ブルーピリオド(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーピリオド』とは、2017年より山口つばさが『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載している「芸術」に向き合う若者を題材にした青年漫画である。特に熱中できるものもなく、日々の生活に虚しさを覚える高校2年生の主人公が、美術の授業をきっかけに絵の世界に惹き込まれ、日本で一番高い倍率を誇る「東京藝術大学」を受験することを決める。芸術の世界の厳しさに何度打ちのめされても、諦めきれずにもがき続ける主人公と仲間達の苦悩や葛藤が描かれた青春群像劇である。

マキとの会話で勇気をもらった八虎が、前を向いていった。半分はマキへ伝えるために、半分は自分へ言い聞かせるように発した言葉。これ以降、八虎は評価を気にしすぎなくなる。

猫屋敷教授「じゃあ彼とのセックスを作品にすれば?何でうけるの?そういう作家のこと見て笑ってるの?そのプライドって作品良くするより大事?」

藝大の油画科で唯一の女性教授である猫屋敷教授の一言。彼女に憧れる生徒に、自分は利用できるものを全て作品に使ってきただけだと主張する。作品にためには何でもすると宣言する猫屋敷教授の覚悟がうかがえる。

猫屋敷教授「だって私の全部をギブしないとみんな私の作品見ないもん」

関わった全ての人へ贈り物や感謝の気持ちを伝えることを欠かさない猫屋敷教授。そこまで人に気を遣って疲れないのかと聞かれた時の一言。普段は明るい猫屋敷教授の、傲慢にならずに誰よりもシビアに自分の価値を評価している現実的な一面が窺える。

『ブルーピリオド』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

作中の絵の協力者達

ブルーピリオドに出てくる絵には、端の方に小さく名前が載っている。これは、実際にその作品を描いた作者の名前だ。山口つばさは、藝大受験をリアルに描くために大学時代の友人などを対象にして、定期的に取材を行っている。その取材のついでに予備校時代の絵や最近のデータなどがあるかどうかを友人たちに尋ね、絵を集めていたそうだ。また、現役の藝大・油画専攻の学生に絵をお願いしている場合もあるという。

「藝大アーツイン丸の内2018」にて藝大とのコラボが実現

出典: www.geidai.ac.jp

「BORN!」をテーマに“見て、聴いて、触れて、食べて楽しむ”体感型の各種アートイベントを実施。「MANGAストリート」という企画では、丸の内界隈のストリートにブルーピリオドのワンシーンが張り出された。

ブルボンのアルフォートとコラボ

出典: www.bourbon.co.jp

YOASOBIが、ブルーピリオドからインスパイアされた楽曲である群青をリリースした。この楽曲は、ブルボンのアルフォートミニチョコレートのCMで起用され、2020年9月1日に解禁された。このCMでは、俳優である杉野遥亮とぶーピリオドの主人公である矢口八虎がコラボしている。

アルフォートのCM楽曲であるYOASOBIの「群青」。スペシャルムービーでは、ブルーピリオドとコラボしている。

クリープパイプとコラボ

『ブルーピリオド』と、ロックバンドであるクリープハイプの楽曲「栞」がコラボレーションした「マンガミュージックビデオ(MMV)」がYouTubeで公開されている。「マンガミュージックビデオ」とは、「マンガと音楽という2つのカルチャーを応援する」をテーマに、CHOCOLATE Inc.とサントリーが企画するプロジェクト。「クリープパイプのオフィシャルTwitterは、「美大受験を目指す主人公・八虎とそのライバル世田介の”簡単なあらすじなんかにはまとまらない”関係が楽曲にのせて描かれています。」とツイートしている。

MMVを紹介しているクリープパイプのオフィシャルTwitter。「いいね」が7000を超えることからもその反響ぶりがうかがえる。

ikairyojinnb1
ikairyojinnb1
@ikairyojinnb1

目次 - Contents