ザ・ファブル(漫画・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・ファブル』は日本の青年漫画。作者は南勝久。講談社の『週刊ヤングマガジン』で2014年49号から2019年51号まで第1部が連載された。伝説の殺し屋「ファブル」は組織の命令によって佐藤明という偽名を付けられ、誰も殺さない一般人として生活する。移住先の大阪で、明はパートナー洋子とともに周囲の優しさに触れる。しかし、明たちはトラブルに相次いで巻き込まれていく。2019年、岡田准一が主演を務めて実写映画化され、2021年に第2作が公開される。

ハッシュパピー

鈴木が愛用している拳銃。手動で排莢もできる。

その他

死のキャップD₁

二郎がヒトヨタケ毒というキノコ毒を改良して作った新種の毒。この毒で浜田組長を毒殺する。

ハコスカGT-R

海老原の愛車。

『ザ・ファブル』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

熱い物が食べられない佐藤明

明は熱い物が食べられない。明の分かりやすい特徴の一つで、殺し屋としての強さを裏付ける反応でもある。幼少期、殺し屋の技術を養うために山で生活していた際、毒のある草、ヘビ、虫などを食べてきたことで、「身体に入れてもいいものか」を見極めるために舌が敏感に。相手に狙われた際、毒殺などにも対応できるようになっている。

額を指でトントン

謎に包まれた明の謎の行動。一般人と殺し屋のスイッチを入れ替えるための動作だという。なぜ額を指でつつくことでスイッチが入るかは謎だが、明にとってはこの方法が一番という。ミサキの救出や山岡ら殺し屋と戦う際、この方法で殺し屋のスイッチを入れていた。

テキーラ飲み比べ

テキーラの飲み比べは、移住先で暇を持て余した洋子が趣味にしたもの。物語を盛り上げる代表的なシーンの一つでもある。洋子は、自分に自信を持った男性や酒が強いと豪語する男性とテキーラを飲み比べをして、酔い潰すのを楽しんでいる。

ジャッカル富岡「なんで俺もやね〜ん」

「なんで俺もやね〜ん」という台詞は、明が好きなお笑い芸人、ジャッカル富岡のギャグのこと。映画版でもジャッカル富岡を演じる宮川大輔が「なんで俺もやね~ん」を披露している。物語を盛り上げる一つのセリフとなっている。

河合ユウキ「ペッ…だい……ヨ……ちゃ……」

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents