ブルーピリオド(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーピリオド』とは、2017年より山口つばさが『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載している「芸術」に向き合う若者を題材にした青年漫画である。特に熱中できるものもなく、日々の生活に虚しさを覚える高校2年生の主人公が、美術の授業をきっかけに絵の世界に惹き込まれ、日本で一番高い倍率を誇る「東京藝術大学」を受験することを決める。芸術の世界の厳しさに何度打ちのめされても、諦めきれずにもがき続ける主人公と仲間達の苦悩や葛藤が描かれた青春群像劇である。

予備校・東京美術学院

桑名マキ(くわなまき)

八虎と同じ油画科を選択しているクラスメイト。後に振り分けられる少人数制のクラスでも同じDクラスになる。家族が全員藝大出身で、姉は現役かつ首席というサラブレット。しかし、それゆえの苦悩を多く抱えている。藝大の受験では2次試験で落ち、その後浪人することを決意する。

橋田悠(はしだはるか)

八虎と同じ油画科を選択しているクラスメイト。後に振り分けられる少人数制のクラスでも同じDクラスになる。高いコミュニケーション能力を持ち、八虎ともすぐ仲良くなる。また生粋の絵画オタクであり、その知識は八虎を何度となく奮い立たせてきた。マキと同じく藝大の受験では2次試験で落ちたが浪人はせず、多摩美術大学に進学した。

大葉先生(おおばせんせい)

八虎や悠、マキの担当教員。常に声が大きくハツラツとしているが、その実冷静に生徒の性格や精神状態を観察し把握している。時には率直に厳しい言葉も発するが、基本的に明るく生徒の悩みには真摯に耳を傾け助言する。八虎に技術や考え方を一から教えた。八虎や悠、マキの担当教員。常に声が大きくハツラツとしているが、その実冷静に生徒の性格や精神状態を観察し把握している。時には率直に厳しい言葉も発するが、基本的に明るく生徒の悩みには真摯に耳を傾け助言する。八虎に技術や考え方を一から教えた。

岡田さえ(おかださえ)

八虎と同じDクラスの生徒。骨が好きで、Dクラスで骨の博物館に行った際は、独特な捉え方で他の生徒と一線を画していた。女子美術大学を志望しており、無事に合格した。

石井啄郎(いしいたくろう)

八虎と同じDクラスの生徒。坊主頭が特徴的な生徒で、受験前は追い込まれて、描いた絵を泣きながら破いていた。

桜庭華子(さくらばはなこ)

八虎と同じDクラスの生徒。かなりの美形で、基本的に制服を着ている。しかし実は2浪している。制服を着ていたのは、節約のために作業中のつなぎがわりにしていたからだった。3浪する予定だったようだが、正社員として書店で働く道を選んだ。

東京藝術大学

村井八雲(むらいやくも)

藝大の油画科に入学した八雲のクラスメイト。とにかく大きい作品が好きで、自身にみなぎっている。そのため、最初は八虎に毛嫌いされていたが、その自信が確かな知識の積み重ねからきていることを知り、仲良くなる。明るい性格から、チームのムードメーカー的役割を担う

鉢呂健二(はちろけんじ)

ikairyojinnb1
ikairyojinnb1
@ikairyojinnb1

目次 - Contents