行け!稲中卓球部(古谷実)のネタバレ解説・考察まとめ

『行け!稲中卓球部』とは1993年から1996年まで『週刊ヤングマガジン』に連載されたギャグ漫画。古谷実のデビュー作である。
コミックスは全13巻で完結。累計2500万部発行。1996年、第20回講談社漫画賞一般部門受賞作品。1996年アニメ化。
「稲豊市立稲豊中学校」の卓球部に所属する2年生6人が主な登場人物。特に女子にモテない前野、井澤、田中の3人が、学園生活で若い中学生特有の性欲を持て余し、抑えきれずに女子生徒や部員の肉親、通りすがりの女子までも巻き込むセクハラ行為の限りを尽くす。

『行け!稲中卓球部』の概要

『行け!稲中卓球部』とは、稲豊中学校卓球部を舞台とした古谷実作のギャグ漫画である。
卓球を舞台にしたストーリーはときどきあるが、ほとんどが卓球以外の学園生活日常生活が描かれる。
主人公前野と井沢、田中の3人を中心としたエロ、お下劣、変態的な行動を中心に展開する学園スポーツギャグ漫画。
部長の竹田と木之下は県内屈指の実力の持ち主だが、他の4人は初心者並の実力。上達を目指して練習をするわけではなく、毎日をおもしろおかしく過ごしている。
特に性欲の強い前野、井沢、田中の3人はルックスが良くなく女子にモテることは難しい。しかし人並みに彼女は欲しいという願望は強く、幸せなカップルに八つ当たりし妨害をすることを生き甲斐としている。
その中で「死ね死ね団」や「サンタ狩り」など、幸せなカップルを妬み、その幸せを妨害するユニットや活動が生み出された。その後井沢に彼女ができて、前野との仲に危機が訪れるが、様々な障害を乗り越えて更に深い友情で結ばれる。カンチョーワールドカップのように非公式ながら、下品で下らないスポーツには情熱を燃やし、卓越した集中力で優勝を収める。
ストーリーはギャグ漫画のため、卓球大会に向けて練習したり、試合をする描写は極端に少ない。また時がたっても学年が上がったり卒業するといったことは描かれない。
男性の欲求をストレートに表現した内容が男子中高生を中心に受け入れられ社会現象となった。その影響は国内に留まらず、台湾では作中の「死ね死ね団」を模倣した集団、「情侶去死去死団」が出現した。
幸せなカップルを妨害することが生き甲斐で人気のデートスポットでカップルに嫌がらせをするといった活動を行うなどニュースで取り上げられる事象が起こった。

『行け!稲中卓球部』のあらすじ・ストーリー

左:前野(まえの)主人公
真ん中:田中
右うしろ:井沢ひろみ

卓球部の部活と中学生活が舞台

稲中卓球部は2年生6人だけの部員で構成される。
キャプテン竹田と木之下は県内屈指の実力者だが、主人公前野、井沢、田中、田辺は初心者の域を脱していない。
しかし練習に熱心なわけではなく、「はみちんサーブ」や「おてもとサーブ」などふざけた技の研究に費やしており、キャプテン竹田を悩ませている。
キャプテン竹田は強豪校「岸毛中学校」渋谷とのライバル関係にあり、実力は拮抗している。しかし竹田、木之下以外の4人は完全に実力不足。練習もまじめに取り組もうとしない。
そこへマネージャーとして中学生離れした美貌を持つ岩下京子が入部する。前野達の性欲にさらに拍車がかかるが、卓球大会で優勝すれば岩下京子とセックスできる券を与えると岩下自身が提供したことで、前野の才能が一気に開花。快進撃を続けてついに決勝戦へと進むのであった。急激に卓球の実力が開花した前野は全勝で大会を終えた。しかしそれは前野に変装した卓球の達人老婆、岸本ありさだった。

新入部員町田くんの活躍

岩下京子が男装した町田ひろし君

キャプテン竹田は団体戦を勝ち抜くため、前野、井沢の強化を試みるが全く練習に取り組まない。竹田は二人に見切りを付けて新しいメンバーを探すことを考えた。
しかし試合まで時間がない。そこでマネージャー岩下京子を男装させ、1年生「町田ひろし」として出場させることにした。練習に参加するなりメキメキと上達する町田くん。
このままでは前野か井沢のいずれかがレギュラーから外されてしまう。何とか竹田に認めてもらうべく雑草抜きやおばあちゃんの手助けなど良いことをしてアピールするが実らず、前野はメンバーから外されることとなった。
さらにグレる前野。竹田はそんな前野に目もくれず町田(岩下)を強化するため無理な練習を課す。そのためついに岩下が音を上げてしまう。竹田は岩下の機嫌を治すためについに岩下(町田くん)とキスをするのだがその場面を前野と井沢に目撃されてしまう。町田くんを男と思い込んでいる前野達は竹田がホモであると確信する。
竹田は誤解を解こうと木之下だけに打ち明けようと木之下の家まで行くものの、ホモだと思いこんでいる木之下が前野も呼び出しており、やけ酒を呑んで泥酔した前野・井沢が乱入する。町田くんの正体を打ち明けるタイミングを逃し、さらに前野は町田くんに惚れてしまう。そして前野は町田の応援に専念することにした。
肝心の卓球大会だが、町田くんはプレー中に巻いていたサラシがとれてしまい女性であることがバレ、失格となり初戦敗退するのであった。

井沢に彼女ができる

井沢に告白する神谷

地味でイケてない女子生徒、神谷ちよこ。木之下のファンだった彼女はバレンタインデーに木之下にチョコを渡そうとしていたところを井沢にそのポテンシャルを見いだされる。木之下好みの女子に変えてやると言い井沢は神谷の才能を次々と開花させる。メガネをやめさせ髪型を変え巨乳をアピールする服装をさせた。そして木之下に告白する神谷だったがあっさりと振られてしまうのだが神谷はそのまま卓球部のマネージャーのように毎日遊びに来るようになった。それは神谷が井沢に惚れているからであった。ついに勇気を振り絞って井沢に告白する神谷。しかし井沢はすんなりOKしない。何故なら井沢は前野の報復を恐れていたのだ。そこで神谷は隠れて交際することを提案。さらに死ね死ね団に襲われたカップルは幸せになるという噂を流して後ろめたさを解消することに成功。後日徹底した工作も虚しく交際していることが前野にバレてしまうのであったが、その後も交際は続いていった。

カンチョーワールドカップ出場

カンチョーワールドカップ

相変わらず卓球には興味のない前野たち。ある日出会ったイケメン高校生、松沢から誘われカンチョーワールドカップに出場することになった。カンチョーとは3人対3人で行われる格闘技。攻撃はカンチョーさすのみ。防御はケツ締めて逃げるのみ。前後半15分ずつ。相手が全員ダウンしたら勝ち。カンチョー以外に手や脚を出したらPK(ペナルティーカンチョー)を取られる。同点の場合PK(ペナルティーカンチョー)戦で決着をつける。
参加は4チーム。松沢チームは1回戦、太っているという理由でキャッチャーズと名付けられた中学生らしき3人組と対戦。2人を軽くダウンさせた所、リーダーのエンゲルバーグが棄権しなんなく決勝進出を果たす。
前野達は一回戦で小学生チームと対戦。サッカーで鍛えた小学生はフィジカルで稲中チームを圧倒。井沢が早々にダウンする。あせった田中は無謀な攻撃に出たためファウルを取られPKを献上。あっという間に前野は一人となってしまう。しかしそこから前野が反撃。カンチョーされそうになった所を放屁で防御し一人倒す。その後は逃げ回られて屁も尽きて万事休す。最後の力を振り絞った前野はウンコをひねり出すことに成功。防御が完璧になった前野は二人を順番に抹殺し勝利を納めるのであった。
松沢チームとの決勝戦。一回戦でイエローを食らった田中はカレーを持ったままプレーすることになり開始早々狙われる。あえなくダウンする田中。しかしそのスキをついて前野と井沢が松沢以外の二人を攻撃しダウンを奪う。2対1で有利となった前野チームだったが、井沢が奇襲に溺れて返り討ちにあう。前野と松沢との一騎打ちは長期戦となり最終的に両者座り込んでしまう。延長までもつれるが決着がつかず、PK戦となった。PKは先制が超有利。前野がじゃんけんで勝ち、PKを制して見事優勝を収めるのであった。

女子バレー部にトレード

トレードされる前野たち

大会を前にしても全く練習しようとしない前野、井沢、田中の3人。ついに竹田は3人をトレードに出して野球部の1年生3人を獲得する。野球部でも使い物にならない前野達3人はさらに女子バレーボール部にトレードされてしまう。女装した3人は貴重な戦力としてライバル校との練習試合に女装して参加する。顔面ブロックを武器に最初は活躍したがブロックしかできないことを見抜かれてあっさり敗北。
女子バレー部顧問はライバル校に男子を使っても負けた事をバレたくないので3人に女装させて帰らせた。

女装させられた3人

「モロだ!モロにもんでやがる!」

女装して帰らされた3人。井沢は早く帰ろうと促したが、前野はこのまま帰ったらタダの負け犬になるので女を楽しむと怒りに満ちていた。するとエステティックサロン豚の巣店長から声をかけられエステティシャンのバイトをすることになった。見るからに怪しいエステ。店長も太っているくせに「だいたいこんなんで痩せようってのがバカなのよ。豚は肉屋にいけって感じ」とか言う始末。客も老いたデブが揃っていたが、なぜか一人だけ若くて美人の女性がいた。3人が取り合いになりそうになったが店長が田中にやるように指示する。前野と井沢は豚どもをチョップしたり競りにかけたりしていたが、田中は美女の胸を豪快にもんでいた。そして股間に差し掛かったとき、田中は「こんなんがいる!」といって、いかりや長介の唇になり女性器を表現した。前野と井沢も女性の股間を凝視。三人揃って「ダメだこりゃ!」と叫び店長に追い出されてしまうのであった。

稲豊市選抜チーム

岸本ありさを替え玉にする前野

稲豊市の卓球が稲豊市中学卓球の強化を図るため選抜メンバーを結成することになった。卓球強豪校の岸中からは渋谷が選ばれた。稲中からは竹田と前野が選ばれた。木之下は補欠として選ばれる。前野は前大会で卓球の達人岸本ありさを替え玉にしており、個人戦で優勝。岸中の渋谷にも完封で勝利しており、その圧倒的な実績が評価されて選出された。当然替え玉であったことはバレていない。
竹田たちは前野に辞退をすすめるが、こんなチャンスは二度とこないと辞退を固辞する前野。選抜メンバーの練習になんとかついていけるように特訓する前野だったがそんな付け焼き刃が通用するはずもない。
顔合わせの際に急遽行った練習では一球も打たずに自ら卓球台に飛び込んで負傷し退場する。
さらに懲りずに合宿に参加する前野。短期間で実力アップを目指したが叶うはずもない。結局またしても岸本ありさを替え玉に使う作戦にでるのだが井沢と田中に岸本ありさを発見される。前野は選抜メンバーを首になった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

魔法少女育成計画(まほいく)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法少女育成計画(まほいく)とは作・遠藤浅蜊、イラスト・マルイノによる小説。2012年6月より文庫として宝島社より刊行が開始されており、2016年10月から12月まではその一部を原作としてテレビアニメ全12話も放送された。可愛らしい絵柄とは裏腹に、魔法少女としての力を授かった少女たちの、命がけのシビアな戦いを描いている。

Read Article

乱歩奇譚 Game of Laplace(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

推理作家「江戸川乱歩」が書き上げた作品群の中から「人間椅子」、「影男」、「怪人二十面相」、「ラプラスの島」などを題材として、主人公のアケチ、コバヤシ少年を中心に現代の世界観で起こった怪事件を解決していくアニメオリジナル作品である。 2015年7月~9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送された。アニメーション制作はLerche(ラルケ)。

Read Article

クズの本懐(横槍メンゴ)のネタバレ解説・考察まとめ

横槍メンゴによる漫画作品、及びそこから派生したアニメ、ドラマ作品である。「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で2012年Vol.10から2017年Vol.04まで連載された。 報われない恋に悲しむ男女や、誰もが持ちうる孤独に苦しむ人間の姿、そしてその寂しさから抜け出し、未来を歩んでいく人々の強さを描いた作品である。

Read Article

彼方のアストラ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『彼方のアストラ』とは、篠原健太が「少年ジャンプ+」(集英社のWebコミック配信サイト)で2016年5月から2017年12月まで連載した同名マンガ、及びをそれを原作としたアニメ作品。 舞台は宇宙への往来が当たり前になった近未来。宇宙空間で何者かに狙われ遭難した、9人の少年少女のサバイバルを描く。宇宙船という閉鎖空間で、彼らを襲った犯人が仲間の中にいるというサスペンスと、仲間達との友情と恋愛を描く学園ドラマのような要素、そしてギャグが融合した作品となっている。

Read Article

ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation(ダンロン)のネタバレ解説・考察まとめ

『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 The Animation(ダンロン)』とは、2010年11月25日にスパイク(後のスパイク・チュンソフト)から発売されたPlayStation Portable用ゲームソフトを原作としたアニメ作品。「超高校級」と称される優れた能力を持つ高校生しか入学できない「希望ヶ峰学園」に入学した生徒達が、「卒業するためには仲間を殺すこと」というルールの元に次々と発生する殺人事件を「学級裁判」で解決していく。予測困難な展開が見どころのハイスピード推理アクションだ。

Read Article

ギヴン(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ギヴン』とは、新書館『シェリプラス』で連載されたキヅナツキのBL漫画原作による青春アニメ。2019年7月から放送された。フジテレビ「ノイタミナ」初のBLコミックのアニメ化作品として、話題となった。卓越したギターの腕を持っている男子高校生・上ノ山立夏は、ギターの腕が上がるほど、音楽への熱が冷めていくのを感じていた。だが、偶然隣のクラスの佐藤真冬と出会い、運命の歯車が動き出す。真冬は、聴く者をを魅了する歌声という才能があったのだった。真冬は、立夏の所属するバンドの練習を見学しに行くことになった。

Read Article

目次 - Contents