Sia(シーア)の徹底解説まとめ

Sia(シーア)とはオーストラリア出身のシンガーソングライター。顔を隠して歌う”覆面シンガー"で2014年リリースのアルバム『1000 Forms of Fear』が世界中で大ヒットして、同アルバム収録の「Chandelier」はYouTubeの再生回数は約23億回を誇るなど一躍トップアーティストに。大物アーティストらに楽曲提供しヒット曲を連発させており、楽曲提供者としての評価も高い。音楽活動以外にもチャリティ活動、映画監督などマルチな活躍を見せている。

Siaの概要

Sia(シーア)とはオーストラリア出身の覆面シンガーソングライター。以前は顔を公表していたがインターネットでのルックスの批評、有名になることの息苦しさ、精神の安定など様々な理由から2014年頃より、顔をウィッグで隠した姿で活動するようになる。2014年リリースのアルバム『1000 Forms of Fear』が世界中で大ヒットし同アルバム収録の「Chandelier」はYouTubeの再生回数が約23億回を記録する。ケイティ・ペリー、マルーン5、リアーナなどビッグアーティスト達に提供した楽曲がヒットを連発するなど楽曲提供者としての評価も高い。

圧倒的な歌唱力、音楽シーンでトップクラスのソングライティング力、絶望を知っているからこそ書くことができる生々しい歌詞、顔をウィッグで覆ったミステリアスな風貌などシーアの魅力を挙げれば枚挙にいとまがない。そんな才能に満ちあふれる彼女だが、シンガーとしてブレイクを果たしたのが39歳と遅咲きである。だが、辛酸を舐める長い下積み生活があったからこそ「Chandelier」や「Alive」のようなとんでもない名曲が生まれ、辛い過去やトラウマを基にした歌詞に多くの人が勇気づけられたのだ。
近年ではチャリティ活動、映画監督など音楽活動以外でも活躍を見せており、今後の活動にますます目が離せないアーティストである。

あやかさたなは

Siaの活動経歴

鳴かず飛ばずの不遇時代

2006年Zero 6とのライブの様子。

1997年にオーストラリアのレコード会社よりソロデビューアルバム『Only See』をリリース。
2000年に活動拠点をイギリスに移して2001年に2ndaアルバム『Healing Difficult』をリリース。
2004年に3rdアルバム『Colour the Small One』、2008年に4thアルバム『Some People Have Real Problems』をそれぞれリリース。
2010年5thアルバム『We Are Born』のリリース後、アルコール依存症や薬物依存、双極性障害などの精神疾患の併発、自分が有名になることへの不安などを理由にステージに立つことを休止する。その間、様々な大物アーティストたちに楽曲提供しヒットソングを連発させたことで、ソングライターとして高い評価を獲得していく。
この時期までは顔は隠しておらず、素顔のままで音楽活動していた。

名曲「Chandelier」誕生、一気にスターダムにのし上がる

2016年の夏にNYで行われたPanoramaフェスでのライブの様子。

楽曲提供以外の音楽活動をセーブしていたシーアだが、2014年頃から覆面シンガーとして再びステージの上で歌うようになる。
音楽活動再開後、初のアルバムである『1000 Forms of Fear』は全米チャート1位を記録するなど、ソロ・シンガーとしても成功を収める。
同アルバム収録の「Chandelier」は当時11才の少女が表現豊かに踊るMVの評価も相まってYouTubeの再生回数は約23億回を記録している。
2016年には7thアルバム『This Is Acting』をリリース。リード曲「Alive」の日本版MVには女優・土屋太鳳がダンサーとして出演し、日本でも大きな話題を呼ぶ。
2014~2016年の2年間で一気にトップ・アーティストの仲間入りを果たし、世界中の人々がシーアの楽曲を聴くようになっていく。

チャリティ活動、映画監督など幅広く活動を展開させていく

2019年フジロックフェスティバルのヘッドライナーを務めた際のライブ。

2017年にグラミー賞受賞プロデューサーであるグレッグ・カースティンと共作したクリスマス・アルバム『Everyday Is Christmas』をリリース。
2018年にはUK出身のシンガーソングライターであるラビリンス、グラミー賞3冠受賞の鬼才プロデューサー=ディプロと結成したウルトラグループ「LSD」としても活動を開始する。
2019年は日本初来日となるフジロックフェスティバルにてヘッドライナーを務める。雨降りしきる悪天候での出演だったが、圧巻のパフォーマンスを見せつけライブは大盛況で幕を閉じた。2021年には自身の小説を基に作られた初の監督映画作品『MUSIC』が公開。同年2月に9thアルバム『Music - Songs From and Inspired By the Motion Picture』をリリース。
音楽活動以外にチャリティ活動や映画制作などマルチな活躍を見せている。

Siaのプロフィール・人物像

本名はSia Kate Isobelle Furler(シーア・ケイト・イゾベル・ファーラ―)。
1975年12月18日生まれでオーストラリア出身。
顔は公表しておらず、メディアやライブではウィッグで顔全体を隠して出演する。
2014年にBRW誌が発表した40歳未満の個人資産リストでオーストラリア人の中で97位にランクイン。
2019年より2人の10代男性を養子に迎え入れ、翌年には息子の1人に女児が誕生しお祖母ちゃんになったことをメディアで発表した。

Siaのディスコグラフィー

シングル

『Taken for Granted』

1. Taken For Granted (Radio Edit)
2. Taken For Granted (Desert Eagle Discs Mix)
3. Taken For Granted (M.V.P. Mix)
4. Taken For Granted (Groove Chronicles MIx)

シーアのデビューシングルであり、UKチャートでは最高10位を記録。
名曲「ロミオとジュリエット」がサンプリングで使われている。

『Little Man』

1. Little Man (Exemen Works)
2. Little Man (Exemen Instrumental)
3. Little Man (Album Version)
4. Little Man (Sean's Brother Works)

音数の少ない静観なビートがシーアの美声を最大限に際立たせている。
ライブハウスやスタジアムではなく、ブルーノートのようなジャズクラブにマッチする楽曲が多い。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents