アンという名の少女(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンという名の少女』は、カナダのCBCとNetflix共同製作の、ルーシー・モード・モンゴメリの小説『赤毛のアン』を基としたドラマシリーズである。シーズン1から3までの全27話。2017年~2018年にシーズン1、2が、シーズン3が2019年~2020年にかけてカナダCBC放映・Netflix配信された。NHKでも2020年9月からシーズン1が全8話構成で地上波放送され話題を呼ぶ。小説『赤毛のアン』は何度も映像化されて多くのファンを魅了してきたが、ついに「新生・赤毛のアン」が誕生した。

吹き替え:岡崎未恵
高級洋服店を経営するジェニーはマシューと同級生だった。マシューが愛情を注ぐアンにも好意的に接してくれる。

ウィニフレッド・ローズ(演:アシュリー・スチュワート)

吹き替え:朝井彩加
シャーロットタウンのワード先生の医院の受付係。ギルバートともすぐに打ち解け、アヴォンリー訪問でアンを不安にさせる。ギルバートに次第に好意を寄せるようになり、アンの隠れたライバルとしての存在感を増していく。

ローズ氏(演:テッド・アサートン)

吹き替え:石狩勇気
ウィニフレッドの父。有力者だが、ユーモアと他者への理解力を持つ。

カクウェット(演:キアウェンティオ・ターベル)

吹き替え:朝井彩加
先住民ミクマク族の少女。アヴォンリー新聞の取材を通してアンと仲良くなる。向上心があり、インディアン寄宿学校で学ぶことを希望。

『アンという名の少女』の用語

クループ

ミニー・メイが罹った病名でクループ症候群とも表記される呼吸器系の病気で幼児が罹りやすい

バーンダンス

イギリスの地方に古くから伝わる「納屋の踊り」という意味の伝統音楽や民族音楽に合わせて踊る男女混合のダンス

ベルテイン祝祭

ヨーロッパに伝わる4月30日の夜にかがり火を囲んで行われる農民たちのお祭り

「キャメロット」ランスロットとグネヴィア

アーサー王伝説に出てくる騎士ランスロットと王妃グネヴィアの悲恋物語

『アンという名の少女』の名言・名セリフ/名場面・名シーン

アン「ひと思いに切って。心が潰れそうだわ。髪を切る間嘆いていてもいい?こんなの無粋な悲劇よ」

シーズン2、第5話。緑色に染まった髪をマリラに切ってもらうシーン
大失敗をしたにもかかわらず、こんな時にまで「詩的」な表現ができるアンの心の余裕が楽しさを醸し出す。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents