バチェロレッテ・ジャパンの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、アマゾンプライムビデオで配信されている婚活サバイバル番組。アメリカ発の人気シリーズとして好評な『バチェラー』シリーズの男女逆転版で、1人の独身女性(バチェロレッテ)を17人の個性豊かな男性たちが奪い合う。個性豊かな人物たちの人生ドラマとしても評価されており、数多くの名言が登場した。

『バチェロレッテ・ジャパン』の概要

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、アマゾンプライムビデオで2020年10月から配信が開始された婚活サバイバル番組。1人の独身男性(バチェラー)が20人の女性の中から結婚相手を見つけるアメリカ発の婚活サバイバル番組『バチェラー』シリーズの男女逆転版で、1人の独身女性(バチェロレッテ)が17人の男性の中から運命の結婚相手を探し出す。キャッチコピーは「今度は女が選ぶ番」。
初代のバチェロレッテとして選ばれたのは、スポーツトラベラー・モデルとして活躍する福田萌子。ミスユニバースジャパンの入賞歴もあるほどの美貌とスタイル、現代の女性らしい強さを兼ね備えた、規格外のセレブ女性である。その福田萌子を奪い合う職業も年齢も国籍も出身もバラバラな個性豊かな17人の男性たち。彼らとバチェロレッテは真実の愛をみつける旅に出て、各地で豪華でロマンチックなデートを重ねる。各エピソードの最後にはバチェロレッテが今後も一緒に旅を続けたいと思う男性に一輪のローズを渡す「ローズセレモニー」が開催され、そこで選ばれなかった男性はその時点で脱落となる。バチェロレッテはどのように運命の結婚相手を見つけ出すのか、男性たちはどのような方法でバチェロレッテの心を射止めるのか。登場する人物たちの心情の変化や行動が多くのインタビューによってリアルに映し出される。
婚活サバイバルの枠に収まらず、登場する人物一人一人の人生ドラマとして見ることができる点が魅力。ローズセレモニーで誰がローズを受け取ることができるのか、誰が脱落してしまうのか、最後の一人に残るのは誰なのか、毎回の配信のたびに視聴者たちの考察で各SNSは大きな盛り上がりを見せた。
萌子が男性たちに贈るアドバイスや、男性たちが萌子に振り向いてもらおうとかけた甘い言葉は視聴者の心に残る名言のオンパレードとなった。

福田萌子の名言・名セリフ

「つらいときが成長するときだよ!Let's enjoy!!」

エピソード3において、萌子の弟的存在であるケビンとともにワークアウトを計画した。運動が苦手な男性も得意な男性もあまりにもつらいトレーニングにみな死にそうになるが、普段からきついトレーニングを続けている萌子は笑顔で男性たちにこの言葉をかける。
萌子はしんどいときに見えるその人の本性をワークアウトを通して見極めようとしていたようだ。

「生きていることって、愛していること」

エピソード4での台湾デートの際、萌子は杉ちゃんと灯篭飛ばしに出かけた。各々好きな言葉を灯篭に書いて見せあうのだが、萌子の灯篭に書いてあった言葉は「生きる」。
萌子はすべてのことには愛があり、愛があるからこそ生きていけるのだという考えを杉ちゃんに語った。

「まんべんなくできるってそんな素敵なことないじゃないですか。これが個性ですよ」

エピソード5において、黄皓と二人で温泉デートに行った際に萌子が言った名言。黄皓はエリートでなんでもそつなくこなしてしまうタイプ。そんな自分は個性がないのではないかと悩んでいた。しかし、そんな黄皓に萌子はなんでもできることが一番すばらしいと励ました。このように萌子は男性に数々のアドバイスを作品の中で与えている。彼女の言葉で救われた男性も多いのだ。

「前よりもはるかにかっこいい男性に成長した。あなたの成長を見てくれる私なんかよりもっと素敵な人が、絶対に現れるから」

エピソード6のローズセレモニーで、脱落してしまったマラカイに萌子がかけた言葉。萌子はエバンズへ数々のアドバイスを送り、彼もそのアドバイスによってどんどん成長していった。相手のポジティブな未来を後押しするような萌子の別れの言葉は思いやりにあふれており非常に印象的だ。

「まるで青春漫画を見ているよう。恋愛だけではなくて、いろんな愛の形がここに生まれていることを実感した」

サバイバルな旅を重ね、固い絆で結ばれた男性たち。

エピソード6の終わりには、5人の候補者から2人が脱落した。5人ともエピソード1から共に旅を重ね、固い友情で結ばれていた。マラカイと北原の脱落が決まり、彼らを見送る際、男性たちは誰からともなくみんなで涙を流し抱き合った。それをみた萌子の言葉。バチェロレッテが単なるラブストーリーではなく、熱い友情のストーリーでもあることがわかる言葉。

「旅の終わりは私が決める。私の旅だから」

誰も選ばない、という前代未聞の決断をした萌子。しかし、萌子の芯の通った人間性からもこの決断を迷うことはなかった。彼女は男性たちにお別れを告げる前にこのセリフを言う。萌子は誰の意見にも左右されずに、自分の人生のためにこの決断を下した。

男性たちの名言・名セリフ

エヴァンズ・マラカイ「萌子さんのこと全然考えてないじゃん!」

たった一本のストールンローズをかけて話し合う3人。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バチェロレッテ・ジャパンのネタバレ解説・考察まとめ

『バチェロレッテ・ジャパン』とは、アマゾンプライムビデオで配信されている婚活サバイバル番組。アメリカ発の人気シリーズとして好評な『バチェラー』シリーズの男女逆転版で、1人の独身女性(バチェロレッテ)を17人の個性豊かな男性たちが奪い合う。今回の主人公となるバチェロレッテは圧倒的な美貌と強さを兼ね備えた規格外のセレブ、福田萌子。彼女が次々と男性たちの本質を見極めていく様は多くの視聴者から高い評価を受けた。

Read Article

東野・岡村の旅猿《インド/中国/ベトナム/韓国》海外の旅‐あらすじまとめ

プライベートでも仲のいい芸人・東野幸治と岡村隆史が、行き先もやることもすべて自分たちで決める珍道中を記録した問題番組!嫌な事は「嫌!!!」と言い、楽しさも嬉しさも不快さも顕にする出演者たち。他では見れないリアルな本性が見え隠れする2人の姿は、クセになる面白さに満ち溢れている。

Read Article

東野・岡村の旅猿《パラオ/ハワイ/台湾/ネパール/スイス》海外の旅-あらすじまとめ

芸人・東野と岡村が旅をするだけなのに、何故か笑いが止まらない問題番組。相変わらず巻き起こる珍事件と悲劇の数々。さらに”ヤバイ”出川哲朗に続いて”自由人すぎる”ジミー大西が加わり、どんどん予測不能になっていくのだが…。あまりの面白さに、見終えた翌日は腹筋が筋肉痛になってしまう…かもれない。

Read Article

『東野・岡村の旅猿 シーズン2(国内編)』あらすじや見所まとめ 出川&ジミーの参戦で大荒れ!

岡村隆史たっての希望で制作された旅猿シーズン2《岩手・八幡平でキャンプと秘湯の旅/北海道・屈斜路湖 カヌーで行く秘湯の旅/山梨・甲州で海外ドラマ観まくりの旅/琵琶湖で船上クリスマスパーティーの旅》について。旅猿の大ファンを公言する出川哲朗と、自由奔放さがウリのジミー大西の参戦で、旅猿はシーズン1にも増して大荒れの予感!

Read Article

目次 - Contents