神のみぞ知るセカイ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『神のみぞ知るセカイ』とは、2008年から2014年まで『週刊少年サンデー』にて連載していた、若木民喜によるラブコメ漫画である。コミックスの累計発行部数は700万部以上で、3度に渡ってアニメが放映された。恋愛シミュレーションゲーム、いわゆるギャルゲーをこよなく愛する高校生桂木桂馬が、悪魔のエルシィと共に駆け魂(かけたま)と呼ばれる悪人の魂を捕まえるため、現実の女子たちを恋に落としていく物語。現実の女性たちと関わっていく中で成長する桂馬や、桂馬を巡って繰り広げられる恋愛模様が見どころである。

『神のみぞ知るセカイ』の概要

『神のみぞ知るセカイ』とは2008年から2014年まで『週刊少年サンデー』にて連載していた、若木民喜によるラブコメ漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。派生作品として、『神のみぞ知るセカイ』の原案作品である『恋して!? 神様!!』や、ヒロインの1人でアイドルである中川かのんを主役とした作品『マジカル☆スター かのん100%』がある。恋愛シミュレーションゲームをこよなく愛し、現実を「クソゲー」だとする主人公の桂木桂馬が、多くの現実の女の子との恋愛を繰り返して人間的に成長していく様子や、桂馬を取り巻く恋愛模様が魅力である。
コミックスの累計発行部数は2014年時点で700万部を超え、2010年、2011年、2013年には『テレビ東京』などで3期に渡ってアニメが放映された。コミックスの14巻、19巻、20巻、22巻はOVA付きの限定版も販売され、14巻付属のOVAではヒロインの1人であるちひろがバンドを結成するまでのエピソードが、19巻、20巻付属のOVAではこちらもヒロインの1人である鮎川天理のエピソードが、22巻付属のOVAでは『マジカル☆スター かのん100%』がそれぞれ映像化されている。
舞島学園高等部に通う桂木桂馬は、ギャルゲーに関する深い知識やその攻略スピードなどからネット上では「落とし神」と呼ばれていた。そんな彼のもとにある日、とある1通のメールが届く。「攻略してほしい女がいる。ムリなら、絶対に押さないように!!」。挑発的な文面に迷わず返信ボタンを押した途端、桂馬の頭上から悪魔を名乗る少女エルシィが降ってくる。彼女は地獄から抜け出した悪人の霊魂「駆け魂(かけたま)」を捕まえるために、地獄から派遣されてきた悪魔だった。現実の女とは関わり合いになりたくない桂馬は逃げようとするが、既に悪魔との契約が為され、勝手に破棄すると桂馬の首にいつの間にか嵌っていた首輪が爆発すると聞かされる。仕方なしにエルシィに協力することになった桂馬。「駆け魂」は人間の女性の心のスキマに入り込む習性があり、捕まえるにはまずその女性の心のスキマを恋で埋めてあげねばならない。こうして桂馬は意に反してギャルゲーで培った知識を活かして、現実の女性を攻略していくことになる。

『神のみぞ知るセカイ』のあらすじ・ストーリー

攻略編

高原歩美編

舞島学園に通う桂木桂馬は授業中でも堂々とゲーム機を弄るほど恋愛シミュレーションゲーム、いわゆるギャルゲーを愛する男だった。ネット上では「落とし神」とさえ呼ばれる彼のもとに、ある日「攻略してほしい女がいる。ムリなら、絶対押さないように!!」という挑発的なメールが届く。桂馬が憤慨して返信ボタンを押した途端、空から勢いよく女の子が降ってきた。エルシィと名乗った彼女は、自らを地獄から抜け出した悪人の霊魂「駆け魂」を捕まえる「駆け魂隊(かけたまたい)」の悪魔だと言い、桂馬を駆け魂狩りに誘う。現実の女に関わりたくない桂馬は逃げ出そうとするが、そこで初めて自分の首に首輪が嵌っていることに気づく。エルシィによればこれは悪魔と契約した証であり、反故にすれば首輪が爆発してしまうという。仕方なく桂馬はエルシィの話を聞き、駆け魂は人間の心のスキマに入り込むこと、捕まえるためにはまず心のスキマを埋めて駆け魂を追い出さなければならないことを知る。「心のスキマを埋めるには恋が一番!」と言うエルシィに従い、桂馬は不本意ながらもゲームの知識を現実に当てはめて、リアルの女を攻略していくことになった。

