ホームルーム(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホームルーム』は、作者・千代による学園が舞台のサイコ・ラブコメ漫画である。講談社が運営しているwebコミックサイト『コミックDAYS』にて2018年3月から2020年2月まで配信され、ドラマ化もしている。漫画全8巻、全87話。学校の人気者ラブリンこと愛田凛太郎は英語教師。いつもいじめられている地味な女子高生・桜井幸子を助けている。しかし、実は桜井のヒーローになるため愛田先生自ら桜井に対するいじめを仕掛けている。それを知らない桜井は愛田先生に恋をし、その中で先生の秘密を知っていく物語である。

『ホームルーム』の概要

『ホームルーム』とは、千代による日本の戦慄サイコ・ラブコメ漫画である。物語の舞台は学園。地味で冴えない女子高生・桜井幸子と英語教師の愛田凛太郎のサイコな恋物語を描く。講談社が運営しているwebコミックサイト『コミックDAYS』で2018年3月から20202月まで配信された。2020年1月から3月まで、毎日放送で山田裕貴主演で連続実写ドラマ化され、話題となった。靴を隠されたり、椅子に接着剤ぬられたり、いつも不快ないじめをされる地味な女子高生の桜井幸子。そんな桜井をいつも助けてくれる英語教師の愛田先生は生徒からラブリンと称され、爽やかでイケメンな学校中の人気者。桜井も王子様のように救ってくれる愛田先生に憧れていた。しかし実は、桜井のいじめは愛田先生が、自ら桜井のヒーローになるために企てたものだった。愛田先生に恋をする中で、どんどん愛田先生の秘密を知っていくストーリーである。毎晩桜井の家に忍び込み、ベッドの下で監視をしたり、桜井の私物を採取して持って帰ったり、変態とも言えるサイコな愛情表現の描写が多い。

主人公の桜井幸子、愛田凛太郎をはじめ、個性が強いキャラクターが登場する。また、予測できないストーリー構成や読者を圧倒させる写実的に描かれた絵が魅力的な作品で、多くのファンから支持されている。教師と生徒の禁断の恋が描かれているのだけでなく、愛田先生の異常な性癖、ストーカー行為、そしてお互いの異常な愛を抱きあう描写がサイコホラーの世界観を演出している。

『ホームルーム』のあらすじ・ストーリー

イケメン教師の裏の顔

出典: images.app.goo.gl

桜井の親友マルが桜井の椅子に接着剤を塗られたことを先生に報告しているシーン

「ラブリン」と親しまれているイケメン教師・愛田凛太郎は、学校一の人気者である。名字の「愛田」に因んで「ラブリン」と呼ばれる。優しく明るくて正義感に溢れており、熱血教師の面もあり、少しウザがられるも信頼できる教師の姿そのものだった。

愛田先生が担任のクラスには、桜井幸子という女子生徒がいる。地味で冴えない、眼鏡をかけている真面目な性格の持ち主である。ある日の授業中、桜井は「立って問題を解答してくれ」と愛田先生に当てられたが、立って答えることが出来なかった。成績優秀な桜井が問題を答えられないのは様子がおかしいと、「なんかあったのか?」と愛田先生は気にかけた。実は、椅子に接着剤を塗られたから立つことが出来なかったのである。しかし桜井はなかなか理由を言えなかった。その様子を見ておかしいと感じた桜井の幼なじみであり、親友である丸山のぶ代、通称マルが「この子またいじめられています。」と声を上げた。「また」という言葉で、この陰湿な嫌がらせは今回だけではなく毎回あると連想させる。そんな桜井がいじめられている度にマルが声を上げて愛田先生に知らせてくれるのだ。
そうとわかったら、愛田先生は椅子ごと桜井を持ち上げ、走って保健室まで連れていく。保健室で椎名先生に診てもらっている間に、このいじめ問題を解決しようと一生懸命にクラス内に持ち出す。顔を伏せてもらって、いじめをやった人は手を挙げるように生徒たちに頼んだ。だが、誰も手を挙げなかった。この光景に愛田先生はため息をつく。

でも意外なことに桜井はこのいじめが嫌いじゃない。それは、愛田先生が王子様のように助けてくれるからである。桜井はスナックで働く母親と暮らしていたが、男を追いかけ家を出て行った。それが2年も経つ。一人娘のことが心配なのか、たまに帰って家賃や光熱費、学費などを置いてくる。桜井自身もバイトして、なんとかギリギリの生活をしている。
そんな時に、ある日学校に赴任してきた愛田先生が家庭訪問に訪れた。その時に家の事情を桜井の事情を聞いた愛田先生は同情し、「これからは一人じゃないから」と涙した。これをきっかけに桜井は愛田先生に好意を抱くようになった。

学校が終わり、家に帰る愛田先生。持っていた接着剤を捨ててから部屋に向かう。部屋に入り、布団に飛び込み一息つく。しかしそこは自分の家ではない。そこは桜井の家である。
桜井の接着剤のいじめも、実は愛田先生が犯人なのだ。また、毎晩桜井の部屋に侵入し、寝てる時に勝手に性行為をする。

桜井を好きな理由

出典: images.app.goo.gl

付けたGPSで桜井を監視する愛田先生。

桜井が好きなのに何のためにいじめをでっち上げたのか。それは、自分が桜井の「ヒーロー」になるためにわざとやったのである。自分が桜井のヒーローであるために、桜井は不幸になる必要があると考えた愛田先生は、桜井と出会ってから今までいじめを自作自演してきたのだ。
愛田先生がヒーローにこだわる理由は、幼少期に借金を抱えた母親が自分の目の前で首つり自殺をしてしまった。その母親が「人を守れる人になりなさい」という言葉を残し、愛田先生はその言葉を忠実に守ろうと誓い生きようとして、先生になった。だが、踏み込んだ先は平和で平凡なスクールライフで飽き飽きしていた。そんなところに、生徒の家庭訪問することとなった愛田先生は、桜井の家に行った時に桜井の家の事情を聞き、過去の自分と重ね、「この人こそ守るべき人だ」と確信し、そして恋をした。

桜井のことが好きな一番の理由は、桜井が「天然素材」そのものだからである。愛田先生は、化粧やネイルなどで加工された人は全く興味がない。愛田先生はこういった人を「加工物」と言い嫌う。純粋無垢で穢れを知らない、何にも染まっていない桜井がまさに愛田先生が求める人なのだ。あまりの異常な愛で、桜井を盗聴したり、盗撮したりしている。

失敗した仕掛け

出典: images.app.goo.gl

図書室で桜井に仕掛けたいたずらが発動するのを期待している愛田先生の心の声。

ある日の昼休みに図書委員として仕事する桜井と図書委員長の矢作健。その頃、愛田先生は職員室で図書にいる桜井を監視しながら盗聴していた。自分が計画した棚から大量の泥が桜井の頭に落ちるイタズラが発動するのを待っているのだ。生徒が自分を呼び、イタズラにかかった桜井を救うというプランである。しかし、監視している途中で同僚の先生に話しかけられ、視界を妨げられる。
そしてやっと生徒の悲鳴が来たと思ったら、イタズラにかかったのは桜井ではなくなんと矢作だった。これには愛田先生も驚いたが、生徒たちの前だから愛田先生は矢作を助けざる負えない。実は、矢作が桜井の代わりに泥を被ってしまったのだ。

矢作が身代わりになったのは、桜井に好意を抱いているから。放課後、自分の代わりに泥を被ってくれた矢作を心配して話しかけた桜井。その会話で矢作の桜井への好意が、愛田先生に盗聴で聞かれてしまい、以後矢作は愛田先生に目をつけれることなる。
ある朝起きたら「ヒーロー」という宛名から「桜井幸子に近づくな」という謎のメールが来ていた。その「ヒーロー」の正体は愛田先生だった。このメッセージで桜井から手を引こうと思うものの、いつもの昼休みの図書委員の仕事中に桜井が助けてくれたお礼を言い「矢作さんのこと考えると胸が苦しくって」と言っていたので、逆にいいムードになってしまった。その言葉聞いた矢作は桜井を守ろうと決意したが、今度は「近づくなって言ったよな?」というメッセージと共に自身のシャワー動画を送られてきて、背筋が凍ってしまい見事に諦めたのである。

椎名先生との肉体関係

出典: images.app.goo.gl

ペン型盗撮機器をなくし焦る愛田先生。

後日、愛田先生は保健室の椎名先生と夜回り当番することになった。巡回用の名簿に名前を書いてほしいと頼まれ、持っていたペン型の盗撮機器で書いてしまい、愛田先生が椎名先生に名簿を返却する際にペン型の盗撮機器も一緒に無意識に渡してしまった。そして授業中に愛田先生が持っていたはずのペン型の盗撮機器を保健室に忘れたことに気付き、急いで保健室い向かった。そこで椎名先生は「このペンで何をしようとしているんですか~」と愛田先生をペンでからかう。それに対し椎名先生が気づいているのか、気づいていないのかとても気になっていた。そんな時に自分が仕掛けていないのに、なぜか桜井の椅子にまた接着剤が塗られていた。自分以外の人が桜井にいじめを仕掛けるのが許せない愛田先生は、犯人捜しをするようになる。

椎名先生との巡回の時に、不良集団の矢沢たちにつけられた愛田先生は、桜井の自宅があるマンションに入るのを目撃されるが、不良集団はそこを愛田先生の自宅だと勘違いしていた。そこで不良集団は、女子生徒からのラブレターを装い、愛田先生をハメようと倉庫に呼び出そうとして、桜井の部屋のポストに投かんした。帰ってきた桜井は、手紙を読み自分宛だと勘違いし、翌日倉庫に向かった。愛田先生ではなく、桜井が来たことを不思議に思った不良集団だが桜井を利用して愛田先生をハメることになった。
一方その頃は愛田先生は椎名先生と巡回中。自分が桜井を助けに来られない代わりに矢作にまた「ヒーロー」と名乗りメッセージを通じて助けに行けと命令した。矢作は命令通り、桜井を助け出した。そして、ペン型の盗撮機器が椎名先生にバレていないか心配していた愛田先生はわざと椎名先生をホテルに連れ込み性行為中に、ペン型の盗撮機器のことをさりげなく訊いたが椎名先生は全く気づいていなかった。これで愛田先生と椎名先生は肉体関係を持つことになった。また、矢沢の家に電話をして、自分をハメようとした矢沢たちの倉庫での会話の録音を流し、電話を通じて矢沢の母親が知ることとなった。

桜井の自作自演

出典: images.app.goo.gl

トイレに小型のカメラを見つけた白鳥奈々。

その後、何事もなく平和な日々が続いたが、愛田先生にかまってもらいたい桜井は物足りないと思っていた。愛田先生に助けほしいがために、桜井は自らいじめを自作自演するようになる。それを許せない愛田先生は犯人捜しをしようして、学校に盗撮用の小さいカメラをつけた。愛田先生にかまってもらいたい一心でまたいじめを自作自演した。今度はトイレで自らバケツに入った水を被り、愛田先生の助けを待っていた。
しかし学園の「鉄の女」と呼ばれる生徒会長の白鳥奈々が介入し、愛田先生がつけた小型カメラを発見したと言う。カメラを設置した犯人がまだ現場にいると考えた白鳥は「高性能電波感知器」で犯人を探そうとしたところ、愛田先生がヒットしてしまった。愛田先生はすかさず持っていたイヤホンを言い訳にしてなんとかその場を乗り切った。
小型カメラを回収するべく、ひと騒ぎを起こした愛田先生だったが、白鳥はそんなこともあろうかとカメラのデータをパソコンにコピーした。その内容を見ようとしたところに、桜井にケガを負わされ入院することとなり、病室で愛田先生がお見舞いに来たきっかけで愛田先生のことを好きになってしまう。鉄の女と呼ばれる白鳥は初めて恋をする快感を覚え、退院後「責任をとってください。」と愛田先生に言うが、「他に守りたいやつがいるんだ」と振られた。

その後、学校中に愛田先生の発言が話題になり、桜井の耳にも入った。気になる桜井は放課後、愛田先生の家までついていく。椎名先生も名簿で愛田先生の住所を調べ、家に勝手行き、待ち伏せしていた。そこで桜井は巡回してた時に二人が肉体関係を持ったことを聞いてしまった。愛田先生の家までついて行った桜井は、家に帰ってから自癒行為をする先生を目撃してしまったことを愛田先生にバレてしまい、愛田先生に追いかけられる。追いかけられた時に桜井は、「自分がいつも追いかけていた愛田先生が逆に自分を追いかけてくれる」と嬉しい気持ちになった。愛田先生はパンツ一枚で桜井を追いかけていたため、途中お巡りさんに声をかけられたが、桜井が「親戚のおじさん」とごまかした。その後、二人きりになった時に桜井になぜ自分の家を知っているのかと聞くと、桜井は「椎名先生から聞きました。」と答え、それを聞いた愛田先生は椎名先生に怒りを覚えながら桜井に対し「でもあれは不法侵入だからな。」と諭した。自癒行為の件は全く触れず愛田先生はなんとか逃げ切った。帰宅した桜井はこの事をまるで二人だけの秘密ができたと嬉しく思った。

復帰した問題児

出典: images.app.goo.gl

夏目に「足を舐めろ」と命令される愛田先生。

翌日、謹慎処分から復帰する生徒がいるという話を聞いた愛田先生。名前は夏目ゆあで、不良集団に属している。先生をハメたところを警備員に目撃され、先生はクビ、夏目は謹慎処分となった。夏目も自分が謹慎処分中に赴任してきた愛田先生に興味を持ち、家まで行ったが不良集団は桜井の家を愛田先生の家と誤解しているため、結果桜井が出ることになった。不思議に思いつつも中に入る夏目。そして、ベッドの下にいる愛田先生を見てしまう。

目撃した後、何も言わず立ち去る夏目は、この事を仲間の不良集団にも言っていなかった。そして、学校で愛田先生と再開した夏目は、昨日の変態男が愛田先生だと確信し倉庫に呼び出し、僕になるように「足を舐めろ」と命令したが、倉庫の近くに椎名先生が愛田先生を探しに来て、「この話の続きはまた明日」と話が途中で終わった。
愛田先生は夏目のことを聞き出すために、椎名先生に会いに保健室に行った。愛田先生に夏目のことを聞かれた椎名先生は、愛田先生を夏目に奪われるかと焦って、勢いでキスをした。それをたまたま保健室に訪れた桜井に見られてしまった。ショックを受けた桜井は泣いてしまい、マルが慰めた。「あんな教師忘れなよ」とマルに言われるも、「先生のことを悪く言わないで」とかばった。また「マルは好きな人がいないからわからないよね」と桜井に言われたマルは、「私にだって好きな人はいる。私じゃダメ?」と言い桜井にキスをした。マルは桜井に恋愛感情を抱いていたのだ。

桜井とマルのすれ違い

出典: images.app.goo.gl

桜井に好きだと告白するも振られたマル。

マルの告白に戸惑った桜井は「ごめん。友達としてしか見ていない。」と振った。ショックを受けながらも桜井の恋を応援するマル。その後「愛田先生に一言言ってくる」とマルが泣きながら愛田先生を探した頃、愛田先生は倉庫で夏目に呼び出された。前回と同じように「足を舐めろ」と命令し、愛田先生はそれに従い夏目の足を舐めた。その光景をマルが見てしまい、愛田先生にビンタし怒った。

その夜、また夏目に呼び出された愛田先生は誰もいない校舎に向かう。待っていた夏目にまた「足を舐めろ」と言われるが、愛田先生は意外な人物をゲストに呼んだ。それは、前に夏目がハメた先生である。警察の制服を着て登場するが実はコスプレ。あの事件以来、全てをなくしたその先生は別人を装って生きてた。愛田先生は事件のこと調べて探し出して連れてきた。夏目に懺悔してもらうように、先生を相手してもらうことにした。慌てた夏目は「こっちには秘策があるんだから!」と脅したが、効果はなかった。愛田先生が自分の足を舐めるところを盗撮しようしていたが、愛田先生にあっさりと携帯電話を回収され、そのまま立ち去った。

次の放課後、一人で帰ったマルは不良集団のイケメンメンバー竹ノ内忠につけられる。竹ノ内は、実はマルのことが好きである。桜井に振られた後泣いたマルを竹ノ内はたまたま見てしまい、気になって話しかけたが全く相手にされない。そこで急に「好きだ」と告白してしまう。マルはびっくりしたが、竹ノ内のことは好きでもないが話を聞いてほしいがために受け入れた。マルから愛田先生の話を聞いた竹ノ内は、マルのために愛田先生に復讐しようと考えた。

翌日一人で登校した桜井。学校に着いたら上履きが片方なくなっていたので、愛田先生が荷物検査をはじめた。生徒の荷物を順に調べ、マルの番で突然マルのかばんから桜井の上履きが出てきた。教室はどよめき驚いた。自身も驚いたマルは「私はやっていない!」と言いつつも、桜井のショックな表情を見て教室から出て行った。だが、これは全て愛田先生が仕組んだものだった。竹ノ内はマルを追いかけ慰めるも「そんなの必要ない。でもどっか連れていって。」と言い、その後二人で海辺の近くに行った。そして、そのままマルはそこで処女を捨てたのだ。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents