ブルーピリオド(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーピリオド』とは、2017年より山口つばさが『月刊アフタヌーン』(講談社)にて連載している「芸術」に向き合う若者を題材にした青年漫画である。特に熱中できるものもなく、日々の生活に虚しさを覚える高校2年生の主人公が、美術の授業をきっかけに絵の世界に惹き込まれ、日本で一番高い倍率を誇る「東京藝術大学」を受験することを決める。芸術の世界の厳しさに何度打ちのめされても、諦めきれずにもがき続ける主人公と仲間達の苦悩や葛藤が描かれた青春群像劇である。

八虎たちには恋ちゃんと呼ばれる。金も頭もないのでパティシエになる夢は諦めていたが、八虎の頑張る姿に影響され、夢を追いかけ始める。八虎の表面的な性格ではなく本来の性格を誰よりも早く察知する。そのため、高校卒業後も八虎の相談を何度か聞いている。

歌島(うたしま)

高校時代、コピーバンド「マチエールズ」と言うバンドでギターを担当していた。あまり物事を深く考えない割と適当な性格である。何となく大学に行こうとしていたが、あまり勉強していなかったため受験には失敗した。特に大学に行きたい気持ちもないので浪人もやめた。しかし、この軽いノリが時として思い詰めていた八虎の心を軽くすることがある。

美術部

佐伯先生(さえきせんせい)

八虎の通う高校の美術部顧問。八虎に絵の面白さを教え、美術の道に導いた。普段は穏やかだが、人の本質を見抜く力があり、悩んでいる生徒に優しく助言をする。八虎もその助言に幾度となく助けられている。

森先輩(もりせんぱい)

八虎の1つ年上の美術部員で、登場時は高校3年生。八虎が初めて目を惹きつけられた巨大な絵を描いた本人。以来、森先輩は八虎にとって憧れとなる。八虎が油画を選択したのも、森先輩が油画科を選んだことに起因している。祈りという明確なテーマを持って描き続ける彼女に、八虎は何度も救われている。

山本先輩(やまもとせんぱい)

右が山本先輩。

森先輩と同じ高校3年生の美術部の部員。1歳年上の先輩だが、基本的に部員たちとのやり取りはタメ語で行っていることが多く、穏やかな雰囲気を漂わせている。

海野さん(うみのさん)

八虎やユカと同級生の美術部員。二次元を描くことが好きなオタクだが、それゆえにデッサンでは佐伯先生に観察が足りていないと指摘されることもある。高校卒業後は大阪芸大に進学した。

白井さん(しらいさん)

左が白井さん。

八虎やユカと同級生の美術部員。同じ美術部の海野など他の美術部員と一緒に同人誌を作成していた。高校卒業後はイラスト系の専門学校へ進学した。

城田ちゃん(しろたちゃん)

一番右が城田ちゃん。

八虎の一個下の後輩で美術部の部員である。八虎たちの卒業の際に、次の美術部長として描かれている。

ikairyojinnb1
ikairyojinnb1
@ikairyojinnb1

目次 - Contents