歩美が怪我をしたのを見て、告白を決める桂馬。

最初の駆け魂は桂馬の同級生の高原歩美に取り憑いていた。初めのうちは難癖をつけて攻略を嫌がる桂馬だったが、エルシィに説得され攻略に乗り出すことに。「ゲームでの親密度は出会いの数に比例する」というゲームの理論をもとに、桂馬は毎日のように陸上部の歩美を横断幕や垂れ幕で応援し始めた。数日が経過し、好かれるどころかむしろ嫌われていっているような様子にエルシィが不安を覚え始めた頃、桂馬とエルシィは歩美が陸上部の先輩たちに嫌がらせを受けている場面を目撃する。その翌日にはなんと歩美がハードルに引っかかり、足を捻挫してしまう。明日の大会で優勝できればきっと桂馬を好きになってくれるに違いないと思っていたエルシィは絶望的だと嘆いたが、桂馬は逆にエンディングが見えたと言って歩美に告白を決意する。実は歩美は、ハードル走の選手に選ばれたのはいいものの、思うようにタイムが伸ばせずにいた。そのことを思い悩んでいた彼女は、いっそのこと怪我をしたふりをして欠場しようとしていたのだ。歩美の些細な変化からそれを見抜いた桂馬は彼女を励まし、元気づけることに成功する。その結果、無事に彼女の心のスキマから駆け魂が飛び出してエルシィは駆け魂を捕獲することができた。歩美はその後、地獄による記憶修正で攻略の間の記憶を失ったが、大会に出場してぶっちぎりで優勝した。そしてエルシィは悪魔の力で桂馬の妹「桂木エルシィ」として桂馬の学校に転校する。

青山美生編

1万円で人気のパンを買い占めた後、ざわつく生徒たちに美生はこう言い放った。

爆発する首輪を外すにはまだまだ駆け魂を捕まえなければならないらしいと知った桂馬は、初めはエルシィを妹として認めようとしなかったが、エルシィの猛アタックに折れ、あくまで論理的に考えた結果だとして彼女を妹と認めることになった。ある日の昼休み、2人は学園の中で駆け魂の反応をキャッチする。そこには1個100円のパンを1万円であるだけ購入する女の子の姿があった。彼女の名前は青山美生。桂馬は彼女の見た目や言動から判断して初手から告白するも一顧だにされなかった。断られること自体は想定内だったが、思っていた反応とは違う。前提が間違っているのかもと考えた桂馬がエルシィと共に美生を尾行すると、大財閥の令嬢であるはずの彼女が借金を抱え、ボロアパートに住んでいることを知る。美生の父親は既に亡くなっており、会社も人の手に渡っていたのだ。覗き見ていたことがうっかり美生にばれてしまうが、桂馬は逃げ出した彼女の運転手、森田の代わりを買って出て、徐々に彼女との距離を詰めていく。そしてパーティーの招待状を見て勝負に出て、没落してから1度も赴かなかったパーティーへと美生を連れ出した。死んだ父を忘れないよう、「社長の娘としての誇りを忘れない」という父の教えを守り続けてお金持ちのように振舞う美生に対し、桂馬は自分1人の人生を歩むべきだと説得。駆け魂を出すことに成功し、美生はその後、貧乏であることを受け入れて身の丈に合った生活を送るようになった。

中川かのん編

自分のことを知らないという桂馬に、スタンガンを向けるかのん。

エルシィは中川かのんというアイドルに夢中だった。桂馬も布教されるものの、現実のアイドルには興味を示さなかった。翌日、校舎の屋上でかのんと出会った際も、桂馬は彼女が何者か分からなかった。かのんは自分が知られていないことに大いにショックを受け、さらに桂馬が自分と同じクラスの生徒であると知ると、桂馬を倒すと宣言する。ヤバい奴に絡まれたと思った桂馬は2度と会いませんようにと願うものの、無情にも彼女が次のターゲットだとエルシィから告げられた。後日、桂馬は屋上に呼び出され、そこでかのんの生歌を聞かされる。ギャルゲーの理論をもとに冷たい態度を取る桂馬だったが、突如として桂馬とエルシィの目の前でかのんが透明になってしまう。かのんの言葉に攻略のヒントを得た桂馬が彼女の歌を褒めてどうにかその場を取り繕うと、かのんは透ける体のまま去っていった。その後は桂馬が送ったメールアドレスに気づいたかのんに呼び出されてテレビ局に向かうも、彼女はまだ透明のまま。どうやら落ち込むと体が透明になってしまうようで、桂馬がいい歌だったと褒めるとようやく元の状態に戻った。それから数日の間、落ち込むことがあるたびに桂馬は呼び出され、かのんを元気づけることに。そして大事なライブの当日。昼間に会話した時は何もおかしなところがなかったのだが、ライブ直前になってかのんがいなくなってしまう。桂馬とエルシィは駆け魂の場所を辿ってかのんを探し出した。今でこそ人気のアイドルだが、かのんは昔、存在感が薄く周りに忘れられることも多かった。ライブに失敗して人から注目されなくなるとまた透明になるのではないかと、かのんの中で不安がこみ上げてしまったのだ。桂馬はそれを理解していながらもかのんを支えることを断り、自分自身の力で輝けると温かい言葉で彼女の背中を押して心のスキマを埋めた。無事に駆け魂を勾留した後、桂馬とエルシィはかのんがライブを成功させる様子を見守った。

汐宮栞編

本は前時代的だなと言った桂馬に対して精一杯怒りを露わにする栞。

エルシィが人間界のことを知らなすぎることに腹を立てた桂馬は、図書館で世の中のことを勉強しろとエルシィに告げる。エルシィはそこで消防車に魅了されてしまい、他にも消防車の本がないかと受付で尋ねることに。受付には物静かな少女がおり、彼女に対してエルシィの持つ駆け魂センサーが反応する。翌日、エルシィが桂馬を連れて図書館へ向かうと、件の少女がエルシィのために消防車が書いてある本を458冊も用意していた。彼女、汐宮栞は無口ではあるものの内心では雄弁で、本さえあればいいと思っている少女だった。桂馬は栞の心の声を引き出すため、彼女の前で敢えて本のことを悪く言う。その甲斐あって無口な彼女から「ばか」という言葉を引き出した。その後も本好きの栞を怒らせるような言動を繰り返し、どんどんと物言わぬ文系女子のモノローグを聞き出して距離を詰めていく。そんな中、図書委員会で視聴覚ブース導入に伴う蔵書処分が決定する。そもそも視聴覚ブースの導入自体に反対だった栞だが、声を上げることができず、それでも静かな図書館を守るために図書館に立てこもるという暴挙に出た。桂馬はエルシィに協力してもらって図書館の中へ侵入すると栞に協力を申し出る。一緒に立てこもる中で「本当は人と話したいのに外が怖い」という栞の本音を引き出した桂馬は彼女を勇気づけ、駆け魂を追い出すことに成功した。その後、栞は図書館に入ってきた図書委員長相手にしっかりと自分の思いを告げ、処分される本を大幅に減らすことができた。

春日楠編

画像は女らしい楠の心が駆け魂の影響で分裂した場面。

今までの経験から、桂馬は人間に隠れた駆け魂は心のスキマをより広げ、その時にスキマに関連した行動が極端に出てしまうのではないかと仮説を立てる。その仮説をエルシィにぶつけるも、残念ながら彼女はあまり役に立たなかった。そして駆け魂の情報が何も得られぬまま、次の宿主が見つかってしまう。宿主は春日楠。春日流という空手の流派の当主を務める女性であり、舞島学園高等部の女子空手部の主将でもある。不良に絡まれているところを彼女に助けられた桂馬は、弟子にしてくださいと言って彼女に近づいた。どうにか男子マネージャーとして女子空手部に入部することはできたものの、しばらく共に行動してみても「統一性があるようで何か違う」と桂馬は攻略の糸口を掴めずにいた。しかしある時、更衣室で楠が猫を愛でている場面を目撃する。楠が軟弱なものを嫌っているのは、その実、軟弱なものに惹かれているからだった。春日流当主として軟弱なものを好む気持ちは捨てなければいけない、捨てなければ強くなれないと楠は猫を投げ捨てようとするが、その時、楠の体が分裂し、幽霊のような偽物が本物の楠から猫を奪い取った。楠のかわいいものを好む気持ち、軟弱なものに惹かれる気持ちが形となって現れていたのだ。異常な事態に悩む楠に対し、桂馬は「どんな強い人間にも弱い心はある。普通は弱い心なんて目に見えないのだから、これはむしろ弱い心をやっつけるチャンスだ」と説得し、よりはっきりと分裂させるためにもっと軟弱なことをしようと言う。2人はエルシィの提案によりデートをすることになり、ゲームショップやスポーツショップ、ゲームセンターなどを回った。だがデート中に楠の弱い心がはっきりと出てくることはなく、切羽詰まった楠は公園で見かけたカップルを参考に、1つのソフトクリームを2人で食べる案を出す。それが功を奏し、もう1人の楠は完全に分裂した。そのまま戦いになだれ込む2人の楠。分離した楠は、彼女が立派な春日流の当主となるために抑え込んでいた、いわば彼女の女らしさであった。分離した楠は思いのほか強く、苦戦する本物の楠に、桂馬はいっそ彼女を受け入れて可愛い武道家を目指そうと言った。楠は何かを極めるということは何かを犠牲にすることだと反発するが、桂馬はもっと大きな強さを追うべきだとなおも言い募る。桂馬の言葉に分離した女の楠が折れ、武道家として強くなったら女の私を呼んでほしいと言って楠の中へ戻った。そして思い出と称して桂馬にキスを迫り、駆け魂は無事に楠の体から出ていった。

ハクア編

人が分裂したことに驚き、駆け魂の力に感心するエルシィ。今一度駆け魂隊のマニュアルで駆け魂のことを確認しようとするが、彼女が持ってきていたのはマニュアルではなく料理の本だった。また失敗してしまったと落ち込むエルシィの前に、学生時代の同級生である悪魔のハクアが現れる。エルシィは久しぶりの再会を喜び、バディーの桂馬を紹介するが、桂馬は一切関心を示さずゲームに夢中だった。桂馬の様子から捕まえた駆け魂の数の話になり、エルシィはハクアが10匹も駆け魂を捕まえていることに感激する。そこに駆け魂隊の室長から緊急の通信が入る。なんでも別の地区で駆け魂の捕獲に失敗し、エルシィたちがいる方へ逃走したという。早速エルシィはハクアと一緒に駆け魂を追おうとするが、ハクアは「自分は地区長だからヒラの悪魔の力は借りない」とこれを拒否。単独で捕まえようと飛び去った。しかし日本の学校という慣れない空間に迷い、思うように捜査が進まない。「こんなはずじゃなかった」とハクアが弱音を吐いた時、どこからともなく現れた桂馬が手伝いを申し出た。桂馬としては、一刻も早く解放されるため、エルシィよりも頼りになりそうな悪魔から情報が欲しかったのだ。初めのうちは人間に何ができるのかとまるで相手にされなかったが、駆け魂を逃がしたのがハクアであることを看破し、半ば脅すような形で協力関係に漕ぎ着ける。

ハクアに協力を持ちかけた桂馬は、エルシィからは情報が得られないと零す。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

だがしかし(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「だがしかし」とは漫画家コトヤマによる少年漫画、及び2016年にfeel.で製作されたアニメーション作品。実際にある駄菓子を扱ったギャグコメディ。実家が駄菓子屋の主人公「鹿田ココノツ」は、父「鹿田ヨウ」に駄菓子屋を継ぐように言われるが、ココノツには漫画家になるという夢があった。そんなココノツの元へ、大手お菓子製造会社「枝垂カンパニー」の社長令嬢で美少女の「枝垂ほたる」が現れた。

Read Article

さらい屋 五葉(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『さらい屋 五葉』とは『月刊IKKI』(小学館刊)で連載されていた時代劇漫画、およびそれを原作としたテレビアニメである。時は江戸時代、藩主から暇を出され江戸にやってきた侍・秋津政之助は、誘拐組織「五葉」の頭である弥一の用心棒をすることになった。渋々、弥一の仕事を手伝う政之助だったが、この出会いをきっかけに人として成長していくのである。『ふたがしら』や『ACCA13区監察課』など人気作品を生み出してきたオノ・ナツメが描く、かどわかしを生業にした個性豊かな登場人物たちの時代劇エンターテインメントだ。

Read Article

目次 - Contents