エイリアン2(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン2』とは『ターミネーター』で監督として評価された、ジェームズ・キャメロンが監督と脚本を手掛けた1986年の映画だ。
前作から57年後という設定でエイリアンの数も莫大に増え、数々の未来兵器を使ったジェームズ・キャメロンならではの壮大なアクション映画。
前作でたったひとりノストロモ号の脱出艇で生還した、シガニー・ウィーバー演じるリプリー。そのリプリーが戦うのは、エイリアンの母親的な存在のエイリアン・クイーン。
作業用ロボットに乗ったリプリーとクイーンの対決は、大きな見どころだ。

エレン・リプリー(演:シガニー・ウィーバー)

日本語吹替:幸田直子

前作で唯一の生存者となったリプリー。リプリーが乗った脱出艇は宇宙をさまよい続けたあと救助され、リプリーは地球でハイパースリープから目を覚ます。このとき眠ってから57年経過していたことを知らされる。
リプリーはノストロモ号を爆破したため、2等航海士の資格は無期限停止となってしまった。
倉庫で力仕事を命じられたリプリーは、作業用ロボットのパワーローダー2級の免許を取得する。
前作でリプリーたちがエイリアンと遭遇したLV-426は、現在植民地となり多くの移住民が生活をしている。
そのLV-426からの連絡が途絶えため、調査のための同行を求められ最初は断るが、エイリアンとの死闘でのトラウマを克服するため一緒に行くことにする。

ビショップ(演:ランス・ヘンリクセン)

日本語吹替:麦人

医療担当のアンドロイド。降下艇の操縦資格を持ち、輸送車APCの運転も任されている。
手を傷つけると白い液体が出てきたことで、リプリーはアンドロイドだとわかり警戒するが、自分は最新型で人間に暴力をふるうことはできないと説明する。
ラストの方ではエイリアンに引き裂かれ上半身のみになってしまうが、エアロックから落ちそうになるニュートを助けるという大活躍を見せる。

カーター・J・バーク(演:ポール・ライザー)

日本語吹替:荒川太郎

ウェイランド・ユタニ社の社員で、リプリーが地球に戻ったときから付き添っている。
リプリーをLV-426に同行するように説得し、一緒にスラコ号に乗り込む。
隠していた本当の使命はエイリアンの捕獲だった。リプリーとニュートにエイリアンを寄生させ、地球に持ち帰ろうとするが失敗。その後エイリアンの奇襲からいち早く逃げるが、逃げ込んだ先にエイリアンがいて襲われる。

海兵隊

スコット・ゴーマン(演:ウィリアム・ホープ)

日本語吹替:大塚芳忠

スラコ号の司令官となる中尉。だが新米の士官でシミュレーションしか経験がなく、エイリアンに襲われた時にはフリーズしてしまった。
頼りない司令官であったが、危険を承知でバスクエスを救護に向かい、自分たちが助からないと悟ると自爆し、エイリアンからほかの乗組員を救った。

ドウェイン・ヒックス(演:マイケル・ビーン)

日本語吹替:大塚明夫

海兵隊の中で唯一リプリーと絆を持つことになる伍長で、みんなから信頼されている。リプリーに発信器を渡したり、パルスライフルの使い方を教える。
クイーンに連れ去られたニュートを救出に向かい、エイリアンの強酸を浴びてしまい重傷となるが、無事生還する。

ウィリアム・ハドソン(演:ビル・パクストン)

日本語吹替:江原正士

メカニック担当の上等兵で、植民地だったLV-426の施設の見取り図を探し出した。
エイリアンの大群が押し寄せたとき、果敢に立ち向かうが床下に引きずり込まれてしまう。

ジェニット・バスクエス(演:ジェニット・ゴールドスタイン)

日本語吹替:高乃麗

上等兵の狙撃手。強気な女性だが仲間意識が強く、ゴーマンのふがいなさで仲間がエイリアンに襲われたことで、ゴーマンを責める。
通風管でみんなで移動したときは、危険な最後尾につきエイリアンの強酸を浴び動けなくなってしまう。
そこにゴーマンが戻ってきて、エイリアンが近づいたときにふたりは、仲間を守るために手榴弾で自爆した。

マーク・ドレイク(演:マーク・ロルストン)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アバター(Avatar)のネタバレ解説・考察まとめ

『観るのではない。そこにいるのだ。』というキャッチコピーで3D上映され話題となった2009年公開のアメリカ・イギリス合作のSFファンタジー映画。監督は、「タイタニック」「ターミネーター」などを手がけた、ジェームズ・キャメロン。世界興行収入は歴代1位を記録した。自然豊かな惑星「パンドラ」を舞台に繰り広げられる人間と先住民族ナヴィの戦いを描いた作品。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

タイタニック(Titanic)のネタバレ解説・考察まとめ

ジェームズ・キャメロン監督・脚本、主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットによる1997年のアメリカ映画。1912年に起きたタイタニック号沈没事故を下地にして、船の中で出会った貧しい画家志望の青年と上流階級の娘の悲恋を描いている。1998年のアカデミー賞にて、11部門で受賞し、日本でも一年以上のロングラン上映し席巻した。

Read Article

ターミネーター2(T2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットを記録したジェームズ・キャメロン監督のSFアクション大作「ターミネーター」の続編。核戦争後の西暦2029年、抵抗する人類の指導者コナーの母親暗殺に失敗した機械軍は、1994年の過去の世界に新型ターミネーターを送り込み、少年時代のコナーを抹殺しようとする。前作で「史上最強の悪役」としてスクリーンに登場したアーノルド・シュワルツェネッガーが、今度は少年時代のコナーを助けるヒーローとなる。

Read Article

ターミネーター(T1)のネタバレ解説・考察まとめ

1984年製作のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロン監督の記念すべき出世作で、主演のアーノルド・シュワルツェネッガーも大スターへの突破口となった、SFバイオレンス映画の傑作。人間とサイボーグが対立する近未来の地球から、未来の革命リーダーの母となる人物を抹殺するため、過去のロサンゼルスに送り込まれた不死身のサイボーグ・ターミネーターと、それを阻止するため人間側が送り込んだ革命戦士が死闘を展開する。

Read Article

目次 - Contents