私がモテてどうすんだ(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『私がモテてどうすんだ』とは、講談社より発刊されている『別冊フレンド』にて掲載された、ひとりの美少女を巡って沢山の男性が翻弄される姿を描いた恋愛コメディ漫画である。
美少女でありながら、男性に興味がなく自他ともに認めるオタクであるという主人公のキャラクターが好感を抱かせ、アニメ化・実写映画化までされている。

『私がモテてどうすんだ』の概要

『私がモテてどうすんだ』は、講談社より発刊されている『別冊フレンド』で、2013年5月から2018年3月まで連載された、恋愛に奔走する男女の青春を描いた恋愛コメディ漫画である。

主人公の花衣は、アニメと漫画が大好きな女子高生で、見た目は太っており地味な生活を送っていた。
しかし、大好きなキャラクターがアニメの中で死亡したことにより、激痩せして絶世の美女となる。
花衣の大変身によって、恋に落ちた男女5人が花衣を巡って争い始める。

花衣の心を手に入れようと、走り回る中でいつしか花衣を中心に6人の間には確かな友情が芽生え始めていくのであった。
かけがえのない高校生活を送り、恋に友情にと目まぐるしい日々を過ごす姿を描いた物語である。

本作は、主人公の憎めないキャラクターと、様々なタイプのイケメンが登場することにより、大人気を博した。

累計発行部数は300万部を突破しており、2016年にアニメ化とCD化、2020年には実写映画化された。

『私がモテてどうすんだ』のあらすじ・ストーリー

大変身

イケメンを見て妄想する花衣。

主人公の芹沼花衣は、BLが大好きな高校1年生だ。
毎日同じクラスの五十嵐祐輔と七島希がじゃれ合う姿を見ては、妄想を繰り広げる日々を過ごしている。
五十嵐は爽やかな好青年で、七島はやんちゃな見た目で2人とも学年を代表するイケメンである。

ある日、いつものように体育の授業中に五十嵐と七島を眺めていた花衣は、ボールに激突してしまい、意識を失う。

保健室で目を覚ますと、親友の中野あまねが心配そうに花衣を覗き込んでいた。
あまねも花衣と同じようにBLが大好きな女子高生である。

花衣が倒れた理由が、五十嵐と七島だと知るとあまねは花衣の萌えポイントに深く共感する姿勢を見せた。
2人の絡む姿がどれほどオタク心をくすぐるかについて盛り上がっていると、そこに後輩の四ノ宮隼人が現れた。
保健室のベッドを占拠しておきながら、元気そうな花衣を見て四ノ宮は明らかに怪訝そうな顔をする。

