ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション(SAO アリシゼーション)』とは、川原礫による架空のVRゲームを舞台とした人気ライトノベルシリーズ『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が現実世界での事故によって人工の異世界「アンダーワールド」に迷い込んでしまい、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人たちと共に、現実世界への帰還を目指して冒険する物語を描いている。

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の概要

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、全世界累計発行部数1900万部(2016年12月当時)という世界的な人気を誇る川原礫著のライトノベル『ソードアート・オンライン』のアニメ作品である。本作は2017年10月に開催された『電撃文庫 秋の祭典2017』で制作が発表され、原作第9巻『アリシゼーション・ビギニング』から、第14巻『アリシゼーション・ユナイティング』を元に2018年10月から2019年3月まで放送された。また、初回の第1話は1時間枠で放送され、シリーズではAbemaTVでの地上波同時配信が行われる一方、地上波での放送局が大幅に縮小されている。
本作は主人公のキリトこと桐ヶ谷和人が、前作『ソードアート・オンラインII』で発生した連続殺人事件の犯人に襲撃を受け、意識不明の重体となる所から始まる。そしてキリトは人工の異世界・アンダーワールドに迷い込み、そこで出会ったユージオやアリスらアンダーワールドの住人を新たな仲間たちとして、共に現実世界への帰還を目指す旅に出るというストーリーとなっている。そして一方の現実世界でヒロインのアスナこと結城明日奈が、現実世界での襲撃の後、行方不明となってしまった和人を仲間たちと共に探す展開も入っている。

本作は第1クールと第2クールのふたつに分けて放送されており、第1クールは2018年10月から12月、第2クールは2019年1月から3月にかけてそれぞれ12話ずつで全24話が放送された。その間に第1クールの総集編として第18.5話『リコレクション』が放送されている。また、2019年において日本商工会議所が新設する「日商プログラミング検定」とのタイアップが行われた。

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のあらすじ・ストーリー

第1話「アンダーワールド」

アリスが持ってきてくれたお弁当がきっかけで、キリトたちは果ての山脈の冒険へと出かけることになる。

「アンダーワールド」と呼ばれる異世界の辺境の地にあるルーリッドの村で暮らしているキリトは、幼馴染の木樵の少年・ユージオと共に、村の近くの森にある巨大な黒樹「ギガスシダー」を切り倒すべく、共に斧を振るっていた。そんな中、同じく幼馴染の少女であるアリスが、差し入れとしてお弁当を持ってやってくる。そのお弁当のを彼女とユージオと共に昼食として頂く中、キリトはアリスのお弁当であるパイの味を絶賛しながらも、このパイを長持ちさせるにはどうすればいいかと考え出す。
そんな中、アンダーワールドにおける「ベルクーリと白い竜」と呼ばれるお伽話に出てくる「果ての山脈」と呼ばれる北の山の洞窟が話題に出てきて、キリトはその洞窟にある氷を持って帰ればいいのではないかと提案する。しかし果ての山脈は、ルーリッドの村の掟としては決して近づいてはいけないとされる場所で、さらにその洞窟の向こうにはアンダーワールド全体に広められた「禁忌目録」において入ってはいけないと定められた、「ダークテリトリー」と呼ばれる闇の大地があるということだった。

やっとの思いで辿り着いた洞窟の出入口からキリトたちが見たのは、ダークテリトリーの空で激しい剣戟を交える整合騎士(画面左)と暗黒騎士(画面右奥)の姿だった。

そんな場所に自分たちで行くのはどうかと不安がるユージオだが、アリスはキリトの提案に「氷を探しに行くのは遊びじゃないわ。お弁当の天命が長持ちするようになれば、村のみんなも助かるでしょ?」と、賛成した。さらに禁忌目録によって禁じられているのはダークテリトリーに入ることであって、洞窟に入ること自体は禁じられていないともアリスは言った。それでも不安がるユージオだが、結局キリトとアリスに押し切られてしまい、次の日、氷を探しにその果ての山脈の洞窟へ向かうことになった。
果ての山脈の洞窟へと辿り着いたキリトたちは、目的の氷がたくさんある場所を見つける。そこで氷を集めるだけ集めて戻ろうとしたが、逆に帰り道に迷ってしまう。途方に暮れかけた3人だが、その道中、どこかから風の音が聞こえてきた。キリトたちがその風の音が聞こえてきた方へと走ると、その辿り着いた出口の向こうに、血のような赤い空の下に漆黒の大地が広がっているを目の当たりにする。そここそが、禁忌目録で近づいてはならないと定められた闇の領域・ダークテリトリーだった。

次の日、ダークテリトリーの空で暗黒騎士と戦っていた整合騎士が、アリスを罪人として公理教会へ連行しに現れる。

出口を越えるとダークテリトリーへと入ってしまい、禁忌目録に違反してしまう。それを思い出して引き返そうとするキリトたちだが、黒い飛竜に跨った漆黒の鎧の騎士と、白い飛竜に乗った白銀の鎧の騎士が激しい空中戦を繰り広げているのを目撃する。その黒い騎士がダークテリトリーを守護する「暗黒騎士」で、白い騎士がアンダーワールドを統括する「公理教会」と呼ばれる組織に仕える「整合騎士」だということにキリトたちは気づいた。
キリトたちが息を呑んでその戦いを見守っている中、整合騎士が弓矢による強烈な一撃で暗黒騎士を撃ち落とした。そして地面に墜落した暗黒騎士が、まるで助けを求めるかのようにこちらに向けて手を伸ばしたのを見て、アリスが駆け寄ろうとする。それを見たキリトとユージオが慌てて制止をかけた瞬間、アリスは蹴躓いてしまい、倒れた際に投げ出した手が洞窟を越え、ダークテリトリーの大地へと触れてしまった。

自分の絶叫で目が覚めたキリトこと桐ヶ谷和人。気がつくと彼は、現実世界でのとある研究施設の一室にいた。

次の日、ルーリッドの村にあの暗黒騎士と戦っていた整合騎士が、飛竜に乗って現れた。「アリス・ツーベルクを禁忌条項抵触の咎により捕縛・連行し、審問の後に処刑する。罪状は禁忌目録3節11項、ダークテリトリーへの侵入である」と整合騎士は冷酷な声で言い放ち、アリスを連行しようとする。キリトはそれを止めようとするが、村人たちに取り押さえられてしまう。さらに一方、同じく連行を止めようとしたユージオも、右目が赤く輝くと共に激しく疼き出し、その場から動けなくなってしまった。
「ユージオ!せめてこいつらをどかしてくれ!!そしたら俺がっ…ユージオ!!」と、村人たちに取り押さえられながらキリトはユージオに向かって叫ぶが、ユージオは動けない。縄で縛られ、飛竜の足に吊るされたアリスは、キリトとユージオを見て寂しそうに微笑みかけた後、そのまま整合騎士に連行されていった。絶叫するキリト。そして次の瞬間、キリトは目が覚めた。起き上がった辺りを見回すとそこは現実世界で、キリトがいるのはどこかの研究所の実験室のような場所だった。

明日奈も含めた仲間たちから心配されながらも現実世界での日々を過ごし続ける和人の前に、ある日、ひとりの不穏な佇まいの男が現れる。

キリトこと桐ヶ谷和人は現実世界の知り合いで総務省の職員である菊岡誠二郎に依頼され、「ラース」と呼ばれるベンチャー企業である仕事を連日のように行っていた。その仕事の内容は、新型のフルダイブVR(仮想現実)マシン「ソウル・トランスレーター(STL)」を用いた仮想世界・アンダーワールドの探索というものだが、そのアンダーワールドで見たり体験した物事の記憶は持ち帰ることはできなかった。そのため和人はここ最近、自分が何をしているのか記憶が曖昧で、さらに連日の探索の影響で疲れ切っているようにも見えた。
そんな和人に、恋人の結城明日奈を始めとした仲間たちも心配する中、和人は仕事を通してのVRワールドの探索を続けた。そしてある日の夜、明日奈と帰路を辿っている時、ひとりの痩せ顔の男が現れてふたりに道を訊ねてくる。しかしその男を見て不穏を感じた和人が、男に何者だと訊ねると、男は大仰に肩をすくめ、そしてニヤリと不気味な笑いながら和人にこう言った。「ヘイ、ヘイ。そりゃないよぉキリトさん……って、あっちじゃいつもマスク被ってたっけなあ?」その男の言葉を聞いた瞬間、和人の体に戦慄が走った。

和人の前に現れたこの不穏な佇まいの男の名前は、金本敦。その正体はかつて和人たちとSAOで幾度となく死闘を繰り広げた、因縁深い殺人プレイヤー集団の幹部のひとり「ジョニー・ブラック」だった。

さらに痩せ顔の男は、不気味な笑いを浮かべながらこうも言った。「ザザの奴が捕まっちまったから、俺が根性見せないとじゃん……?『ラフコフ』最後のひとりとしてさぁ!」その言葉を聞いた途端、和人はこの痩せ顔の男の正体に気づいた。痩せ顔の男の名前は、金本敦。彼はかつて、和人と明日奈も囚われた最大最悪のデスゲーム「ソードアート・オンライン(SAO)」において対峙した、殺人鬼プレイヤーの集団「ラフィン・コフィン(笑う棺桶)」、通称「ラフコフ」の幹部のひとり「ジョニー・ブラック」だった。
そして金本は、以前にVRMMOFPS「ガンゲイル・オンライン(GGO)」で勃発した連続殺人事件を引き起こした「死銃(デス・ガン)」一味のひとりだった。主犯であり同じラフコフの幹部「赤目のザザ」こと新川昌一とその弟・新川恭二は和人と激闘を繰り広げるも打ち倒され、警察に逮捕された。しかし金本は新川兄弟の敗北と共に行方を眩まし、警察に追われながらも和人への復讐を企て、その機会を虎視眈々と伺っていたのだ。

金本の注射器で毒を注入され、和人はその場に倒れてしまった。それを見た明日奈の絶叫が、夜の街に響く。

金本は気のふれた高笑いと共に毒薬の入った注射器を取り出し、問答無用で和人に襲いかかった。和人は明日奈を後ろへと突き飛ばし、手にしていた傘で金本を迎え撃つ。そして和人の傘は金本の右太股の根元へと一撃を与えたが、それと同時に和人は金本の注射器を左肩に受けてしまい、毒薬を注入されてしまう。傘を取り落とし、金本共々その場に倒れこんでしまう和人。それを見た明日奈は一瞬愕然となった後、「キリトくんっ……!!」と、悲鳴をあげたのだった。

第2話「悪魔の樹」

人気のある場所へ向かおうと森の探索を開始したキリトは、一本の大樹に斧を打ち込み続ける樵の青年・ユージオと出会う。

金本の不意打ちにして凶刃に倒れ、意識を失ってしまった和人。次に彼が目を覚ました時は、キリトとなってアンダーワールドの森にいた。記憶が曖昧なキリトだったが、自分が着ている服装からここはVRMMOの中だと思い、ログアウトを試そうとしたが、ログアウトすることができない。途方に暮れるキリトだが、いつまでもここにいる訳にはいかない為、キリトはその場から歩き出す。そこでキリトは、一本の黒い大樹が聳え立つ場所に出て、その黒い大樹に向かって斧を振るっているひとりの金髪の青年を見つける。
金髪の青年は自らをユージオと名乗り、かつて自分の幼馴染にアリスという名前の少女がいたが、自分と共に北の山脈にある洞窟へ探検した際、誤ってダークテリトリーに足を踏み入れたことをキリトに語る。そしてダークテリトリーは魔物が住む領域であり、自分たちが住むこの人界に広められた「禁忌目録」では決して足を踏み入れてはならないと定められていた。それに抵触したことで人界を統括する公理教会の整合騎士が現れ、アリスは人界の中央にある央都セントリアへと連れて行かれたともユージオは語った。

アリスの妹であるセルカ(画面左奥)も、厚意をきかせて教会の2階の寝室のひとつをキリトに貸した。

その話を聞いて、キリトはデジャビュを覚えながら、アリスが整合騎士に連れて行かれたのはいつだとユージオに訊ねる。ユージオは6年前だと答えた後、目の前にある漆黒の大樹に斧を入れ始めた。ユージオによるとこの大樹は「ギガスシダー」と呼ばれるもので、周りの土地から大地の恵みを吸い取ってしまうからこそ自分たちは畑を広げることはできないと言った。それを聞いたキリトが、自分にも手伝わせてくれとユージオに申し出て、木樵の斧を貸してもらい、ギガスシダーに一発斬り込みを入れる。しかしギガスシダーはキリトが予想していた以上の強度で、キリトがユージオと共に500回ずつで計1000回の切り込みを入れても倒れることはなかった。
その後、キリトはユージオに彼が住むルーリッドの村へと案内され、さらにアリスの妹であるセルカの口利きで、彼女がシスターとして住み込みでお務めをしている教会へとしばらくの間泊めてもらうことになる。その夜キリトは、ここが菊岡の依頼で何度もSTLでダイブしていたアンダーワールドであり、自分が以前ダイブした時よりも時間が進んでいることに気づく。そのアンダーワールドの仕組みに不可解な気持ちを覚えながらも、キリトはひとり現実世界へ戻る方法を模索するのだった。

第3話「果ての山脈」

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説・考察まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ソードアート・オンライン』とは、架空のフルダイブ型バーチャルリアリティーオンラインゲームを舞台にした川原礫によるライトノベル、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 本作は2009年より連載の続くライトノベルのアニメ化第一弾であり、アインクラッド編は剣技で戦う世界で、続くフェアリィ・ダンス編は剣と魔法で戦う妖精世界が舞台となっている。 剣と魔法による命がけの戦いからは数多くの名言が生まれ、本作の持つ世界観は類似のVRMMORPGを舞台にした作品群にも多大な影響を与えた。

Read Article

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)のネタバレ解説・考察まとめ

『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン(SAOAGGO)』とは、川原礫の人気ライトノベル『ソードアート・オンライン』の時雨沢恵一によるスピンオフ作品とそのテレビアニメ作品である。本作は主人公のレンこと小比類巻香蓮が、VRゲームをプレイすることで高身長という自分のコンプレックスと向き合い、そしてピトフーイやエムらライバルたちと競い合うことで人間として成長していく物語を描いている。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

ヲタクに恋は難しい(ヲタ恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヲタクに恋は難しい』とは、作者のふじたがイラストサービスのpixivにて投稿を開始した漫画である。 2014年4月にウェブコミックとしてpixivに1作目が投稿され、2015年4月にはpixivで公開されている作品と描き下ろしを含めた単行本が一迅社より発行されている。略称は「ヲタ恋」。主人公桃瀬成美はオタクだが周囲に隠している。転職先で幼馴染で見た目はいいが重度のゲームオタクの二藤宏嵩と再会し、成り行きから付き合うことになる。

Read Article

マギ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

中東をモチーフにした魔導冒険ファンタジー「マギ」は、作者の大高忍(おおたかしのぶ)が週刊少年サンデーで連載している漫画作品。古の滅びた世界から干渉を試みる謎の組織「アルサーメン」の暗躍により滅びの兆しを見せ始める世界で、創世の魔法使い「マギ」の少年・アラジンは、迷宮攻略を目指すアリババらと出会い、世界の異変や悲劇、戦争を止めるべく奔走していく。

Read Article

聖☆おにいさん (中村光)のネタバレ解説・考察まとめ

『聖☆おにいさん』とは、中村光による宗教ジョーク漫画作品である。同作を元に、OVA・アニメ映画作品が制作されている。2016年12月22日、実写ドラマ化の発表があった。 キリスト教の教祖・イエスと、仏教の教祖・ブッダが東京立川のアパートでバカンスを楽しむ日々を軸に、ドタバタコメディが繰り広げられる。

Read Article

冴えない彼女の育てかた(冴えカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『冴えない彼女の育てかた』とは丸戸史明によるライトノベル、およびそこから派生する漫画、アニメ、ゲーム作品。 物語の主人公とあるオタク高校生が、とある少女をメインヒロインとした同人ゲームを作るためにサークルを立ち上げる。好きなことには熱中するその性格で、メンバー内のもめごとや納期、ライバル同人サークルとの対立など、様々な困難を乗り越えながら奮闘する物語。

Read Article

僕だけがいない街(僕街)のネタバレ解説・考察まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説・考察まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

灰と幻想のグリムガル(Grimgar)のネタバレ解説・考察まとめ

『灰と幻想のグリムガル』とは、十文字青によるライトノベル小説が原作となった、アニメ作品。 小説は2013年より刊行、アニメは2016年1月より全12話構成で放送された。 また『月刊ガンガンJOKER』にて、2015年5月号から2016年7月号まで漫画も連載されている。 ある日突然グリムガルという異世界で目を覚まし、名前以外の記憶がなくなってしまった若者たちの冒険の物語。

Read Article

心が叫びたがってるんだ。(ここさけ)のネタバレ解説・考察まとめ

『心が叫びたがってるんだ。』とは、2015年公開のアニメ映画。社会的ヒット作『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない』のスタッフにより作成され、様々なメディアに展開していった青春群青劇。幼い頃のトラウマでしゃべれなくなった高校生・順。地域交流会でミュージカルを披露することとなり、「歌なら言いたいことが言えるかも」とやる気になった彼女は、仲間たちとの様々な交流の中で成長していく。青春の爽快感と切なさが詰まった物語と、ミュージカルとして生まれ変わる懐かしいメロディーの数々を楽しめる映画作品である。

Read Article

アクセル・ワールド(Accel World)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『アクセル・ワールド』とは、川原礫によるファンタジー小説、およびそれを原作としたアニメ、漫画などのメディアミックス作品。 日常生活の多くが仮想ネットワーク上で行われる様になった2046年の地球が舞台。幼少期よりイジメの対象であった内気な少年ハルユキは、生徒会副会長黒雪姫から詳細不明のオンラインバトルゲーム「ブレイン・バースト」に誘われ、次第にバトルゲームにのめり込んで行く。 ゲームオーバーでプレイヤーとしての記憶まで消される戦いの中からは、数々の名言が生まれている。

Read Article

亜人ちゃんは語りたい(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『亜人ちゃんは語りたい』とは、ペトスによる漫画及びA-1 Pictures制作のアニメーション作品。人間とは少し違う体質を持った「亜人」と人間が共存する世界の日常物語。主人公で高校教師の「高橋鉄男」は亜人に対して興味を持っていたが、人生でまだ一度も亜人と出会ったことが無かった。しかし新学期が始まると「小鳥遊ひかり」「町京子」「日下部雪」「佐藤早紀絵」の4人の亜人に出会った。

Read Article

戸松遥(Haruka Tomatsu)の徹底解説まとめ

戸松遥とは2007年からデビューし、多くの作品を手がける人気声優。歌手としての活動も行なっている。 声優としてデビューしたことがきっかけになり、後に歌手としても活動するようになる。また、ラジオパーソナリティやナレーターなど様々なジャンルを手掛けて活動する。 現在もアニメやゲームといったサブカルチャーをメインに活動している。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

86(エイティシックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『86ーエイティシックスー』とは電撃文庫から刊行されているライトノベルおよびそれを原作とした漫画、アニメ作品。著者は安里アサト、イラストはしらび、メカニックデザインはI-IV。 軍事大国ギアーデ帝国は国内で開発した無人兵器〈レギオン〉を武器に周辺諸国へ宣戦布告。〈レギオン〉部隊による侵略戦争が全世界を巻き込んだ大戦となる。 尊厳を奪われ消耗品として扱われるエイティシックスと後方から特殊通信で彼らの指揮を執る指揮管制官〈ハンドラー〉が織りなす激しく悲しい戦いと、人との別れが連なる物語である。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説・考察まとめ

『中高一貫!!キメツ学園物語』とは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』の公式スピンオフ漫画である。ジャンルはセルフパロディ、現代パロディ、学園パロディ、ギャグ。「中高一貫キメツ学園」を舞台に、『鬼滅の刃』のキャラクターたちが学生や教師としてユニークな現代風の設定で登場し、ドタバタの日常を繰り広げる。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

目次 - Contents