グリザイアの楽園(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの楽園』とは2013年5月に発売されたアダルトゲームである。『グリザイアの果実』『グリザイアの迷宮』の続編であり、シリーズ完結作にあたる。メインルート「ブランエールの種」では前作「カプリスの繭」の最後から直接繋がっており、主人公・雄二がオスロに立ち向かい、ヒロイン達と平穏な生活を手に入れるまでを描く。同時収録の「Prologue De La GRISAIA」は『果実』の前日譚でありヒロイン達が学園に集まる過程を描いている。「萌えゲーアワード2013」では準大賞受賞。

キアラ・ファレル

CV:桜城ちか(PC版) / 月ヶ瀬あかね(他媒体)
JBの部下である女性。作画担当フミオ。

JBの部下であり室長補佐を務めている。市ヶ谷の地下に軟禁された際には無理やり面会をしにいくなど強引な面を見せる。この時JBに頼まれた電子ペットの世話を通して「タナトス」に情報提供をしているが、それに気づいていなかったため困惑していた。

JBが一姫を連れて逃げる際に助けに来ており、この時JBの背中に背負われた一姫を見てJBがどこから盗んできたと誤解して母親に返せと言った。一姫が「タナトス・システム」であると知った際には驚きの声を上げた。この時JBが一姫と共に逃げることになり一緒に行こうと誘われたが、因島に家族がいることと父親がスパイ容疑で収監されていることからこれを断っている。
JBとの共謀を疑われないように一芝居打つことになり、数発の威嚇射撃のあとJBに銃を向ける。しかし年2回の訓練の時しか触らないため慣れておらず発砲時の音と衝撃を恐れ背中を反らし、顎を突き出すためJBに様になっていないと思われている。
JBに倒された際に車のカギを貸してと言われて持っていかれ、代わりにJBの車を貰っている。

アダム

CV:水樹空 (PC版)/ 小林直人(他媒体)
アメリカ本国から日本のCIRFに属している男性。

雄二の担当官を外されたJBの代わりに担当官になった。雄二を危険視しているため雄二に対して冷たく、薬漬けにして弱らせ動けなくするなどする。
アダム・ブラックと名乗っているが本名ではなく、一姫にはケヴィン・ヒューリーと呼ばれていたためこちらが本名である。
オスロとの交渉も行っており、度々オスロに連絡を取っては小馬鹿にされるため通話を切った後は悪態をついている。
奪還されてしまった雄二の居場所を探るために雄二の元上官であるアニエスを赤坂に呼びつけている。

ゾーイを使い内密に「タナトス・システム」をアメリカへ密輸しようとしていたが、ゾーイが一姫との取引に乗ったため叶わなかった。この時一姫に「女を信用するな。スパイを信用するな。ましてや女スパイを信用するなんて、男って本当に馬鹿ね」と馬鹿にされている。更に一姫により協力を要請された際には即答できかねるとして一姫から用なし扱いを受け、その後のやり取りはアニエスを通して行われた。これにより都内に仕掛けられたオスロの爆弾の位置情報を手に入れ、グダグダ話す赤坂の上司たちを一喝してオスロを出し抜くチャンスであるとして処理に動いた。

ヤブイヌ小隊

ジャスティン・マイクマイヤー

CV:水樹空(PC版) / 小林直人(他媒体)
雄二が所属していたヤブイヌ小隊の隊長をしていた男性。
作画担当フミオ。

ヤブイヌ小隊隊長時は少尉であったが大尉に昇進している。曰く軍医は昇進が早いとのこと。一姫の買った伊号に艦長として乗りミャンマーから来日し、雄二たちと合流、雄二の治療をした。
元々伊号はジャスティンの父親の友人が道楽で作ったものであり維持に困窮して手放すと決められたときジャスティンが競売の手配をし、売却後の配送として役としてやってきた。

ヒロイン達の奪還作戦の成功については運や奇跡ではなくすべて「タナトス・システム」のお膳立てと雄二の腕輪の存在であると断言している。雄二の腕輪が下手なところで爆発されては困ると言うオスロのお目こぼしの状態であると指摘しているが、それをわざわざヒロイン達に言う必要はないと考えている。

日本人の名前の発音はやはり苦手であり、タチバナとは発音できたが千鶴の名前をうまく発音できず「Cずる」と呼んでしまっていた。

雄二の身体がボロボロであることを理解しており、ミリーに雄二が星空が見えると言い出したら控えすようにと忠告していた。

ダニエル・ボーン

CV:倉島丈(PC版) / 藤井剛(他媒体)
海兵隊時代の雄二の親友である男性。
作画担当は渡辺明夫。

物語開始前に故人になっている。死亡原因ははっきりとわかっておらず、仕事中の事故として処理されている。

雄二の夢のなかに度々姿を現している。

ミリー・スタン

CV:東かりん(PC版) / 平山縁(他媒体)
雄二の同期でヤブイヌ小隊に所属していた女性。
作画担当は渡辺明夫。

本名ミリエラ・スタンフィールド。ヤブイヌ小隊脱退後は沖縄の基地でパイロットをしていた。雄二の危機と聞き本来ヘリを操縦する予定であった男性を身体で釣り、油断していたところを気絶させ装備を奪いヘリへ搭乗する。この時飛び立つ寸前に本来のパイロットが身ぐるみをはがされた状態で発見されたことで偽物であるとバレてしまい止められてしまう。ヘリに搭載された20ミリガトリングを撃つなどして威嚇をするが隊員が止めにやってくる。この時エドワードがミリーを止めに来た隊員を身体を張って止めたためミリーは無事に飛び立つことに成功する。

その後、敵戦闘ヘリに襲われている天音たちの元へ駆けつけ敵戦闘ヘリに向かい20ミリガトリングを発砲、撃ち墜とすことに成功している。戦闘時に飛行教科課程において厳禁とされる横滑りと言われる技術を使用する。(横滑りとは機軸と飛行方向とが一致しないことを指し、故意に行うことで飛行方向を調整することが可能。実戦において多用される技術である)

伊号に着陸した際には雄二とのラブラブな妄想を思い描きながら駆け寄るが雑な扱いを受ける。この様を見たみちるを除いたヒロイン達はみちるにそっくりであると零していた。
ミチルが雄二にキスをした際には激怒してみちるを殴っていた。

雄二をヘリに乗せてタルタロス島へ向かう。その時に会話の名から雄二が星屑症候群を発症していることに気づき、雄二の様子がおかしいなら引き返すようにとジャスティンから言われていたが雄二の意思を尊重して引き返すことをしなかった。

ロバート・ウォルソン

右側男性

CV:イモ(PC版) / 三苫紘平(他媒体)
ヤブイヌ小隊の隊員の男性。
作画担当は渡辺明夫。

「ブランエールの種」開始時点で市ヶ谷を抜けており、メイドのいる蕎麦屋岡田屋を経営している。また市ヶ谷を抜ける際に死んだことになっており、そのためジェームズ(ジミー)・岡田を名乗っている。

由美子とコンタクトを取り、雄二の情報を教えるために自身の経営する蕎麦屋に呼び寄せた際にはアダルトゲームをプレイしていたため由美子から不審がられていた。
市ヶ谷にいたときには「タナトス・システム」の管理をしており、この時に「タナトス」と交流を持つようになる。

雄二を助けたいと思い尽力を尽くすとして「タナトス・システム」の穴からネットを繋ぎ様々な協力をしていた。

ゾーイはジミーの妻でありゾーイが何らかの任務中に夫婦を演じた際に本気になりそのまま結婚した。雄二のことを友人として助けたいという気持ちは本物であるが、ゾーイの雄二に対する恨みを知っており、彼女の気持ちも尊重している。

やはり日本人の名前が発音しづらいらしく由美子のことをジュビコと呼んで怒らせていた。

エドワード・ウォーカー

CV:秋山樹(PC版) / 鶴岡聡(他媒体)
ヤブイヌ小隊の隊員の男性。
作画担当フミオ。

沖縄の米軍基地に配属されておりジミーから事情を聞いていたため、ミリーがヘリで飛び立つのを身体を張って助けた。

海兵隊

アニエス・ギャレット

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

グリザイアの果実(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの果実』とは2011年にフロントウィングから設立10周年記念作品として発売されたアダルトゲームである。愛称「グリカジ」。 「私立美浜学園」を舞台に転校生風見雄二が5人の少女との恋愛をしていくものである。少女と仲を深めていくと見えてくる辛く重い過去を主人公が向き合い救済し人生を共にしていく物語が展開される。萌えゲーアワード2011大賞部門金賞受賞作品。PSP版とPS Vita版はファミ通クロスレビューシルバー殿堂入りを果たした。

Read Article

グリザイアの迷宮(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの迷宮』とは2012年2月に発売されたアダルトゲームである。『グリザイアの果実』の続編で、各ヒロインのアフタールートと主人公・風見雄二の過去編である「カプリスの繭」などを収録している。「カプリスの繭」では雄二の家庭環境から雄二の姉一姫と両親が亡くなりテロリストに引き取られ殺人マシンなってしまい、後に自身の養母になる麻子に引き取られ育てられ、学園に来るまでを描く。「萌えゲーアワード2012」で、SILVER大賞・ユーザー支持賞および主題歌賞の金賞受賞。

Read Article

NEW

グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『グリザイアの果実 -SIDE EPISODE-』とは株式会社フロントウィング設立10周年記念作品であるアダルトゲーム『グリザイアシリーズ』の番外編にあたるエピソードを収録したゲームであり、アニメ『グリザイアの楽園』のBlu-ray&DVDの初回限定特典としてPC用に配布されたダウンロードコンテンツである。シナリオは「グリザイアの有閑」「グリザイアの残光」「グリザイアの旋律」の全3本。後にPS Vitaにて一般発売された。PS Vita版のみ主人公フルボイスになっている。

Read Article

目次 - Contents