魔法のリノベ(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法のリノベ』は、作者星崎真紀による住宅リノベーションを題材とした漫画であり、2015年から双葉社が発行する主婦向け漫画雑誌『JOUR』に連載されていた。家族経営のまるふく工務店を舞台に、気弱な長男の福山玄之介と、大手工務店から転職してきた主人公の真行寺小梅コンビの活躍を描く。家と家族の問題を抱える施主の要望を、リノベーションで解決していくヒューマン系お仕事漫画である。クールに見えて人情派の真行寺とお人好しな玄之介の成長も物語の見どころである。

『魔法のリノベ』の概要

『魔法のリノベ』は、作者星崎真紀による住宅リノベーションを題材とした漫画である。リノベーションとは、住宅において間取りの変更など大規模な改築工事のことをいう。それを請け負うまるふく工務店は男ばかりの家族経営。父である社長の判断で大手工務店に勤務していた真行寺小梅が入社してくるところから物語は始まる。女性に甘く弱気な長男の福山玄之介とコンビを組んで和室を広いLDKにリノベしたい夫と改築したくない妻、若夫婦に立ちはだかる壊せない壁とつぶせない庭など様々な家と家族の問題をリノベーションで解決していく。出てくる物件と、その家の家族の人間関係やそれぞれの思いが丁寧に描かれており、その家族にとって最適なリノベが提案されていく話はお仕事漫画でありながらもヒューマンドラマもあり、優しい雰囲気の漫画になっている。作中では様々な間取りが紹介されており、リノベーションの予定があってもなくても新居を探すようなワクワク感が楽しめるのも魅力の一つである。

『魔法のリノベ』のあらすじ・ストーリー

思い出が宿る場所

リノベーションとは大規模な変更のある改築工事のことである。

ある日家族経営のまるふく工務店では売り上げの悪いリフォーム部を盛り上げるため女性営業マンを入れることになった。新しく来た女性は他社でのリフォーム部で働いていた真行寺小梅。出社初日真行寺は、さっそくリフォームの見積もりの為、玄之介と西崎様宅へ行くことになった。

築四十二年の西崎様宅。

七年前に相続して少しリフォームしたが間取りは変えていない為古臭く使いにくかった為、廊下を挟んだ台所と和室をつなげて広いLDKにリノベしたいという依頼であった。玄之介は奥様にキッチンはどういうものが希望か聞くが、奥様に高くなければ何でもいいとそっけなくされてしまう。リノベやリフォームでは奥さんが主導になることが多かったのでその態度を不思議に思った玄之介だったが、そのままキッチンのカタログを奥様に渡そうとする。そこへ真行寺がご主人に向かってキッチンのカタログを差し出しお菓子作りやそば打ちを趣味にする男性も増えているので夫婦で見て欲しいと言って訪問を終えた。ご主人の気持ちを一瞬で引き付けることに成功した真行寺。その営業力に驚いた玄之介はどうして突然ご主人の気を引き付けられたのか真行寺に聞くと、真行寺は家に入って各部屋を見せてもらったときにそば打ちの本があったこと、主人の手は手荒れがあり、対して奥様の手はきれいだったこと、靴箱に並んでいた靴から家事をしているのがご主人の方であり、奥様はバリバリのキャリアウーマンだとあたりを付けていた。そのため真行寺は玄之介がキッチンの話題を奥様にしかふらなかったこと、名刺を奥様に渡さなかったことなどテンプレな家族像だと思い込んで対応したことを注意した。
後日、間取りの見積もりを見せに西崎様の家に言った真行寺と玄之介だったが、まるふく工務店のメリットがないから決められないと奥様に言われてしまう。入れ替わりに真行寺の元勤め先の大手、グローバルライフホーム社の営業が西崎様の家へ入って行った。そのグローバルライフホームの営業マンを見た真行寺の顔を見て玄之介は、彼が真行寺が会社を辞めることになった理由だと察したのだった。まるふく工務店に戻り、設計担当の竜之介を加えて西崎様のプランを練り直すことにした二人。この案件は必ず勝ちたいと意気込む真行寺。玄之介は何か手掛かりがないかと記憶をたどりご主人が家への不満を口にしていたことを思い出す。そして家への不満を口にするご主人に対して奥様は終始ニコリともしなかったことも思い出した。手がかりを見つけた二人は家の登記簿謄本を調べ、西崎様のお宅が奥様のご両親が建てた物件で、奥様にとっては思い入れがあるだろうことがわかった。今の和室に使われている上等な柱などを残し、趣を残しながら洋室にするプランでもう一度西崎様に提案することにした真行寺と玄之介。思い出の詰まった場所を残せるプランに奥様は喜び、まるふく工務店にリノベを依頼することにしたのだった。

リノベが終わった家に感動する西崎夫妻。

両親との思い出の場所を残すことができた西崎様は新たな生活の一歩を踏み出したのであった。

壊せない壁とつぶせない庭

今回の依頼主はもうすぐ子供が生まれる予定の加藤様。購入した築十二年の中古住宅は縦長の家の真ん中に庭があり、そこを潰して広いLDKにしたいという希望だった。最初は他の業者に依頼したようだがその業者にはできないと言われてしまい、まるふく工務店に相談することにしたということだった。断られた理由は建物の荷重を壁で支える2×4(ツーバイフォー)でできている建物だったことが原因だった。建物の荷重を壁で支えているので、壁を大幅になくすような間取りは建築物の強度を低下させてしまうため、実現できない場合があるのだ。間取りの変更が難しい2×4住宅ではあったが、玄之介は何も調べずリノベができると言い切ってしまう。あまりにも早く言い切ってしまった玄之介に真行寺は営業として言いたいことはあったが、喜ぶ加藤様夫婦を前にしては何も言えず、購入したときの書類のコピーだけもらい帰ることにした。家を出てから玄之介にそのことを注意すると、奥様が気の毒でできると言ってしまったと言う。真行寺からすれば妊娠中とはいえ、ご主人の方に家探しを任せっきりで後から文句ばかりを言う奥様には批判的であった。会社に戻った二人はさっそく竜之介に加藤様の家がリノベできるか相談する。住宅を購入したときの書類を確認した竜之介は、この家が土地に建てられる面積の割合を表す建蔽率のいっぱいまで使って建てられていることに気づき、これ以上の増築はできないと言った。後日、真行寺と玄之介は加藤様に庭を潰して大きなLDKにすることはできないことを謝り、別のプランを提案する。それを聞いた奥様は今までご主人に対しての鬱憤が爆発し、ご主人を責めだす。不満をぶつけられたご主人はつい、中古住宅を購入したのはご主人の母親の勧めであったことを言ってしまう。義母の言いなりになったご主人のせいでリノベもできない中古住宅になったと知った奥様は怒りを爆発させたのであった。
最悪の場合離婚してしまいそうな雰囲気の二人にもう一度冷静に検討してもらうため、後日奥様だけと話をすることにした真行寺と玄之介。後日奥様と話してみると、新築を買いなおす話が出ているようだった。希望の新築住宅なのに浮かない顔をしている奥様に真行寺は買いなおした場合の様々なデメリットに負い目を感じているからではないかと思い、聞いてみることにした。奥様は自分のワガママで余計なお金を使わせてしまったり、借りができるような気がして素直に喜べないようだった。真行寺はそもそも奥様が家にどんな希望を持っていたかを聞き、新しいプランを作ることを提案する。

新しいプランでできる家をイメージしてもらい気落ちしていた奥様を元気づける玄之介。

奥様は玄之介がリノベ後の家を想像させてくれたことでこれからの生活に希望を持つことができ、まるふく工務店にリノベをお願いすることになったのであった。
無事成約をもらった真行寺と玄之介は一緒にお酒を飲むことにした。玄之介の無駄に優しいところや甘いところが営業としては駄目なところだと思っていたが、今回の件で役立つこともあるのだと見直したと真行寺が言うと、玄之介は性格のキツイ真行寺とうまくやっていけるか不安があったと打ち明ける。そしてそんなキツイ女性でも会社に寝泊まりするのは心配だから、もし帰れない時があったら会社の上の階にある自分の部屋に泊まって欲しいと真行寺に伝える。
朝、息子の進之介に起こされた玄之介はリビングで寝袋で寝る真行寺を見つけて驚く。昨夜は酔っぱらっていたため、どうしてこうなったのかいきさつを思い出せない玄之介なのであった。

夫婦の寝室

複数の業者を比べる為、相見積もりをとるのはリフォームを考えているお客様にとっては常識となっている。いつかは他社とバッティングすることもあるかもと思っていたが、今回バッティングした相手は真行寺の元々勤めていた会社であった。玄之介はいつも冷静な真行寺には珍しく動揺しているように感じたので、元彼かと思ったが、真行寺はすぐに気を取り直し、お客様がどのような生活を希望しているのか聞き始めたので安心する。お客様の家からの帰り、ライバル社の営業に声をかけられた真行寺と玄之介。何でもない様子で話しかけてくる相手とは違い真行寺は少し動揺し、玄之介も真行寺が元彼に二股をかけられていたことを聞いていたので少し怒りを覚えた。お互いにフェアに勝負しようと言う相手に真行寺は「そうですね久保寺さん」と苗字で呼ぶだけで他の話をせず別れたのだった。
久保寺と別れた後、先ほど見積もりを依頼された河内様の奥様からお願いしたいことがあると近くの喫茶店に呼び出される。ご主人に気付かれないように家を出てきた奥様はご主人に秘密で別のプランも作ってほしいと言ったのだった。

今回の依頼は購入した中古マンションの二部屋をつなげて広い寝室を作りたいというご希望だった。

今回の依頼は大きな寝室にするというものであったが、奥様の方は本当は寝室を別々にしたいということだった。奥様の方からは言い出しにくい為、真行寺の方から寝室が別のプランを提案して欲しいと言う。その代わり大手の競合相手ではなくまるふく工務店に一票入れると言った。デリケートな夫婦の問題にかかわることになってしまった真行寺と玄之介は会社に帰り、竜之介とプランを相談し、ワンルームの中にウォークインクローゼットを付けることで別室感を出すプランを提案することに決めた。真行寺は寝室別のプランを提案することを久保寺にメールして教えるべきか迷ったが、フェアに勝負しようと言われたことと、過去、久保寺に成績を上げるためだったら自分をも踏み台にすると言われたことを思い出し、結局寝室別のプランのことを教えてしまう。後日、河内様のご主人から夫婦の寝室を別にするプランの事を競合相手の会社から聞いたと怒りの電話がかかってきた。お客様の情報を他社に漏らし不快にさせたことを社長に謝る真行寺。その際、競合会社の久保寺は元交際相手で会社を辞める原因になった事、同じ条件で戦い自分の力を見せつけ圧勝したかったと心の内を話した。すぐに河内様に謝りに行こうとする真行寺だったが、お詫びの仕方が難しい問題の為、詫びるのが得意な玄之介も一緒に行くことになった。

河内様に謝る玄之介と真行寺。

あくまで奥様から頼まれたのではなく自社のサービスの一環で最新トレンドを反映したプランをもう一つ提案させてもらっている旨を伝え、今回のことは配慮不足だったと謝る玄之介。するとご主人の怒りも段々と薄れていき、本当の心の内を話してくれた。ご主人は寝室を分ける事も考えたことがあったが、子作りを諦めたとたんに寝室を分けるなんて自分の方からは言い出せないと感じているようだった。すごく怒っていたのも不妊の原因である奥様の気持ちを心配してのことだったのだ。ご主人は寝室別のプランについてプレゼンの時に見せて欲しいと言い、これをきっかけに本音で話し合えるかもしれないと言った。真行寺と玄之介は河内様が今後の人生を最良のかたちで過ごせるようにプランを練り直すため会社に戻ることにしたのだった。
河内様へのプレゼン当日。大手である久保寺の会社が出したプランはご主人が希望していた広い寝室を作るというもので、まるふく工務店と同じようなプランであったが大手企業の安心感を売りにしていた。そこで真行寺はもう一つのプランを提案する。それは家の中をぐるっと一周できるようにつくられた回遊動線プランであった。これにより動線が自由になりコミュニケーションが取りやすくなり、さらに寝室のベットの間に開閉できるスライドウォールを設置することで寝るときだけや片方がまだテレビを見ていたい時等それぞれが個室を持つ自由と生活を共有する幸せを両方感じられるようにした。

まるふく工務店一押しのプラン。自由に寝室を仕切ることができるスライドウォールを設置するプラン。

河内様が選んだのは予算を超えているにも拘らず、まるふく工務店の回遊動線プランであった。
プレゼン後、久保寺になぜ情報を流したのにもかかわらず寝室を分けないプランしか提案しなかったのか質問する真行寺。だが久保寺は答え辛そうに言いよどんでしまう。その様子を見て真行寺は嘘をついて出し抜いてまで勝とうとするような卑怯な人間だと思ったのかと怒りをあらわにし、その場を後にしたのであった。

片付かないキッチン

今回の依頼はオープンキッチンのLDKをキッチンとリビンクに分けたいと言う佐竹様からの相談だった。家に仕事仲間を呼ぶことが多いにもかかわらずドアを開けてすぐあるオープンキッチンがごちゃごちゃとしていて見栄えが良くないので隠したいという事であった。帰り道、真行寺は自分のことを片付けられないダメ主婦と言って卑下していた奥様に腹を立てていた。そこへまたもやグローバルLホーム社の久保寺彰が現れる。またもや相見積もりがバッティングしたようだった。前回のような失態はしないと意気込む真行寺と久保寺。早速真行寺と玄之介は会社に戻り、竜之介を交えて今回のリノベプランについて打ち合わせをすることにした。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents