アンという名の少女(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アンという名の少女』は、カナダのCBCとNetflix共同製作の、ルーシー・モード・モンゴメリの小説『赤毛のアン』を基としたドラマシリーズである。シーズン1から3までの全27話。2017年~2018年にシーズン1、2が、シーズン3が2019年~2020年にかけてカナダCBC放映・Netflix配信された。NHKでも2020年9月からシーズン1が全8話構成で地上波放送され話題を呼ぶ。小説『赤毛のアン』は何度も映像化されて多くのファンを魅了してきたが、ついに「新生・赤毛のアン」が誕生した。

吹き替え:沢田敏子
シャーロットタウンに住むダイアナの富豪のおば。辛らつな言動が目立つが、アンとはすぐに打ち解け、何かと親身になってくれるありがたい存在。最愛の人を亡くした傷心から立ち直れていない

レイチェル・リンド(演 : コリーン・コスロ)

吹き替え:堀越真己
グリーンゲイブルズの隣人で、世話好きで頼りになる老婦人。マリラとは生涯の友人だが、時に人を見下す態度をみせる。アヴォンリーにとってはなくてならない重鎮。

ギルバート・ブライス(演:ルーカス・ジェイド・ズマン)

吹き替え:金本涼輔
女子に人気がある性格の良い少年。将来は医者になる夢を持つ。アンへの気持ちに気づかないまま過ごしてきたおっとり屋。誰にでも公平に接する態度が周囲に安心感を与えてくれる

セバスチャン・ラクロア(演:ダルマー・アブゼイド)

通称:バッシュ 吹き替え:須藤翔
蒸気船で働いていた時にギルバートと知り合い、一緒にアヴォンリーに帰ってくる。ユーモアのセンスを持つ現実派。母親との葛藤に幼い頃から悩まされてきたが、娘の誕生により歩み寄る姿勢をみせていく

メアリー・ラクロア(演 : カーラ・リケッツ)

吹き替え:弘松芹香
バッシュと出会い、結婚する。気丈な性格で家計の切り盛りも上手く、待望の女の子にも恵まれる。バッシュと幸せな生活を送っていた矢先に、1人息子がやってきて悩みの種になる。

プリシー・アンドリュース(演:エラ・ジョナサン・ファーリンガー)

吹き替え:池田果奈子
ビリーとジェーンの姉。賢さと美しさを持つお嬢様。フィリップス先生との結婚から頭が離れないロマンチスト。アンと交流するうちに自立心が芽生えてくる

ビリー・アンドリュース(演:クリスチャン・マーティン)

吹き替え:須藤翔
プリシーの弟でジェーンの兄。裕福さを鼻にかける意地悪な少年。女子に人気があるコールが気に入らず、常にいたずらを仕掛ける。

ジェーン・アンドリュース(演:リア・パッパスケンムプス)

吹き替え:園崎未恵
プリシーとビリーの妹だが、庶民的でアンとも仲良くなる。怠け者のビリーをバカにしており、周囲に惑わされない賢さと勇気も持っている。

アンドリュース夫人(演:ジャネット・ポーター)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents