トリニティ・ブラッド(トリブラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『トリニティ・ブラッド』とは、著者・吉田直/キャラクター原案・THORES柴本による長編ダークファンタジー小説、及びそれを原作としたドラマCD、コミックス、アニメ作品である。
舞台は、中世のヨーロッパの啓蒙時代を彷彿とさせる世界観の遠未来。突如現れたヴァンパイアと人間は、互いの生存権をかけて戦いを続けていた。そんな中、ある神父がイシュトバーンと呼ばれる地に訪れ、レジスタンスとして活動するシスター見習いに出会う事から物語は大きく動き始める。

『トリニティ・ブラッド』の概要

『トリニティ・ブラッド』とは、著者・吉田直/キャラクター原案・THORES柴本による長編ダークファンタジー小説、及びそれを原作としたドラマCD、コミックス、アニメ作品である。
世界中を巻き込んだ核兵器、細菌兵器などが飛び交った大厄災/アルマゲドンと呼ばれる大戦争後の地球を描く。
大厄災後、人類が持つ文明はほとんどが破壊され生存圏はヨーロッパ周辺にまで狭められる中、人々の生活は中世の水準まで後退していた。
そんな中、追い討ちをかけるように現れたヴァンパイアと戦う事になる人類。
ローマ教皇の流れを汲む、ヴァンパイアに抵抗する人類の国家機構教皇庁を中心にしてかろうじて勝利する。
その後も、生き残った吸血鬼達との小さな小競り合いを続けていた。

長編シリーズ『Reborn on Mars』(通称:R.O.M)6巻と、短編集シリーズ『Rage Against the Moons』(通称:R.A.M)6巻の計12巻が、角川スニーカー文庫より発刊されている。
それを原作に、『R.M.A』の小説3巻分がドラマCDになり『月刊Asuka』2003年10月号より九条キヨ作画にて、コミックス版の連載が開始される。
途中2004年7月15日に、原作者である吉田 直氏が病により急逝してしまった。
そのため新たな展開を迎える所で、未完結という形の連載終了を迎えてしまう。

コミックス版は、著者の死後も『R.O.M』と『R.A.M』のストーリーを織り交ぜながら物語が展開されている。
主人公をエステル・ブランシェに設定したストーリー展開がなされている。
コミックス版は『月刊Asuka』連載から、2016年11月より電子版雑誌コミックニュータイプに連載の場を変える事となる。
Web連載になるが、原作の物語のコミックス化はついに、2018年4月24日に最終話配信まで辿り着き完結となった。

2005年4月28日よりWOWWOWノンスクラブ放送にてアニメーションも全25話編成放送されている。
原作とは異なり、同じ時系列の編成になっているため違った展開が見られる作品である。
また、DVDも販売されている。

『トリニティ・ブラッド』のあらすじ

嘆きの星編

アベルとエステルの出会いのシーン

世界中を巻き込んだ核兵器、細菌兵器などが飛び交った大厄災/アルマゲドンと呼ばれる大戦争後の地球。
大厄災後、人類が持つ文明はほとんどが破壊され生存圏はヨーロッパ周辺にまで狭められる中、人々の生活は中世の水準まで後退していた。
また、追い討ちをかけるように現れたヴァンパイアと人類は戦う事になる。ヴァンパイアに抵抗する人類の国家機構教皇庁を中心にして人類はかろうじて勝利。
その後も、生き残った吸血鬼は自分達のことを長生種/メトセラ、人類のことを短生種/テランと蔑みを込めよび、人類と小さな小競り合いを続けていた。

そんな中、砂漠の街「イシュトバーン」そこに君臨する吸血鬼であるジュラ・カダール/ハンガリア侯爵を撃つために、レジスタンスが暗躍していた。その1人、エステル・ブランシェは、街教会に住む見習いのシスターだった。ある日、街に出ていたエステルはカラスに襲われている1人の神父に出会う。彼こそが、物語のもう1人の主人公、アベル・ナイトロードである。
アベルは、エステルの住む聖マーチャーシュ教会に派遣された神父だった。2人は教会で再会し、物語の歯車は大きく音を立てながら動き始める。

エステルが過ごした教会が、市警軍によって破壊される

レジスタンス活動を察知したハンガリア侯により、教会に住む聖職者が殺される事件が起こる。
居合わせた神父アベルの活躍で、犠牲者が出たものの壊滅的被害は免れた。
悲しみを抱えながらエステルは、生き残った司教ローラ・ヴィテーズに今までのことを打ち明ける。
レジスタンスとして活動していた事、これからハンガリア侯の元に向かうため教会を出ることを告げた。
そんなエステルを司教ローラは受け入れ、必ず無事に戻るように告げ送り出した。

エステルは仲間のディートリッヒと神父アベルたちと、出発しようと背を向けた教会から爆発音が響き渡る。
育ての親と共に燃える教会の前に立ちすくむエステル達。
爆発の際、エステルを庇う形でアベルは背中に爆風により負傷を負ってしまう。
一旦体制を整えるため、アベルはディートリッヒにエステルを託し、ここからひとまず離れるように告げたのだが、再びピンチが訪れる。
イシュトヴァーン市警軍が待ち受けていたのだ。
今度こそ絶体絶命のアベルだったが、市警軍に潜入調査していたトレス・イクス神父の機転により事態は好転する。
その場にいる市警団の制圧に成功する二人。
少し離れたところで、教会を見ていたエステルは泣き崩れてしまう。
そこへ、やってきたアベルは「私は、あなたの味方ですから」とエステルを励まし、再びジュラの元を目指すのだった。

ジェラの居城に辿り着こうとした瞬間、嘆きの星が背後の山を轟音と共に破壊した

再び、一路ハンガリア侯の元へ向かうアベルとエステル・ディートリッヒ達。
ハンガリア侯の居城を目前にした3人は、嘆きの星が山を破壊する場面を目の当たりする。

急ぎ向かった城内で待ち受けていたのは、ジュラ・カダール/ハンガリア侯 本人だった。
怒りに任せてエステルは、一体何をしたのかとジュラに詰め寄る。
ジュラは「亡き妻が復旧したロストテクノロジー、はるか高みーーー宇宙から愚民どもに下す制裁、妻が残した希望の星だよ。」と告げた。
それを聞き、エステルは手に持っていたボウガンを撃ち放つのだが、ジュラに届くことはなく受け止められ逆にエステルを狙って矢を投げ返されてしまう。
アベルはボウガンの矢を受け止めてエステルを守ると、ジュラに嘆きの星を止めるよう説得する。
ジュラの妻は短生種だった。しかし、同族であるはずの教皇庁の人間に夫が吸血鬼だという理由だけで殺された事をジュラは語った。
そして、アベルの提案は到底受け入れられるものではないとはね退けたのだった。

ジュラは嘆きの星の次の照準がどこに向いているか、ディートリッヒに確認する。
レジスタンスの仲間だと思われていたディートリッヒは、実はジュラの協力者であり、嘆きの星をプログラミングし直したプログラマーだったのだ。
笑顔で次の目標はローマのヴァチカン本部の座標であると伝えるディートリッヒは、怒りと混乱のさなかにあるエステルに銃を持たせる。

ディートリッヒの話に混乱しながら、エステルはジュラに向かって銃を構え、弾丸を放つのだった。
しかし、ディートリッヒの特殊な能力に操られ、誤ってアベルを攻撃してしまう。
エステルは、ディートリッヒに裏切られた怒りと悲しみ、アベルを撃ってしまった罪悪感から放心する。
ジュラの魔の手がエステルに伸びようとしたその時、死んだかと思われたアベルがジュラに向かって銃を放つ。
エステルをなだめながら、「ディートリッヒが嘆きの星の自壊コードを知っているはずだから、後を追うように」とアベルは告げたのだった。
エステルの姿が見えなくなったことを確認したアベルは、ナノマシン・クルースニクを起動させ、ジュラを倒す。
その頃、自分を追いかけてきたエステルに、ディートリッヒは嘆きの星の自壊コードを伝え、どこかへと姿を消した。
それは、自壊コードではなく目標をイシュトバーンに変更するコードだった。

再びディートリッヒに裏切られ怒りをあらわにするエステルの隣で、アベルは大厄災前の身分証明書を音声入力する。
全く意味がわからず混乱するエステルを尻目に、嘆きの星は自壊することとなった。
それを見届けたジュラは、「やはり、御身は…。俺の考えていた通りのお方だったな。」と意味深な言葉を発するのだった。

そしてエステルがアベルに先程のことを問おうとした時、軍の生き残りが雪崩れ込んできた。
その銃口がエステルに向いた時、なんとジュラがエステルを庇ったのだ。
そんなジュラの行動に混乱し、人間と吸血鬼の争いに疑問を抱いたエステル。

数日後、アベル、トレスは一連の顛末を報告するためローマ行きの列車に乗り込もうとしていた。
そこにはエステルの姿もあった。

熱砂の天使〜夜の女王編

ラドゥの行動に感じていた違和感の正体に気づいたエステル

嘆きの星の事件後、トラブルに巻き込まれながらもローマにたどり着いてはや5ヶ月。
エステルは、見習いシスターを卒業し正シスターとしてヴァチカン本部にて、日々任務に明け暮れていた。
まるで、イシュトバーンでの出来事は、遠い昔のようにエステルは感じていた。
一方、アベル達の直属の上司であるミラノ公ことカタリーナ・フォルツァは、兼ねてから短生種と長生種の和平を心から願い秘密裏に尽力していた。
ある日、ミラノ公は長生種の支配する新人類帝国の勅使がカルタゴにやってくる為、カルタゴでミサを行う事を表向きの理由とし、帝国からの勅使と直接面会するために移動することを秘書であるシスター・ケイトに内密に告げていた。
エステル達は、カルタゴに逃げた元ヴァチカン職員のプログラマーを現地にて逮捕した際、気になることを耳にする。
「魔法使いに頼まれて、砂嵐を作った。」
その事を、アベルに告げると、アベルは意味深な表情を浮かべるのだった。
そんなアベルに何か引っ掛かりを感じながら、エステルはトレスと共に捕まえたプログラマーの牢へ向かう。
牢獄の前まできた時、中の異変に気づいたトレスが牢をこじ開け急ぎ確認する事になる。
中では、捕らえたプログラマーが焼死体となっていた。
その首には吸血痕があり、吸血鬼の仕業であるとわかった。犯人はまだ近くにいると推測した二人に緊張が走る。

牢獄内で息を潜めていたイフリートと呼ばれる発火能力をもつ吸血鬼と交戦。この戦いで神父トレスは目を負傷してしまった。
途中、騒ぎを聞きつけたアベルの参戦によりイフリートは退却する。

カルタゴに移動を終えたミラノ公の居室には、帝国からの勅使であるイオン・フォルトナ/メンフィス伯が密かに訪れていた。

突然の訪問に驚き、声を荒げてしまったミラノ公。
そこに訪れたトレスは、勅使であるイオン・フォルトナを攻撃する失態を犯してしまう。

その場を退却する事になった勅使を内密に保護するため、単身任務に向かうアベル。
待機命令を出されていたエステルは、命令に反きこっそりとアベルを追いかけてきていた。
エステルはアベルよりも先に、先日トレスから受けた怪我を静養しているイオンと出会ってしまう。
事情を知らないエステルは、再び交戦してしまう。
しかし、イオンの補佐として一緒にカルタゴに訪れていたラドゥ・バルフォン/ルクソール男爵とアベルの介入により事なきを得ることができた。

そして、前回トレスが勅使を攻撃したのは、その直前に吸血鬼と交戦していたせいで敵だと勘違いしたからだと、アベルから聞かされる。
それを聞いた2人は、帝国内にある強硬派の存在を口にする。
そんな話をしている中、ヴァチカン本部より吸血鬼が潜伏しているという通報を受け、審問官であるブラザー・ペテロはイオンとラドゥの潜伏先に強襲をかけてくる。
アベルは、2人の保護をエステルに託し、足止めを行う為その場に残ったのだった。
異端審問局の襲撃から逃げる中、エステルとイオンは待ち伏せていた特務警察に囲まれ絶体絶命を迎える。
しかし、そんな危機もラドゥにより脱することができた。
エステルはラドゥの能力を目の当たりにし、監獄を襲撃してきた吸血鬼とラドゥが同一人物であると確信する。
「ルクソール男爵、あなたがさっきおっしゃった強硬派とはあなたのことですね。」
そう告げたエステルの言葉を聞き、そんなはずはないと否定するイオン。
それを尻目に、ラドゥは不敵な笑みを浮かべながら肯定するのだった。

そして語られるイオンを助けた真の目的に絶望する。
特務警察は捕らえた吸血鬼を生かしたまま拷問しようとしていたが、それはラドゥの目的に反していた。
「皇帝からの勅使が話をする間もなく短生種に殺された」という事実を作ることで、帝国内の強硬派が実権を握る口実を得ようとしていたのだ。
目的とは違っていたから、イオンを助けただけだったのだ。
全ては長生種の未来のため、短生種との対話を望む皇帝の目を覚ますためだと語るラドゥに、絶望を通り越して困惑するイオン。
そんな中ブラザー・ペテロが乱入し、その場は混乱を極めることになる。
それに乗じてアベルは、イオンとエステルと共に再び姿を隠すことに成功する。
だが、異端審問局に見つかってしまい3人は再び追撃を受ける。そこへ見計らっていたようにラドゥも襲いかかる。
頼みのアベルも、体の一部を大きく失う怪我をしてしまう。今度こそ絶体絶命だと思われたその時、アベルはこう告げる。

「ナノマシン"クルースニク02"80パーセント限定起動承認。」

クルースニク02を起動させたアベルの驚異的な回復と攻撃により、ラドゥは深い傷を負い退却を余儀なくされるのだった。
しかし、そんなアベルの姿を見たエステルは、アベルのことを化け物と言い恐れ気絶してしまう。

ナノマシンクルースニクを80%起動したアベルの姿

負傷者達は、国務聖省特務分室/通称Axの保有する飛行戦艦アイアンメイデン号に収容されていた。
対外トラブルの処理や外交工作を行う部署の飛行戦艦であるため、船内には応急的な医療処置を受ける施設がある。
その施設内で休養するエステルは、現実を受け止めきれずにいた。

短生種の用意したロストテクノロジーによる決戦兵器イブリース/砂漠の天使の起動を、エステルたちは飛行戦艦の中で目の当たりにする。
混乱を極める飛行戦艦内にラドゥからの通信が入る。
「イブリースを止めたければ、イオン・フォルトナの首を差し出せ」という要求を告げ通信は切れてしまう。
イオンは、かつての親友ラドゥと決着をつけるため、ブラザー・ペテロに自分の首を差し出す条件で共闘を依頼したのだ。
ブラザー・ペテロはそれを受け入れる。
長生種同士の激しい戦いの末、イオンはラドゥに勝利した。
その頃、アベルはイブリースを止めるため単身飛行戦艦を降り、管制コンソールである動画を見ることになる。

イブリースを止めようとした際、再生された動画には懐かしい想い人の姿があった

かつて、アベルが恋心を抱いていたリリスと呼ばれる女性は、動画の中でこう告げたのだった。
「アベルがチュニス(カルタゴ周辺の地名)攻略に来た時だけ使えるように、イブリースの停止コードを条件付きで残しておきました。」
コードは、短生種を連れてきて掌紋認証をすることで表示されるとのことだった。
「ここに居るのは、自分とゾンビだけだ。」と告げたアベル。

一度は諦めかけたアベルの手を添えて、イブリースに小紋認証をするエステル

その時、背後からエステルの声が響き渡る。
アベルが振り返ると、そこにはエステルの姿があったのだ。
あんなに怯えていたエステルが、なぜ自分の前に姿を現したのかと疑問を投げかけるアベル。
それは、アベルが飛行戦艦を降りる前に遡る。
エステルの居室のドア越しにアベルの持つナノマシン・クルースニク02を起動させて怖がらせてしまった事の謝罪。
そしてナノマシン・クルースニク02の膨大な力をアベル自身も恐れ、苦悩していることを語っていたのだ。
それを聞いていたエステルは、アベルに対して怯え拒絶した自分を恥じ彼を受け入れる覚悟ができたため、アベルの後を追う形で飛行戦艦を降りていた。

そして、エステルはアベルにこう告げたのだ。
「大丈夫。神父様、言ったでしょ?あたし、あなたなんか全然怖くないって。」
そう言いながら、短生種であるエステルの掌紋認証をして提示されたイブリースの停止コードを入力し、アベルと共にイブリースを止めたのだ。

帝国に向かう船の甲板で語り合うイオンとエステル

それから数日後、イオンはアベルとエステルと共に真人類帝国に向かう船の中にいた。
ミラノ公は、帝国へのヴァチカンからの使者を同行させることに成功したのだ。
その船内にて、エステルと会話を重ねる度日ごとに彼女が可愛く見えてしまうイオン。
短生種であるエステルに対して、可愛いという感情を抱く事にイオンは戸惑っていた。

帝国に帰国後すぐにイオンは、自身の祖母である モルトヴァ公に挨拶に向かっていた。
その途中、感じた違和感は、祖母の部屋に着くと現実のものとなっていた。
モルドヴァ公が、自室にて殺害されていたのだ。

襲撃を受けた際、重傷を負ってしまうエステル

祖母を殺されたことに動揺するイオンとアベルにエステルの3人。
そこに追い討ちを掛ける様に、皇帝直属の軍隊である禁軍兵団/イェニチェリが現れ、イオンをモルドヴァ公殺害の容疑で捕縛しようとする。
圧倒的に不利な状況を3人はなんとか逃れ、一旦、アベルと親交のあるアスタローシェ・アスラン/キエフ侯の元に向かい、助力を乞うことにした。
そして、イオンとエステルはアベルと別行動をとり市中に潜伏する事に成功する。
しかし、その潜伏先で今度は強硬派の送り込んだ刺客と交戦し、エステルは大きな怪我をしてしまう。
そこへ潜伏中、街で出会った冷茶売りの少女セスが現れ、エステルの怪我の治療を行いセスは2人の前から姿を消した。
回復を待つ2人は再び強硬派の襲撃を受けるがなんとか逃れる。

一方、アベルはキエフ侯が参加している貴族会議の最中にいた。
帝国の有力貴族の1人であるティグリス公スレイマンは、会議場でモルドヴァ候を殺害したイオンを糾弾する。
しかしこの殺害事件を画策した黒幕こそが他でもないスレイマンだったのだ。
この事件とイオンへの糾弾に端を発する前から、スレイマンの手によって反乱が静かに確実に進められていた。
800年君臨し続けた女帝へと忍び寄る危機は、モルドヴァ公を葬送する式典中、女帝ごと会場を爆破するという方法で表に出てくる。
この事件をきっかけに、再び貴族会議は紛糾し混迷を極める中、事件の黒幕であるスレイマン卿はこう告げたのだった。
「今こそ新たな指導者を決めるべきだ!」そう言いながら、彼は指導者として名乗り出ていた。
そんな時、キエフ侯より彼の策略の全てが明かされる。
告発を握りつぶそうとするスレイマン卿がキエフ侯を追い詰めようとした時、ついに女帝が訪れる。

決して素顔を晒す事のなかった女帝が、900年の時を経て初めてその素顔を晒す事となる

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

かくりよの宿飯(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『かくりよの宿飯』とは、友麻碧のキャラクター小説をアニメ化したものである。 製作はGONZO、監督は奥田佳子が務めている。 妖(あやかし)を見ることの出来る女子大生の津場木葵(つばきあおい)が隠世(かくりよ)にある老舗宿「天神屋(てんじんや)」の大旦那を名乗る鬼神(きじん)に連れ去られ、祖父が残した借金のかたとして嫁入りを強要されるがこれを拒み、返済のため天神屋近くにあった閉店状態の小料理屋を料理の腕を活かして切り盛りしていく物語である。

Read Article

バジリスク〜甲賀忍法帖〜(Basilisk)のネタバレ解説・考察まとめ

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』とは、山田風太郎の小説「甲賀忍法帖」をせがわまさきが漫画化した作品。2005年にTVアニメ化もされている。この物語は徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれた伊賀と甲賀、その両家の跡取りが愛し合いながら殺し合いをする運命をどのように受け止めるかを描く時代劇漫画。

Read Article

ホリミヤ(堀さんと宮村くん)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホリミヤ』とは、漫画家・イラストレーターのHEROによる漫画『堀さんと宮村くん』を基に、漫画家の萩原ダイスケが描いた青春漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。とある「秘密」を抱えた堀さんと宮村くんを中心に、その周囲の人々の変化や交流を描く。キャラクター達によるユニークな掛け合いや爽やかなテイストの中に混ざった切ない展開などが多くの反響を呼び、2021年にアニメ化に加え、ドラマ・映画化までもが行われることとなった。

Read Article

LAST EXILE(ラストエグザイル)のネタバレ解説・考察まとめ

2003年にGONZOが制作した、10周年記念の作品。 主人公のクラウスはヴァンシップと呼ばれる小型飛行艇に乗り、ヒロインのラヴィと共に「空の運び屋」の仕事をしていた。ある日一人の少女に出会う事で戦争と、グランドストリームという空の彼方にある秘密へと挑んでいく。主人公は作中の個性的なキャラクター達と成長し、やがてエグザイルというグランドストリームの真実を知る偉業を成し遂げるのだった。

Read Article

GAD GUARD(ガドガード)のネタバレ解説・考察まとめ

「GAD GUARD(ガドガード)」とは、「GONZO」製作のアニメーション作品。2003年にフジテレビで放送された。数百年後の未来の街で、主人公「ハジキ」はGAD(ガド)と呼ばれる不思議な物質に出会い、GADから鉄鋼人と呼ばれる人型の機械「ライトニング」を手に入れる。ハジキはGADに纏わる事件や戦いに巻き込まれ、成長して行く。

Read Article

巌窟王(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『巌窟王(がんくつおう)』とは、MEDIA FACTORY、GDHにより作成された『モンテ・クリスト伯』を原作とする日本のSFアニメである。全24話のこの物語は原作の復讐劇をベースとしつつ、舞台を19世紀ヨーロッパの舞台から仮想未来のパリへと変え、月旅行や宇宙船、有人操縦式兵器などを登場させることにより、近未来的な映像作品へと昇華させた。また、物語は復讐する者から復讐される者、彼らの子供達へと視線を交えていき、けして一方的にならない復讐の在り方を描いている。

Read Article

GANTZ(ガンツ)のネタバレ解説・考察まとめ

『GANTZ(ガンツ)』とは、奥浩哉による日本の漫画である。高校生玄野計は幼馴染の加藤勝と出会うが、交通事故に巻き込まれてしまう。目が覚めると、そこはマンションの一室だった。部屋の中央には大きな黒い球があり、見知らぬ男女がいた。黒い球の「星人をやっつけてください」という指令に、玄野たちは強制的に参加させられる。そこに待っていたのは想像もつかない死闘だった。戦うこと、愛する人を守ることをテーマにした本格SFアクションストーリーである。『週刊ヤングジャンプ』で2000年から2013年まで連載された。

Read Article

最終兵器彼女(最彼・サイカノ)のネタバレ解説・考察まとめ

『最終兵器彼女』とは1999年より高橋しんが「ビックコミックスピリッツ」で連載していたSF青年漫画、およびそれを原作としたアニメ作品、または映画作品である。累計総発行部数は400万部を記録しており、セカイ系漫画の先駆けとされている。SF×純愛をテーマとしておりキャッチコピーは「この星で一番最後のラブストーリー」である。主人公のシュウジとちせは北海道に住む高校生。しかしちせが「最終兵器」として戦場に行くことに。それでもシュウジとちせは互いに愛し続けた。

Read Article

カレイドスター(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『カレイドスター』とは、佐藤順一による青春サクセスストーリーアニメ作品。舞台はアメリカ、そこには世界的に人気のエンターテイメントショー「カレイドステージ」が存在した。主人公である苗木野そらは、カレイドステージに特例として入団を認められる。そこから、そらが諦めない根性を持ち味に試練を乗り越えるたびに成長していく姿が、感動的に描かれている。エンターテイメントショーを題材にしているだけあって非常に動きの描写が細かく、ステージのシーンも華やかに描かれている。

Read Article

かくりよの宿飯(第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵が御簾の中に見たものは、涙を浮かべた小さな子供のような海坊主だった。御簾を上げ、海坊主の姿を皆に見えるようにした葵は、海坊主の寂しさを癒してあげることこそが、自分の使命だと感じる。葵たちと一緒に海宝の肴を楽しみ、夜神楽を葵の膝下で観賞した海坊主は、「ありがとう」と感謝の言葉を残して、暗い海の彼方に帰って行った。葵も南の地での役目を終えて、銀次と共に天神屋に帰ることになった。 今回は「かくりよの宿飯」第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第9話『妖老夫婦の結婚記念日』)のあらすじと感想・考察まとめ

東の地で連れ去られた葵は大旦那によって救いだされた。だが、一日を無駄にして、妖王家夫妻の結婚記念日の洋食メニューが間に合いそうになかった。そこで銀次は普段通りの料理を提案する。特別ではないが、いつもの心のこもった葵の料理に、夫妻は喜び結婚記念日の料理は満足のいくものとなった。 今回は「かくりよの宿飯」第9話『妖老夫婦の結婚記念日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第10話『あやかしお宿に好敵手きました』)のあらすじと感想・考察まとめ

七夕を迎えた夕がおは、客で賑わっていた。店を無事に終えた葵は、夕がおで出していた七夕そうめん膳を大旦那と一緒に食べた。また、かねてから板前長に招待を受けていた天神屋での会食は、楽しいひと時となり、会食後にうつしよへ仕事で旅立つ大旦那を葵は従業員と共に見送った。そんな時、下足番の千秋が「大変です」と慌てて葵と銀次のもとへ駆けて来た。 今回は「かくりよの宿飯」第10話『あやかしお宿に好敵手きました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第14話『南の地から黒船来ます』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋にやって来た折尾屋の船には、旦那頭の乱丸達だけではなく、黄金童子も一緒に乗っていた。黄金童子に頭を下げる大旦那を見た葵は、夕がおに来た座敷童子の少女である黄金童子が、折尾屋の大女将であり、天神屋の創設者でもあると聞き驚く。銀次が折尾屋に戻るのを納得出来ない葵は、折尾屋に逆らい、黄金童子の神隠しの術によって、折尾屋へと連れ去られることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第14話『南の地から黒船来ます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第25話『あやかしたちと花火大会』)のあらすじと感想・考察まとめ

乱丸に海宝の肴作りを申し出た葵は、乱丸から正式に任され、鶴童子たちと協力して作ることになった。雷獣の最後の嫌がらせによって、客で溢れかえった折尾屋は人手が足りず、儀式の執り行ないが危ぶまれた。しかし天神屋の大旦那の案により、天神屋の従業員たちが折尾屋を手伝うことになり、儀式は無事行われることになった。滞りのない儀式だったが、チビの悪気のない行動が葵に大きな驚きと不安を与えてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第25話『あやかしたちと花火大会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第12話『天神屋の地下に秘密あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葉鳥が夕がおを訪ねて来たので、葵は料理を出した。だが暁は「敵に料理を振舞ってどうするんだ」と面白くない。銀次も折尾屋の葉鳥と時彦が来てから、どこか様子がおかしく、ぎこちない。そんな折、天神屋で一つ目の子供たちが行方不明になる騒ぎがあった。暁と一緒に子供たちを探すことになった葵は、初めて天神屋に地下施設があることを知った。 今回は「かくりよの宿飯」第12話『天神屋の地下に秘密あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第22話『雷獣の警告』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋の廊下を歩いていた葵は雷獣と初めて対面する。雷獣の物言いに気持ち悪さを感じた葵は、表に逃げ出す。執拗に追いかけて来る雷獣に、お前の料理は私には通用しないと言われ、葵は戸惑う。その時口に飴玉のようなものを入れられた。再び折尾屋に逃げ戻った葵は、乱丸に助けられ雷獣から逃れた。旧館で海宝の肴の試食会を開いた葵は、酒をひと口含んだとたん異変を感じ、そのまま倒れてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第22話『雷獣の警告』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第23話『封じられた力と開かれる心』)のあらすじと感想・考察まとめ

雷獣のひねくれた策略によって、声と味覚を奪われた葵。海宝の肴作りは鶴童子たちが引き受けてくれることになった。雷獣に再び襲われた葵は、あやうく食われそうになる。その時、雷獣の苦手とする白夜が突然現れ、葵は雷獣から逃れることが出来た。白夜が招待した縫ノ陰様と律子様の持つ掛け軸の中に、蓬莱の玉の枝があると教えられた乱丸と葵。2人は蓬莱の玉の枝探索のために、掛け軸の中に旅立つこととなった。今回は「かくりよの宿飯」第23話『封じられた力と開かれる心』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第13話『あやかしお宿の大宴会』)のあらすじと感想・考察まとめ

夕がおの前で倒れていた銀次は、葵の料理で元気を取り戻した。葵と銀次は、お互いが必要な存在であることを認め、夕がおでこれからも一緒に頑張ることを確かめ合った。翌日、葵は白夜と一緒に管子猫たちを見に行き、パンの耳をあげた。その後、葵は裏山で足湯に浸かる大旦那と葉鳥たちに会った。大旦那から宴の食事を頼まれた葵は、天神屋の従業員達や葉鳥、時彦と共に料理を作り、宴を楽しんだ。 今回は「かくりよの宿飯」第13話『あやかしお宿の大宴会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第17話『南の地の儀式の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵はもんじゃ焼きを、淀子様自身に焼いてもらおうと考えた。淀子様は面倒だと渋っていたが、葵が試しに焼いたものを食べ、あまりのおいしさに自分でもんじゃ焼きを焼き始めた。葉鳥から花火の裏で行われる儀式の詳細を聞いた葵は、銀次たちが儀式のために奔走していることを知る。大旦那に南の地の漁港に連れて行ってもらった葵は、好きな買い物に夢中になり、慌ただしく過ごした南の地で、ひと時の安らぎを得た。 今回は「かくりよの宿飯」第17話『南の地の儀式の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第8話『九尾の若旦那とお買い物』)のあらすじと感想・考察まとめ

妖王家の結婚記念日のメニューを考えていた葵は、ラムネを仕入れに行った帰り道、子猫のあやかしと戯れる白夜の姿をみた。厳格な白夜の別の一面を見た葵は、白夜に夕がおで朝食を振る舞う。そして妖王家夫妻のことを尋ね、メニュー作りの参考にする。食材を探して東の地を銀次と訪れた葵だったが、何者かに連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第8話『九尾の若旦那とお買い物』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第20話『竜宮城の夢の跡』)のあらすじと感想・考察まとめ

果物は魔除けになるということを大旦那に聞いた葵は、果物を使った甘味を作り、大旦那と一緒に竜宮城跡地へと向かった。銀次と乱丸を育てたという磯姫に出会った葵は、南の地の守護獣としての銀次と乱丸の役割と、過去のいきさつを知らされる。目的だった人魚の鱗を無事手に入れた葵は、海宝の肴を手掛けるよう磯姫に託される。折尾屋に人魚の鱗を届けた葵は、乱丸に海宝の肴を作ることを申し出る。 今回は「かくりよの宿飯」第20話『竜宮城の夢の跡』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から番頭の葉鳥と湯守の時彦が天神屋にやって来た。時彦は天神屋で湯守をしている静奈を折尾屋に連れ戻そうと詰め寄るが、静奈は拒絶する。葵は、拒絶しながらも時彦を思いやる静奈を見るに忍びなく、静奈と時彦の好きなトマトの料理を2人で作る機会を作り、やがて二人の心を和解させてゆく。 今回は「かくりよの宿飯」第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の手当てによって傷の癒えた暁は、葵に一緒に料理を作ろうと提案された。史郎との思い出の水餃子を作り、鈴蘭にも食べてもらった。それは、うつしよへ向かうという鈴蘭への餞別にもなった。鈴蘭のうつしよへの旅立ちを阻止しようと、天神屋に乗り込んできた八幡屋の若旦那を暁が退け、鈴蘭と葵は無事にうつしよへと旅立って行った。 今回は「かくりよの宿飯」第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第7話『大旦那様と雨散歩』)のあらすじと感想・考察まとめ

お帳場長の白夜に「このまま客が来ないと夕がおにはもう後がない」と告げられた葵と銀次は、今月中になんとかしましょうと話し合う。そんな中お涼が、天神屋に泊まっている作家の客のために弁当を作って欲しいと葵に頼みに来た。葵は弁当を作り、作家に気に入られる。作家は夕がおの紹介記事を新聞に書き、夕がおは急に繁盛し始める。 今回は「かくりよの宿飯」第7話『大旦那様と雨散歩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第24話『玉の枝サバイバル』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の味覚が戻らないことを心配した銀次が、葵と乱丸に付き添い、3人で掛け軸の中への旅が始まった。旅の途中、雨に祟られたり、崖から転落して危うく命を落とす危険な目にも遭った。また、白夜が注意した通り、磯姫様の幻想が現れ、銀次と乱丸が一時錯乱状態になった。しかし3人が力を合わせてこれを乗り越え、遂に蓬莱の玉の枝を手にすることが出来た。 今回は「かくりよの宿飯」第24話『玉の枝サバイバル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋の離れにある、今はもう閉鎖された小料理屋の一部屋で日々の暮らしを始めていた葵。 若旦那の銀次に食事処を開くよう勧められていたが、まだ決心がついていなかった。 その頃、天神屋では、客が食事を気に入らないと騒ぎを起こしていた。 今回は「かくりよの宿飯」第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』)のあらすじと感想・考察まとめ

松葉様の食事を毎日一回作ることになった葵は、食材のことや、癒えぬ足の痛みに悩んでいた。そんな折葵は、魚屋に変装して折尾屋にやって来た大旦那と再開する。大旦那に食材の調達や、足の手当てをしてもらった葵は、松葉様の食事を無事作ることが出来た。そして、折尾屋の板前の鶴童子たちとの出会いを通じて、新しく雨女の淀子の食事を依頼されることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第19話『月の夜の銀の獣』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋に天狗の秘酒を届けた葵と葉鳥は、帰り道で笛の音を聞く。葉鳥から笛を吹くのは雷獣だと教えられ、関わらぬように忠告を受ける。旧館に戻り、炙りしめさば寿司と梅肉チーズのサラダ巻を作った葵は、ノブナガの導きで、傷ついた銀次をやしろで発見する。葵の手弁当で霊力を回復した銀次だが、乱丸も同じやしろで傷ついた姿で倒れていた。葵の料理で回復した乱丸に、人魚の鱗を取って来るという約束をしてしまう葵だった。 今回は「かくりよの宿飯」第19話『月の夜の銀の獣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第1話『あやかしお宿に嫁入りします』)のあらすじと感想・考察まとめ

亡くなってしまった祖父、津場木史郎(つばきしろう)から受け継いだあやかしを見る能力を活かして、あやかし達とふれあいながら楽しい大学生活を謳歌していた津場木 葵(つばき あおい)はある朝、通学途中の神社前で今まで会ったことのない鬼の面を被ったあやかしと遭遇する。そして祖父が行き来していたという「かくりよ」の世界に連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第1話『あやかしお宿に嫁入りします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第18話『天狗の親子の大喧嘩』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から上がった煙は、松葉と葉鳥のけんかが原因だった。2人の間の確執は深く、葵は何とか仲直りしてもらいたいと願っていた。松葉が、妻の笹良が作ったがめ煮を食べ、味が違うと激怒したことを葵は葉鳥から聞いた。葵はがめ煮のあることに気づき、がめ煮を通じて松葉と葉鳥を仲直りさせることを思いつく。 今回は「かくりよの宿飯」第18話『天狗の親子の大喧嘩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』)のあらすじと感想・考察まとめ

開店の日を翌日に控えた葵の小料理屋「夕がお」。天神屋の従業員達も手伝って、店の準備は順調に進んでいた。その夜、葵は何者かに斬りつけられる。葵を襲ったのは、濃い紫の頭巾を被った黄色く目の光る大男。そしてその葵を助けたのは、小柄なカマイタチのサスケ。サスケは史郎の昔馴染みだった。翌朝、大旦那や銀次と一緒に街へ繰り出して葵は騒動を起こすことになる。 今回は「かくりよの宿飯」第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第21話『折尾屋の若女将と若旦那』)のあらすじと感想・考察まとめ

海宝の肴を任された葵は、銀次や鶴童子たちと食材を吟味していた。一方、折尾屋には天神屋のお涼が客として泊まりに来ていた。折尾屋であった酔い客の騒動を手際よく鎮めたお涼だったが、若女将のねねはお涼に嫉妬し、落ち込んで火鼠の姿になってしまった。葉鳥からねねのことを頼まれた葵は、気分転換にねねを連れ出し2人で市場へ出かけた。ねねと時を過ごした葵は、ねねの心優しい素直な一面を見ることが出来た。 今回は「かくりよの宿飯」第21話『折尾屋の若女将と若旦那』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第3話『かくりよの都にお出かけしました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天狗の長老に食事をもてなし、長老に気に入られた葵は「お前のおかげで天神屋の危機は救われた」と大旦那に礼を言われ、天神屋の宙船「海閣丸」に招待されていた。そして髪を結って、化粧をしてもらい、綺麗な着物を着せられてあやかしの王が住むという妖都(ようと)に案内されることになった。 今回は「かくりよの宿飯」第3話『かくりよの都にお出かけしました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第15話『あやかしお宿から攫われました』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋に攫われた葵は、地下の座敷牢に入れられる。葵と一緒に攫われたチビの機転により、牢を脱出することが出来たが、乱丸と秀吉からは変わらず、手荒な扱いを受ける。イベントのために折尾屋に泊まっていた松葉と再会することが出来た葵は、松葉の朝食を作ることになった。折尾屋でも、葵の料理の力が発揮されてゆくこととなる。 今回は「かくりよの宿飯」第15話『あやかしお宿から攫われました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第4話『雪女と土蜘蛛を介抱しました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋の離れの小料理屋に運び込まれたお涼は高熱を出し、葵が看病をすることになった。葵を拒絶していたお涼だったが、葵の作る手料理で、体力、霊力ともに回復し、熱も下がった。お涼は、葵に天神屋に来ることになった経緯などを話始める。一方、天神屋では土蜘蛛の暁と妹の女郎蜘蛛、鈴蘭が大喧嘩をしていた。従業員達は2人の喧嘩で壊された、天神屋の部屋の後片付けに追われていた。 今回は「かくりよの宿飯」第4話『雪女と土蜘蛛を介抱しました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents