の和平も幼い頃の家族の記憶がなく「理想の家族」がどういうものかイメージすることができず、3姉妹との関わり方に悩んでしまう。

名前入りのプレートを用意し、3姉妹の帰る場所を作る和平

あるとき、和平の態度から「追い出されてしまう。」と不安を感じた穂高は、和平に何も言わず千世・千苗を連れて家を出てしまった。
3姉妹と家族を作っていこうと決意した和平は、穂高達を家に連れ戻す。そして、「自分たちの帰る場所」として部屋のドアに3姉妹の名前が入ったプレートを付けてあげることにした。
穂高は、自分たちの居場所があることがうれしく、思わず涙を流してしまうのであった。

徐々に家族になっていく4人

慣れない共同生活が続く中、和平は双子の姉妹、千世・千苗に歩み寄ろうと好きなキャラクターのカバンを買ってあげることにした。しかし、間違って違うキャラクターのカバンを買ってしまう。千世・千苗は、うれしかったとお礼を言うが、和平は気を使わせてしまったと落ち込んでしまう。
次の日、ちゃんとした家族になれるわけがないと落ち込みながら帰宅していると、近所のおばさん・大森に話しかけられる穂高を目撃する。4人での生活を不審がる大森に対して穂高は「私たちは家族ですよ。兄がいるから心配なんてなにもありません。」と伝えた。
和平が帰宅すると部屋が甘い匂いに包まれていた。千世・千苗は和平をリビングに連れて行き、間違いだったとしてもカバンを買ってくれてうれしかったと伝え、穂高と一緒に作ったクッキーを和平にプレゼントするのであった。
穂高・千世・千苗の行動に心の奥が暖かくなる和平は、1人で考えるのではなく、こういったことの積み重ねで「家族」になっていくのだと感じ始めるのだった。

出典: ameblo.jp

買い物を楽しむ4人

後日、和平は3姉妹と一緒にショッピングモールに出かける。
いつもわがままを言わず家事ばかりしている穂高を楽しませるためである。和平が会社の同僚である蓮見(はすみ)と 加東つかさ(かとう つかさ)に穂高のことを相談していたのもあり、偶然を装った二人とショッピングモールを一緒に周ることになってしまった。
今まで家のこと妹達のことを何よりも優先して生きてきた穂高にとって、いろいろなお店を巡ったり普段着ないようなかわいらしい服を着たりすることは新鮮で、リフレッシュして楽しむことができた。
そして、和平が自分のことを気にかけてくれたことをつかさから聞き、うれしくなるのであった。

穂高に友達ができる

穂高と友達になりたくて話しかける桜

穂高の同級生である江藤桜(えとうさくら)は、いつも教室で一人静かに過ごす穂高のことが気になり、話しかけたり、人気カフェのドリンク券を見せたりし、友達になるために行動する。しかし、その真意がわからない穂高は桜の行動を理解できず悩んでしまう。

その夜、和平と3姉妹が家でのんびりしているとき、和平は穂高が何か悩んでいることに気付く。学校で新しい友達はできたかと尋ねると穂高は「友達はいません。毎日話しかけてくる子はいますが、いつも何か怒ってるし、なんか不審なことを言われるんです。」と答えた。和平は穂高に、その子とちゃんと話をしてみるようアドバイスをする。

次の日、桜はいつものように穂高に話しかけ、スーパーでの買い物に付き合うことになる。買い物をしながら会話するうちに打ち解けていく2人であったが、穂高にとって今までは家族が人間関係のすべてであったため、桜とどのように親しくなっていけばよいかわからないでいた。そこへ偶然通りかかった和平に思わず「桜は友達ではない」と伝えてしまい、桜はその場から走り去ってしまう。

出典: bihauku-4.xsrv.jp

お互いに誤解を解き、友達になった穂高(左)と桜(右)

和平は穂高に「千世や千苗にするのと同じように大事にすればいい。」とアドバイスをした。
そして、穂高と桜はお互いの誤解を解き、友達になることができた。桜は穂高にとって初めての友達になったのである。

和平と父親の関係の変化

出典: bihauku-4.xsrv.jp

会社で父親の絵本を読む和平

会社で休憩中に和平は絵本作家である父親が書いた絵本を読んでいた。
3姉妹と暮らすようになってから父親がどんな人間であったのか気になったり、自分の子どもの頃のことを思い出すことが増えたりしており、父親のことを気にかけるようになっていたのである。和平は自分が幼い頃から抱いていた父親のイメージと父親の絵本から感じる印象のギャップに戸惑いを隠せないでいた。

帰宅し、3姉妹に父親の絵本を渡すと大喜び。3人は無邪気で変な欲のない子どものような父親のことが好きだというのであった。千世・千苗は絵本を読みながら父親を思い出し、「まいごシリーズ」の登場キャラクターであるハリネズミが和平にちょっと似ていると話し出し、和平はうれしくないと思った。

その晩、和平が寝ていると音信不通だった父親から連絡があり、翌日カフェで待ち合わせることになった。和平に怒られると思い「なまはげ」のお面をかぶってカフェに来た父親。3姉妹を勝手に預けたことに怒っていた和平であったが、自由奔放な父親と会話するうちに怒りが徐々に消えていくのであった。
父親は「これで最後だから!」と今はコインパーキングになっている実家があった場所に和平と訪れる。家族で過ごした思い出の家があった場所を見ながら感傷に浸り、今にも消えてしまいそうな父親の後姿を見て、和平は思わず「まだやる事があるからな?3人を嫁に出すんだぞ!しっかりしろよ?」と言い放った。
3姉妹と出会うまでは父親に関心を示さず、「よくわからない人」と感じていた和平であったが、3姉妹と家族になっていく中で父親との関係も徐々に変化していくのであった。

7pErika55
7pErika55
@7pErika55

目次 - Contents