四ノ宮のその態度は一般的に見るとあまり気持ちのいいものではなかったが、花衣は可愛い見た目に反した四ノ宮の生意気な態度にも萌えを感じていた。

四ノ宮の思う通り、花衣の体調はすっかり良くなっていたので、花衣はベッドを降りて教室に戻ろうとする。
すると花衣を心配した六見遊馬が保健室に様子を見にやってきた。

花衣は地味な見た目で、目立つタイプではなかったが、なぜか周囲にはイケメンが多いという特質を持っていた。

大好きなキャラクターシオンが亡くなり、ショックを受ける花衣。

そんなある日、花衣はいつものように家で大好きなアニメ「ミラージュ・サーガ」を観ていた。
この放送を生き甲斐のように感じている花衣は、アニメの世界にのめり込む。

しかし、この放送回で花衣が一番愛しているキャラクター「シオン」が死んでしまったのだ。

あまりに突然の展開に花衣は叫び声をあげる。

そしてそのまま寝込んでしまった。
1週間経っても学校にも行かず、部屋からも出ない生活を過ごす花衣。

心配した母親のみつこと兄の拓郎が、そろそろ部屋から出そうということで無理矢理花衣を連れ出す。

そこに現れたのは、以前のように太って地味な見た目をした花衣ではなく、まるで別人の絶世の美少女だった。

美少女になって4人の男性に言い寄られる花衣。

翌日から花衣は登校することになった。
そのあまりの変わりように、周囲の生徒は誰も花衣だと気づかず、「あんな美少女いただろうか」と混乱に陥る。

あまねは声を聞いて、やっとその美少女の正体が花衣だと気がついた。
周りもあまねが気づいたのをきっかけに、「あれが芹沼?」とますますパニックになる。

そんな花衣の変化に敏感に反応したのは、五十嵐と七島だった。
あまりに可愛くなった花衣に2人は胸のときめきを隠せずにいた。

だが、七島は先日亡くなったシオンにそっくりであるため花衣は七島とはまともに会話ができない。
七島を見るとまた悲しさが込み上げてしまうのだった。

七島の目を見て会話を続けられなくなった花衣は、涙を流しながらその場を逃げ去った。

その途中、廊下で勢いよく四ノ宮にぶつかってこけてしまった花衣。
四ノ宮はそのぶつかった相手が花衣とは知らずに、一目惚れをしてしまう。

こけてしまった花衣を心配して、四ノ宮は保健室へを彼女を連れて行った。
以前の姿の時には見せなかった優しい四ノ宮の姿を見て、花衣は驚きを隠せない。

辿り着いた保健室では、六見が怪我をして自分で手当をしている最中だった。
六見は花衣の姿を見ると、何事もなかったかのようにすぐ花衣だと気が付く。

六見が花衣の名前を呼んだことで、四ノ宮も一目惚れの相手が花衣であることを知った。
あの花衣と同一人物であることを受け入れられない四ノ宮は耐えきれずそのまま保健室を去って行った。

六見は花衣への態度を変えることなく、見た目の変化も大きなものだとは捉えていなかった。

さらに「見た目が変わったとしても、優しい芹沼さんに変わりはない」と温かい言葉までかけてくれる。
その言葉に励まされて、周囲の目に戸惑っていた花衣も元気を取り戻した。

その放課後、帰ろうとする花衣のもとに五十嵐がやってきた。
五十嵐は花衣に休日デートのお誘いをしにきたのだ。

するとそこに慌てて七島も駆けつけた。
七島も花衣に近づこうという目的でやってきた。

そしてまたそこに「花衣と話がしたい」と四ノ宮も現れた。
それと同じタイミングで六見もやってくる。

どうやら六見だけは、花衣を口説くためではなく事務的用事でやってきたようだった。

しかし、まさか一斉にライバルが現れるとは思っていなかった五十嵐、七島、四ノ宮は我こそはと花衣を口説こうとする。
「日曜日に花衣と出かけたい」という3人の要望になぜか六見も「じゃあ俺も」と乗っかってくる。

「この4人の誰と出かけるのか」という選択を迫られた花衣は、結局4人全員と一緒にデートすることになってしまう。
つまり、日曜日は5人で遊ぶことになったのだ。

オタクであることをデートで打ち明ける花衣。

デート当日を迎えた花衣は、せっかくのデートだからということで自分自身がオタクであることは隠すことにした。
みんなに気づかれないように、デートを楽しもうとする花衣。

しかし、みんなでデートしている最中も自分を隠してみんなに馴染むのは簡単なことではなかった。

だんだん花衣はデートそのものを楽しめなくなっていた。

デートも終盤に差し掛かった頃、アニメグッズ屋を通った花衣は、自分が買いたかった限定グッズが大売り出しに出ていることを知る。
みんなとのデートを放るわけにはいかず、我慢しようとする花衣。
だが、結局自分を隠し通すことが出来ずに、みんなを置いて走ってお店に駆け込んだ。

そして満足するまでグッズを買い漁った花衣は、自分を待つ4人の元へ向かい、正直に自分の趣味について話した。
以前の花衣の姿を知っている4人は、薄々そうだとは気づいていたため然程は驚きを見せない。

「大好きな趣味を隠すことは出来ない」と話す花衣に、六見をはじめとするみんなが「きらきらしていていいよ」とありのままの彼女を受け入れる姿勢を見せた。
これで気兼ねなく素の自分を出せる環境になった花衣は、そのあとも自分のペースにみんなを付き合わせるのだった。

文化祭でコスプレをする四ノ宮(左)、五十嵐(中央)、七島(右)

季節は文化祭シーズンに突入していた。

花衣のクラスは、コスプレカフェをすることになる。
元々手先が器用な花衣は、衣装係となってみんなの衣装を作成する係に任命された。

オタクの血が騒ぎ、どうやって五十嵐たちをコスプレさせようかと胸を踊らせる花衣。

後輩の四ノ宮は、クラスで劇をすることになり、なんとその配役が「お姫様」だというのだ。
不服な四ノ宮だが、その衣装も花衣が作ってくれるということになり俄然やる気を見せ始めていた。

五十嵐、七島、四ノ宮、六見、花衣はいつの間にか一緒に過ごすことが当たり前になっていた。
仲良しグループになり、文化祭準備も和気藹々と進めていた。

しかし、その状況に五十嵐は違和感を感じる。
元々、花衣と付き合いたくてアタックし始めたのにこれでは仲良しごっこである。
五十嵐は自分が何をしているのかがふと不思議になったのだ。

「このままではだめだ」と思った五十嵐は、花衣に「文化祭当日は2人きりでまわりたい」とお願いをする。
だが、そこにまたいつもの3人が現れ、彼らは「自分も花衣とまわりたい」と主張を始めた。

結局、花衣はスケジュールを組んで、時間制で一人一人とまわることを強制された。

そしていよいよ文化祭は当日を迎える。
花衣の努力もあって、衣装も完璧に仕上がり、コスプレカフェは大繁盛である。

自分自身もメイドとなって忙しく過ごす花衣。

そんな中で合間を縫って、約束通り一人一人とのデートがスタートした。

六見を除く3人は、この文化祭で花衣との距離を近づけようと必死になっている。
そのため、いつもよりも押しが強いことを花衣も感じていた。

五十嵐は花衣の手を握り、七島は壁ドンをし、四ノ宮は花衣に抱きついた。
なんとも思ってない六見も、天然で花衣にたこ焼きをアーンして食べさせた。

そういった扱いを今までに受けたことがない花衣は、自分のキャパオーバーとなり、1人になるため逃げ出した。

しかし、1人で階段で座っているところを他校の不良に絡まれてしまう。
そこに五十嵐、七島、六見、四ノ宮が助けにやってきて、花衣は何とか助かる。

だが、不良に絡まれたことでもう全ての感情が爆発してしまった花衣。
号泣しながらみんなに「ペースが速くて追いつかない」と伝えた。

今までゲームやアニメに夢中になっていて、男性経験もない花衣はみんなからのアプローチについていけなかったのだ。

花衣の気持ちを聞いて、みんなは自分の行動を改めて反省する。

後夜祭のダンスも、4人は花衣を誘うことはしなかった。
五十嵐は七島を誘い2人で踊り、六見は四ノ宮を誘った。

その光景を見て、花衣は「自分はやっぱりイケメンの絡みを見るのが落ち着く」と腐女子であることを実感するのだった。

クリスマスの誘いを断る花衣。

クリスマスも目前に迫ったある日、七島は「みんなでクリスマスパーティーをしよう」と提案する。

しかし、花衣はその日はコミケに参加するため誘いを断った。
せっかくのクリスマスを花衣と過ごしたい4人は、花衣と一緒にコミケに参加することになる。

クリスマス当日、朝早くから集まって会場を目指す5人。
花衣はコミケで買いたいものを全てリストアップして、4人に役割分担をしっかりしていく。

こんなに人が多くて本気を感じるイベントだと想像していなかった4人は戸惑うが、大好きな花衣のためにおつかいをこなす。

自分の担当分を1人で買いに向かった花衣は、途中でコスプレイヤーと勘違いされて写真をしつこく撮られてしまう。
そんな花衣の元に、執事のコスプレをした人物が現れて、助けてくれた。

その人物は完璧にコスプレの衣装を着こなし、端正な顔つきをしており花衣も思わず見惚れていた。

冬休みが明けた後も、あの執事を忘れられない花衣。
あまねに執事の話をしていると、そこにあの執事が現れたのだ。

その人物の名前は、二科志麻、なんと女性で同じ高校だったのだ。

『私がモテてどうすんだ』の登場人物・キャラクター

主要人物

芹沼花衣(せりぬまかえ)

左が激痩せ後、右が激痩せ前

CV:小林ゆう(CD:花澤香菜) 映画:山口乃々華(激痩せ後)、富田望生(激痩せ前)

本作の主人公。高校2年生で史学部に所属している。
BL(ボーイズラブ)が大好きな腐女子である。
以前は眼鏡をかけて太めの体型だったが、大好きなアニメのキャラクターが死亡したショックで激痩せして美少女へと大変身する。

それによって、周囲の男女から好意を寄せられることになるが、これまでアニメの世界にしか興味がなかったため、大混乱に陥る。

どんなことにも一生懸命、健気に向き合う性格で、容姿だけではなくその人格も人気を集める理由となる。
推しているキャラクターのためなら、どんなことでもやってのける根性を持っている。

誰もが想像しなかった奇想天外なことを平気でやるので、周りを飽きさせない面白い女の子である。

六見遊馬(むつみあすま)

CV:島崎信長、古城門志帆(幼少時代)、(CD:櫻井孝宏) 映画:吉野北人

花衣が所属する史学部の先輩である。
部活では部長を務めている。

非常にマイペースで心の広い男性で、いつもみんなを見守る存在。

花衣の見た目が変わったときも、唯一ひと目で花衣だと気づいた。

天然なところもあり、周りが予想していなかったことを平気でする大胆な部分も持ち合わせている。
いつも誰よりも花衣の心の変化に敏感に気が付くことができる。

6ndkdirkal
6ndkdirkal
@6ndkdirkal

Related Articles関連記事

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウは、平成仮面ライダーシリーズ最後の作品である。2018年9月2日から2019年8月25日、毎週日曜日朝9時から9時30分のニチアサとして、テレビ朝日系列で放送された特撮作品だ。制作は東映、全49話放送。過去の平成仮面ライダーシリーズにおいて、仮面ライダーの変身者やヒロインなどのメインキャストがゲスト出演し、大きな話題となった。高校生である常磐ソウゴは仮面ライダージオウに変身し、未来を切り開く。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

SUNNY 強い気持ち・強い愛(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『SUNNY 強い気持ち・強い愛』とは、韓国映画『サニー 永遠の仲間たち』を原作とした2018年公開の青春音楽映画。90年代、社会の中心にいた“コギャル”たち。コギャルとして青春を共に過ごした“SUNNY”の6人は、ある事件の後バラバラになってしまう。20年以上の時を経て、あるきっかけから一人、またひとりと再会していく。光と影、理想と現実をそれぞれ抱えて生きてきた6人の複雑な思いが、懐かしい90年代ヒットソングに乗せて、90年代と2018年の場面が交差しながら展開される愛と青春の音楽ストーリー。

Read Article

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

シグナル 長期未解決事件捜査班(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『シグナル 長期未解決事件捜査班』とは、過去と現在が無線機による通信で繋がり、その無線機を使ってそれぞれの時代の刑事が事件を解決していくという刑事ドラマである。2018年にフジテレビ系で放送された連続ドラマで、韓国で数々の賞を受賞したドラマ『シグナル』の日本版リメイクとなっている。過去と現在が同時進行で描かれ、未解決事件を解決する現在の長期未解決事件捜査班と、その事件が実際に起こっている過去が繋がり、事件解決だけでなく謎や秘密が明らかになっていく。

Read Article

高嶺と花(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

高嶺と花(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『高嶺と花』とは、白泉社発行の少女漫画雑誌である『花とゆめ』に掲載されていて、師走ゆきが描く恋愛ストーリーだ。2014年13号に読み切りとして、2015年2号から2020年16号まで連載された。多くの女性ファンから愛され、SNSの登録者数は、本作だけで一万を超えるほどの人気がある。イケメンだけど性格が残念な残念大人の高嶺と、考え方や性格が大人顔負けの高校生の花という異名な組み合わせがこの物語の見どころだ。主人公ふたりの掛け合いがのンポの良さも人気の理由のひとつだ。

Read Article

ネメシス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

ネメシス(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ネメシス』とは日本テレビ系列で2021年に放送された探偵事務所が舞台のミステリー・エンターテインメントドラマである。舞台は横浜にある小さな探偵事務所ネメシス。新たに看板探偵となった風真は、天才的な推理力を持つ助手アンナに助けられながら難事件を解決してゆく。2人の上司・栗田は行方不明になったアンナの父を探しながら、20年前の事件を追っていた。広瀬すず演じる”天才助手”美神アンナと、櫻井翔演じる”ポンコツ探偵”風真尚希の凸凹バディが、ネメシスに舞い込む難事件を次々と解決してゆく。

Read Article

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(Zi-O)』とは、2019年に公開された特撮ヒーロー映画である。特撮テレビドラマ『仮面ライダージオウ』の単独映画作品。興行収入11.7億円、観客動員数78.0万人を記録した。ソウゴは仮面ライダージオウとして平成ライダーの力であるライドウォッチを集めていた。全てのライドウォッチを集めた時、平成をやり直そうとする集団クォーツァーが現れた。平成に築いた人々の暮らしを守るため、ソウゴと仲間達がクォーツァーに立ち向かう。

Read Article

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ(Zi-O)』とは2020年に劇場上映、BD/DVDが発売された特撮ヒーローオリジナルビデオ作品である。『仮面ライダージオウ』のテレビシリーズの後日談で、主人公は仮面ライダーゲイツに変身する明光院景都。普通の高校生・明光院景都は謎のロボットに襲われ、戦いに巻き込まれてゆく。”守るために戦う”ことを決めた景都は仮面ライダーゲイツに変身した。景都が”救世主”を目指すきっかけとなった物語が描かれる。

Read Article

NEW
「そっくり」すぎて大混乱!?ざわちんのものまねメイク画像を大紹介

「そっくり」すぎて大混乱!?ざわちんのものまねメイク画像を大紹介

元AKB48の板野友美のそっくりさんとして注目を浴びて以来、桐谷美玲、沢尻エリカ、菜々緒、ローラ、きゃりーぱみゅぱみゅ、安室奈美恵など、数々のものまねメイクを披露してきたざわちん。毎回完成度の高いメイクが「そっくりすぎる」と話題になっている。 ここでは、そんなざわちんのメイク画像を紹介する。

Read Article

NEW
【レディ・ガガ】ざわちん「ものまねメイク」まとめ【国民的アイドル】

【レディ・ガガ】ざわちん「ものまねメイク」まとめ【国民的アイドル】

「ものまねメイク」が公開されるたび、大きな話題となるアイメイクのスペシャリストざわちん。高クオリティの「ものまねメイク」によって、国民的アイドルから人気男性芸能人、そしてハリウッドセレブにまで変身してしまうざわちん。彼女の技術の高さに驚かされる画像を網羅しました。

Read Article

目次 - Contents