【厳選】おすすめ面白いミステリー・推理小説20選!新旧の本格ミステリー作家大集合!

ミステリー・推理小説は、小説ジャンルの中でも人気が高い。殺人・盗難・誘拐・詐欺などの犯罪の発生し、その事件を合理的に解決するまでの内容が描かれており、クライマックスで真相が明かされた際に読者には大きな満足感を与えてくれる。また事件に巻き込まれた人々の深層心理が細やかに描かれているところも魅力だ。
この記事では、宮部みゆきや京極夏彦など、新旧の本格ミステリー作家の作品の中からおすすめの20作品を紹介する。

構成が見事で素晴らしい作品です。人気がある理由がわかりました。ほんとに面白くて、ぐいぐいと引き込まれます。

出典: book.akahoshitakuya.com

内容のおもしろさはさることながら、
主役の視点からは一切描かずに想像をかきたてながら展開していくところが素晴らしい。

出典: booklog.jp

ロートレック荘事件 (新潮文庫) 筒井 康隆 (著)

出典: www.amazon.co.jp

ロートレック荘事件 (新潮文庫)

『夏の終わり、郊外の瀟洒な洋館に将来を約束された青年たちと美貌の娘たちが集まった。ロートレックの作品に彩られ、優雅な数日間のバカンスが始まったかに見えたのだが…。二発の銃声が惨劇の始まりを告げた。一人また一人、美女が殺される。邸内の人間の犯行か、アリバイを持たぬ者は、動機は。推理小説史上初のトリックが読者を迷宮へと誘う。前人未到のメタ・ミステリー。 』

本格ミステリーだと思い込んで読むと、読後に脳内血管がぶち切れることとなります。というか、この作品を探偵が活躍してトリックを解明するミステリーと思い込むこと自体、読む前の段階で間違えています。

出典: www.amazon.co.jp

「答え合わせ」をするために再読したくなるという稀有な本。細かく張り巡らされた文章による仕掛け、読むものの「偏見」を浮かび上がらせる内容、ほんとお見事。

出典: book.akahoshitakuya.com

ダック・コール (ハヤカワ文庫JA) 稲見 一良 (著)

出典: www.amazon.co.jp

ダック・コール (ハヤカワ文庫JA)

『石に鳥の絵を描く不思議な男に河原で出会った青年は、微睡むうち鳥と男たちについての六つの夢を見る―。絶滅する鳥たち、少年のパチンコ名人と中年男の密猟の冒険、脱獄囚を追っての山中のマンハント、人と鳥と亀との漂流譚、デコイと少年の友情などを。ブラッドベリの『刺青の男』にヒントをえた、ハードボイルドと幻想が交差する異色作品集。“まれに見る美しさを持った小説”と絶賛された第四回山本周五郎賞受賞作。 』

心に浸み込む珠玉の作品。野鳥への慈愛と自然への敬意に溢れ生きる力や勇気を示してくれる

出典: book.akahoshitakuya.com

作者、稲見一良が見続けた人生は経験に裏打ちされた確かな手ごたえがある。小説を読む醍醐味、豊かな人生を知る醍醐味。その両方を味わえる本書。

出典: www.amazon.co.jp

関連まとめ

renote.jp

goriwo
goriwo
@goriwo

Related Articles関連記事

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

魍魎の匣(もうりょうのはこ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魍魎の匣」とは、「京極夏彦」による長編小説。百鬼夜行シリーズの第二作目。2007年に実写映画化され、2008年にマッドハウス製作でアニメ化した。キャラクターデザインは漫画家「CLAMP」が担当。百鬼夜行シリーズは古本屋「京極堂」を営む陰陽師「中禅寺秋彦」が事件を解決するストーリー。「魍魎の匣」では、美少女「柚木加菜子」が人身事故に遭った所から事件が次々と起こっていく。

Read Article

目次 - Contents